俳句のタグまとめ

俳句」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには俳句に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「俳句」タグの記事(279)

  1. わらべ歌 - The Tune of Light and Shadow

    わらべ歌

    イヌタデは光と影にわらべ歌

  2. 冬の灯 - Autumn PHOTO

    冬の灯

    今年また冬の向日葵此処に来て去年の思い出が焼き付いてまた会いたいと願っていた山路にぽっかり浮ぶ黄色が記憶の中で華やいでいた今日はとてもうれしい日だった植えて下さったお百姓さんありがとう

  3. バックシャン 一首 - The Tune of Light and Shadow

    バックシャン 一首

    バックシャン山茶花は今陽だまりの中に佇み金のヴェールを            

  4. 石蕗(ツワブキ)〜秋の風 - The Tune of Light and Shadow

    石蕗(ツワブキ)〜秋の風

    石蕗も優しき色に秋の風薄日さす中に優しき光あり

  5. 秋桜 - Autumn PHOTO

    秋桜

    夕日さす里の田野や忘れ花日陰のみちを曲り曲がって夕陽の射す場所へ向かう風の中で揺れる花たち来年までさよならと秋への別れを分かち合った

  6. あの店この店 - 日々のしをり

    あの店この店

    昔のゆきつけの店をふと懐かしく想い出して、久しぶりに行ってみて、愕然とすることがある。貼紙がある場合はまだしも、とうに閉店していて、影も形もなくなって、もはやその場所すら覚束ないということが、これまで何度あったことだろう・・・。     、、、、、         、、、、その度に、無くなっているというよりは、失くしてしまったような気持ちになったものだ。今年も、また、そんなことがあった。  ...

  7. Memo・俳句 - 心紋様

    Memo・俳句

     銀杏の落葉を詠んだ「タレント」さんの句より!〇 一面の 銀杏を蹴って 通学路〇 銀杏降る 光奏でるように 降る(降るのリフレインが良い)〇 秋天(4) はがれ落ちる(6) 人にベンチに(7) (破調が良い)〇 黄落や ひかりに傾ぐ ピルエット   *銀杏+降る・散る・舞う で 季語として使う。         黄 落 期 という。

  8. おもかげ - Autumn PHOTO

    おもかげ

    旅立てる人送りこし夕もみじ若き日の優しき面影人の命の引きざまはかくも変貌するものか万人のゆく道なれば憂うことなかれ天は温かく迎え給う

  9. メンテナンス実施中 - 藤木洋良の俳句

    メンテナンス実施中

    11月9日(木)~11月15日(水)まで、心身のメンテナンスのため、お休みします。

  10. 小菊の庭 - Autumn PHOTO

    小菊の庭

    霜降や小雨に濡れて友来たる晩秋の細雨は暖かい傘をささずに歩く何気ない会話の後師走の約束をした雨の日の語らいはうれしいもの

  11. 冬は目の前に - Autumn PHOTO

    冬は目の前に

    沸くやうに蕾ひらきぬ冬隣花が散るようにきらっと素早く風が冬を見せるもうすぐ寒くなるのまだ暑い日差しなのに

  12. 立冬 - 日々のしをり

    立冬

         短い秋     いまさらと少し覚えて冬に入る   子瞳        ==============================(ご注意)このブログ下などに掲載されている広告は、全てブログ会社が掲載しているもので、私とは一切関係ございません。     /Sido

  13. 立冬 - 藤木洋良の俳句

    立冬

    我立てり心も立てり冬立てり     藤木洋良

  14. 命日 - 藤木洋良の俳句

    命日

    命日や菊が微笑む風と墓     藤木洋良

  15. 華やぎ - Autumn PHOTO

    華やぎ

    立ち位置の極彩色や秋更けて夕日の射すあたたかいわがやの庭精一杯の自分色で秋にさよならを告げているまだまだよ枯れないでね

  16. 紅葉 - 藤木洋良の俳句

    紅葉

    恥じらいは人の心の紅葉かな     藤木洋良

  17. 初冬の「こどもの国」を散歩しました。 - ご無沙汰写真館

    初冬の「こどもの国」を散歩しました。

    近所の「こどもの国」で秋色を求めて散歩しました。銀杏が色づいていました。昼過ぎから雲が広がって発色がいまひとつなのが少々残念でした。園内をSL型の連結バスが巡回していました。乗り遅れた男の子が残念そうに見送っていました。「コレクションは男子に共通する癖」と聞いたことがあります。この子はお母さんに「いつまで集めてるの?」と急かされていました。園内の奥の方に人通りの少ないよい雰囲気の小径がありま...

  18. 夢夢輝喜 - 夢夢輝喜

    夢夢輝喜

    秋晴れの快晴。 数日前より悩まされている腰痛が中々消え去らず居座っている。 とわ言え、ウォーキングを従来の半分30分に短縮して何とか続けている。チワワのリアンの散歩も続けているが、世話をする為に腰を落としたり前屈姿勢になる時は悲鳴を上げる程に痛い。この8日には奈良に一泊旅行を予定しているので、それまでに鎮静化して欲しい。庭の鬼柚子も黄色みを強めており、一個の重さが1kg程なのでピールとママレ...

  19. 紅葉狩 - 藤木洋良の俳句

    紅葉狩

    谷川に余生流れて紅葉狩      藤木洋良

  20. 浅黄色 - Autumn PHOTO

    浅黄色

    人知らに落ちし花梨の実の一つ深まる秋も知らず穏やかなこの町にいて高知県との県境の天狗高原の紅葉はいつと待っているのに北の地方では寒い寒いの声と山の雪景色ばかり知らに→ 知らないで

61 - 80 / 総件数:279 件

似ているタグ