候補者男女均等法のタグまとめ

候補者男女均等法」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには候補者男女均等法に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「候補者男女均等法」タグの記事(20)

  1. 女性はわずか30%程度! 2021年都議選候補 - FEM-NEWS

    女性はわずか30%程度! 2021年都議選候補

    明日、6月25日は東京都議会議員選挙の告示日。それに間に合わせて、政党や政治団体にアンケートをとった。 その結果、女性候補は30%程度にとどまり、全員当選しても都議会のわずか3分1にしかならないことが判明した。これでは、ダイバーシティ東京、などと、とても言えない。「候補者男女均等法」遵守が強く強く望まれる。 「候補者男女均等法」施行後、東京都議選は初めてである。どれだけ女性候補が増えるだろう...

  2. まだ残る「女性ゼロ議会」(統一選後の長野県) - FEM-NEWS

    まだ残る「女性ゼロ議会」(統一選後の長野県)

    長野県では、2019年4月の統一地方選前、「女性ゼロ議会」が15町村、20%もあった(注)。それが、今回、13町村、16.9%に減った。選挙があったのは6村。その半数にあたる3村(川上村、南牧村、下條村)が「女性ゼロ議会」を脱出した。しかし、いずれも女性の数は残念ながら1人。引き続き「女性ゼロ議会」に甘んじた3村では、女性がそもそも立候補しなかった。 一方、女性議員が1人いた阿南町は無念にも...

  3. 女性候補わずか18%(市区議会議員選) - FEM-NEWS

    女性候補わずか18%(市区議会議員選)

    4月14日、統一地方選後半戦が始まった。NHKの総務省発表によると、314の市区議員選挙に9141人が立候補した。その全定員は7511人。前回より377人減った。その一方で、女性は1680人が立候補し、全立候補者9141人の18.4%で、過去最高らしい。とはいえ、候補者の8割以上が男性であることに、がっかり。男女半々をめざした「候補者男女均等法」の目標に、あまりにも遠く遠くかけ離れている。4...

  4. 報告「議席の半分に女性を!」 - FEM-NEWS

    報告「議席の半分に女性を!」

    2019年1月29日、Qの会(クオータ制を推進する会)主催の集会「議席の半分に女性を!!」に参加した。会場は衆議院第2議員会館。 第1部では、昨年5月の「候補者男女均等法」の施行を受けて、各党がどのように取り組むのかについて、具体策、姿勢を語った。自民党を除く8つの政党が参加し、主に今年の統一地方選挙に焦点を当てて発言した。 女性候補発掘に苦戦している党、立候補希望者がどんどん集まっていると...

  5. 議会を男女半々に:政党へ候補者均等法遵守要望 - FEM-NEWS

    議会を男女半々に:政党へ候補者均等法遵守要望

    2019年1月9日、全国フェミニスト議員連盟(代表小磯妙子、まきけいこ)は、全政党に以下の要望書を提出した。2019年統一地方選挙で女性候補を増やす具体策の策定と実行の要望 議会がどれだけ男女均等に近づいているかは、男女平等と民主主義のバロメーターといえます。日本の著しい立ち遅れは国際的に広く知られており、最近も「国会における女性議員数が世界193カ国のうち160位(注1)」「政治分野のジェ...

  6. 日本の5自治体に1つは「女性ゼロ議会」 - FEM-NEWS

    日本の5自治体に1つは「女性ゼロ議会」

    朝日デジタル2018.11.18に「女性ゼロ議会」の最新数字が出ていた。その記事を消えないうちに貼りつけておく。◆全国の地方議会、「女性議員ゼロ」が約2割青森は5割」◆「1788ある全国の地方議会のうち、約2割にあたる349の市町村議会は女性議員が1人もいないゼロ議会だ。全議会の男女別議員数(2017年12月31日現在)に関する総務省のデータをもとに、朝日新聞が集計した。前回の統一地方選(1...

  7. 案内「国会・地方議会の男女候補者50/50をめざす京都フォーラム」 - FEM-NEWS

    案内「国会・地方議会の男女候補者50/50をめざす京都...

  8. 富山県氷見市「女性ゼロ議会」脱出 - FEM-NEWS

    富山県氷見市「女性ゼロ議会」脱出

    氷見市に女性議員が誕生した。これまで氷見市は男性議員のみの「女性ゼロ議会」。富山県内で女性議員がいない市は、この氷見市だけだった。10月28日に行われた選挙で、女性3人が立候補して、うち2人が当選した。氷見市は、議員定数17人。今回20人が立候補した(現職13人、元職1人、新人6人)。当選したのは、現職・元職14人(全員当選)と新人3人。当選した新人3人のうち2人を女性が占めたことになる。新...

  9. なくそう女性ゼロ議会、増やそう女性議員@群馬 - FEM-NEWS

    なくそう女性ゼロ議会、増やそう女性議員@群馬

    9月30日、午前から夕方まで、「なくそう女性0(ゼロ)議会、増やそう女性議員」と題した集会が開かれる。会場はぐんま男女共同参画センター(前橋市大手町1-13-12。群馬県庁西側)。 昨年4月、高崎市で開かれた女性議員を増やす集いを受けての第2弾。来春は「候補者男女均等法(政治分野における男女共同参画推進法)」が施行されて、初めての統一地方選挙だ。 「かつてない少子高齢化社会を迎え、よりよい仕...

  10. 県会議員における女性率ノルウェー4割、日本1割 - FEM-NEWS

    県会議員における女性率ノルウェー4割、日本1割

    ノルウェーは、国会も地方議会も女性議員がほぼ4割だ。国際比較のデータは国会レベルだ。日本の国会(一院)における女性割合は、世界158番目とわかる。ところが、地方政治の国際比較は自分の足で調べなくてはならず、比較は不可能に近い。というわけで、少し前のデータだが、ご容赦願いたい。2枚の写真は、上がノルウェーの最北県フィンマルクの県会議員のポスター、下が同じフィンマルク県の男女平等白書だ。20...

  11. 議会の顔つきを変えよう - FEM-NEWS

    議会の顔つきを変えよう

    愛知県、千葉県、埼玉県、富山県、福岡県の市町村における女性議員のあまりの少なさに、あらためて、がっくりきた。とはいえ、どこの国も女性議員は少なかった。だから女性を増やすために、知恵をしぼった。たとえばベルギー。国会における女性議員の割合は38%、世界193カ国中21番目になった。そこに至るには、公私を問わず、女性議員を増やそうという活動があった。ひとつが下のキャンペーンだ。今から20年以上前...

  12. 選挙制を改革するなら候補者男女均等法を生かせ - FEM-NEWS

    選挙制を改革するなら候補者男女均等法を生かせ

    全国フェミニスト議員連盟が、さきの「改正選挙法」に抗議した。施行されたばかりの「候補者男女均等法」を無視したことに反対し、比例代表制に変革ことや比例代表制枠を増やすなど、選挙制度の抜本的改革を求めている。♀♀♀「政治分野における男女共同参画の推進に関する法律」(「候補者男女均等法」)を生かした「選挙制度の抜本的見直し」を求めます♀♀♀総務大臣、女性活躍担当・内閣府特命担当大臣野田聖子様参議院...

  13. 埼玉唯一の「女性ゼロ議会」羽生市に女性議員を - FEM-NEWS

    埼玉唯一の「女性ゼロ議会」羽生市に女性議員を

    埼玉県で、男性だけの「女性ゼロ議会」は、羽生市だけとなった。前回調査したときは、東秩父村も女性ゼロ議会だったが、その後、2人の女性議員が誕生した。相変わらず女性議員のいない自治体羽生市に、先日、全国フェミニスト議員連盟の矢澤江美子さん(八潮市議)と、6年ぶりで出向いた。新宿から湘南ラインで久喜駅に。久喜駅から東武伊勢崎線に乗り換えて、1時間半。6年前に訪問したときも、猛烈に暑かった記憶がある...

  14. 女性議員の割合@愛知県 - FEM-NEWS

    女性議員の割合@愛知県

    朝日新聞は、7月11日、愛知県の女性議員の割合を調査報道した。もっとも女性議員が多いのは、43.8%の東浦町議会。北欧並だ。一方、県議会は、102人中女性はわずか8人。女性380万人の代表としてはあまりに少なすぎる。割合にして7.8%。全国平均10%を下回る。また県都名古屋市議会にも、女性議員は2割しかいない。さらに男性議員のみの「女性ゼロ議会」は4市町村。たとえば62000人を擁するみよし...

  15. 参院選挙改革は「一票の格差」抜本見直しならず - FEM-NEWS

    参院選挙改革は「一票の格差」抜本見直しならず

    国民の目が未曽有の災害に注がれている真っ最中、政治の根幹である選挙制度の改変が決まった。「一票の格差」を改正すると称して、参院の議員数を6議席増やしたのだ。参院の特別委員会委員35人のうち、22人の自民、公明委員による多数決だった(写真)。「一票の格差」の是正は、最高裁の要請だ。ところが3年前、合区によってお茶を濁してしまった。そのため国会は、2019年の参院選には「選挙制度の抜本的な見直し...

  16. 全国フェミニスト議員連盟サマーセミナーin松本 - FEM-NEWS

    全国フェミニスト議員連盟サマーセミナーin松本

    7月7日、8日、松本市で全国フェミニスト議員連盟のサマーセミナーが開催された。豪雨でキャンセル者がいたものの、のべ100人以上が、菅谷昭松本市長の基調講演、シンポジウム、分科会、アピール採択などのプログラムに参加した。写真下にアピールを掲げる。◆◆◆2018全国フェミニスト議員連盟サマーセミナー in 松本 アピ-ル◆◆◆「“生命を考える” 三ガク(岳・楽・学)都からの発信」の呼びかけに応え...

  17. じゃあ政治家の顔を女性に変えたら?(ベルギー) - FEM-NEWS

    じゃあ政治家の顔を女性に変えたら?(ベルギー)

    ▲「I 女のしんぶん」(2018年7月10日号)叫ぶ芸術上は、ベルギー政府肝いりでつくった、女性議員を増やそうポスター。20年ほど前、ベルギーの女性議員はわずか9%だった。今の日本の衆院における女性率と同じだ。それを変えなくては、と「立候補者リストにおける男女の平等代表制の法律」をつくった。ベルギーの選挙は比例代表制。有権者は、候補者個人ではなく、政党を選ぶ。選挙に先立って、選挙管理委員会は...

  18. 「候補者男女均等法なんて知らない」(長野県下諏訪) - FEM-NEWS

    「候補者男女均等法なんて知らない」(長野県下諏訪)

    「聞いたこともない」「知らなかった」「どんな法律かわからない」6月25日、長野県の下諏訪で、先月施行されたばかりの「候補者男女均等法」の勉強会があった。冒頭、元下諏訪町議の樽川通子さんが、「残念ながら、これが、わが町の声だ」と紹介した。「候補者男女均等法」は、選挙の際の候補者をできるだけ男女同数にするよう政党などに求めた法律だ。この5月、国会で成立、施行された。何度もマスコミに載っていたので...

  19. 案内「候補者男女均等法ができた!さあどうする?」 - FEM-NEWS

    案内「候補者男女均等法ができた!さあどうする?」

    樽川通子さんのお話を聞く会にどうぞ!樽川さんは下諏訪町議を長年務め、そのあと、女性議員を増やすため獅子奮迅の働きをした女性だ。日本の都道府県議会のなかで、長野県がもっとも女性議員が多かったときがある。2007年(平成19)で、長野県議会58人中11人が女性だった。その背景のひとつに、樽川さんの頑張りがあったのではないか。現在、その長野県議会は見る影もない。女性議員はわずか5人。半減してしまっ...

  20. 候補者男女均等法は我々が望んでることではない(長野県自民党) - FEM-NEWS

    候補者男女均等法は我々が望んでることではない(長野県自民党)

    「候補者男女均等法」が国会でやっと成立した。各地の政党幹部は、いったいどう考えているのか。たとえば長野県。長野県議会の自民党議員は全員男性だ。朝日新聞(2018.5.25)によると、萩原清幹事長は、女性議員が誰もいないことを悪びれるどころか、法律をこうバッサリ。「国で法律を決めて勝手にやっている話で、我々が望んでいることではない」「(女性に)積極的に出てもらいたいということはないし、特段の働...

総件数:20 件

似ているタグ