備前焼のタグまとめ

備前焼」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには備前焼に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「備前焼」タグの記事(11)

  1. 一生使える日用品 - 平井本店ブログ 

    一生使える日用品

    TBSの『マツコの知らない世界』で一生使える日用品として備前焼のビアマグが紹介されていました缶ビールをガラスのコップと備前焼のコップに注いでマツコさんが実際に飲み比べをしていました備前焼のコップきめ細かい泡を作ってました♪マツコさんは備前焼で飲んだ方が味が濃く深みを感じると言っていました画像お借りしましたテレビを見た方々が備前焼に興味を持ってくださると嬉しいです  クリーミーな泡じゃな~Ok...

  2. 伊勢﨑晃一朗 展 -成ル- 日曜日までの開催です - 工房IKUKOの日々

    伊勢﨑晃一朗 展 -成ル- 日曜日までの開催です

    昨日の雨で外の空気が一段とクリアに感じられた今日の夕暮れ・・・。伊勢﨑晃一朗さんの畝壺も衣替えです。青みが爽やかな山栗の枝から色づきはじめたもみじへ…。大きな大きな、種や実、球根、母なる大地を連想させる作品は大きな大きなエネルギーを内に秘め、生けられたもみじはまるでそのエネルギーを糧にむくむく、ぐんぐんと枝を伸ばしたかのようです。伊勢﨑晃一朗 展「 成ル 」会期:~2017年10月1日(日)...

  3. 伊勢﨑晃一朗 展 -成ル- より・・・ - 工房IKUKOの日々

    伊勢﨑晃一朗 展 -成ル- より・・・

    先ほどから雨が降り始めました。先日の台風がもたらした雨とはうって変わって優しい雨です。剪定されたばかりの柳の木も心地良さそうに揺らいでいます。さて、現在開催中の伊勢﨑晃一朗 展「 成ル 」今日は、ご出品頂いている作品の中でも晃一朗さんと、漆/木工の作家さんでいらっしゃる榎本勝彦さん、高月国光とのコラボレーション作品をご紹介させて頂きます。黒削水指蓋:榎本勝彦氏作鈍く、深く、静かに艶めく蓋。金...

  4. 伊勢﨑晃一朗 展 -成ル- 開催中です - 工房IKUKOの日々

    伊勢﨑晃一朗 展 -成ル- 開催中です

    昨日は昼と夜の長さが逆転する節目の「秋分の日」。今年は大変暑い夏でしたが残暑もあまりなく日々、秋の深まりを感じます。ここ倉敷の街路樹のイチョウも銀杏が鈴なりに・・・。みなさまの町はいかがでしょうか?工房IKUKOでは昨日より備前で作陶をされている伊勢崎晃一朗氏による個展、『成ル』を開催致しております。3年前の個展、季節は初夏。その際は青々とした紅葉の枝が花器に入りみなさまをお出迎え…今回は、...

  5. 備前焼に挑戦 - 三日おばさん

    備前焼に挑戦

    備前焼を体験なんと2000円で2品製作陶芸作家「恒枝先生」の指導の下2品とおまけありでしたまずは、手始め土の触感を味わってほしいと犬づくり(おまけ)4人4様次はいよいよ本番こんな感じでマグカップ先生の作品を見よう見まねで手前のが自作です2割がた小さくなるらしいもう1品は、中皿優しく丁寧に教えてくださる温かみのある先生でした途中にお茶休憩もあり焼きあがるのは1月下旬楽しみ

  6. 備前焼熟成味噌開き♪第3弾… - miso汁香房(ロジの木)

    備前焼熟成味噌開き♪第3弾…

    備前焼熟成味噌第3弾が出来上がりました!麹が20割・4ヶ月発酵。材料:丹波篠山産白大豆+島根安来産米麹+備前焼熟成♪仕込んだときは…こんな感じでした↓4ヶ月後…↓あっ、ふちにカビが出ていますね。でも、このくらいなら少ない方です(^_^)カビと表面の味噌を薄く取ってみれば…美味しそうな若い味噌ができていました!丹波篠山白大豆独特のコクとうま味がある味噌になっています♪味噌汁にすると更に香りがた...

  7. WINK7月号に髙田裕之さんのうつわ夏のお料理をご紹介しています - くわみつの和み時間

    WINK7月号に髙田裕之さんのうつわ夏のお料理をご紹介...

    WINK7月号に2017年7月9日(日)~7月18日(火)まで開催中の備前焼作家髙田裕之さんの器を掲載していただきました。旬の野菜!茄子をツルッといただくそうめんにアレンジ!涼しさも一緒にどうぞ!

  8. 髙田裕之陶展ー日々ー - くわみつの和み時間

    髙田裕之陶展ー日々ー

    髙田裕之陶展 ー日日ー2017年7月9日(日)~7月18日(火)11:00~18:00 会期中無休今回で二回目になります笠岡市の髙田裕之さんの個展です。今回のタイトルは『日々(にちにち)』使うことによって育つ器!日々お使いいただきたいという思いでつけました。土と炎の織り成す偶然の風合いは備前焼ならではの魅力です。遊び心のある花器もお楽しみください。

  9. アーツ&クラフツ商會  - 平井本店 ブログ

    アーツ&クラフツ商會 

    BSの『アーツ&クラフツ商會』という番組俳優の渡辺いっけいさんが進行役です映像で見ると、ほんとわかりやすいです↓備前焼で出来たマカロンの形の小物入れ、かわいかったですそして土づくり、土練り、成形、窯詰め、窯焚き、窯出し一瞬たりとも気の抜けない様々な工程を経て手元にやってくるんですねOkayama Izushi-cho 1-6-6 Hirai hontenBizen ware shop

  10. 使い始めの湯煮 - 平 井 本 店 ブ ロ グ  

    使い始めの湯煮

    購入したうつわを使い始める時湯煮をした方が割れにくいって言いますねなんでこんなことするの?って疑問に思いますよね窯の中での様子を想像してみると例えばですが、うつわの片方の側はものすごい高温にさらされているけれどもう一方の側はそうでもない…ということが置かれた場所によってでてきますたくさんの作品を一度に焼くので必ずそういうことがありますよねひとつのうつわの中でさらされた温度が違えば焼くことによ...

  11. 備前焼 or 信楽焼と丹波(立杭)焼のちがい、洛中の古道具屋はお宝がいっぱい。 - 徒然なる老後

    備前焼 or 信楽焼と丹波(立杭)焼のちがい、洛中の古...

    右が今出川烏丸~堀川の古道具屋で見つけた"徳利"です。左の丹波焼と比較すると土の色がまったくちがいますね。丹波焼は三田の四辻の土らしいです。鉄分が多いのか阪急電車のマルーン色のような感じでわかりやすいです。"徳利"の方は陶印が入っているのですが読めず、土もこの色・粗さからでは私ではどこのものか断定できないです。勉強不足です。とにかく380円で手に入れました。さすが洛中です。家具といいジャンク...

1 - 11 / 総件数:11 件

似ているタグ