傾向のタグまとめ

傾向」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには傾向に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「傾向」タグの記事(60)

  1. ダービー卿CTの傾向2020 - 机上の空論 ~愚者、策を弄す~

    ダービー卿CTの傾向2020

    中山1600mで行われる古馬ハンデGⅢ「ダービー卿チャレンジトロフィー」。2017年から土曜日開催に。11年は震災の影響で阪神代替だったので、中山開催分をチェックします。ダービー卿CTの傾向(中山開催の過去10回の連対馬+3着馬データから)2020<実績>最低連対ラインは「1600万勝ち」。該当するのは…「京王杯SC18着のみ」のフィアーノロマーノ「OP以上谷川岳S7着のみ」のヒーズインラブ...

  2. 大阪杯の傾向2020 - 机上の空論 ~愚者、策を弄す~

    大阪杯の傾向2020

    阪神2000mで行われる古馬GⅠ「大阪杯」。「魅力ある競走を提供するため」という事で、2017年からGⅠに昇格。「ドバイミーティング」などの影響もあって、何とか国内の盛り上がりを期待したようで…。以前は天皇賞(春)の前哨戦のGⅡとしてヒルノダムールやメイショウサムソンが本番も勝利。他にも連対したドリームジャーニーやエイシンデピュティが宝塚記念を制しており、春のGⅠに向けて有力馬が出ていた。昇...

  3. マーチSの傾向2020 - 机上の空論 ~愚者、策を弄す~

    マーチSの傾向2020

    中山ダート1800mで行われる古馬ハンデGⅢ「マーチステークス」。11年は震災の影響で時期をずらして阪神で代替開催。中山開催分をチェックします。マーチSの傾向(中山開催過去10回の連対馬+3着馬データから)2020<実績>最低連対ラインは「1600万勝ち」。該当するのは…「OP以上初」のサトノティターンとナニハトモアレ「OPは4着と3着、重賞はユニコーンS5着、東海S10着、東海S5着」「京...

  4. 毎日杯の傾向2020 - 机上の空論 ~愚者、策を弄す~

    毎日杯の傾向2020

    阪神1800mで行われる3歳GⅢ「毎日杯」。賞金加算で皐月賞へ出走が狙えるラストチャンス。NHKマイルCへの前哨戦とする馬もいる。以前は2000mで行われていたが、阪神競馬場の改修にともない07年から1800mに変わった。その影響もあってか近年は皐月賞での活躍馬は出ていなかったが、17年にアルアインが制覇。ダノンシャンティやディープスカイが勝利し、2着のギベオンやコティリオンが2着とNHKマ...

  5. 日経賞の傾向2020 - 机上の空論 ~愚者、策を弄す~

    日経賞の傾向2020

    中山2500mで行われる古馬GⅡ「日経賞」。天皇賞(春)へ向けての前哨戦のひとつ。以前と比べると本番でも結果が出てきている。11年は震災の影響もあって阪神2400mで代替開催。日経賞の傾向(中山開催の過去10回分の連対馬+3着馬データから)2020<実績>最低連対ラインは「1600万勝ち」。OP以上が…「日経新春杯3着のみ」のガンコ「OP以上初」のチェスナットコート「皐月賞12着、ラジオNI...

  6. 高松宮記念の傾向2020 - 机上の空論 ~愚者、策を弄す~

    高松宮記念の傾向2020

    中京1200mで行われれる古馬GⅠ「高松宮記念」。改修して新しくなってからは9回目。13年から1月に中京開催が増えているので、2012年とは若干違っていますが、8回分の3着までを中心に考えてみます。改修時は「阪神開催」でした。※ちなみに2016年は中京競馬場の走破タイムが速くなっています。2019年はBコースで内有利になっていたとの事。2020年は京都改修の影響か1週前の3日間開催に中京は開...

  7. フラワーCの傾向2020 - 机上の空論 ~愚者、策を弄す~

    フラワーCの傾向2020

    中山1800mで行われる3歳牝馬GⅢ「フラワーカップ」。賞金加算で出走が狙える事もあり、桜花賞へ向けて最後のチャンスとも捉えられている。近年は出ていないが、キストゥザヘヴン、シーザリオ、ダンスインザムードらが本番でも勝利。優駿牝馬へ向けて使う場合もあり、注目の1戦。※2020年は3日開催の金曜日。2014年は3日開催(3場中2場ずつで開催)の金曜日で2着同着。16年と18年は3日開催の月曜日...

  8. 阪神大賞典の傾向2020 - 机上の空論 ~愚者、策を弄す~

    阪神大賞典の傾向2020

    阪神3000mで行われる古馬GⅡ「阪神大賞典」。以前は天皇賞(春)に向けて有力なレースだった。近年は他路線の方が相性がよくなったが、レインボーライン、15年のゴールドシップ、アドマイヤジュピタ、ディープインパクトなどがココから本番を制している。有力どころが揃わなくなる年もあるが、出走メンバー次第では注目したい。阪神大賞典の傾向(過去10年の連対馬+3着馬データから)2020<実績>最低連対ラ...

  9. スプリングSの傾向2020 - 机上の空論 ~愚者、策を弄す~

    スプリングSの傾向2020

    中山1800mで行われる3歳GⅡ「スプリングステークス」。皐月賞トライアルで3着までに優先出走権が与えられる。17年と16年は変則3日間開催で2回7日目。過去の勝ち馬からはロゴタイプ、オルフェ―ヴル(阪神代替)、アンライバルド、メイショウサムソン、ネオユニヴァース、タニノギムレットらが皐月賞や東京優駿(日本ダービー)を勝利。ステルヴィオはマイルCS、キタサンブラックは菊花賞勝ち。2着や3着か...

  10. 若葉Sの傾向2020 - 机上の空論 ~愚者、策を弄す~

    若葉Sの傾向2020

    阪神2000mで行われるリステッド競走の3歳OP「若葉ステークス」。重賞ではないですが、皐月賞のトライアルなのでチェックしておきます。2着までに優先出走権が与えられる。以前は中山で行われていたが、2000年から阪神に移った。移設当初は結びつきが薄かったが、改修後の内回り2000mはそのままだと思うのだが…ワールドエース、ヒルノダムール、トライアンフマーチ、ヴィクトリーなどが本番でも連対してい...

  11. ファルコンSの傾向2020 - 机上の空論 ~愚者、策を弄す~

    ファルコンSの傾向2020

    中京1400mで行われる3歳GⅢ「ファルコンステークス」。以前(馬齢変更前)は「中日スポーツ賞4歳S」の名称で1800mで7月開催、96年になって1200mで6月開催、01年から「ファルコンS」に名称変更、06年から3月開催だった。11年は中京改修時は阪神で行われ、12年から新・中京1400mで開催。最近は「左回りで直線が長め」、「本番までのレース間隔」、「賞金加算」などの理由から、NHKマ...

  12. 中山牝馬Sの傾向2020 - 机上の空論 ~愚者、策を弄す~

    中山牝馬Sの傾向2020

    中山1800mで行われる古馬牝馬のハンデGⅢ「中山牝馬ステークス」。※2014年は2着が同着で3着なし。2011年は震災の影響で阪神で代替開催だった。中山牝馬Sの傾向(中山開催過去10回分の連対馬+3着馬データから)2020<実績>※14年が2着同着なので21頭最低連対ラインは「1600万勝ち」。OP以上が…「アルテミスS10着、ローズS5着、愛知杯4着」のウラヌスチャーム「OPはアンドロメ...

  13. 金鯱賞の傾向2020 - 机上の空論 ~愚者、策を弄す~

    金鯱賞の傾向2020

    中京2000mで行われる古馬GⅡ「金鯱賞」。2011年までは5月末に宝塚記念の前哨戦、12年の大幅変更により有馬記念の前哨戦となっていたが、17年から大阪杯のGⅠ昇格にともなって3月に移ってその前哨戦に。3月の中京2000mといえばGⅢのハンデ戦で、00~11年までは「旧・中京記念」、99年以前や12~16年は「中日新聞杯」だった。中日新聞杯とトレード(厳密にはチャレンジCとの三角トレード)...

  14. フィリーズRの傾向2020 - 机上の空論 ~愚者、策を弄す~

    フィリーズRの傾向2020

    阪神1400mで行われる3歳牝馬GⅡ「フィリーズレビュー」。桜花賞のトライアル3着までに優先出走権が与えられる。1400m内回りなので、改修の影響はあまりないかと。※19年は1着同着。フィリーズRの傾向(過去10年の連対馬+3着馬データから)2020<実績>最低連対ラインは「新馬・未勝利勝ち」。該当するのは…「500万以上初」のノーワン「新馬1着、500万3、3、5着」のソルヴェイグ「新馬2...

  15. アネモネSの傾向2020 - 机上の空論 ~愚者、策を弄す~

    アネモネSの傾向2020

    中山1600mで行われる3歳牝馬限定オープン戦「アネモネステークス」。桜花賞トライアルなので、チェックしておきます。2着までに優先出走権が与えられる。99年までは阪神1400mで行われており、上位馬から本番で絡む馬が出ていた。中山になってからは02年の8着アローキャリーが勝ったが、阪神ジュベナイルF2着馬だった。関連が薄れている感は否めない…。※2011年は震災の影響で中止となっています。ア...

  16. オーシャンSの傾向2020 - 机上の空論 ~愚者、策を弄す~

    オーシャンSの傾向2020

    中山1200mで行われる古馬GⅢ「オーシャンステークス」。高松宮記念に向けての東の前哨戦。GⅢに昇格してから15年目。14年から阪急杯と同じくGⅢだがGⅡのように「1キロ減じる…」が適用され、1着馬に高松宮記念への優先出走権が与えられる。オーシャンSの傾向(過去10年の連対馬+3着馬データから)2020<実績>最低連対ラインは「1600万勝ち」。該当するのは、OP以上が…「出走無し」のスマー...

  17. チューリップ賞の傾向2020 - 机上の空論 ~愚者、策を弄す~

    チューリップ賞の傾向2020

    阪神1600mで行われる3歳牝馬GⅡ「チューリップ賞」。18年からGⅡに格上げ。過去の連対馬からはラッキーライラック、ソウルスターリング、シンハライト、ジュエラー、ハープスター、ヌーヴォレコルト、アパパネ、ブエナビスタ、トールポピー、ウオッカ、ダイワスカーレット、スイープトウショウ、スティルインラブ、テイエムオーシャン、エアグルーヴ、ダンスパートナーなどがGⅠ馬になっている。ちなみに牝馬3冠...

  18. 弥生賞の傾向2020 - 机上の空論 ~愚者、策を弄す~

    弥生賞の傾向2020

    中山2000mで行われる3歳GⅡ「弥生賞」。皐月賞のトライアルで3着までに優先出走権が与えられる。本番と同じコースという事もあって、有力馬が出走してくるケースも多い。過去の勝ち馬からはマカヒキ、ヴィクトワールピサ、ロジユニヴァース、ディープインパクト、アグネスタキオン、スペシャルウィークらが皐月賞や東京優駿(日本ダービー)を勝利。他にもナリタトップロードやダンスインザダークが菊花賞を勝ち、2...

  19. 阪急杯の傾向2020 - 机上の空論 ~愚者、策を弄す~

    阪急杯の傾向2020

    阪神1400mで行われる古馬GⅢ「阪急杯」。高松宮記念の前哨戦で1着には優先出走権が与えられる。2012年から導入された「1キロ減じます…」でGⅡ同様の措置が取られているはず。06年から1400mの別定戦になったが、以前は違う距離で、(96年から)1200mでハンデ戦など条件が違う時期も。07年は1着同着だった。阪急杯の傾向(過去10年の連対馬+3着馬データから)2020<実績>最低連対ライ...

  20. 中山記念の傾向2020 - 机上の空論 ~愚者、策を弄す~

    中山記念の傾向2020

    中山1800で行われる古馬GⅡ「中山記念」。19年のウインブライト、ラッキーライラック、ジャスタウェイ、ヴィクトワールピサ、09年のカンパニー、ドリームジャーニー、ダイワメジャーなど連対馬がその年にGⅠを勝っている。有力馬が出走してくるケースもあるので、注目しておきたい。2017年から大阪杯がGⅠに昇格し前哨戦として、1着馬に優先出走権が与えられる。開幕週の日曜日。中山記念の傾向(過去10年...

総件数:60 件

似ているタグ