入試問題のタグまとめ

入試問題」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには入試問題に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「入試問題」タグの記事(14)

  1. 2019年11月12日:神戸大学2012年度理系2 - T氏の数学「一日一問」

    2019年11月12日:神戸大学2012年度理系2

    こんばんわ,Tです。大分風邪も治まってきました。が,まだまだ油断は禁物。さて,2013年度神戸大理系第2問は,一見するとどう手をつけるか…と悩んでしまう問題。条件の処理が複雑ですが,本質的には,・長方形の縦横の辺の和(和そのものではないが)が一定・長方形の面積,すなわち縦横の辺の積の最大値を考える→和と積のすり替えと「最大最小→不等式」,ならば相加相乗か?という思考が正確に行えるかが問われる...

  2. 2019年11月11日:神戸大学2013年度文理共通1 - T氏の数学「一日一問」

    2019年11月11日:神戸大学2013年度文理共通1

    こんばんわ,Tです。昨日は新天皇即位パレードがあった日で,夜のニュースもその話題で持ちきりでしたね。天皇制には賛否あるとは思いますが,個人的には,日常の生活の中ではなかなか素直に出し切れない,日本人の“良心”のようなものを全身で体現されている存在なのかな,と思っています。天皇皇后両陛下が被災地を訪問されたりしているところを見るにつけ,このように心をきれいにして生きていきたいと思うものです。さ...

  3. 2019年11月10日:神戸大学2012年度文系3 - T氏の数学「一日一問」

    2019年11月10日:神戸大学2012年度文系3

    こんばんわ,Tです。ようやく日曜日で,体を立て直すためにしっかり休みたいところです。どうせ外は何やらのパレード一色で,外出にも不便でしょうから…。さて,神戸大文系のもう1問は,不等式の証明の問題。話題としてはよく見かけるものです。等号が成立するのは,n個の正の実数がすべて等しいときであるというのは容易に想像できるので,(2)も見かけほど難しくはないだろう…ということで,解答です。解答作成後,...

  4. 2019年11月9日:神戸大学2012年度文系2 - T氏の数学「一日一問」

    2019年11月9日:神戸大学2012年度文系2

    おはようございます。Tです。1日休んでしまいましたが,今日からまた毎日1問を再開していきます。神戸大学の文系の数学は,3問を80分で解くので,1問20~25分といったところ。理系同様,問題に対して何をすべきかは見えやすいものが多いですが,文系の生徒にとっては,知っておくべきことを知らずに挑むと計算量が膨大になる,という特徴が見えます。第1問は,理系と共通の問題なので,今日は第2問です。このタ...

  5. 2019年11月7日:神戸大学2012年度理系5 - T氏の数学「一日一問」

    2019年11月7日:神戸大学2012年度理系5

    こんばんわ,Tです。湿度が30%台になる地域があるようですね…。枕元には水を。さて,2012年度神戸大理系の問題も残すところあと1問。問:座標平面上の曲線Cを,媒介変数0≦t≦1を用いてx=1ーt^2,y=tーt^3 と定める.以下の問に答えよ.(1)曲線Cの概形を描け.(2)曲線Cとx軸に囲まれた部分が,y軸の周りに1回転してできる回転体の体積を求めよ.これも,やることは決まっている問題で...

  6. 2019年11月6日:神戸大学2012年度理系4 - T氏の数学「一日一問」

    2019年11月6日:神戸大学2012年度理系4

    こんばんわ。どうも風邪をひいたっぽいTです。急に寒くなりましたので,外出時の服装や就寝時のふとんの枚数など,気をつけたいですね。さて,2012年度神戸大学理系の第4問は,微分や積分,数値の大小評価と,解析学の様々なテーマが盛り込まれた問題。(1)の結果を(4)で使うんだろうな~とか,(2)は,とりあえず言われるままに微分したら,出てきた結果と(3)の一部分がそのまま結びつく…とか,手を動かし...

  7. 2019年11月5日:神戸大学2012年度理系3 - T氏の数学「一日一問」

    2019年11月5日:神戸大学2012年度理系3

    こんばんわ,Tです。2012年度神戸大学理系第3問は,積分区間に変数を含む関数の問題。tanの逆関数の積分表示ですが,高校の範囲では逆三角関数は扱わないので,積分の両端が定数のとき,t=tanθと置換して計算するのですが,上端が変数xなので,微分するだけか~と思いながら進めると,結局最後は積分の計算するんかい!という問題。以下,解答です。この問題は,はっきり言ってeasyです。赤本の講評にも...

  8. 2019年11月4日:神戸大学2012年度理系2 - T氏の数学「一日一問」

    2019年11月4日:神戸大学2012年度理系2

    こんばんわ,Tです。昨日に引き続き,神戸大学2012年度の問題。旧々課程以来すっかり姿を消した行列の問題です。(2)で係数比較をする場面で,解答では補題1・2を示して係数比較の正当性を示していますが,赤本などの解答では「PはEの実数倍ではないので」の一言で済まして(ごまかして?)います。ここは,実2次正方行列全体が実4次元のベクトル空間で,その中でPとEが一次独立であるであることを示し,それ...

  9. 2019年11月3日:神戸大学2012年度文理共通1 - T氏の数学「一日一問」

    2019年11月3日:神戸大学2012年度文理共通1

    こんばんわ。Tです。少し遅れましたが,今日から,1日1問を開始していきます。数日前,某全国チェーン古本屋で神戸大学の赤本を手に入れたので,まずはその過去問から。今日の1問は,2012年度の文理共通の問題。問:座標平面上に2点A(1,0),B(-1,0)と直線ℓがあり,Aとℓの距離とBとℓの距離の和が1であるという.以下の問に答えよ.(1)ℓはy軸と平行でないことを示せ.(2)ℓが線分ABと交...

  10. 【013】国語も社会も時代によって変わっていきますね-後編- - 中学入試 国語・社会のヒント 家庭教師・府川慎一朗のブログ

    【013】国語も社会も時代によって変わっていきますね-後編-

    「国語も社会も時代によって変わっていくなあ」と日々感じます。今回は社会科です。些末なデータが毎年変わるのは当たり前ですね。たとえば農産物の都道府県生産額の順位、貿易では品目別の輸入相手国、財政なら歳出の内訳、工業ならば世界の自動車生産額など、まあ挙げればきりがない。新幹線は延びる一方だし(縮んでも困りますが)、世界遺産は増える一方、政令指定都市も大盤振る舞いの様相を呈しています。そして年表は...

  11. 【012】国語も社会も時代によって変わっていきますね-前編- - 中学入試 国語・社会のヒント 家庭教師・府川慎一朗のブログ

    【012】国語も社会も時代によって変わっていきますね-前編-

    「国語も社会も時代によって変わっていくなあ」と日々感じます。「国語は20年前の入試問題でも練習に使えて良いよなあ、それにひきかえ社会科はさぁ、データは毎年変わるし、選挙の定数も変わるし、財政のグラフだって毎年変わってさ…」という社会科講師の愚痴はよく聞いたものです、失礼、私も言ったことがあります。まあ、愚痴というより「形式美」の範囲だったりするのですが、本気で毎年言っている人には「だったら社...

  12. 【008】社会を原因に「麻布をあきらめる」のはまだ早い! - 中学入試 国語・社会のヒント 家庭教師・府川慎一朗のブログ

    【008】社会を原因に「麻布をあきらめる」のはまだ早い!

    麻布中学の社会を教え続けて19年になりました。もちろん、世の中には2倍以上のキャリアを持たれる先生方もいらっしゃるのではないかと思います。今後も問題・指導法ともに研究を重ねていく決意は変わりません。麻布中学の社会ほど誤解されている教科も無いと思います。曰く、1「大学受験の社会科(日本史か?)講師でも解けない」2「あれは勉強ではなく『教養』を聞いているのだ、対策の仕様がない」3「もともと麻布の...

  13. 平成30年入試問題高専数学平面図形の解説 - スクール809 熊本県荒尾市の個別指導の学習塾です

    平成30年入試問題高専数学平面図形の解説

    平成30年高専入試問題の平面図形の解説です。なかなかいい問題だと思いますが、時間内に解けた生徒は少ないと思いますよ。塾生で解けたのは2名。こういう問題でドツボにはまると、時間が無くなってしまいますから、(1)の証明は易しいので、こういう解ける問題をどんどん先に解いて、(2)は、あとで時間が余ったらチャレンジするような問題ですね。ということで、このブログに辿り着いた平面図形マニアな方へどうぞの...

  14. 都立高校入試問題[5]古文の問題をビデオで解説 - ペンギン先生のひとりごと

    都立高校入試問題[5]古文の問題をビデオで解説

    平成29年度の東京都立高校入試問題から[5]の古典の問題解説ビデオをホームページ上でアップしました。是非ご覧ください。もしも他府県の問題を解説するビデオが見たい、という方がいらっしゃいましたら、問題をpdfファイルかスマホで写真に収めてお送りください。できるだけご期待にお応えしたいと考えています。

総件数:14 件

似ているタグ