入院生活のタグまとめ

入院生活」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには入院生活に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「入院生活」タグの記事(12)

  1. 17.術後19日 外泊 - 脛骨骨折日記

    17.術後19日 外泊

    8月19日 術後19日日曜日はリハビリが休みのため事故後3週間ぶりに外泊しました。多少周囲の音に参っていたため一時避難の意味もありました。まだこの時期右足はぶつかったりすると痛みがある状態で慎重に慎重に行動しました。自力で移動することは出来ましたが、飲み物を飲むのも嫁や子供にテーブルまで運んでもらう状態でした。ただ久しぶりの自宅は快適で自分の布団で熟睡しました。私はどうもうつ伏せで寝るみたい...

  2. 15.術後16日 転院 - 脛骨骨折日記

    15.術後16日 転院

    8月16日 術後16日 転院1日目 リハビリ目的で回復期の病院に転院。ここは総合病院ではないが、大きな病院で整形外科が中心の総合病院に準じるくらいの規模でもちろん手術もされる。リハビリが有名で他県からも受診されるそうです。午前中に移動しました。移動は嫁に車で連れて行ってもらいました。松葉杖で病棟外に出るのは初めてで、人が多いと(特に小さな子供)ぶつからないか気を使いながらの移動でした。車に乗...

  3. 14.術後15日 - 脛骨骨折日記

    14.術後15日

    8月15日 術後15日救急病院最後の日です。7月29日に救急車で搬入されてから18日。突然の出来事で、入院も手術も人生でほぼ初めて(盲腸ではありました)の経験でした。振り返ると事故の時通報してくださった方、運んで下さった救急隊員の方、嫁、主治医の先生はじめ病院のスタッフ全ての方もっと言えば日本の医療体制医療水準全てに感謝しております。事故直後痛みで意識も飛びそうな時主治医の先生に一つだけ質問...

  4. 13.術後11日〜14日 - 脛骨骨折日記

    13.術後11日〜14日

    8月9日術後11日〜14日落ち着いて変化のない日々。右足の状態は、膝の腫れ(手術による)はほぼ引きました。足首の腫れは引いてはきているもののまだある。私の骨折は接触事故によるものなので足の側面やら付近やらを強く打って、骨折もスパーンと折れておらず3つくらいに砕けているので治りは遅いと思われます。動きは膝は90度くらい、親指は普通に動くようになった。足首の動きはよくなく、背屈がほとんど全くでき...

  5. 術後の様子 - (=^・^=)の部屋 写真館

    術後の様子

    約11センチの開腹手術、ということで、迷わず全身麻酔を希望しました。気持ちよく、いっちゃうのかと思いましたら、喉頭鏡っていうんですか?気道を確保する器具をガッといれられ、「あら、違うじゃん。これ、痛いじゃん。」で。意識が飛びました。次の瞬間、ねこさん、ねこさん、終わりましたよ~~。ありがとう・・・ございます・・・という声が喉が痛くてひしゃがれていました。おまけに(((p(>◇<)q))) サ...

  6. 11.術後9日目〜 入院生活 - 脛骨骨折日記

    11.術後9日目〜 入院生活

    8月9日 術後9日右足は強い痛みは無くなった。この時期のリハビリは、まだ腫れているので足首と膝の曲げ伸ばしをできる範囲で行なっている。足の親指は上下に動くようになったが足首はほとんど動かない。あとは健側の筋トレ。入院生活は、リハビリ以外特にすることもない。入院してからあまり熟睡できず午後10時頃就寝で明け方3時か4時頃目覚める。(昼間ウトウトしている時間もあるが)午前8時に朝食、午後12時に...

  7. 10.術後8日目 退院or転院 - 脛骨骨折日記

    10.術後8日目 退院or転院

    8月8日 術後8日目主治医の先生の回診で術後の経過は良好であること、レントゲンでズレもなくしっかり止まっていることを告げられる。後1週間ほどで退院するか、リハビリのできる回復期の病院に転院するか決めておいてくださいと告げられる。「このまま退院して歩けるようになるのですか。」と尋ねると、若いので大丈夫ですと。(50に近いので若くはないのですが)翌日理学療法士の方に尋ねると「ご自身で曲げ伸ばしを...

  8. 病棟見聞録其の三 - 難病日記

    病棟見聞録其の三

    病室は7階で見晴らしがよい、懐かしい埴生の宿はあの辺りか(大袈裟な)ペケはどうしてるかなぁ会いたい・・・しかし入院生活は。私には基本楽だった。家事から解放され、三度の食事も出てくる、それも二種類から選べるのだよ!三日間の絶食を終えて、流動食からお粥、今は普通食。味覚がリセットされたのか、シャビシャビの味噌汁が美味しい。窓ガラスに映った我が姿は、やまんばみたいだが。   縮緬か   有松絞か ...

  9. 病棟見聞録其の二 - 難病日記

    病棟見聞録其の二

    大部屋から個室に移った。バストイレ付だが入浴出来ない私には無駄。やれやれ、と思ったのもつかの間、壁が薄いため?隣の音声が丸聞こえ。午後、見舞客が来て夕方まで喋りどうし、流石に内容は判らないが、病院にはプライバシーは無い。朝のルーティンである発声練習は取止め。ここも二日ほどで移動。トイレだけ付いている個室。部屋代四千円。担当看護師さんは毎日代わり、丁寧にその都度挨拶してくれるが覚えられない(^...

  10. 病棟見聞録其の一 - 難病日記

    病棟見聞録其の一

    10日間の入院は初体験。転んでもただは起きぬ精神の私です( ^ω^)・・・手術後、すぐは四人部屋に。私を含め三人いた。向かいに老衰死?を待つ御婆さん。隣は多分癌末期?の小母さん。二人共ナースコールを呼びまくる、が、すぐには来ない。すると来るまで呼ぶ!それも病人らしからぬ大声だ。(おーいおーいおーい)(お茶お茶お茶~)(痛い痛い痛い~)(苦しい苦しい)午後三時から面会時間。御婆さんには子供?が...

  11. ※ 入院中です! - 気まぐれ写真工房 new

    ※ 入院中です!

    ※ 新潟県長岡市10階の病室からの撮影です外泊許可をもらって、更新・・・次回更新日未定SONY DSC HX30VSONY DSC HX30V・

  12. 27歳の秋~聞き取り調査① - フローリスト作家 「秋津はな」 の 子供のいない女性のお悩み・心情ブログ

    27歳の秋~聞き取り調査①

    空が高くどこまでも青い。27歳の秋だ。がんセンター病院の私が入院している部屋からは朝日新聞社のビルが見える。場所を変えれば、築地市場の方向も見える。近くには 東急ホテルもあったり銀座にも近い。主治医は言った。「検査が無い土日に銀座でも行ってくるかい?熱海に一度 帰るかい?」「銀座でパジャマなんて買いたくない!」そう吐き捨てた 記憶がある。楽しいところで気晴らしなんかできない。また暗いところに...

1 - 12 / 総件数:12 件

似ているタグ