全能神のタグまとめ

全能神」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには全能神に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「全能神」タグの記事(627)

  1. クリスチャン映画「福音の使者」 神の福音を伝えることはクリスチャンの責任だ 予告編 日本語吹き替え - 全能神-私の救い主

    クリスチャン映画「福音の使者」 神の福音を伝えることは...

    クリスチャン映画「福音の使者」 神の福音を伝えることはクリスチャンの責任だ 予告編 日本語吹き替えキリスト教徒チェン・イーシンは主を長年信じ、終わりの日の主イエス・全能神をお迎えする幸運に恵まれていた。彼女は全能神の御言葉から、人類を一刻も早く救いたい神の御心と、被造物が果たすべく使命と責任を理解したため、福音を伝えて終わりの日の神の働きを証し始めた。その間、多くの都市や省に渡り、何...

  2. クリスチャン映画「私は善人!」正直な人のみ天の国へ入れます 完全な映画 日本語吹き替え - 全能神-私の救い主

    クリスチャン映画「私は善人!」正直な人のみ天の国へ入れ...

    クリスチャン映画「私は善人!」正直な人のみ天の国へ入れます 完全な映画 日本語吹き替えキリスト教徒ヤン・フイシンは幼い頃から善人であることを好み、人の機嫌を損ねるとを嫌い、自分は人に親切で優しいから善人だと信じている。しかし、神の終わりの日の福音を受け入れ、神様の言葉の裁きと刑罰を経て初めて覚醒し、自分は本当は善人ではないと悟る。むしろサタン的な哲学に基づいて生きている非常に利己的で...

  3. キリスト教会漫才2019「監視」 中国共産党の人権侵害は極限まで達している - 全能神-私の救い主

    キリスト教会漫才2019「監視」 中国共産党の人権侵害...

    キリスト教会漫才2019「監視」中国共産党の人権侵害は極限まで達している政権を握って以来、常に正義を攻撃し、宗教信仰を迫害してきた中国共産党。国民を恒久的に支配するため、共産党は多額の資金をつぎ込んでさまざまな国家監視網を構築してきた。クリスチャンに対する監視は特に厳しい。電話の盗聴、インターネットのモニタリング、監視カメラなど、多岐にわたる監視によって、共産党は数え切れないほどのクリスチャ...

  4. 全能神教会 讃美歌「万物は神が定めた原則と法則によって生きている」神の知恵を賛美する - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    全能神教会 讃美歌「万物は神が定めた原則と法則によって...

    キリスト教讃美歌「万物は神が定めた原則と法則によって生きている」神の知恵を賛美するⅠ数千年が過ぎても人間は未だに神から授かった光や空気を享受し神が吐く息を呼吸している神が創った魚や鳥、花や昆虫を楽しんでいる人間はすべてのものを楽しむ神に与えられたすべてのものを昼と夜は常に入れ代りどんな時も季節は巡り来る空飛ぶ雁は冬に飛び去り、春に舞い戻り魚は棲みかである川や湖を離れないⅡ夏は地上で蝉が心のま...

  5. 聖霊が諸教会に語られた御言葉「肉となった神と神に使われる人々との間の本質的違い」 - 全能神-私の救い主

    聖霊が諸教会に語られた御言葉「肉となった神と神に使われ...

    聖霊が諸教会に語られた御言葉「肉となった神と神に使われる人々との間の本質的違い」全能神は言われます「神性において働くのは神を表し、人間性において働くのは神に用いられる者である。つまり、肉となった神は、神によって用いられる人々とは実質的に異なる。肉となった神は神性の働きを行えるが、神によって用いられる人々にはそれができない。各時代の始まりにおいて、神の霊は自ら語りかけ、新しい時代を始め、人を新...

  6. 神の御救いを受けていなければ、私は今日ここにはいないでしょう - 全能神-私の救い主

    神の御救いを受けていなければ、私は今日ここにはいないでしょう

    張進(北京)2012年8月16日私は足が不自由な年配の姉妹です。外の天気が良い時ですら、歩くのは困難です。しかし、洪水に飲み込まれそうになった時は、神が奇跡的に私を危険から逃れさせて下さりました。あれは2012年7月21日に起きました。あの日は集中豪雨が降り、私はちょうど、偶然にも外で自分の本分を尽くしていました。豪雨は夕方の4時を過ぎても止みませんでした。私は雨をものともせずにバスに乗って...

  7. 朗読主イエス・キリストの再臨の御言葉 「全宇宙への神の言葉 ·十七番目の言葉」 - 全能神-私の救い主

    朗読主イエス・キリストの再臨の御言葉 「全宇宙への神の...

    朗読主イエス・キリストの再臨の御言葉 「全宇宙への神の言葉 ·十七番目の言葉」 全人類はわたしの顔を見ることを願っているが、わたし自身が地上に降り立つと、みな、わたしの訪れを嫌い、光の近づくのを追い払う。まるで、わたしが天国で人間の敵であるかのようである。人間は警戒するような光を目にたたえわたしにあいさつし、常に警戒心をもち、わたしが「他の企み」をもっているのではないかと深く恐れている。人間...

  8. キリスト教会 素晴らしい讃美歌「神の刑罰と裁きは人の救いの光」裁きと刑罰は神の愛である - 全能神-私の救い主

    キリスト教会 素晴らしい讃美歌「神の刑罰と裁きは人の救...

    キリスト教会 素晴らしい讃美歌「神の刑罰と裁きは人の救いの光」裁きと刑罰は神の愛である人が肉の中に生きることそれは地獄の中で生きることであり神の裁きと刑罰無くして人はサタンのようにけがれている神の刑罰と裁きは人にとって最高の守りであり最も素晴らしい恵みである人が目覚めて 肉とサタンを憎むことが出来るのは神の刑罰と裁きの他に方法はない人は神の鍛錬でサタンの影響や狭い世界から解放され神の光の中...

  9. キリスト教会漫才2019「主の到来の形」 聖書の預言──主イエスの再臨の奥義を明らかにする 日本語吹き替え - 全能神-私の救い主

    キリスト教会漫才2019「主の到来の形」 聖書の預言─...

    キリスト教会漫才2019「主の到来の形」 聖書の預言──主イエスの再臨の奥義を明らかにする 日本語吹き替え 終わりの日、主イエスの再来を待つキリスト教徒たちの間で緊張感が高まる中、実際に主はいかにして再来されるのかという疑問が出る。「雲に乗ってお見えになる」と言う者もいるが、それに対し、再来の預言が他にもあると指摘して異議を唱える声もある。「見よ、わたしは盗人のように来る」(黙示録16:15...

  10. 神の御言葉「神は全人類の運命を支配する」抜粋(舞台版朗読) - 全能神-私の救い主

    神の御言葉「神は全人類の運命を支配する」抜粋(舞台版朗読)

    神の御言葉「神は全人類の運命を支配する」抜粋(舞台版朗読) 全能神は言われた「神はこの世界を創造し、この人類を創造した。また、それだけではなく、神は古代ギリシア文化ならびに人類文明の設計者でもあった。神のみがこの人類を慰め、神のみが日夜人類のことを思いやる。人類の発展と進歩は神の支配と切り離すことはできない。また、人類の歴史と未来は神の計画と切っても切れない関係にある。…人類が良い運命を望む...

  11. キリスト教 美しい讃美歌 「各国から来た神の民が、ひとつとなって心情を表現する」神の愛を感謝し、賛美する - 全能神-私の救い主

    キリスト教 美しい讃美歌 「各国から来た神の民が、ひと...

    キリスト教 美しい讃美歌 「各国から来た神の民が、ひとつとなって心情を表現する」神の愛を感謝し、賛美する神の国を見よそこで神は万物を統べ治める創造の始めから現代まで神の息子たちは苦難の中を導かれた行くところ山あり谷ありだが今神の光の中に住む昨日の不正にすすり泣かない者は誰か?今日苦心して勝ち取った生活に涙しない者は誰か?この機会に心を神に捧げない者は誰か?自分の情熱と体験を声にしたくないのは...

  12. 朗読主イエス・キリストの再臨の御言葉 「全宇宙に向かって語った神の言葉 ·十三番目の言葉」 - 全能神-私の救い主

    朗読主イエス・キリストの再臨の御言葉 「全宇宙に向かっ...

    朗読 主イエス・キリストの再臨の御言葉 「全宇宙に向かって語った神の言葉 ·十三番目の言葉 」 実際の経験なしには、人間はけっしてわたしを知るようにならない。また、わたしの言葉によってわたしを知るようにもなれない。しかし、今日わたしは、自らあなたがたの間を訪れている。これで、わたしのことがわかりやすくなるのではないか。わたしの受肉はあなたがたにとっての救いでもあるのではないか。もしわたしが自...

  13. クリスチャン映画「天国への危険な道」抜粋シーン(2) 受肉による神の再臨について、聖書にはその根拠があるのか - 全能神-私の救い主

    クリスチャン映画「天国への危険な道」抜粋シーン(2) ...

    クリスチャン映画「天国への危険な道」抜粋シーン(2) 受肉による神の再臨について、聖書にはその根拠があるのか 主の再臨を歓迎する人の多くは、聖書にある「神は雲に乗って降りてこられ、再臨される」という預言のみに重点を置き、主は肉において再臨なされるという預言を蔑ろにしています。彼らは、神が肉体をもって再臨されるという証はすべて偽りであると断言していますが、はたして彼らの見解と行いは聖書と合致し...

  14. 聖書に関する映画「私の主は誰か」抜粋シーン(2)神の働きや言葉は全て聖書の中に書かれているのでしょうか|日本語 - 全能神-私の救い主

    聖書に関する映画「私の主は誰か」抜粋シーン(2)神の働...

    聖書に関する映画「私の主は誰か」抜粋シーン(2)神の働きや言葉は全て聖書の中に書かれているのでしょうか|日本語 宗教界では、神様の働きや言葉はすべて聖書の中に書かれていると信じられています。つまり聖書の外には、神様が語られた言葉や働きは存在しないという考えです。つまり、聖書を信仰している限り、天国へ行けるということが保証されいるということなのです。このような思想は、神様の働きの事実に沿ってい...

  15. 朗読主イエス・キリストの再臨の御言葉 「すべてが神の言葉によって達成される」 その1 - 全能神-私の救い主

    朗読主イエス・キリストの再臨の御言葉 「すべてが神の言...

    主イエス・キリストの再臨の御言葉 「すべてが神の言葉によって達成される 」 その1 全能神は言われた「終わりの日の神は、人を完全にするのに、主として言葉を用いる。神は、人に圧力をかけたり人を確信させたりするのに、しるしや不思議を用いない。それは、神の力を明らかにしない。もし神がしるしや不思議を示すだけならば、神の実在性を明らかにすることは不可能だろう。したがって、人を完全にすることも不可能だ...

  16. 自分の本性を目の当たりにする - 全能神-私の救い主

    自分の本性を目の当たりにする

    教会での働きの必要性から私は配置転換となり、新たな場所で働きをすることになりました。当時その地での伝道活動は低調で、兄弟姉妹たちの状態も概してよくありませんでした。それでも聖霊に心を動かされた私は、任された仕事を全て自信をもって引き受けました。仕事を引き受けた私は、大きな責任感と神からの導きと示しに満たされ、自分は相当意志が固いとさえ思っていました。自分には能力があり、この仕事を上手くできる...

  17. 朗読主イエスの再臨の御言葉 「終着点のために、善行を十分積まなければならない」 - 全能神-私の救い主

    朗読主イエスの再臨の御言葉 「終着点のために、善行を十...

    朗読主イエスの再臨の御言葉 「終着点のために、善行を十分積まなければならない」 全能神は言われた「わたしの憐れみは、わたしを愛し、自分たちを否定する者たちに現わされている。そして、悪い者たちにもたらされる懲罰はわたしの義なる性質の証明そのものであり、それ以上にわたしの怒りの証である。災いがやって来ると、わたしに反抗する者たちすべてに飢饉や疫病が降りかかり、彼らは涙を流す。あらゆる種類の悪事を...

  18. 素晴らしい讃美聖歌 「いのちの水の川」 - 全能神-私の救い主

    素晴らしい讃美聖歌 「いのちの水の川」

    素晴らしい讃美聖歌 「いのちの水の川」Ⅰいのちの水の川は水晶のように透き通り神と子羊の玉座から流れ出ている川の両側にある命の木は毎月12種類の果実を実らせ木の葉は民の病を治すもはや呪いはなく神と子羊の玉座は都にあり僕たちは神に仕え 神の顔を見るだろうその額には神の名がしるされるそこには夜がなく明かりも太陽の光さえもいらない主なる神が光を与えるからだ彼らは永遠に統べ治めるだろうⅡ聖なる都であ...

  19. クリスチャン映画「天国への危険な道」抜粋シーン(4)人類が神に逆らうのは何故か - 全能神-私の救い主

    クリスチャン映画「天国への危険な道」抜粋シーン(4)人...

    クリスチャン映画「天国への危険な道」抜粋シーン(4)人類が神に逆らうのは何故か 2000年前、神が主イエスとして受肉され、人類を贖うために人々のもとへ来て下さった時代は闇に包まれており、主は世の人々から拒絶され、最後には邪悪で腐敗した彼らによって十字架に磔にされました。主イエスは、終わりの日に再び現れると預言され、こう言われました。「いなずまが天の端からひかり出て天の端へとひらめき渡るように...

  20. キリスト教映画「赤の家庭教育」抜粋シーン(1)カルト宗教とは何か - 全能神-私の救い主

    キリスト教映画「赤の家庭教育」抜粋シーン(1)カルト宗...

    キリスト教映画「赤の家庭教育」抜粋シーン(1)カルト宗教とは何か 政権を握って以来、中国共産党は絶えず宗教を弾圧し、とりわけキリスト教とカトリックをカルト宗教、聖書をカルト本だと見なしてきました。同様に、これまで主の再臨について証してきた全能神教会も、カルト宗教だとレッテル貼りをされています。中国共産党は無神論の政党ですが、神に敵対するそのような悪魔的な政権がどうして、どの宗教が正しく、どの...

総件数:627 件

似ているタグ