全身麻酔のタグまとめ

全身麻酔」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには全身麻酔に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「全身麻酔」タグの記事(24)

  1. 頸動脈内膜剥離術中の脳酸素化におよぼす血行動態変数の影響 - 麻酔科医の日々

    頸動脈内膜剥離術中の脳酸素化におよぼす血行動態変数の影響

    ・近赤外線分光法(NIRS)は非侵襲的に脳虚血を検出する方法で、前頭葉における脳局所酸素飽和化(rSO₂)の変化をモニターすることでおこなう。しかしながら、頸動脈内膜剥離術(CEA)施行中の血行動態変動や臨床的にこうした変化を示唆する事態に反応してNIRS値が変化することを示した研究はない。この研究の目的として、血行動態変動が頸動脈内膜剥離術中のNIRS値に影響をおよぼすかどうかと、我々の所...

  2. 入院 - 『楽』のとびら

    入院

    6月28日ザクロ円熟した優美本日は天気予報に反して晴天!今日から入院してきますやっと手首に入っているに入っているプレート除去ですだから治るわけではありませんが少しの光が見えたかな?またしばらくの間左手が使えにみたいだけど昨日さんざんコンサートで新世界&運命を弾いたのでしばらくはよし!としましょう行ってきま~~~す!

  3. 年齢がEEGに基づく麻酔指標におよぼす影響 - 麻酔科医の日々

    年齢がEEGに基づく麻酔指標におよぼす影響

    ・今後ますます、高齢患者で全身麻酔が必要な人数が増えていくだろう。年齢が術後せん妄(POD)の独立したリスクファクターなので、POD頻度はそれに一致して増加する。PODリスクを減少させる方法のひとつとして、極端に高用量の麻酔薬を避けるのに神経モニタリングを使用して麻酔を調整する指標とすることである。そこで我々は、患者の年齢が様々な脳波(EEG)に基づく麻酔指標におよぼす影響を評価しようとした...

  4. 足関節骨折手術の術後オピオイド消費量における脊髄くも膜下麻酔後と全身麻酔後の差−後向きコホート研究 - 麻酔科医の日々

    足関節骨折手術の術後オピオイド消費量における脊髄くも膜...

    ・足関節骨折の外科的治療は重大な疼痛と高用量の術後オピオイド消費量と関連する。麻酔法が早期術後疼痛に影響をおよぼす可能性がある。この研究の主要な目的として、足関節骨折手術後における術後オピオイド消費量を脊髄くも膜下麻酔と全身麻酔で治療された患者間で比較しようとした。・我々は後向きに、外科的に足関節骨折の治療を2014年から2016年にうけた成人患者586人の診療録をレビューした。主要評価項目...

  5. 帝王切開への母体麻酔後における新生児と乳幼児の転帰:集団ベースコホート研究 - 麻酔科医の日々

    帝王切開への母体麻酔後における新生児と乳幼児の転帰:集...

    ・胎児は母体の薬物曝露に影響をうけやすい。我々は、脊髄くも膜下麻酔・硬膜外麻酔・全身麻酔への曝露がおよぼす生後最初1000日間における新生児と乳幼児の発達転帰との関連性を検証した。・集団ベース研究として、全員が24+0週から43+6週までの妊娠週数で2007年1月から2016年12月にスコットランドで単胎の帝王切開による分娩をおこない、緊急度によって分類をして2歳までフォローアップした。検証...

  6. 全身麻酔中の脳波におよぼす侵害刺激の影響:ナラティブレビューと鎮痛調節アプローチ - 麻酔科医の日々

    全身麻酔中の脳波におよぼす侵害刺激の影響:ナラティブレ...

    ・脳波(EEG)活動は脳の神経生理をモニターするのに使用され、この脳は全身麻酔の目標臓器である。催眠状態を評価するのに脳波を使用するのに加えて、侵害刺激への神経生理学的反応もEEGでみられる。こうした反応を認識して理解することで、術中の鎮痛管理を適正化するのに役立つだろう。このレビューでは、全身麻酔下にある患者への侵害刺激によるEEG上の変化である3つの形式を詳述する:(1)ベータ覚醒、(2...

  7. 産科の全身麻酔中における偶発的覚醒の頻度:多施設前向きコホート研究 - 麻酔科医の日々

    産科の全身麻酔中における偶発的覚醒の頻度:多施設前向き...

    ・産科手術の全身麻酔には特有な特徴があり、これが全身麻酔中における偶発的覚醒が高リスクになる可能性がある。この研究の主要な目的として、産科患者の全身麻酔中における意図しない意識覚醒の頻度・経験・心理学的影響を検証しようとした。2017年5月から2018年8月までに、3115人の連続した患者で、産科手術で全身麻酔を英国の72の病院でうけたものを研究に募集した。患者は30日間に標準化された質問を...

  8. 帝王切開への全身麻酔と幼少期神経発達や周産期の転帰 - 麻酔科医の日々

    帝王切開への全身麻酔と幼少期神経発達や周産期の転帰

    ・2016年、米国食品医薬品局が懸念を示したのが、神経発達が妊娠期や3歳未満での麻酔や鎮静の曝露によって悪影響をうけている可能性がある、ということであった。我々は、帝王切開時における全身麻酔と幼少期神経発達の関連性を検証した。・多施設無作為化比較試験で早産でリスクのある新生児に脳性麻痺予防でのマグネシウムを評価したものを二次解析した。曝露は全身麻酔で、区域麻酔と比較した。主要評価項目は、2歳...

  9. 帝王切開の全身麻酔率におよぼすCOVID-19の影響−英国北東部での6つの病院における横断解析 - 麻酔科医の日々

    帝王切開の全身麻酔率におよぼすCOVID-19の影響−...

    ・COVID-19(SARS-CoV-2)の世界的なパンデミックがはじまり、ガイドラインでは全身麻酔よりも帝王切開に対して区域麻酔の使用を推奨している。英国からの全国的な数値によれば、170,000件以上の帝王切開のうち8.75%が全身麻酔下におこなわれた。我々は、帝王切開の全身麻酔率が英国北東部での6つの産科部門においてパンデミックのピーク中に変化したかどうかを検証した。6つの産科部門にお...

  10. 健康対照者と手術患者での全身麻酔の導入と維持におけるレミマゾラムの集団薬物動態/薬力学モデル - 麻酔科医の日々

    健康対照者と手術患者での全身麻酔の導入と維持におけるレ...

    ・研究の目的として、全身麻酔におけるレミマゾラムへの反応のばらつきに影響をあたえる因子を評価しようとした。・血漿濃度-時間データを11の第I〜III相臨床試験から統合して集団薬物動態(popPK)解析をおこない、濃度-バイスペクトラルインデックス(BIS)データを8つの試験から統合してpopPK-PD解析をおこなった。クリアランスと容量にアロリック指数を用いた3コンパートメントモデルで時間経...

  11. 全身麻酔による帝王切開での新生児におよぼすレミフェンタニルの影響:系統的レビューとメタ分析のプロトコル - 麻酔科医の日々

    全身麻酔による帝王切開での新生児におよぼすレミフェンタ...

    ・これまでのいくつかの研究によれば、全身麻酔下での帝王切開(CS)でのレミフェンタニルの有効性が報告されているが、全身麻酔下でのCSにおける新生児の影響(NE)を特異的に対象として系統的に研究したものはない。そこで、この研究では系統的に、全身麻酔下でのCSにおけるレミフェンタニルのNEを検証しようとした。・電子データベースとして、MEDLINE・EMBASE・Cochrane Library...

  12. 超音波によって評価された開腹下婦人科手術中の無気肺におよぼす呼気終末ゼロとくらべた呼気終末陽圧/リクルーメント手技の影響:無作為化比較試験 - 麻酔科医の日々

    超音波によって評価された開腹下婦人科手術中の無気肺にお...

    ・全身麻酔中、大半の患者は無気肺を発症し、それが術後肺合併症を惹起する。周術期肺保護を検証したRCTsでは一貫して術後肺合併症を減らすことができなかった。超音波画像が様々な保護的換気戦略の効果を確定するのに役立つことがあるが、このことは試験では検証されていない。この研究の目的として、超音波を使って肺保護換気手技が周術期無気肺を減らすかどうかを評価しようとした。・我々は、開腹下婦人科手術をうけ...

  13. 高齢者における笑気の有無による麻酔と長期的な認知機能の経過 - 麻酔科医の日々

    高齢者における笑気の有無による麻酔と長期的な認知機能の経過

    ・全認知機能の術後低下頻度は、笑気(N2O)による全身麻酔をうけた高齢患者のほうがN2Oなしの全身麻酔とくらべてより高い、という仮説を評価した。・認知機能の長期的な測定を、メイヨークリニック加齢研究に参加している70〜91歳の非痴呆である成人で分析した。線形混合効果モデルで時間で変化する共変数とともに、N2Oの有無で全身麻酔(手術/GA)をうけた手術への曝露と、長期的な認知機能の変化率との関...

  14. 胃カメラ - ~ワンパク男子子育て中~

    胃カメラ

    今日は私の話。初・胃カメラやってきました。ここ数年バリウムが飲めなくて飲めても台の上でグルグル回されて口から白いの出ちゃって大変なことがあって以来胃の検査から遠のいてました。が、父の胃ガン報告をうけ決心しました。検査をしよう!バリウムは無理なので全身麻酔で胃カメラに挑戦。そして私の挑戦は始まりました。朝8時家を出て8時半検査開始。超音波でお腹を見る。(余裕)で、いよいよ胃カメラ。コップ一杯の...

  15. 股関節骨折手術後の死亡や大きな合併症におよぼす麻酔法の影響:後向きプロペンシティスコア・マッチドペア・コホート研究 - 麻酔科医の日々

    股関節骨折手術後の死亡や大きな合併症におよぼす麻酔法の...

    ・脊髄くも膜下麻酔(SA)には全身麻酔(GA)をしのぐ生理学的利点があるが、死亡の利点に関しては十分なエビデンスがない。我々は後向きプロペンシティスコア対応コホート研究をおこない、股関節手術をうける患者での死亡や大きな合併症におよぼす麻酔法の影響を評価しようとした。・臨床データ・検査項目・転帰データを電子データベースから抽出した患者は、カナダ、オンタリオ州、トロントの大学医療ネットワークで1...

  16. フランスの三次医療施設産科部門でのコードレッド(超)緊急帝王切開術の麻酔方法による決定から娩出までの時間と新生児の転帰の後向きコホート研究 - 麻酔科医の日々

    フランスの三次医療施設産科部門でのコードレッド(超)緊...

    ・非待機的帝王切開術は3色のコーディングシステムを使って分類されることがあり、急を要しない娩出(胎児切迫していない母体)に対応するコードグリーン帝王切開術から、母体や胎児の状況が即時的に生命の危機に瀕しているための緊急帝王切開術に対応するコードレッド帝王切開術まである。決定から娩出までの時間が15分以内ということが、フランスではコードレッド帝王切開術で推奨されている。この後向きコホート研究の...

  17. fMRIにより同定されたセボフルランとプロポフォールによる意識消失中の全能ダイナミクスと結合の変化 - 麻酔科医の日々

    fMRIにより同定されたセボフルランとプロポフォールに...

    ・ヒトの脳にある重要な特徴として、変化する外的刺激に対して柔軟に対応できることがあげられる。この能力は全身麻酔によって除去される可能性があり、これは不応答・健忘・(たいての場合に)意識消失によって特徴づけられる状態である。これまでの研究によれば、全身麻酔中には視床・前頭頭頂葉・デフォルトモードネットワーク内での結合低下がみられた。我々の仮説として、こうした特定の脳におけるネットワーク内での変...

  18. 大手術 - グリママの花日記

    大手術

    ご訪問ありがとうございます10日程前88歳の父は12時間にも及ぶ大手術を受けました手術前のインフォームドコンセントでリスクの説明があまりに厳しい内容で溜息と落胆しかありませんでしたこのままではよくならないのだから手術を受けない選択肢はないとわかっていても直ぐには結論が出せないでいったん返事を保留させてもらいました父自身は何の躊躇もせず手術を受けることを最初から決めていてひたすら前向きでした説...

  19. 膝関節鏡手術後の入院と関わる脊髄幹麻酔と全身麻酔の関連性比較 - 麻酔科医の日々

    膝関節鏡手術後の入院と関わる脊髄幹麻酔と全身麻酔の関連性比較

    ・膝関節鏡手術がますます外来手術としておこなわれている。適切な術中麻酔が予期しない入院のような合併症予防に必須である。我々は、膝関節鏡手術をうける患者の主要な麻酔として、全身麻酔(GA)と脊髄幹麻酔(NA)での合併症の差異を検証した。・これは後向きコホート研究であった。我々は、2007年から2016年におこなわれた膝関節鏡手術の全国手術の質改善プログラム(NSQIP)を検索した。プロペンシテ...

  20. 潜在的に回避できる帝王切開時の全身麻酔使用に関連した有害事象と因子 - 麻酔科医の日々

    潜在的に回避できる帝王切開時の全身麻酔使用に関連した有...

    ・区域麻酔が全身麻酔の代わりに帝王切開には推奨されている。帝王切開に対して臨床適応のない全身麻酔と有害事象の関連性は明確に理解されていないままである。・ニューヨーク州では、帝王切開の5.7%が全身麻酔の臨床適応なく全身麻酔下でおこなわれている。こうした患者における潜在的に回避できる全身麻酔の使用は麻酔関連合併症・手術部位感染症・静脈血栓塞栓症のリスク増加と関連しているが、死亡や心停止とは関連...

総件数:24 件

似ているタグ