全身麻酔のタグまとめ

全身麻酔」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには全身麻酔に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「全身麻酔」タグの記事(7)

  1. 頸動脈内膜剥離術に対する局所麻酔と全身麻酔を比較したメタ分析と逐次解析 - 麻酔科医の日々

    頸動脈内膜剥離術に対する局所麻酔と全身麻酔を比較したメ...

    ・頸動脈内膜剥離術二対する最適な麻酔方法に関しては諸説が存在する。我々の目的として、頸動脈内膜剥離術に対する局所麻酔と全身麻酔の周術期転帰を比較評価した。電子的情報源を系統的に検索し、それぞれの電子データベースでシソーラス用語・検索エンジン・制限のパラメータに合わせて全文検索と対照単語を統合して検索をおこなった。周術期脳卒中・一過性脳虚血発作・死亡・心筋梗塞を主要評価項目とした。12の無作為...

  2. 緊急手術 - (=^・^=)の部屋 写真館

    緊急手術

    このあたりまでは、「閲覧注意」で画像つきでご紹介しましたが、もうちょっと詳しく。胃から食道が続き、そのさき大腸。小腸。小腸の曲がったところに盲腸という部分があり、そこから虫垂というネズミのしっぽみたいなのがぶら下がっております。俗にいうもーちょーえん、とはこの虫垂の炎症のことで、炎症をおこすとだれでもわかる激痛ですよね。と・こ・ろ・が・やっぱ、わたしはヘソ曲がりなのでしょうか。わたしの虫垂は...

  3. 2005年から2015年にデンマークの病院で麻酔をうける2〜17歳の小児の特性:全国観察研究 - 麻酔科医の日々

    2005年から2015年にデンマークの病院で麻酔をうけ...

    ・小児麻酔をおこなうには注意深く、小児の認知状態・独特な身体組成や生理を考慮する必要がある。観察コホート研究で我々は、2005年1月1日から2015年12月31日に2〜17歳の小児におこなった麻酔の集団特性とやり方を記載した。小児はデンマーク麻酔データベースから同定された。次の変数を記録した:年齢;性別;併存合併症;麻酔の適応;麻酔の方法;合併症。結果を2つの年齢群に対して記述した:2〜5歳...

  4. 小児の行動機能におよぼす全身麻酔と区域麻酔の影響 - 麻酔科医の日々

    小児の行動機能におよぼす全身麻酔と区域麻酔の影響

    ・主要評価項目として、2歳前の単回暴露による全身麻酔と区域麻酔が小児の長期行動変容形成におよぼす影響を評価した。・この研究をおこなったのは、2014年1月から2015年3月であった。基準を満たした小児診療記録をレビューした。それから、この研究に参加した小児の親たちと接触し、外来部門を訪問するよう依頼してアイベルグ子ども行動評価尺度アンケートを記載の上、小児の行動変容を測定した。手術のために区...

  5. 経カテーテル大動脈弁置換術における意識下鎮静と全身麻酔の比較:ドイツ大動脈弁レジストリー - 麻酔科医の日々

    経カテーテル大動脈弁置換術における意識下鎮静と全身麻酔...

    ・この研究の目的として、経カテーテル大動脈弁置換術における局所麻酔の使用あるいは意識下鎮静(LACS)と全身麻酔に関して報告し、転帰におよぼす影響を分析した。・経カテーテル大動脈弁置換術はLACSか全身麻酔で施行できる。LACSの利点である、より早い手術やより短い入院日数には、安全性とバランスをとる必要がある。・合計16543人の患者が2011年から2014年までのドイツ大動脈弁レジストリー...

  6. 全身麻酔下帝王切開においてレミフェンタニルとデクスメデトミジンが母体覚醒と新生児アプガースコアにおよぼす影響 - 麻酔科医の日々

    全身麻酔下帝王切開においてレミフェンタニルとデクスメデ...

    ・この研究の目的として、レミフェンタニルとデクスメデトミジンが全身麻酔導入中の覚醒におよぼす影響を比較した。90人の患者が全身麻酔下で待機的に帝王切開を予定され、無作為に3つの麻酔群に分けられた:2mg/kgのプロポフォール(対照群);2mg/kgのプロポフォールと1μg/kgのデクスメデトミジン(デクスメデトミジン群);2mg/kgのプロポフォールと1μg/kgのレミフェンタニル(レミフェ...

  7. 病的癒着胎盤疑いの前置胎盤に対する帝王切開中の脊柱管麻酔:後向き分析 - 麻酔科医の日々

    病的癒着胎盤疑いの前置胎盤に対する帝王切開中の脊柱管麻...

    ・前置胎盤と病的癒着胎盤(MAP)疑いの帝王切開(CD)に対しては全身麻酔(GA)がよく選択される、というのも出血と子宮摘出のリスクが増加するためである。我々がレビューしたのは、CDと子宮摘出を脊柱管麻酔(NA)でうけた患者の集団でGAへ移行した際の母体転帰とリスク因子であった。・我々がおこなったのは単施設後向きコホート研究で、MAP疑いの前置胎盤に対して非緊急のCDを1997年から2015...

総件数:7 件

似ているタグ