六甲山のタグまとめ

六甲山」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには六甲山に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「六甲山」タグの記事(113)

  1. ダンボー君植物園をゆく♪♪ - ぽとすのくずかご    

    ダンボー君植物園をゆく♪♪

    つなわたり…♪枯アジサイの枝ってとってもよくしなるからバランスとるの難しいな…あ…落ちる~☆ダンボー君は何度も地面に落ちたんですが怪我もせずとっても元気です(^-^)今日はいいお天気夕方から飲み会があるので楽しみなんですがその直前に歯医者の予定が…もし麻酔使ったらうまいこと呑めるかな(・・;では皆さまどうぞよい週末を♪

  2. ダンボー君植物園をゆく♪ - ぽとすのくずかご    

    ダンボー君植物園をゆく♪

    春はまだかな~☆この日は体調がいまいちだったけどダンボー君がどうしてもお外に行きたいと言うので植物園のお散歩に付き合いました。(^-^)つづきもあります

  3. 六甲山散策車中泊70日目 - 空の旅人

    六甲山散策車中泊70日目

    今朝は目覚めは7時過ぎ朝の気温は2度の須磨浦公園日の出は過ぎてた❗朝食を作り出すと声が掛かる?同じ軽四で車中泊を始めた人から内部を見せてくれと言われて説明今日は六甲山を登りたい❗再度山ドライブウェイを走り適当な駐車場で車を置いて歩き出すなだらかな登り坂から階段を上がるライトアップされてる「錨」素敵な雑木林が続く錨山の展望台から神戸市全体が🎵山頂近くで昼食を食べて車に戻...

  4. ロックだぜ!芦屋川ー鷹尾山ー荒地山ー打越山ー御影 - wonderful life

    ロックだぜ!芦屋川ー鷹尾山ー荒地山ー打越山ー御影

    今回は、ロック!岩です。岩岩メインの山行です♪青空が広がったこの日。芦屋川から一路、荒地山方面へ。まずは、鷹尾山。本日のメインとなる山。所々、岩肌がゴツゴツとむき出しです。よーっく見ると、人も見えた。早く私もあそこに立ってみたい!と、歩く速度もスピードアップ。出ました!最初のロックだぜ!!6㍍程の階段状の岩梯子です。グリップの効いた靴で、足さえ挙げられれば登れます。それにしてもこの日は、暑か...

  5. 六甲全山縦走三分割で歩く−2 - wonderful life

    六甲全山縦走三分割で歩く−2

    週末、雪が降った翌日に山登り。六甲山全山縦走の続きです。でも、寒そうでグズグスしていたら登山開始時間が昼になってしまった今回のコースは、鵯越駅から菊水山→鍋蓋山→市ヶ原→摩耶山で下山して王子公園駅まで。では出発!!!レッツゴー!スタートの鵯越駅。六甲全山縦走路の案内通りに進んで行く。主人はストック使用。私はストックなし。最初の菊水山は、恐怖の階段尽くしの山。急登で階段なんて地獄です。頂上には...

  6. 池に浮く - HIGEMASA's Moody Photo

    池に浮く

    時間がずいぶん遡ってしまうが、去年の初冬の頃。池の畔の木立の紅葉した葉っぱが池に舞い落ちる。池と言えども水の流れはある。どのような状態で幾つもの落ち葉の塊ができてしまうのかは定かではないが切り取り範囲と露出の設定如何によっては和風の柄が表現できる。神戸・六甲山神戸市立森林植物園にて

  7. 2019年初六甲(一軒茶屋) - 宝塚マドン

    2019年初六甲(一軒茶屋)

    1月14日(月祝)は朝から穏やかな快晴に恵まれました。朝は冷え込んだので午後から一軒茶屋を目指すと盤滝の温度計は9℃。ぽかぽか陽気です。船坂へ通じる小笠峠はいつの間にか開通していました。午後の東六甲は日陰も多くて冷んやり。それでも久しぶりのヒルクライムで汗だくです。路肩には残雪が目立ちました。路面は所々ウエットでしたが凍結の心配はなさそうです。宝殿で小休止。ちょっと雲が出てきました。六甲山頂...

  8. 六甲全山縦走(三分割で歩く) - wonderful life

    六甲全山縦走(三分割で歩く)

    六甲全山縦走。須磨浦公園からスタートし宝塚までの56キロをほぼ一日がかりで歩くコース。自分のレベルに合わせてコースを3分割して歩く練習をする。スタートは須磨浦公園。ルート、須磨浦公園ー鉢伏山ー旗振山ー鉄拐山ー栂尾山ー横尾山ー東山ー高取山ー鵯越駅。今年最初の登山。しばらく歩いていなかったせいか、調子がイマイチ。それに比べて主人は絶好調!元気すぎて、ちょっと迷惑なぐらいだった鉢伏山からの景色。こ...

  9. 六甲枝垂れ - HIGEMASA's Moody Photo

    六甲枝垂れ

    自然体感展望台六甲枝垂れ。「六甲山上に立つ一本の大きな樹」がコンセプトの展望台。建物全体を覆う枝葉をイメージしたハニカム構造のヒノキのフレームには冬になると樹氷が張り付くらしい。一度はその樹氷を眺めてみたいものであるが、そのような条件のときの山道は青氷。雪道に関しては、除雪さえされておればなんの躊躇もなく行ってしまう私であるが青氷の張った山道は避けたい。12月に車を入れ替えた。もうそろそろ、...

  10. 六甲山 - Octopus Room

    六甲山

    もう恒例になりました。忘年会を兼ねた、会社の山会の六甲山。今年で3回目です。今年は、暑い時期に山に行けなくて。。。職場が変わり、うまく連休がとれず。。。なぜか、会社の山会は天気に恵まれず。。。今日も嫌な予感しかしていなかったのですが、はっきり言ってハイキング日和とはこのことではないかと!今回のルートはこんな感じ。一応、毎年ルートは変更しています。8:00 宝塚駅集合メンバーは、6人。はじめて...

  11. 六甲山散策車中泊6日目 - 空の旅人

    六甲山散策車中泊6日目

    今朝の目覚めは早く5時には起き上がる外が明るくなるのを待ってると?次から次に釣り人が駐車場へ6時半に歩いてマックへ川崎さんと仲間は待ったけど来なかった車に戻りザックに食料など飲み物を詰める近くのJRの駅から元町まで電車を使う混雑してる有名なパン屋で少し買い物「神戸迎賓館?」兵庫県公館タイ料理の店の前に「ツクツク」「相楽園」県庁裏の諏訪神社から散策開始歩きたかった「大師道」神戸の市外が見える~...

  12. 12月初六甲(一軒茶屋) - 宝塚マドン

    12月初六甲(一軒茶屋)

    12月5日(水)は1ヶ月ぶりに六甲山頂を目指しました。雲が多いですが気温は高めで雨の心配もなさそうです。盤滝トンネルが無料になってからは県道16号の交通量が増えました。甲寿橋までの自転車走行は要注意です。1ヶ月前の旧道では真っ赤なモミジが見られましたが今は落ち葉の絨毯です。このお方とは追い越して追い越されてすれ違って三度もお会いしました(笑)盤滝の温度計は14℃、12月とは思えない暖かさです...

  13. 月夜☆ - ぽとすのくずかご    

    月夜☆

    紅葉のライトアップですちょっとなんか足らんな~お月さん空に出てくれませんか~?お月さん:いやじゃ!!んな不自然な!!まぁ、そう固いこと言わずに…と、無理してお月さんにお願いしましたもう紅葉もお終いね^^ゞ(神戸市立森林植物園にて)

  14. ごはんちょうだい~ - ぽとすのくずかご    

    ごはんちょうだい~

    ここの鯉以前はカメラを突き出すだけでごはんや!と思ってたくさん寄って来たのに最近はごはんかどうかをちゃんと弁別するようになってます…ってほんまかいな~?それでも鯉は鯉~♪(どっかでそんな歌聴いたような…)(六甲山カンツリーハウスの池にて)(^-^)

  15. 11月初六甲(一軒茶屋) - 宝塚マドン

    11月初六甲(一軒茶屋)

    11月3日(土祝)は秋晴れで絶好のサイクリング日和となりました。ちょうど1ヶ月ぶりに六甲山頂を目指していると旧道は秋の気配です。その中でも最も鮮やかなモミジを発見しました。盤滝の温度計は16℃、風も弱くぽかぽか陽気です。相変らずの緩々ペースで登っていると、宝殿の手前でお久しぶりのていさんと遭遇しました。休日ならではの出会いですね。宝殿で小休止。じっとしていると寒いので先へ進みます。六甲山頂『...

  16. foggy - ぽとすのくずかご    

    foggy

    いらっしゃい…こちらへどうぞ…こんなのもいるよ…お帰りはこちら…☆六甲山にはよく霧が出ますひどい時は車を進めるのも怖いくらいです下界の様子などは全然見えないけど見えないから面白いこともあります♪霧って白いような気がしますがちゃんと見てみると灰色なんですね灰色の世界を散策するのもなかなか楽しいです少々寂しいですけどね(^-^)

  17. いい湯?かな~ - ぽとすのくずかご    

    いい湯?かな~

    お湯加減は…あんまりええことなさそうね・・;頼むからあんたそこから上がって来んといてね…(六甲高山植物園にて)(^-^)

  18. 這う to drive - ぽとすのくずかご    

    這う to drive

    これ…どうやって運転するんかな~?這うように走るんか走るように這うんかどっちかな~?(^-^)(六甲スカイヴィラのロビーにて)

  19. 針山の光景 - ぽとすのくずかご    

    針山の光景

    山中に突如出現した針の集団針山と言えば昔々のイメージでは地獄の針の山を連想するんですが現在の針山はなんとカラフルw☆そう言えば枝雀さんの落語では近代の地獄って針山は開発されてゴルフ場になっていて血の池地獄にはホバークラフトが就航しているそうでちょっと見てみたいような…おそらく私、地獄に堕ちます?からそのうち見れるかな~(笑)☆さて、この針たち六甲ミーツアートのグランプリ作品なんだそうです♪意...

  20. キイジョウロウホトトギス - ぽとすのくずかご    

    キイジョウロウホトトギス

    このお花ホトトギス(ユリ科のお花)の仲間ですがその上にキイ=紀伊(紀伊半島南部のごく一部にしか生えない希少種)ジョウロウ=上臈(平安の昔、宮中に奉仕した貴婦人のこと)と付きますwなかなか上品なお花でしょ♪(^-^)(六甲高山植物園にて)

総件数:113 件

似ているタグ