六角のタグまとめ

六角」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには六角に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「六角」タグの記事(6)

  1. 1月31日 「晦日正月」という日・「六」について - 煎茶道方円流~東京東支部~

    1月31日 「晦日正月」という日・「六」について

    いよいよ一月も末日となり、今日は正月最後の「晦日正月(みそかしょうがつ)」「晦日節」という日。お正月の終わりとなる節目の日に、お餅などの正月食品をきれいに食べ尽くす日で、天の恵みを決して無駄にしないよう考えられた行事と言えそうです。この日に、松の内に年始回りが出来なかった家を訪ねる地方も有るそうです「十牛図」に始まり、「天保九如」、「八」、「七」と来ましたので、今日は「六」について。◎六曜=...

  2. にっぽんの廃線100 - romui

    にっぽんの廃線100

    皆さん、ステイホームされていますか?天気が良いのに家にばかり、閉じこもっているのは苦痛ですね!家で普段出来ないお掃除や模様替えをすればいいのですが、中々できません。さて、3月1日にNHKがRomuiに取材に来られました。その放送が5月4日(祝)にされます。なんと全国放送で、タイトルが「にっぽんの廃線100」NHK総合 22時~22時50分の放送です。三宅裕司さん、六角精児さんなどが出演される...

  3. 旧八反田川の川筋の散策の中で⑥ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    旧八反田川の川筋の散策の中で⑥

    平野六角の教法院手持ち情報は少ない。今回は、その教法院の忿怒相大黒天について整理してきたところだ。その時に、ここと共に信達坂東33番の第13番とされる「天王下観音堂」との共通項がないかなという思いがあって探し当てたのが、忿怒相大黒天と摩怛利神との習合情報だ。摩怛利神と習合した忿怒相大黒天の御利益が、「天王下観音堂」の建立時の願いである疫病や災厄除けと共通であるということだった。しかし、これは...

  4. 旧八反田川の川筋の散策の中で⑤ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    旧八反田川の川筋の散策の中で⑤

    先に記したように、「平野の伝承とくらし」では「天王下観音堂」が「信達坂東33番の第13番大悲大慈正観世音菩薩の札所」だという。しかし、一般的には信達坂東33番札所の13番札所は、平野六角の教法院とされている。しかし、「天王下観音堂」と「教法院」とのかかわりを示す手持ち情報はない。それで、この忿怒相の大黒天が、人々にどのように受けとめられていたかという一般的な事例を確認して、それをこの地域での...

  5. 旧八反田川の川筋の散策の中で④ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    旧八反田川の川筋の散策の中で④

    関心事は、この忿怒相の大黒天がこの地域でどのように受け入れられていたかということだが、その手持ち情報はない。ここの案内板の後半に以下のような付記がある。「伝えによると、仙台伊達氏の持仏とされていたものが廃仏毀釈のあおりで市場に出され、それを明治元年(1868)教法院の法印石川民部氏がもたらしたものであるといいます」この地での名の通った権力者の持仏らしいというというのも、地域に受け入れられやす...

  6. 旧八反田川の川筋の散策の中で③ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    旧八反田川の川筋の散策の中で③

    平野六角の教法院については整理できていない。今までの感覚だと、手持ち情報が少な過ぎるのだ。今回は、それにもかかわらず、天王下の観音様とかかわるのかかかわらないという曖昧な事が重なる。それで、分かっているだけでも整理しておこうというという思いになっている。とはいっても、手持ち情報が少なすぎるという事については変わりない。手持ち情報の一つは、前回にもふれたたように教法院は宗教法人ではないが観音寺...

総件数:6 件

似ているタグ