其角のタグまとめ

其角」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには其角に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「其角」タグの記事(210)

  1. 其角「蝶を噛んで~」大江音人のこと (*・ᴗ・*)و - 憂き世忘れ

    其角「蝶を噛んで~」大江音人のこと (*・ᴗ・*)و

    前記事の続きです。「蝶を食む」ときたら、この句が脳内を飛び回る。パタパタ其角センセーの、蝶を噛で 子猫を舐る 心哉前に解読している。大間違い。しょうがないネ。其角、芭蕉は、古典を一通り解読してからじゃないと無理。「幻庵」第2章〈九〉がこの句と読んでいる。全然解ってなかったのに、アタリ~\(^_^ )根拠は、噛む⇨歯が折れた。のみ。読み直したら「養子」ネタ。大江音人さんは、阿保親王の子、つまり...

  2. 其角「饅頭で人を尋ねよ」義経ジンギスカン説 - 憂き世忘れ

    其角「饅頭で人を尋ねよ」義経ジンギスカン説

    続きです。西行=弁慶説ですが。もしそうなら、其角センセーは絶対に句にしているはず。「勧進帳」「安宅」を詠んでいるっぽいのが、 山犬を 馬が嗅出す 霜夜哉「山犬」が「山伏」の「にんべん」がない。いかにも「ニセ山伏」を表している。「霜夜」が「下よ」=「ら」=裸=あたか(安宅)句集パラパラしてたら、この句にピン。 饅頭で 人を尋ねよ 山ざくらこの句はホント、何度解読を試みたか。今解ったゾ。A饅...

  3. 其角「乞食かな〜」日本書紀へのツッコミ - 憂き世忘れ

    其角「乞食かな〜」日本書紀へのツッコミ

    また横道ですが。「日本書紀」がインチキ臭いってネタ。其角の、乞食かな 天地を着たる 夏衣乞食→古事記天地→天地人の「人」がない古事記と来て「人」無→神武と読みたくなる。「幻庵」の第六章「七」が一致と読んでいる。神武天皇って、「古事記」と「日本書紀」で名前がバラバラ。変だと思いません?キリスト教では、神の子イエスが神と人間を繋いでいる。日本の神話では「神武天皇」が神と人間(リアル天皇)を繋いで...

  4. 「名にしおはば」と其角「なきがらを」\(゜o゜;)/ - 憂き世忘れ

    「名にしおはば」と其角「なきがらを」\(゜o゜;)/

    「百人一首」の「名にしおはば」を解読した後、脳内にフワフワと其角の「なきがらを」が浮かんできた。歴史上には「死んだはずだよホニャララさん」が結構いる。「風の中のマリア」ですよ。蜂=八=富士=不死喜撰法師さんの「うぢ山」を墓=バカと解釈してたんだけど「不死山」とも読める。夜は墓場で運動会~♪ 👻👻👻なきがらを 笠に隠すや ...

  5. 「幻庵」の其角「定家の烟」 - 憂き世忘れ

    「幻庵」の其角「定家の烟」

    定家の歌がカモチョーさんの代作という新事実。これって「百人一首」最大の「急所」じゃね?心臓一突き。「幻庵」の第四章の(六)が、おくり火や定家の烟 十文字と読んでいる。勘だけでキメテなし。「大逆転」「回天」→クルッす→十文字誰も共感しない根拠。再読しました。「関山仙太夫」って人。「菊(南)大夫/鴨長明」と「太夫」つながり。こじつけてみます。関=下む=う=二山=三仙=山=三関山仙=二三三=八=...

  6. 黒澤映画のスゴさの源 - 憂き世忘れ

    黒澤映画のスゴさの源

    其角の句を解読していたときに、フト、騙されているかもと感じた。中途半端に「オイラは裏が読めるゾ」と調子こいている、私のような、後世の人間をからかっているんじゃないかと。義経や信長が生きているとか、そうゆうびっくりネタを仕込んで、あの世でテヘペロ。だって俳諧だから。「永遠のウソ」をついたのかも。と疑って、私は膨大な時間とエネルギーを無駄にしているのか…?(ーー゛)??でもね、よく考えたら、そん...

  7. 義経=チンギス・カン説  (*・ᴗ・*)و!!よっしゃ - 憂き世忘れ

    義経=チンギス・カン説 (*・ᴗ・*)و!!よっしゃ

    尻尾つかんだゾ。ギュッ。其角のこの句。鶯に長刀(なぎなた)かかる承塵(なげし)かな長刀といえば弁慶。そして「承塵」の「塵」が「じん」チンギスカンの実名がテムジン。ジンがかぶっている。裏が二つ以上あるはず。Aの解釈「鶯」=おう=坊(房)住まいです。「に長刀かかる」=そのまま「承」=生=う=雨=天=テム「塵」=ジン👹坊に長刀かかるテムジンかな \(^_^ )Bの解釈「鶯」...

  8. 「風の中のマリア」義経=チンギスカン(つづき) - 憂き世忘れ

    「風の中のマリア」義経=チンギスカン(つづき)

    其角のこの句でした。「幻庵」に出てきた。鉄槌に われから蠃螺(にし)のからみ哉この時は、ただ「生き延びた」ってだけ。其角「鉄槌に〜」気づかなかった(°д°lll)ガーンhttps://tamegoro.exblog.jp/30000081/其角「鉄槌に〜」気づかなかった(°д°lll)ガーン(続)https://tamegoro.exblog.jp/30000876/北海道→韃靼海峡では...

  9. 「ジャーナリスト」って宿命的に矛盾してるよね? - 憂き世忘れ

    「ジャーナリスト」って宿命的に矛盾してるよね?

    昔々、開高健の講演のCDを聞いた時「日本にはジャーナリストはいないっ」と断言していた。えー、そんなハッキリ言う?って思った。「新聞の記事ほどマズい文章はない」とも言っていた記憶。今、ここにきて、まったくその通り ○| ̄|_ =3 ブッたとえば総理大臣に取材。相手がジャーナリストと分かっていたら、もうダメ。本当の事をいうわけないじゃん。賄賂もらってさー、ウハウハ。とか、言わないでしょ。其角な...

  10. 其角「僧ワキの~」清少納言=紫式部? - 憂き世忘れ

    其角「僧ワキの~」清少納言=紫式部?

    寄り道です。前から気になっていた、其角の句。僧ワキの しづかに向ふ 薄哉「枕草子」が「草は棄」となったとき、この句がピカッ。「幻庵」にも「ピンボール」にも出てこなかった。「僧ワキ」は能のワキのこと。弁慶と静御前ネタかと思っていた、漠然と。ここにきて「僧ワキ」=草は棄=枕草子「しづか」=静か「青争」が「清少」と読める。さらに「向」が「む」で始まる。さいご「哉」=下な=に=二=ふ=部来てます、来...

  11. 「1973年のピンボール」秀吉暗殺 - 憂き世忘れ

    「1973年のピンボール」秀吉暗殺

    第25章。最後です。「僕」が双子ちゃんに両側から耳かきをしてもらう。ハークション!耳かき棒がブスッ、難聴に。もお~、どう考えても、木兎の 独わらひや 秋の昏耳突く→みみづく。ウケる。耳鼻科に行く。耳クソが奥に入っちゃったのが原因。「僕」の耳道(?)は途中で曲がっているから奥に入ると取り出せないって。えっ、コレって、耳=三三=六=陸奥で「奥の細道」のことじゃね?「木兎の」は、私のヨミでは「秀吉...

  12. 「1973年のピンボール」花のもとにて春死なむ - 憂き世忘れ

    「1973年のピンボール」花のもとにて春死なむ

    第24章。この句だと思います。夢と成し 骸骨踊る 荻の声昨日は、この句は絶対に「子葉の切腹」のことだろうと自信満々。今は、(◞‸◟)ガックリ。「田舎の句合」に入っているんだけど、刊行が1680年。「赤穂事件」が1701年なので、子葉ちゃん、ピンピンしている。其角センセーは19歳。十代の句です。うーん、切腹の句で「幻庵」は第三章(13)と読んでいる。こういう解釈です。解釈A「夢」=む=六=四二...

  13. 「1973年のピンボール」桂昌院はくノ一? - 憂き世忘れ

    「1973年のピンボール」桂昌院はくノ一?

    第23章、文庫でたった2ページ。この句と推理しました。手を切て いよいよにくし 鰒のつら普通に読めば、鰒を料理していて手を切った。岩波の解説にもそうある。鰒の毒ではなく「顔つき」を罵ったところが面白いと。変なところがまったくない。取りつく島がないって思うでしょ。それが、あるんだなあ。「鰒」です。「源氏物語」の「絵合」それと「鰒」は中国では「鮭」のこと。そうなると「つら」も気になってくる。「つ...

  14. 「1973年のピンボール」百人一首のメンツは86人 (゚д゚) - 憂き世忘れ

    「1973年のピンボール」百人一首のメンツは86人 (...

    第22章この章はスゴいなあ。コレが多少なりとも理解できる自分に、愕然。偶然、深沢の「ポルカ」に「何これ?」となってから、三年以上。この句でしょ。おくり火や 定家の烟 十文字「幻庵」で解いている。「小倉百人一首」のことです。「幻庵」のときは、小町と喜撰がじつは業平ってことしか解らなかった。その後「蒼穹の昴」=「乳母が絵解き」+「羊をめぐる冒険」「世界の終わりと~」を読んだら、怪しい歌がゾロゾロ...

  15. 「1973年のピンボール」うずくまった動物とは - 憂き世忘れ

    「1973年のピンボール」うずくまった動物とは

    第21章この句でしょう。横雲や はなればなれの 蕎麦畑出羽地方の油田のことです。「幻庵」で解いた。と思って確認したら、細かい部分が確定できていない。とにかく「横雲」=マキグソ=糞渦=臭水(くそうず)*臭水は原油です。たぶん場所を表している。出羽地方は間違いない。ラストに、〈倉庫はうずくまった動物のように見えた〉倉庫が動物って、どんだけデカいんだ!ゾウくらいしかないだろ!そうです、ゾウです。地...

  16. 「1973年のピンボール」パスタじゃなく人間かよ ┐(´ー`)┌ヤレヤレ - 憂き世忘れ

    「1973年のピンボール」パスタじゃなく人間かよ ┐(...

    第20章またスパ茹でてるし。2分茹ですぎで、バジリコのかわりに紫蘇がかかっている。こうゆうの、マーカーです。だけど、ポイントは「スパ」なのか、「茹ですぎ」なのか、「紫蘇」なのか。これは勘のみが頼り。あとね、服装を細かく描写。教授、同系色の濃淡でキメてる。よっ、伊達男!最後の「五十台」の意味も「いそ=ヒソ」「五十嵐」の「いが=伊賀」など、連想が錯綜して、わーーーっ、発狂しそう。手がかりは服装→...

  17. 「1973年のピンボール」本能寺が変(" ̄д ̄) - 憂き世忘れ

    「1973年のピンボール」本能寺が変(" ̄д ̄)

    第19章が、悩みに悩んで、この句。ほととぎす 一二の橋の 夜明けかな「幻庵」のとき、こんな解釈。其角「ほととぎす一二の橋の」また出た、本能寺の真相https://tamegoro.exblog.jp/29952486/歴史好きな皆さま、織田信長は本能寺で死ななかった説、どーでしょう。其角の句を解いたら、信長はシャム(タイ)に行った説浮上。この句では「死んでない」までですが「ピンボール」でウケ...

  18. 「1973年のピンボール」208と209の意味解った (^-^)/ - 憂き世忘れ

    「1973年のピンボール」208と209の意味解った ...

    第18章いきまーす。茸狩や 鼻のさきなる 哥がるた〈椎茸とほうれん草のサンドイッチを食べた。〉椎茸がヒントでした。ありえないでしょ。不味そー。双子ちゃんの、208と209が、寒くなったのでナンバー付きのTシャツじゃなくて、セーターとカーディガンを着るようになった。つまり、番号が意味をなさなくなった。この句は、前に解いている。208と209=「小倉百人一首」の8番と9番8番・喜撰法師9番・小野...

  19. 「1973年のピンボール」魔王が居る、怖いよ♪ - 憂き世忘れ

    「1973年のピンボール」魔王が居る、怖いよ♪

    第17章です。「スペースシップ」というピンボール台を捜す「僕」が、ピンボールに詳しいスペイン語教授と会って話を聞く。饅頭で 人を尋ねよ 山ざくら「幻庵」では出て来なかった。其角ファンにとっては、ものすごく「気になる」句だと思う。私も、何度となく解釈を試みている。其角が忍者だと気づかないと、いくら脳漿を絞ってもムリ。饅頭を万葉集と読んで、「山桜」の歌を詠んだ人のことかなあ。とか、いろいろ頭をひ...

  20. 「1973年のピンボール」大麻で将軍殺しを自白 - 憂き世忘れ

    「1973年のピンボール」大麻で将軍殺しを自白

    第15章です。ヨミが「甘い浅いテキトー」すぎと自覚。(_")とにかく、村上春樹さんの世界は深い。ちょっとやそっとじゃ読めない。駕に濡て 山路の菊を 三嶋まで「幻庵」で解読している。「ピンボール」の冒頭に〈一九七〇年の冬〉とある。「三島事件」→「三嶋の句」「幻庵」のときは、間部詮房が将軍を暗殺したネタ。これは間違いなしだと思う。間部ッチは、元能楽師。すごい出世でしょ。ざっくりいうと、...

総件数:210 件

似ているタグ