内田百閒のタグまとめ

内田百閒」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには内田百閒に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「内田百閒」タグの記事(7)

  1. 汽車に乗る百閒「阿房列車」のことなど - 梟通信~ホンの戯言

    汽車に乗る百閒「阿房列車」のことなど

    三度目の正直、鬼無里会の長野行きの切符がとれた。11時から北陸新幹線の発売ということで恵比寿駅でも行列ができていた。仲間は東京駅から自由席でくるのだが、僕は大宮から指定をとる。一時間ちよっとだから、座れなくても大したことはないのだが、たまさかの故郷長野への旅は座っていきたい。これが仕事だったりすると立って行ってもかまやしないのだ。現役時代、名古屋の商業ビルの床材を実物に当たってみたくて、急遽...

  2. にゃんこ天国 猫のエッセイアンソロジー - ネコと文学と猫ブンガク

    にゃんこ天国 猫のエッセイアンソロジー

    にゃんこ天国 猫のエッセイアンソロジー「 猫に名前をつけすぎると(阿部昭)/ 猫(伊丹十三)/ 猫(池波正太郎)/ 風の中の子猫(稲葉真弓)/ ビーチの到来(抄)(町田康)/ 猫、想像力を鍛える(角田光代)/ 猫の耳の秋風(内田百閒)/ 優しい雌猫(谷村志穂)/ 一畑薬師(徳大寺有恒)/ 猫缶と夏の涼(野坂昭如)〔ほか〕河出書房新社」

  3. 第90回朗読ライブ - 劇団ぐるーぷ連

    第90回朗読ライブ

    開場19:00~¥1000+ドリンク代(別料金)※当日チケット購入できます。ご心配な方はお気軽にお電話ください(0985-27-8451ライフタイム)尚、時間の都合上プログラムが変更になる場合があります。ご了承ください。♪今年最後の朗読ライブのご案内です。年々早く感じるのは、人生経験が豊富になってきたからからでしょうか(笑)12月3日(月)は「こちそうさま」と題して作品をお贈りします。毎回、...

  4. 【きょうのジャケ買い文庫】内田百閒『大貧帳』 - アセンス書店日記

    【きょうのジャケ買い文庫】内田百閒『大貧帳』

    【きょうのジャケ買い文庫】内田百閒『大貧帳』装画は、木版画作家 保立葉菜。内田百閒『阿呆の鳥飼』の装画も手がけておられます。お金にまつわる三十八篇。~無心者や押売りが悪態をついてこれだけの構えに二円や三円の金がないと云う筈はないなどと云い出すと蔭で聞いていても可笑しくなる。そう云う俗物にはそんな気がするかも知れないが無いとなったら洗った様になくなる。質屋、借金、原稿料…飄然としたなかに笑いが...

  5. 菫ほどな小さい人(A little person like a violet) - ももさへづり*やまと編*cent chants d'une chouette (Yamato*Japon)

    菫ほどな小さい人(A little person li...

    山の辺の道の菫(2015年)* violets, Yananobe-no-michi春野尓 須美礼採尓等 来師吾曽 野乎奈都可之美 一夜宿二来春の野にすみれ摘みにと来し我そ野をなつかしみ一夜寝にける春の野に菫を摘むために来た私は、野に心をひかれて、そこで一夜宿った(山部宿祢赤人 萬葉集巻八1424)(À la campagne printanière, à l’ intention de c...

  6. 門司港のあの店に残した未練内田百閒「サラサーテの盤」「山高帽子」「特別阿房列車」 - 梟通信~ホンの戯言

    門司港のあの店に残した未練内田百閒「サラサーテの盤」「...

    夕方、バスで目黒まで行って目黒駅周辺を小一時間ほどほっつき歩いた。杉野服飾学園のほうに下っていく坂の入り口に、おや、こんな店が出来た。骨董品の店かと思って入っていくと、働いている人たちが「こんにちは」と明るい声であいさつをしてくれる。洋書がぎっしり詰まった本棚、椅子、玩具、灯具、ベッド、、いろんなものがそのジャンルごとにまとめてあちこちに置かれている。工場のように長ぼそい室内を歩いて行くと二...

  7. 倉橋由美子、彼女は高校時代のアタシのアイドルだった。 - so , it goes.

    倉橋由美子、彼女は高校時代のアタシのアイドルだった。

    倉橋由美子は昭和10年(1935年)生まれ、デビュー作『パルタイ』の刊行は1960年(昭和35年)、アタシは4歳に過ぎない。つまり同世代の作家というワケでは全くない。アタシが15歳でその作品を初めて読んだ時、彼女は既に30代半ば。ちなみにアタシは早生まれなので高校1年生から2年生になる3月に16歳になったので、彼女をまとめて読んだ高校1年の夏には15歳だったのである。きっかけは、亡くなった父...

総件数:7 件

似ているタグ