冲方丁のタグまとめ

冲方丁」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには冲方丁に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「冲方丁」タグの記事(17)

  1. 冲方丁と言うバカ。ネットを現実社会と混同。 - 危険分子の部屋

    冲方丁と言うバカ。ネットを現実社会と混同。

    今日、冲方丁氏がNHKのラジオにて。「会話の中で反論などを糧として進んでいくべきだが、ネットでは自分の意見だけを押し付ける」というような発言をしていた。(上記、自分のうろ覚えなので正確ではない)___________________2020.11.28「ネットは言いたい放題だ」「相手の話を聞かない」「攻撃ばかり」「都合の悪い事には振り向かない」・・・・ネットについてたまにこういう人がいる。だ...

  2. 【お仕事】3/6発売の歴史街道4月号(PHP研究所)で、冲方丁著『月と日の后』の連載第24回の挿絵描いています。 - 幻爽惑星BLOG

    【お仕事】3/6発売の歴史街道4月号(PHP研究所)で...

    3/6発売の歴史街道4月号(PHP研究所)で、冲方丁著『月と日の后』の連載第24回の挿絵描いています。【元の原画】

  3. 岩ガキ再び9月8日(日) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    岩ガキ再び9月8日(日)

    子供二人が帰ってくる予定だったので、カミさんが岩ガキを買ってきたが。一人は遅くなる、一人は翌日回し。で、余った。泊まっていた甥っ子に回す。前回のものよりぐっと大きい。ニャンがチェックに来る。食べたことないので、あまりご執心ではない。一口では頬張り切らず、二口になった。 「剣樹抄」著冲方丁 秋山の目的は川沿いの立ち食いそば屋だ。お気に入りの流しのそば屋がいるという。秋山の背後へ近づく光圀が...

  4. 土用丑の日と冲方丁7月28日(日) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    土用丑の日と冲方丁7月28日(日)

    土用丑の日である、スーパーはまるで鰻祭り。パン屋ですらこんな状態。鰻なんだか泥鰌なんだか?鰻は先月頂いたので、今回はアナゴの棒寿司にした。が、ツメ(タレ)が濃すぎてアナゴの味がしない。 「十二人の死にたい子どもたち」著冲方丁 思考――ときにそれは、シンジロウにとって生きること全てといってよかった。 それが良いことか悪いことかは場合によって違った。彼のような境遇の子どもたちにとって、己の...

  5. 散歩のニャンと冲方丁4月26日(金) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    散歩のニャンと冲方丁4月26日(金)

    塀の上にニャンが。ヘイっと声掛けして、寄って行きます。赤い首輪が、女のちゃんなのですね。 「麒麟児」著冲方丁 「今このとき、ゆいいつ何の心配もいらねえことさね。無事に火が付くか、なんてのはよ。江戸は燃えるぜ。燃えるんだよ。どこもかしこも、あっという間に火炎地獄さ」 これが今まさに江戸に攻め入らんとする官軍を迎えるにあたっての最後の策だった。本気で抵抗する意志がなければ、交渉もくそもない...

  6. 降雪と冲方丁4月10日(水)その2 - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    降雪と冲方丁4月10日(水)その2

    4月も10日になって雪が降った。1月の陽気だとか、寒い。こんな中をカミさんは前からの約束だとか、花見に出かけた。 「宮内悠介リクエスト博打のアンソロジー」著山田正紀、冲方丁、他 西郷との会談が決裂し、官軍が江戸城総攻撃にとりかかる最悪の事態にそなえ、勝海舟が江戸を焼き払う作戦をたてていたというのは有名な話である。 勝海舟の「海舟座談」ではこのときのことがこう語られている。 ・・・吉原...

  7. 【お仕事】12/6発売の歴史街道1月号(PHP研究所)で、冲方丁著『月と日の后』の連載挿絵第九回描いています。 - 幻爽惑星BLOG

    【お仕事】12/6発売の歴史街道1月号(PHP研究所)...

    12/6発売の歴史街道1月号(PHP研究所)で、冲方丁著『月と日の后』の連載挿絵第九回描いています。【元の原画】☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆にほんブログ村

  8. 散歩のニャンと冲方丁11月14日(水) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    散歩のニャンと冲方丁11月14日(水)

    枯葉の中にニャンが。こちらにも。 「もらい泣き」著冲方丁 「わたしが撮ったのはね、奥さんの手だったんです。お見舞いに行くと、師匠が黙って優しくさすってたのを、私もみんなも見てますから、すぐに分かりましたよ、あの人の手だって。だからね、みんな写真を見て大騒ぎするというより、”ああ当然だよな”って感じでした。だって師匠に寄り添うみたいに、奥さんの手が写ってるんですから。それって不思議でもなん...

  9. オクトーバーフェストと冲方丁10月18日(木) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    オクトーバーフェストと冲方丁10月18日(木)

    昨日、新聞チラシに入りました。3枚つづりのチケット3000円分を2400円で変えるとか。ただ、表示の料理をチケット何枚で変えるのかどこにも書いていない。一軒まったく知らないお店がありました。 「破蕾」著冲方丁 ただつかまれたのではない。お咲は自分の右手に、早くも縛めの感触がわいたことに驚愕した。 見れば赤い縄が輪になってお咲の右手にかかっている。いったいどこから縄が現れたのか。誠十郎の...

  10. 散歩のニャンと冲方丁10月12日(金) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    散歩のニャンと冲方丁10月12日(金)

    フェンスの向こうのニャン、よそ見をしている。こちらを向いてくれました。 「はなとゆめ」著冲方丁 そういうとき、わたしは思うのです。花を見てよかったと。わたしや、わたしの同僚たち、そしてわたしの最愛のあるじが、どれほど幸福であったことかと。 選ばれた方々にしかこの世にあらわせない華の素晴らしさ。それにふれることで初めて見ることのできる夢の数々。そんな華と夢を見せてくれた方への感謝を抱くと...

  11. 【お仕事】10/6発売の歴史街道11月号(PHP研究所)で、冲方丁著『月と日の后』の連載挿絵第七回描いています。 - 幻爽惑星BLOG

    【お仕事】10/6発売の歴史街道11月号(PHP研究所...

    10/6発売の歴史街道11月号(PHP研究所)で、冲方丁著『月と日の后』の連載第七回挿絵担当しています。【元の原画】ミリペンと水彩(アイボリーブラック)一色で描いています。☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆にほんブログ村

  12. 台風の名残りと冲方丁10月2日(火) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    台風の名残りと冲方丁10月2日(火)

    荒川に増水が残っている。水天宮付近、川幅一杯に。見えている岩は五十数年前烏帽子岩と呼んでいた、サザンとは関係ない。正喜橋から東上線鉄橋。上流側、玉淀河原。 「天地明察」著冲方丁 例年十一月、春海は、将軍様の前で”御城碁”を打つ。剣術でいえば御前試合にあたる。 碁打ち衆として登城を許された四家、すなわち安井、本因坊、林、井上の名を持つ者たちにのみ許された勝負の場であり、各家に伝わる棋譜の...

  13. 散歩のニャンと冲方丁9月18日(火) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    散歩のニャンと冲方丁9月18日(火)

    パトロール中のニャンと遭遇。においを確かめて、と。 「光圀伝」著冲方丁 「隠居後の名を、今から考えるとよいでしょう。老境に達して生まれ変わる用意を調えておくには、よい方法です」 舜水がそんな教えを示してくれた。 『西山隠子』 『常山』 といった名を考案しては、舜水に見せていた。いずれも舜水は肯定してくれたが、これぞという気持ちになるものは、なかなか思いつかなかった。だがやがて、ふ...

  14. 散歩のニャンと冲方丁9月16日(日) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    散歩のニャンと冲方丁9月16日(日)

    ボリュームのあるニャン。すごみが出ています。どアップで、まったくたじろがない。 「光圀伝」著冲方丁 「隠居後の名を、今から考えるとよいでしょう。老境に達して生まれ変わる用意を調えておくには、よい方法です」 舜水がそんな教えを示してくれた。 『西山隠子』 『常山』 といった名を考案しては、舜水に見せていた。いずれも舜水は肯定してくれたが、これぞという気持ちになるものは、なかなか思い...

  15. 散歩のニャンと冲方丁9月5日(水) - しんちゃんの七輪陶芸、12年の日常

    散歩のニャンと冲方丁9月5日(水)

    お澄ましニャン。こちらを向いてくださいな。 「戦の国」著冲方丁 戦国大名であれば誰でも、己を律する特殊なすべを持っているものだ。それは、清々しい神気と、烈々たる鬼気とを、身の内に同居させるための行いである。民に繁栄と安寧を約束する心と、敵を滅ぼし何もかも奪い尽くす心とが、等しく釣り合わねば覇者にはなれない。信長は誰に教えられるともなく、その心境を若くして悟っていた。だから、長子でもなく主...

  16. 【お仕事】8/7発売の歴史街道9月号(PHP研究所)で、冲方丁著『月と日の后』の連載挿絵第五回描いています。 - 幻爽惑星BLOG

    【お仕事】8/7発売の歴史街道9月号(PHP研究所)で...

    8/7発売の歴史街道9月号(PHP研究所)で、冲方丁著『月と日の后』の連載第五回挿絵担当しています。【元の原画】ミリペンと水彩(アイボリーブラック)一色で描いています。☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆にほんブログ村

  17. 【お仕事】7/7発売の歴史街道8月号(PHP研究所)で、冲方丁著『月と日の后』の連載挿絵第四回描いています。 - 幻爽惑星BLOG

    【お仕事】7/7発売の歴史街道8月号(PHP研究所)で...

    7/7発売の歴史街道8月号(PHP研究所)で、冲方丁著『月と日の后』の連載第四回挿絵担当しています。【元の原画】ミリペンと水彩(アイボリーブラック)一色で描いています。☆イラストレーター苗村さとみのイラストギャラリー「幻爽惑星」 こちらもよろしくお願いします☆にほんブログ村

総件数:17 件

似ているタグ