出張・旅行(アジア)のタグまとめ

出張・旅行(アジア)」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには出張・旅行(アジア)に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「出張・旅行(アジア)」タグの記事(12)

  1. 家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第七日目-(IV)コロンス島/日光岩 - 海外出張-喜怒哀楽-

    家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第七日目-(...

    博餅日光岩です。漢民族の英雄「鄭成功」が生まれた日本のことを思い名付けたと言いますがその由来は分かっていません。さて西林門から入ります。入場料は60元です。入門すると近くに「鄭成功記念館」があるようですがパスしました。ガジュマルから繊毛が垂れ下がり南国の風景です。アイスクリーム屋ですがそこまで暑い日ではありませんでした。日光岩です。案内に従って登っていきます。所々に展望台があり島の北側の広が...

  2. 家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第七日目-(II)コロンス島/鼓浪屿-番婆楼、三一堂など - 海外出張-喜怒哀楽-

    家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第七日目-(...

    ぶらぶら見ながら日光岩に向かいます。租界という事で西洋風の建物が続きます。「片仔癀博物馆」と有ります。薬の博物館という事でしたが入りませんでした。帰国後調べると「片仔癀」というのは肝臓に効く有名な漢方薬で漳州発祥だそうです。日本でも売っているそうです。およそ100年前の建物なのですが多くの建物は商店になっているか今でも人が住んでいます。ここも人が住んでいるようです。その向こうにピンクの建物が...

  3. 家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第七日目-(II)コロンス島/鼓浪屿-北部散歩、八卦楼など - 海外出張-喜怒哀楽-

    家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第七日目-(...

    「三丘田码头」から観光に歩き始めました。特に計画もなく、島も小さいのでぶらぶら歩きの予定です。租界の雰囲気と「鄭成功」関連の観光ができればというつもりです。大勢の人に押される形で海岸沿いを歩いているとトンネルを見つけました。「龍山洞(龙山洞)」と有ります。島の西北部へ抜けるトンネルです。Baiduによれば、全長426mで1991年開通したそうです。西側128m、東側270mとそれを結ぶ中間道...

  4. 家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(XI)福建土楼-田螺坑土楼群(III) - 海外出張-喜怒哀楽-

    家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(...

    田螺杭土楼は展望台やトイレなど今回観光した土楼の中で一番整った場所でした。案内板や階段・通路も整備されています。この努力の甲斐もあって土楼の中では知名度が高く多くの観光客が押し寄せるようです。一方、住民は普段の生活をしており、土楼の中も生活感漂っています。土楼の外では芋、キノコなどを乾燥したり、ソーセージがぶら下がったりしていました。ここでも修繕のためか土が盛ってありました各部屋列毎だと思う...

  5. 家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(X)福建土楼-田螺坑土楼群(II) - 海外出張-喜怒哀楽-

    家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(...

    土楼を順に見学しました。和昌楼→瑞雲楼→歩雲楼→振昌楼→文昌楼の順です。途中、「観景台」(展望台)というところに寄りました。「和昌楼」1796年最初の歩雲楼が建てられると、直ぐに余剰資金で建てられた。3階建ての円楼で各層22、66の部屋があります。各層は2本の階段でつながれています。入り口入ったところ。奥に廟があり、3階には洗濯物がぐるり干してありました。和昌楼のわきに「観景台」と書かれた建...

  6. 家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(IX)福建土楼-田螺坑土楼群(I) - 海外出張-喜怒哀楽-

    家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(...

    さてメインイベント、田螺坑土楼群を訪れます。車が止まって、案内されたのが撮影ポイント。山の中腹にポツンと土楼が固まって建っているのが分かります。一番右の土楼の上の山腹に入り口の展望台が見えています。位置をGooglemapで示します。木造の展望台となっています。再び車に乗って、入り口に着きました。チケットを持って降りたのですが一度もチェックされませんでした。人が少なかったのでよく知ったガイド...

  7. 家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(VIII)福建土楼-裕昌楼 - 海外出張-喜怒哀楽-

    家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(...

    10分のドライブで「裕昌楼」です。現存する円楼として最古、最大だそうです。1368年ごろ(元末期から明時代)建てられました。建物は5層で高さ18.2m、面積2289平方m。縦一列の部屋が単位で54列、部屋数は270あります。壁の厚さは底部で1.8mだそうです。中に入ると廟があります。観音が祀ってあります。「裕昌楼」を有名にしているのは柱が傾いていることです。3層と4層が時計方向に5層は反時計...

  8. 家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(VII)福建土楼ー塔下村 - 海外出張-喜怒哀楽-

    家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(...

    塔下村に向かいます。途中で「河坑土楼」のそばを通りました。ドライバーが寄らなくて良いのかという仕草をしたのですが、首を横に振りました。チケットオフィスでチケットを買います。「塔下村」「裕昌楼」「田螺坑土楼」のセットで一人100元でした。「塔下村」です。川沿いの村で特徴ある石橋が架かっています。良い感じです。橋の向かって右側の袂の下だけが車が通れます。「塔下村」は明代宣德元年(1426年)に南...

  9. 家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(VI)福建土楼ー懐遠楼(怀远楼) - 海外出張-喜怒哀楽-

    家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(...

    数分で懐遠楼(怀远楼)です。堂々とした土楼です。広い駐車場がありバスによるツアー客が多くいます。4年かけて清時代の宣统元年(1909年)に完成しました。面積は1384.7平方メートル,4层で高さは1 4.5mだそうです。土楼は1階から天井までの上下の(ここでは4層の)部屋1列が一単位です。「懐遠楼」は34列,136部屋あります。側に行くと要塞という感じです。客家土楼の特徴である一つしかない入...

  10. 家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(V)福建土楼ー雲水謡(云水谣) - 海外出張-喜怒哀楽-

    家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(...

    昼食後、車で数分の「雲水謡(云水谣)」古鎮に移動です。雲水謡古鎮は中国でも有名な美しい山村です。長教渓という山に囲まれた川の流れに沿って都へ通じる古道にある村です。雲水謡古鎮は中国でも有名な美しい山村です。長教渓という山に囲まれた川の流れに沿って都へ通じる古道にある村です。2006年に上映された映画「雲水謡(云水谣)」で有名になった村だそうです。主人公は陳秋水と王碧雲といい名前に「雲」「水」...

  11. 家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(IV)福建土楼ー和貴楼(和贵楼)・昼食 - 海外出張-喜怒哀楽-

    家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(...

    チケットを購入して数分で最初の土楼「和貴楼(和贵楼)」です。Baidu百科によれば清時代の雍正十年(1732年)に建てられました(285年たっている)。湿原だったところに建造しようとしたため建築しだしたところで沈みだしたので松杭を100本以上打ったとのこと。数度の地震にも耐えたとのことで驚きです。丸の内(三菱一号館)を思い出しました。「和貴楼」は長方形の土楼で、5層、高さ21.5m、面積は約...

  12. 家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(III)福建土楼ー客家土楼とは - 海外出張-喜怒哀楽-

    家族旅行2016年12月-中国上海、厦門ー第六日目-(...

    WikipediaとBaidu百科で調べました。福建土楼あるいは客家土楼とは、福建省南西部の山岳地域にある客家の人々が建てた土楼で、2008年ユネスコの世界遺産に登録されたことで注目を集めています。客家は元々中原に住む王族の子孫であり、中原の戦乱を避けて南に移動していった人々です。独特の言語・文化を保ち、言語は古代の漢族語を伝えているといわれます。秦の時代に当時中国の最南境界にあった上海の南...

1 - 12 / 総件数:12 件

似ているタグ