初恋のタグまとめ

初恋」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには初恋に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「初恋」タグの記事(27)

  1. まだあげ初めし・・・帰りました。 - hibariの巣

    まだあげ初めし・・・帰りました。

    まだあげ初めし前髪の林檎のもとに見えしとき前にさしたる花櫛の花ある君と思ひけり優しく白きてをのべて林檎をわれにあたえしは薄紅の秋の実に人恋初めしはじめなりわが心なき溜息のその髪の毛にかかる時愉しき恋の杯を君が情けにくみしかな林檎畑の木の下におのずからなる細道は誰が踏みそめしかたみぞととひたまふこそ恋しけれ島崎藤村「初恋」hibari2020.11.20

  2. 好きと言えばいいのに・・・ - しし丸のやんちゃ日記 時々狂犬

    好きと言えばいいのに・・・

  3. あじさいの美しさと長女の憂い - NY/Brooklynの空の下

    あじさいの美しさと長女の憂い

    【キャンペーン】美しいあじさい&初夏のイメージショットを撮ってみた!週末の午前中、娘たちとあじさいの撮影へ。

  4. 置賜新緑回廊の旅③ - 写心食堂

    置賜新緑回廊の旅③

    長井市の白つつじ公園およそ3000株の白ツツジが満開でしたぞ。白ツツジの花言葉は『初恋』『初恋』と言えば村下孝蔵さんのヒット曲「初恋」を思い出します。いろんな歌手の方がカバーしてますねぇ。昭和の名曲です。噴水の水しぶきが『初恋』の花と同化しました。涼しげ~♪人気ブログランキング

  5. お父さんにお母さんとの出会いの話を聞くみーちゃん - 今日のみーちゃん

    お父さんにお母さんとの出会いの話を聞くみーちゃん

    今日のみーちゃんはお父さんにお母さんとの出会いの話を聞きます。 雫石スキー場のゴンドラは2人乗りです。乗っている時間が長いので、みーちゃんはお父さんとよくおしゃべりをします。今回はお父さんの恋の話を聞くことにします。 「初恋?」「そう、初恋」 お父さんはざっくばらんな人ですから、みーちゃんのこんな質問にも困りもせず、あっさりと答えてくれます。 「初恋はね、高校の頃、図書館のカウンターに座って...

  6. 第5回「越谷達之助名曲コンサート」のお知らせ - 青木純の歌う食べる恋をする

    第5回「越谷達之助名曲コンサート」のお知らせ

    名曲「初恋」の作曲家で僕の恩師、越谷達之助の作品を毎年早春にお届けしている「越谷達之助名曲コンサート」第5回が3月10日(日)14時から、東京駅八重洲口前にある東京建物八重洲ホールで開催されます。今回は僕は越谷達之助が残した自作詩集「老残の詩」から数編を朗読するほか、歌曲集「啄木によせて歌える」からロマンティックな歌曲を担当して独唱します。この他名歌曲集「桐の花」、フルート用にアレンジした「...

  7. 巨大初恋。 - 森小日記(もりしょうにっき)

    巨大初恋。

    多肉の楽しさは 寄せ植えたり 増やしたり 楽しさは様々。 水のあげ方もあると思うのですが 巨大化させるのも楽しいです。 まったく別物に見えますが。。。 初恋は20㎝の大きさです。 ペラペラした葉ですが これも葉挿しが出来ます。

  8. 宇多田ヒカル  /  初恋 - 裏LUZ

    宇多田ヒカル / 初恋

    宇多田ヒカル / 初恋うるさいほどに高鳴る胸が柄にもなくすくむ足が今静かに頬を伝う涙が私に知らせるこれが初恋とI need you ,I need you ×4人間なら誰しも当たり前に恋をするものだとずっと思っていただけどもしもあなたに出会わずにいたら誰かにいつかこんな気持ちにさせられたとは思えないうるさいほどに高鳴る胸が勝手に走り出す足が今確かに頬を伝う涙が私に知らせるこれが初恋...

  9. 初恋の人の名前 - 流れる雲のように

    初恋の人の名前

    久しぶりに高龍神社に参拝し、蓬平温泉に来ている。同業者の会の総会でここに来ている。なんだろうなぁー、仕事関連の会で一番勉強になるのがこの会。あらゆる会話が刺激だ。友人のお父様もいらっしゃる。二次会では、山形から参加された方が吉幾三の友子を歌われた。この方のともこは三年ぶりにきいた。65歳を過ぎようとなされているこの方の初恋の人がともこさんなんだそうだ。人生って不思議なものですねー。ともこht...

  10. 息子の初恋♡ - ビタミンカラー EN VALENCIA

    息子の初恋♡

    遂に息子にも👨春が🌸来た・・・。いや、違うか言ってみれば・・・誰にでも経験があるであろう「初恋」というものを 体験ちうなり。お相手は、小学3年生を留年した時に💦同じクラスになった、一つ年下のNちゃん👧だ。Nちゃんは👧スペイン人と中南米人の両親を持つハーフ女子。どことなくだけ...

  11. BIGな初恋。 - 森小日記(もりしょうにっき)

    BIGな初恋。

    台風の時にも 雨ざらしの多肉も多々ありまして ムレムレの子も多数。 そんな中 80㎝角の大きな什器に ぶっこみ多肉の初恋さん。 巨大化してきました。 わかりずらいけど 直径20㎝はあります。 雨にも負けず 風にも負けず がんばっています。

  12. あれっ、喪明け後の宇多田ヒカルの「初恋」? - 元証券マンが「あれっ」と思ったこと

    あれっ、喪明け後の宇多田ヒカルの「初恋」?

    【 宇多田ヒカル:座談会(その3) 】今日も「宇多田ヒカル小袋成彬酒井一途座談会」から。(その3)ー「みんな孤立してるじゃない、本当は。でも一人と一人だったら、それを乗り越えて本当の繋がりを感じられる。それが私の繋がり方だな」http://www.utadahikaru.jp/zadankai/s9.html私はどの国にも属していない、部外者たちが集うインターナショナルスクール、って環境で育...

  13. あれっ、宇多田ヒカルは、過去を振り返らない? - 元証券マンが「あれっ」と思ったこと

    あれっ、宇多田ヒカルは、過去を振り返らない?

    【 宇多田ヒカル:座談会(その2) 】今日も「宇多田ヒカル小袋成彬酒井一途座談会」から。(その2)ー「小袋くんは、わかんないから考えない。他者を考えないで自分を保ち、生存する。私は、他者を考える、考えることで生存する。」http://www.utadahikaru.jp/zadankai/s6.html子供の頃、母親に「あんたは本当に人の気持ちがわかんない子だね」って散々言われて、「はーん、...

  14. あれっ、宇多田ヒカルの歌詞のフィクション性? - 元証券マンが「あれっ」と思ったこと

    あれっ、宇多田ヒカルの歌詞のフィクション性?

    【 宇多田ヒカル:座談会(その1) 】今日は、「宇多田ヒカル小袋成彬酒井一途座談会」から。(その1)ー「真実の追求が根底にあってね。ただただ綺麗で整ってたら、真実じゃない」http://www.utadahikaru.jp/zadankai/s1.htmlこの気まずさはいつまで続くんだろう、どうなっちゃうんだろう、また離婚するのかな、って思っていても、いつの間にか音楽が始まって、「お腹すいた...

  15. 青春と初恋の味5月のお薦め献立 - 家族みんなのニコニコごはん

    青春と初恋の味5月のお薦め献立

    酸いも甘いも巻き込んで みんな懐かしロールキャベツ(4/28 UP)決して迷わない青春のサガシャキシャキわかめサラダ (4/30 UP)ちょっとしょっぱいわかめスープは初恋の涙味(5/2 UP)ほろ苦い青春の味抹茶ティラミスをあなたにも(5/5 UP!!!!!!!!!!!!!)*それぞれの単品メニューのレシピは随時更新していきます。未知なる食材トロミーナ 無料サンプルセット プレゼント 介護...

  16. 同性を本気で好きになったのは - 波乱万丈ゲイの行政書士ブログ

    同性を本気で好きになったのは

    こんばんは。「波乱万丈ゲイの行政書士ブログ」行政書士田中利英です。昨日は、外国人実習生の話で私がいつもお世話になっている建設会社の社長さんと監理団体の担当者さん、送り出し機関の現地担当者の方、同じく私がいつもお世話になっている現地と国内の調整をしている社長さんと会っていました。外国人技能実習生についてご存じない方は、こちらをご覧ください。今はどこの企業も人手不足だけど求人を募集しても日本人は...

  17. 585、千葉港今昔 - 五十嵐靖之 趣味の写真と短歌

    585、千葉港今昔

    Chiba Harbor, now and old days数年ぶりの墓参りで、先日千葉市を訪れた。千葉は、小学6年の半分、中学1年、それに高校時代を過ごした自分にとってはたしかに故郷と云うべき街である。その千葉市はこの半世紀の間に最も大きな変貌を遂げた都市の一つではないかと思える。それは、大規模な埋め立てと新市街地の創出である。半年ほど通った登戸小学校はたしか海沿いの高台にあったはずだが、...

  18. 昔の知り合いを検索するのはよくない - 波乱万丈ゲイの行政書士ブログ

    昔の知り合いを検索するのはよくない

    ゲイの行政書士田中利英です。昨日も、午後から外回り帰ってきてから筋トレをして心地よい筋肉痛となって、その後はぼ~っとしていました。今日は、中学2年の時に好きになった初恋の人について書きたいと思います。少し(かなり?)暗い話になりますのでスルーする方はしてください。少し前にマツコさんが昔の知り合いをネットで検索してはいけないといっているのをみて何となく自分がゲイになったきっかけ(っといっても単...

  19. 『春咲く花は幾度かあれど我が青春はただ一度』 - 67歳専業主婦の生活♪

    『春咲く花は幾度かあれど我が青春はただ一度』

    おはようございます☆広島は雨の朝です。やっと帰って参りました。一昨日は父のところに寄り、昨日は母に会って、長く留守した自宅に戻りました。名残を惜しみながら、深々とお礼をしてつかの間の我が家を後にしました。九州最後の思い出に、私の思い出の地に夫が連れて行ってくれました。28歳の時に訪ねて依頼、なんと36年ぶりです。小学校4年の夏から4年間過ごしたその地は、私の初恋の地でもあります。人生で初めて...

  20. 団地育ち - 忘れられない人

    団地育ち

    生まれてすぐに親が公団の抽選にあたって大人になるまで団地暮らしだった。当時は文化住宅として人気があったけれど現在になってみれば老人の残った歯抜け住宅といったものだろう。3DKという間取りだったけれど自分の部屋が欲しくて北向きの日当たりの悪い部屋で過ごしていた。朝、団地の周りを1周走ることを日課にしていた。俺は右回りに回っていた。同じ団地に住むバスケ部の女子と毎朝すれ違う。彼女は左回りに走って...

総件数:27 件

似ているタグ