別府のタグまとめ

別府」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには別府に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「別府」タグの記事(262)

  1. 個展が終わりました - トビイ ルツのTraveling Mind

    個展が終わりました

    久しぶりの銅版画の個展「Traveling Mind(旅する心)展」 &「しまうまシリーズの原画展」が無事に終了しました。今回は温泉地・別府の中でも人気の湯治場の鉄輪(かんなわ)で、名建築の元旅館という空間を会場に選んだことで、私自身もゲストの方達にも非日常の旅気分を味わっていただける、楽しい1週間でした。ご来場いただいた方々、冨士屋galleryのオーナーの安波さんをはじめスタッフ...

  2. 個展が始まりました - トビイ ルツのTraveling Mind

    個展が始まりました

    11/15(土)から別府・冨士屋Garally 一也百(はなやもも)での個展が始まりました。土日は幸いお天気にも恵まれ、遠くは東京から来てくれた友人、知人、地元の方、旅の方まで、多くのゲストに作品を観ていただくことができました。ともかく場所が素敵な冨士屋さん。朝は打ち水で玄関が清められ、美しい花で調えられています。広いお屋敷の1Fは「しまうまシリーズ」の絵本の原画展。全シリーズ4作品の中から...

  3.  個展まであと1週間 - トビイ ルツのTraveling Mind

    個展まであと1週間

    11/15(土)から始まる個展まであと1週間となりました。作業はまだまだ続いています。「しまうまシリーズ」の子供の絵本の原画展に対し、繊細な銅版画作品展の方は「大人の絵本」のような感じ。ウィーンのファンタジーの旅をテーマにしているのですが、解説文つきでご紹介します。準備は大変だけど楽しみだなあ♪

  4. ベップ・アート・マンス2014 - トビイ ルツのTraveling Mind

    ベップ・アート・マンス2014

    九州の温泉地、別府の秋の恒例のイベント『ベップ・アート・マンス2014』が、今年も11/1(土)から1ヶ月に渡って市内各地ではじまります。今年で5回目を迎えたイベントのプログラム数は今回は81もあるとか。縁あって別府出身の私ものっかって(笑)この度、3つの企画で初参加します。『トビイルツのTraveling Mind展』ベルギーをテーマにした同タイトルの個展から12年ぶりです。今回は2011...

  5. 低温スチーム製法のジャム - トビイ ルツのTraveling Mind

    低温スチーム製法のジャム

    鉄輪温泉の天然の蒸気を利用して、ゆっくり低温で蒸して作ったジャムだそうです。40度〜90度の低温で蒸すと、酵素が働き、素材本来の旨味や甘みがより引き出されるのだとか。エコで体にもよいこの調理法。オーナーの安波さんは自ら定期的に低温スチーム講座を開いて、広めています。(詳しくはこちらのHP →低温スチーム研究会「蒸しくらぶ」http://mushiclub.com)たくさんあるジャムの種類の中...

  6. 冨士屋Gallery - トビイ ルツのTraveling Mind

    冨士屋Gallery

    11月の個展会場である、鉄輪(かんなわ)にある冨士屋Galleryさんを訪問しました。鉄輪は、別府八湯(べっぷはっとう)とよばれる市内の代表的な8カ所の温泉地の中でも、最も別府らしい風景がある所。あちこちから湯煙が立ち上る街並に、昔からの湯治場や温泉旅館が集まっていて、湯気を含んだ空気のせいか、歩いているだけでとてもゆったりした気分になる地域です。瀟洒な日本建築で有名な、鉄輪の名所でもある富...

  7. 11月に個展をします - トビイ ルツのTraveling Mind

    11月に個展をします

    11月に個展を行うことにしました。なんと13年ぶりです。春から祖母の家を整理して、銅版画の作業ができる環境がやっとできたので、作品制作のモチベーションを上げるためにも、発表の機会を設けることにしました。個展のテーマは、欲張りに2本立て。ひとつは2000年に初めて個展を行った時からのテーマである『トビイルツのTraveling Mind展』。13年前はベルギーがテーマでしたが、今回はウィーン/...

  8. 一輪挿し - トビイ ルツのTraveling Mind

    一輪挿し

    先日、別府の観光港で行われた蚤の市で、若い作家さんが作った一輪挿しを買いました。高さは5cmにも満たないとっても小さな一輪挿しなので、野花を入れるのにちょうどいい感じ。デスクトップに置いても、作業のじゃまにならないサイズです。名前はわからないけど、実家の庭に咲いていた白い可愛い花。小さなお花のミクロコスモスの世界を楽しみました。

  9. シルバーパワー - トビイ ルツのTraveling Mind

    シルバーパワー

    九州に続き、関東も梅雨入りしましたね。ここ3年ほど、梅雨から真夏にかけての時期はウィーンにいて、湿気と暑さを体験せずにすんでいたのですが、今年は引き続き祖母の家の整理と、それに伴う新しい計画のために、日本で夏を過ごします。今日は梅雨空を気にしながら、祖母の家にあった家具などの粗大ゴミから、細々した不要品までほとんどを運び出す作業を行いました。処分をお願いしたのは市が運営するシルバーセンター。...

  10. 城下カレイ - トビイ ルツのTraveling Mind

    城下カレイ

    世界中にはいろんなおいしいものがありますが、「おいしいもの=旬のもの」、そう言えるのは、広い世界を探しても実はそんなにある場所ではないと思います。豊かな自然とはっきりとした四季がり、季節に敏感な衣食住を伝統とするのは、やはり日本人ならでは。特に私が素晴らしいな、と思うのは、旬がある海の魚の豊富さです。冬のふぐ、春の鯛、夏のハモ、秋のサンマ…南北に3000mも長く、気候帯も違う日本なので、種類...

  11. リユースマーケット - トビイ ルツのTraveling Mind

    リユースマーケット

    祖母宅にあった多くの品を、なんとか仕分けしたのはいいけれど、困るのはその処分方法。ウィーンではご近所に便利な「リサイクルコーナー」があったんだけどなあ、と頭を痛めていたら、ちょうどタイミングよく行われる、市が主催するリユースマーケットに参加してみることにしました。客として足を運んだことはありますが、自ら出展するのは初めて。おかげでいろいろとおもしろい気づきがありました。出展料は無料。販売も可...

  12. 幻の花『百蓮』 - トビイ ルツのTraveling Mind

    幻の花『百蓮』

    日本の朝のエンタテイメント、NHKの朝の連続テレビ小説を毎朝楽しみにしている私。現在放映中の『アンと花子』主人公のモデルは、小学校の頃の愛読書の数々の翻訳者である村岡花子さんです。私の心の故郷アントワープを舞台にした『フランダースの犬』のお話も村岡さんの翻訳だそうで、親近感が湧きます。しかもこのドラマに花子さんの腹心の友として登場する葉山/加納蓮子さん(役柄名)は、なんと実家のある別府に縁が...

  13. 想い出の家 - トビイ ルツのTraveling Mind

    想い出の家

    ようやくしまうまシリーズの新作の制作が一段落。春らしくなると同時に、長年空き家になっていた九州の別府にある祖母の家の片付けを、母や叔母と一緒に始めました。小学校の低学年頃まで、毎日のように祖母に子守りされていた私にとって、祖母の家は幼い頃の想い出がある懐かしい場所。改築や老朽化でその頃とは様子が変わっていたものの、家の中に残された膨大な数のモノの中から、次第に見覚えのある懐かしいものが続々と...

  14. 温泉にもいい!万能シャンプー - トビイ ルツのTraveling Mind

    温泉にもいい!万能シャンプー

    寒い冬は熱いお風呂が楽しみな季節。以前は、気分を変えるために日替わりでシャンプーを変えたり、旅先から持ち帰った石けんを使ったりして、それはそれで楽しかったのですが、断捨離して生活がコンパクトになった共に、これで全身OKという満足の1本に出会いました。温泉地の別府の鳴海クリニックという皮膚科の医師が開発した『JN全身シャンプー』というもの。「肌の脂をとりすぎず、しっかり洗浄し、温泉でも肌を荒ら...

  15. 初音ミクが別府へ - トビイ ルツのTraveling Mind

    初音ミクが別府へ

    ゆるキャラやB級グルメ、アートイベントなど、いろいろと策を繰り出している地方の観光業。とはいえ温泉地の別府が初音ミクとコラボするとは意外でした。日本の音と映像の先端技術が作り出したバーチャルアイドル「初音ミク」。別府市内にTRANSCITYという専用のイベントスペースが設置され、初音ミクの世界が来年の1月15日まで毎日、楽しめるというものです。初音ミクといえば、つい先日、ルイ・ヴィトンがキャ...

  16. 桜の文化 - トビイ ルツのTraveling Mind

    桜の文化

    昨年秋は、京都の多くの神社仏閣で「一生分」と思えるくらいの紅葉を鑑賞したのですが、今年は実家のある別府で桜をたくさん満喫しました。昨春、ウィーンで観た「さくらんぼ」の華やかな桜の花もきれいでしたが、やはり日本の桜はいい。日本で観るからいいのでしょうか?先日の美術評論家の椹木さんの講演会の中で、自然風土とアートの成り立ちの関係で興味深いことをお話していました。1995年に日本では、神戸の大震災...

  17. 佐藤渓美術館 - トビイ ルツのTraveling Mind

    佐藤渓美術館

    ちょうど今から1年前に惜しくも閉館してしまった由布院美術館。そこに収蔵されていた詩人画家・佐藤渓の作品を展示する美術館が、今年に入って別府市内にオープンしました。場所は聴潮閣。別府では昔から有名な昭和初期にできたお屋敷で、由布院美術館の館長の祖父にあたる方が住居兼迎賓館として使用していたもの。現在は国の重要文化財にもなっている瀟洒な建築物です。没後50年を過ぎた画家の佐藤氏について、作品はお...

  18. お正月は共同温泉へ - トビイ ルツのTraveling Mind

    お正月は共同温泉へ

    今年の元旦は初詣よりも先に温泉にでかけてしまいました。人気の鉄輪(かんなわ)地区の旅館のお風呂は案の定、観光客でいっぱい。同じエリアにあるスケールアップした「ひょうたん温泉」(2008年のミシュラン3つ星獲得温泉)も、さすがに車の列が。という訳で、行き先を変えて市街地に近い北浜地区にある「北浜テルマス」へ行ってきました。別府には100以上の共同温泉があるそうなのですが、中でも古い木造建築が情...

  19. 絵はがきの別府 - トビイ ルツのTraveling Mind

    絵はがきの別府

    昨年から年賀状を失礼させていただいているのですが、旅先から葉書を出すのは好きです。昨年も京都と鹿児島で、海外の友人に送るために観光ハガキを探したのですが、美しい風景やユニークなデザインのものを見つけるとうれしくなります。海外の人から観て興味をひくものかどうか、日本人の視点から離れて吟味してみるのも楽しいものです。昨年の秋に、別府の昔の観光ハガキを集めた展覧会を拝見しました。セピア色の古い葉書...

  20. 初詣先での新発見 - トビイ ルツのTraveling Mind

    初詣先での新発見

    初詣に行ってきました。お正月に実家の別府にいる時は、小さい頃からいつも行っている、市内で一番大きな朝見八幡宮という神社にお参りに行きます。その朝見神社のおこりが「鎌倉の鶴岡八幡宮である」という一説を、今朝、読んでいた本の中でたまたま発見して、びっくりしました。昨日の元旦のブログに書きましたが、鶴岡八幡宮のおみくじはなぜか説得力があると感じていたのは、こんなご縁があってのことなのでしょうか!?...

総件数:262 件

似ているタグ