別府のタグまとめ

別府」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには別府に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「別府」タグの記事(263)

  1. 今年も蒸し通 - トビイ ルツのTraveling Mind

    今年も蒸し通

    ご縁あって湯治場の鉄輪(かんなわ)に拠点を構えて、はや1年。毎日のように目にしていながらも毎度驚くのは、町のあちこちから湧き出る温泉の湯気の風景です。トビラボが面している筋湯通り雨が降って湿度が上がると、さらにもくもくが増す様子は、さながら町全体が蒸されたよう。そうなのです。ここ鉄輪は「蒸し」の伝統が息づく町。温泉熱で人が蒸される「蒸し湯」もあれば、食べ物を蒸す「地獄蒸し」も湯治客に人気の鉄...

  2. 雨月庵雑記「久しぶりの別府、雨月会のKさんと合えた」 - 立ち呑み漂流

    雨月庵雑記「久しぶりの別府、雨月会のKさんと合えた」

    今日は水曜日、休刊日。昨日はお誘いを受けて別府へ。そのため長木酒店に行けなかったので、今日は酒でなく珈琲を持ってゆく。帰りに案内のあったフリマに行くも店主不在。その帰り税務署の国旗が「半旗」になっていた。おや、そうか東日本大震災の追悼の意味の半旗。納得した。市役所も確認したら半旗だった。よろしくお願いします応援クリック■本題■Kご夫妻に誘われ、佐伯の方が別府の和風旅館を改造して情報発信カフエ...

  3. 別府地獄めぐり血の池地獄 - 何かを制覇するプロジェクト

    別府地獄めぐり血の池地獄

    先日別府に行ってきました。実は初めての大分県。地獄めぐりをしてきました。(血の池地獄だけ)地獄にも営業時間があるのね。とか思いながら見学。ほかにもあったけど時間の都合でここだけ。ずーっと前に行った青森県むつ市の恐山にも地獄がたくさんありました。あっちは三途の川を渡ると地獄が一か所に固まっており見学しやすかった。冬季閉鎖ですが。

  4.  2020年初旅<別府冷麺を食べる> - 小さな幸せにっき

    2020年初旅<別府冷麺を食べる>

    朝食を食べてから、部屋でのんびりして、10時前にチェックアウト。部屋からは湯けむりも見えた。さすがに、温泉処。10:30にホテルを出発するシャトルバスで別府駅まで送ってもらう。ちなみにシャトルバスはベンツ。空港へ行く前にお昼を食べようと、夫に探してもらっていた店を訪ねる。別府は冷麺が有名な街だと、何年か前何かで読んで、食べてみたいと思っていた。そば粉が使われた冷麺はかなり歯ごたえがある。スー...

  5. 2020年初旅<ANAインターコンチネンタル別府<朝食> - 小さな幸せにっき

    2020年初旅<ANAインターコンチネンタル別府<朝食>

    一晩寝て、朝風呂につかり、朝食をいただく。席にご案内されると、まずメインディッシュを1品選択。それ以外はビュッフェをいただく形式。こんな感じのビュッフェから、食べたいものを適当に皿に盛っていただく。私が選んだメインは鶏肉入り中華がゆ。だけど、おかゆはふつーの日本のおかゆだった。夫はエッグベネディクトおいしくいただいた。

  6. 2020年初旅<ANAインターコンチネンタル別府夕食> - 小さな幸せにっき

    2020年初旅<ANAインターコンチネンタル別府夕食>

    チェックイン後、温泉に入ってひと眠りしたら、さすがにおなかが空いてきた。夕食はレストランへ。ANAの株主優待クーポン券を使えば10%offになる。ビュッフェがノーマルらしいけど、小食夫婦はアラカルトでいただくことに。鶏むね肉のグリルとシーザーサラダにお通しのパン。トマトソースのニョッキに海老とサーモンのグリル、豆の煮込み添えアラカルト3皿で満腹だった・・・。部屋に戻り、もう1回温泉に入って早...

  7. 2020年初旅<ANAインターコンチネンタル別府お風呂とプール> - 小さな幸せにっき

    2020年初旅<ANAインターコンチネンタル別府お風呂...

    実はこの日の私は風邪気味でちょっと体調がよくなかった。故に、チェックイン後まずお風呂であったまることに。男女別のお風呂は、朝になると入れ替わる。それぞれに露天風呂があり、夜になると夜景を眺めながらお風呂に入れちゃう。お湯は無色透明無臭な感じ。やや熱い。このホテルにはインフィニティープールもある。冬でも入れるみたいだけど、利用している人は見かけなかった。ここも夜になると幻想的。冬は夜は利用でき...

  8. 2020年初旅<ANAインターコンチネンタル別府お部屋> - 小さな幸せにっき

    2020年初旅<ANAインターコンチネンタル別府お部屋>

    シャトルバスで連れられてきたのは、別府明礬温泉をさらに少し登ったところにある「ANAインターコンチネンタル別府」。昨年8月に開業したばかりのインターコンチネンタル初の温泉リゾート。ANAの株主優待クーポン券を使うと少しリーズナブルに利用できる。できる前から楽しみにしていて、是非泊まってみたかったから1泊だけ贅沢してみた。ロビーからの眺めは抜群。サルで有名な高崎山と別府湾を望む。ここで、ウェル...

  9. 2020年初旅<別府駅周辺を歩く> - 小さな幸せにっき

    2020年初旅<別府駅周辺を歩く>

    ANAに乗って到着したのは大分空港。空港からは、別府・大分市内行きの4枚回数券を購入し、バスで別府へ。一人片道1,500円だが、この回数券を買うと4枚で4,200円ととてもリーズナブルになる。2人で往復するなら、この回数券が便利だろう。券売機でクレジットカード決済ができた。大分空港から別府へ行く場合、別府駅へ行く便は少なく、駅から歩いて10分ぐらいのところにある別府北浜という停留所に停まるバ...

  10. 九州横断の旅2019.09.02~05その3別府到着 - こちら運転担当配車係2

    九州横断の旅2019.09.02~05その3別府到着

    こんばんは今日は勤務明け。正月休みが終わって役所も動き出し、ようやく郵送で頼んでいた亡父の戸籍謄本が届いたので明日は年金事務所へ行く予定。事務所へ行く前に撮影に行きたいな~などと企んでおります。さて九州横断の旅の続きです。大阪南港を出港した翌朝6時55分に別府港入港です。二人とも船酔いすることもなく、快適な船旅でした。そのまま別府港からバスに乗り別府駅へ。このときはラグビーワールドカップの前...

  11. 謹賀新年 - 豆ズがやって来た!ニャア!ニャア!ニャア!

    謹賀新年

    令和二年になりました別府湾の2日目の日の出友達からいただいた猫カレンダー思わずクスッとなるニャンコ達ほんに一日一度は笑いたいものです朝見神社の石畳の猪から今年の干支のネズミさんへ豆ズは布団で丸くなる今朝は寒かったのかまんまるく猫団子になってました。干支の🐹を作ってみましたあけましておめでとうございます昨年はブログを見ていただきありがとうございました今年もよろしくお願い...

  12. 013.リボンシトロンとニッポンビール - きかぼす@別府歴史勉強中

    013.リボンシトロンとニッポンビール

    リボンシトロンとリボンナポリンは、サッポロビールというイメージが強いけど、鉄輪にある温泉浴場に古い鏡を見つけた。「ニッポンビール」として「リボンシトロン」を製造していたのは、昭和24年から昭和39年までの15年間。この間に製造された鏡を、平成10年の改築の時に掛けてくれたのか、先代昭和33年のコンクリート建造の時から使っていたものなのか。釘1本で落ちずにかかっていた。【開拓使から始まる:開拓...

  13. 012.別府タワーとパンパン - きかぼす@別府歴史勉強中

    012.別府タワーとパンパン

    【2019年11月23日撮影】現在北浜にある別府タワーは、1957年に完成し高さが90m。作者は内藤多仲(ないとうたちゅう)。名古屋テレビ塔、通天閣、別府タワー、札幌テレビ塔、東京タワー、博多ポートタワーの6兄弟を完成させた人物で、耐震に優れた技術を持つ人物だそう。タワーというと、テレビの電波を受ける役目があると思いがちで、実際そのような目的があったらしいが大分の各局は十文字原の方に基地(十...

  14. 011.別府海軍病院2(門柱) - きかぼす@別府歴史勉強中

    011.別府海軍病院2(門柱)

    亀川駅に昔の亀川風景のパネルが展示されてあります。画質はよくないけれど一度カメラに収めると伸びた画像が縮小されて見やすくなりました。その中に「海軍病院」つまり亀川海軍病院の画像があります。門柱がm今も残っているかもしれない。海軍病院がどちら向きに建っていたのかが不明確。一つ目の門柱ですが、形はよくにていますが少し細いようで、違うと判断しました。左側の門柱の太さが少し細い気がします。次の門柱で...

  15. 010.別府海軍病院 - きかぼす@別府歴史勉強中

    010.別府海軍病院

    別府には旧日本国軍の施設がいくつかあって、そのうちの一つ「別府海軍病院」は、現在の別府医療センターの前進です。大正末期14年に、亀川海軍病院として創設されましたが、亀川町が別府市に編入されたため名称を「別府海軍病院」と改称。別府医療センターの北側のはずれの方に、今も関係していそうな建物がなぜかぽつんと残されてあります。そこまで古い印象が無いので、最近できたもののような気もしますが・・・やはり...

  16. 009.数か所でにぎわった海浜砂湯 - きかぼす@別府歴史勉強中

    009.数か所でにぎわった海浜砂湯

    別府の砂湯の絵葉書は、土産物屋の絵葉書販売は、お宿から客への小さな礼物・記念品としてよく渡されていたようで、比較的多く出回っているようです。老若男女の砂湯の絵葉書があるが、絵的にもご婦人のもののほうが良ろしいようで、女性が映り込むものが多いように思う。海浜砂湯は、楠港のあたりから、亀川の方まであちこちのものが残っている。楠港の近くにあった砂湯を「港南砂湯」と呼んでいたらしく、亀川の方にあるも...

  17. 008. 別府温泉化学研究所 - きかぼす@別府歴史勉強中

    008. 別府温泉化学研究所

    (合名会社)別府温泉化学研究所1951(S26)「東和薬品商会」大阪に創業1957(S32)東和薬品株式会社1984(S59)(名)別府温泉化学研究所を買収し、大分工場として注射器や薬の製造を始める2009(H21)大分工場閉鎖令和元年撮影同じ建物がまだそのままの状態で残されていました。別府石を積んだ石垣と、ドアストッパー(和名がわからない)として石を埋め込んだありました。

  18. 別府!面白い! - ワカバノキモチ 朝暮日記

    別府!面白い!

    別府を町歩きしてきました。別府は面白い町です。整備された観光地、例えば、レトロ風な新築の店とかかわいい雑貨屋とかお洒落なカフェが立ち並んだ通りを、コロッケとかせんべいとかを買い食いしながら歩くような観光地化された町もわくわくして楽しいです。だけど、別府はそういう観光地化された町とはひと味違うと感じます。老舗の店が歴史を重ねた佇まいで残り続ける中で、潰れたのか後継者不足か古い店がやめ、その空き...

  19. 001. 流川通りにあった旧別府牛乳株式会社 - きかぼす@別府歴史勉強中

    001. 流川通りにあった旧別府牛乳株式会社

    流川通8の付近、つまり別府駅の南西側の高架下、現在の「大分県信用組合別府支店」のあるところに別府牛乳株式会社はあった。明治40(1907)「大分牧畜合資株式会社」が、昭和15(1940)には「別府牛乳株式会社」が設立され、この二つの会社が合併し、昭和32(1957)に「大分共同乳業株式会社」とって、現在の社名は「2代目九州乳業株式会社」に至る。あの「みどり牛乳」でおなじみの会社だ。九州乳業と...

  20. 最高の一日 - 豆ズがやって来た!ニャア!ニャア!ニャア!

    最高の一日

    関口光太郎さんの作品新聞紙と布テープで出来てます大きな王子様を構成してる物は子供の頃に遊んだオモチャや自転車やソックスなど色んな物一つ一つ見ていくのも面白い💓別府市役所にも展示してた巨大な人魚姫体に 貝やイソギンチャク ワカメに海老海の生き物がワラワラとくっ付いてます鼻の頭にお賽銭がぁぁぁマーライオンやサクラダファミリアが屋根の上にあったり入口を入ると子供の足が天井か...

総件数:263 件

似ているタグ