制作心理のタグまとめ

制作心理」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには制作心理に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「制作心理」タグの記事(5)

  1. 理由 - 原初のキス

    理由

    なぜものを創るのか、という理由を自らに問えば、それは表現するためというよりは理解するためである。何かを「表現しよう」ということはつまり、「何を」表現しようとするかがわかっていないといけないが、いかに単純に見えるものであれそれがわかった!と言える程に単純であるということはほぼないのだから。結局自分が何を表現しようとしているのかなんて、その何かに興味を持ってから後に、彫刻みたいにそれを彫っていっ...

  2. コラージュと目線 - 原初のキス

    コラージュと目線

    1月からカルチャースクールでコラージュの講座を持つ予定なので、コラージュの技法や制作心理について振り返りを兼ねてこのブログでも記事を書いていこうと思う。その第一回として以前の記事を再録。2009年12月16日可能性コラージュは眼と脳に対する刺激を創るものだから、画面には常にある程度刺激が溢れており、制作中の画面をじっと見ているとその刺激に慣れすぎてわからなくなる。だから見てるような見てないよ...

  3. 知人の名言再び - 原初のキス

    知人の名言再び

    2016年 8月 15日に以下のような記事を書いた。絵を描く知人から今日聞いた言葉:「絵は、8割くらいまで<どう描くか>に腐心し、あとのちょっとのところで<何を描くか>に集中すればいいのである。」これは名言である可能性が高い。なぜならば、世の中の常識の逆をはっているからである。 やはりこの言葉は謎めいている。結局自分が「何」を描いて(やって)いるかって、かなり後になって色んなデータや考えが積...

  4. あえて豊かさにNoを言う - 原初のキス

    あえて豊かさにNoを言う

    基本的に自分の関心が高い作品群というのは俳句か寿司のようなものである。関心が高いだけあって自分自身もなるべくそのようなものを創りたいと志している。「戦争と平和」みたいな長い小説や、ヌーベルじゃないフレンチというような嗜好ではそもそもないのである。ところが、俳句を目指して創り始め、五・七・五でまとまらずどかどか要素や絵具の層を足して制作過程や見かけが中編小説めいてくることが別段珍しくもない。本...

  5. ボケたらもっとボケボケに - 原初のキス

    ボケたらもっとボケボケに

    絵を描いていて例えば部分的に「ここがボケてるな・・」と思ったらすぐにはっきりさせたくなるのだけど、むしろボケをボッケボケに強調する方が経験的にはいいような気がするのである。はっきりさせると他のはっきりのところとの差が減少して、全体としてのっぺりになっちゃう・・。人間の欠点というものもそういうところがあるかもしれない。欠点とか苦手とか、一見劣っていると見受けられるところは結局のところむしろ拡大...

総件数:5 件

似ているタグ