創価学会のタグまとめ

創価学会」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには創価学会に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「創価学会」タグの記事(90)

  1. 新人間革命第1巻覚書錦秋の章③ - 朝まだき

    新人間革命第1巻覚書錦秋の章③

    ●178㌻~179㌻理不尽な差別を撤廃するうえで、"黒人"の公民権の獲得は不可欠な課題である。しかし、それだけで、人びとは幸せを獲得できるのだろうか。答えは「ノー」といわざるをえない。なぜなら、その根本的な要因は、人間の心に根差した偏見や蔑視にこそあるからだ。この差別意識の鉄鎖からの解放がない限り、差別は形を変え、より陰湿な方法で繰り返されるにちがいない。人間は、人種、民...

  2. 時事通信の議席予測。( `ー´)ノ - richardkoshimizu's blog

    時事通信の議席予測。( `ー´)ノ

    今度は、便所通信ではなく、じじい通信の方の比例代表の議席予測です。自民公明、共産は横ばい。立憲、躍進して公明朝鮮邪教党をこえて、第2党に。マスゴミの必死の「立憲埋没化・忘れてください作戦。」も効果いまいち。立憲には他の野党と違って、自民の潜伏工作員がいない。(枝野さん、結構、人選や人事に神経を使ったとみる。)よって、安倍朝鮮悪晋三も内調アイヒマン北村殺人鬼も手を出しにくい。そこが立憲の強み。...

  3. 新人間革命第1巻覚書錦秋の章② - 朝まだき

    新人間革命第1巻覚書錦秋の章②

    ●162㌻~163㌻「私たちとしては、一生懸命にやったつもりです。しかし、先生が出席された座談会とは、どこか雰囲気が違うのです。先生、この違いは、どこにあるのでしょうか」伸一は静かに頷くと、強い語調で語り始めた。「私も、何か特別なことをしているわけではない。ただ"大切な仏子を不幸にさせてなるものか""この人たちを幸せにするチャンスは今しかない"との思い...

  4. 新人間革命第1巻覚書錦秋の章① - 朝まだき

    新人間革命第1巻覚書錦秋の章①

    ●143㌻~144㌻「皆さんが前に来てください。私は後ろでいいんです。後ろから皆さんを見守っていきたいんです」それは、伸一の率直な気持であった。会長として広宣流布の指揮をとることは当然だが、彼の思いは、常に陰の人として同志のために尽くすことにあった。伸一の言葉に、メンバーは驚きを隠せなかった。皆がいだいていた「会長」のイメージとは、大きく異なっていたからである。伸一の態度は、およそ世間の指導...

  5. れいわから創価学会員が出馬。安倍改憲への協力に反対+国交副大臣、大地震後も赤坂クラブで - 日本がアブナイ!

    れいわから創価学会員が出馬。安倍改憲への協力に反対+国...

    頑張ろう、東北&関東!そして、熊本、北海道の震災被害、全国各地で豪雨被害を受けた方々も。・・・身近な希望と幸福を大切に、復興に向けて、一歩一歩、前進を!o(^-^)oよろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】【テニス全英OP、男子1回戦・・・7位の錦織圭は、113位のモンテイ...

  6. エッセイ 散歩道② - 朝まだき

    エッセイ 散歩道②

    ヘッセ詩集より昼間、町や小路を通っていき、雲や人々の顔を見よそうしたら、君は驚いて悟るだろうすべては君のもので、君はその作者であることを。君の五官の前で複雑多様に生き動いているものは全く君のものであり、君の魂が揺すっている夢なのだ。君自身を通って永遠に歩みあるいは君自身を制限し、あるいは拡げつつ君は語るものであると同時に聞くものであり創造者であると同時に破壊者である。久しく忘れられていた魔力...

  7. 新人間革命第1巻覚書新世界の章③ - 朝まだき

    新人間革命第1巻覚書新世界の章③

    ●121㌻オリバーの話を聞き、日本の幹部は驚いて顔を見合わせた。彼らには、日本人でなければ、信心や学会の精神はわからないのではないかとの思いが、心のどこかにあった。だが、このアメリカ人の同志を目の当たりにして、そんな考えがいかに見当違いであったかを、実感せざるをえなかった。十界を互具した人間の心は普遍である。ゆえに、人種、民族を超えて、信心もまた普遍である。●122㌻組織といっても人で決まる...

  8. 新人間革命第1巻覚書新世界の章② - 朝まだき

    新人間革命第1巻覚書新世界の章②

    ●118㌻~119㌻「私は、ポールさんのような方を大切にしたいんです。信心をしていないのに、学会をよく理解し、協力してくれる。これほどありがたいことはない。私は、その尽力に、最大の経緯を表したいんです。みんなは、ただ信心しているか、していないかで人を見て、安心したり、不安がったりする。しかし、それは間違いです。その考え方は仏法ではありません。信心はしていなくとも、人格的にも立派な人をたくさん...

  9. 新人間革命第一巻覚書新世界の章 - 朝まだき

    新人間革命第一巻覚書新世界の章

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー●95㌻山本伸一の厳しい目は、日々の新聞報道などを鋭く見つめていた。緊迫する事態に、彼の心は激しく動き、頭は回転に回転を重ねていた。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー●98㌻~99㌻数を頼りにした自民党の単独強硬可決は、議会主義の破壊を象徴する出来事であったことは...

  10. エッセイ一千万遍① - 朝まだき

    エッセイ一千万遍①

    「心も弾む朝まだき緑の森にきてみれば、さえずり交わす小鳥らの陽気な歌がきこえてた。」~~HDソロー著エッセイ「ウォーキング」より~~僕は、休日のひと時、予定がないときなど、よく散歩に出かける。体がなまっているので運動したくなったからとか、なんだか冒険したくなったからとか、散歩自体をその日一日の事業にしようと目論んで、人知れずこんこんと湧き上がっているあの遠い彼方の牧草地まで生命の泉を探しに行...

  11. 新人間革命第一巻覚書④ - 朝まだき

    新人間革命第一巻覚書④

    67㌻~71㌻「私が地区部長ですか。私は信心のことは、よくわからない…」戸惑いの色を浮かべるヒラタに、伸一は言った。「そうです。あなたに地区部長をお願いします。今は何もわからなくても、これから一つ一つ覚えていけばいいんです。まず、何よりも、この地区の人たちを幸せにするんだという、強い一念をもつことです。また、みんなの相談相手になり、どうすれば全員の力が引き出せるのかを考えてください。これから...

  12. 大白蓮華6月号研鑽雑記⑨ - 朝まだき

    大白蓮華6月号研鑽雑記⑨

    大白蓮華6月号P44~P45本文正義と人間尊敬の知性と輝け大聖人が仰せのように、広宣流布は「普賢菩薩の威神の力」で成し遂げられます。「威神の力」とは、広宣流布への責任感、情熱から生まれる勇気であり、誠実と智慧です。その本源は信心です。私見信心から、広宣流布への責任感、情熱が生まれ、その責任感、情熱から勇気と、誠実と、智慧が現れてくる。本文戸田先生は、「偉大なる感情には、偉大なる理性が宿るもの...

  13. 大白蓮華6月号研鑽雑記⑦ - 朝まだき

    大白蓮華6月号研鑽雑記⑦

    大白蓮華6月号P44「当に仏を敬うが如くすべし」そして、大聖人が「最上第一の相伝あり」(781㌻)と言われた普賢品の有名な経文が、「当起遠迎当如敬仏(当に起って遠く迎うべきこと、当に仏を敬うが如くすべし)」の八文字です。法華経を受持するものは、必ず仏となる人であるから、仏の如く敬いなさいと教えられているのです。これは、「末法の法華経の行者こそが仏である」との宣言で法華経二十八品が結ばれている...

  14. 大白蓮華6月号研鑽雑記⑥ - 朝まだき

    大白蓮華6月号研鑽雑記⑥

    大白蓮華6月号P43~44悪世に法華経の行者を守護法華経において、四法(四つの条件)を満たせば、覚りを得られると知った普賢菩薩は、釈尊に誓います。「悪世に法華経の行者を守護します。その人の苦しみを取り除き、安心させ、魔や悪鬼が付け入らないようにします」(法華経P667、趣意)「法華経を守護して、仏の滅後に、一閻浮提の内に広く流布せしめ、断絶させません」(同673,趣意)妙法を実践する人を厳然...

  15. 大白蓮華6月号研鑽雑記⑤ - 朝まだき

    大白蓮華6月号研鑽雑記⑤

    大白蓮華6月号P41~P42学会と共に生き抜く勝利者に説法の場に遅れて駆けつけた普賢菩薩は、釈尊に「どうか、法華経を説いてください。仏の滅後、どうすれば法華経を会得できるのでしょうか」(法華経P666、趣意)と嘆願します。そこで釈尊は、「四法を成就すれば、仏の滅後に、法華経を会得できる」(同P666、趣意)と、四つの条件を示します。あらためて法華経実践の要諦を示されることから、普賢品を「再演...

  16. 大白蓮華6月号研鑽雑記④ - 朝まだき

    大白蓮華6月号研鑽雑記④

    大白蓮華6月号P41~42学会とともに生き抜く勝利者に本文説法の場に遅れて駆けつけた普賢菩薩は、釈尊に「どうか、法華経を説いてください。仏の滅後、どうすれば法華経を会得できるのでしょうか」(法華経P666、趣意)と嘆願します。資料①妙法蓮華経並開結創価学会版P666「世尊よ、我れは宝威徳上王仏の国に於いて、遙かに此の娑婆世界に法華経を説きたまうを聞いて、無量無辺百千万億の諸々の菩薩衆と共に来...

  17. 大白蓮華6月号研鑽③ - 朝まだき

    大白蓮華6月号研鑽③

    大白蓮華6月号P40~P41広宣流布は励ましの一歩からこの「御義口伝」は、牧口先生が線を引かれ、深く拝された一節です。普賢菩薩勧発品の「勧発」と「普賢」について、日蓮大聖人は「勧」を化他行に、「発」を自行に、「普」を「不変真如の理」、「賢」を「隨縁真如の智」に配されています。「勧発」とは、自分自身が信心を「発し(おこし)」、その歓喜の生命で、他の人に「勧める」ことです。まさに生命と生命の触発...

  18. 大白蓮華6月号研鑽雑記② - 朝まだき

    大白蓮華6月号研鑽雑記②

    大白蓮華6月号P38~41御義口伝に云く勧発とは勧とは化他・発は自行なり、普とは諸法実相・迹門の不変真如の理なり、賢とは智慧の義なり本門の隨縁真如の智なり、然る間経末に来って本迹二門を恋法し給えり、所詮今日蓮等の類い南妙法蓮華経と唱え奉るものは普賢菩薩の守護なり云々(御書7805行目~7行目)現代語訳略呼び出された"創価の普賢菩薩"「普賢菩薩」は、法華経の最終章「普賢菩薩...

  19. 大白蓮華6月号研鑽雑記① - 朝まだき

    大白蓮華6月号研鑽雑記①

    大白蓮華6月号(2019年No.836) P48~49今、再び「広布に走れ」のスクラムを1978年(昭和53年)の6月。創価の師弟の絆を切り裂こうとする障魔の烈風が吹き荒れる中、私は学生部歌「広布に走れ」を創りました。その折、「全員が人材である」「全員が使命の学徒である」、そして「学生部の活動は世紀の指導者に育つための修行である」との指針を示しました。発表した会合で、凛々しき学生部の諸君がス...

  20. 公明党と創価学会の関係/市民・有権者が知っておくべきこと・・・ - 維新を騙る腐蝕の柏原城!!!/姑息な悪党一派・職員労働組合・体たらく議会・114区長会はなぜ腐り切ったムラ政治(山西システム)にしがみ付くのか!?

    公明党と創価学会の関係/市民・有権者が知っておくべきこ...

    プレジデントオンラインからクリック"公明党壊滅"へのカウントダウン始まるプレジデントオンライン

総件数:90 件

似ているタグ