加藤典洋のタグまとめ

加藤典洋」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには加藤典洋に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「加藤典洋」タグの記事(3)

  1. 日本の秘密外交の創始者は吉田茂「9条の戦後史」(加藤典洋) - 梟通信~ホンの戯言

    日本の秘密外交の創始者は吉田茂「9条の戦後史」(加藤典洋)

    面白いけれど、読み続ける余裕がない。まして、それについて何かを書く気力がおきない。いつもの常套、その極端な引用だけ。「改憲論vs護憲論」の起点は、吉田対ダレスの日米交渉にある。のちに高坂正尭の「宰相吉田茂論」(1964)で、事実と相違して、「政治、外交の実際家、それに徹した職人としての彼の生涯の頂点」とまで、持ち上げられた、実際は「やられっぱなし」だった、吉田茂のサンフランシスコ平和条約と日...

  2. 井伏が太宰を殺した?「太宰と井伏」(加藤典洋) - 梟通信~ホンの戯言

    井伏が太宰を殺した?「太宰と井伏」(加藤典洋)

    大学の寮でよく読んだ本と言えば太宰治と夏目漱石それに内田百閒だった。ハタチにもなっていない、人生の真実などなにも分かっていなかったから、彼らの文章の表面を追いかけて、なんとなく退嬰的にポーズを取っていた(誰に見せるでもなく)。太宰は社会人になって読むと、甘ったれているようで、読むことがなくなっていたが、なにかの弾みで「津軽」を読んで、記憶の中の暗さよりも明るさ・力強さを感じ文章のうまさに感心...

  3. 「村上春樹は、むずかしい」はむずかしい - ねこの生活と意見

    「村上春樹は、むずかしい」はむずかしい

    加藤典洋が「村上春樹は、むずかしい」(岩波新書)の出版記念したジュンク堂でのトークをYouTubeで聴いた。丹念に自分と村上春樹の小説との出会いや村上春樹に対するさまざまな反応について話していた加藤さんが、とてもいい感じで話されていて「ああ、結構朴訥な人なんだ」と氏に対する認識をあらためたのはずいぶんまえのことだ。今年になってまた村上春樹を読みだして、少し読みかたを指南してもらう気持ちで「村...

総件数:3 件

似ているタグ