加賀乙彦のタグまとめ

加賀乙彦」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには加賀乙彦に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「加賀乙彦」タグの記事(2)

  1. 祈りは、自分以外の誰かのためでなくてはならない——加賀乙彦『海霧』 - 思索の森と空の群青

    祈りは、自分以外の誰かのためでなくてはならない——加賀...

     加賀乙彦『海霧』新潮社(新潮文庫)、1992年。68(1066) 版元サイトなし|単行本は1990年に潮出版社 心理療法士の牧子が北海道に渡り、開放的な精神病院に勤め、堂福院長の考え方に触れ、漁師の青年・洋々に恋をするものの……という物語。 個人、共同体、社会。島国根性=全体主義?18) 「百人も二百人もの患者を一箇所に集める病院というのは、患者の集団管理を容易にするために発想された施設だ...

  2. 日時が経つにしたがって、自分というものと犯罪とが切り離されて感じられてくるんだよ。判決を下したら、すぐさま刑の執行をすべきなんだよ——加賀乙彦『死刑囚の記録』 - 思索の森と空の群青

    日時が経つにしたがって、自分というものと犯罪とが切り離...

     加賀乙彦『死刑囚の記録』中央公論社(中公新書)、1980年。66(1064) https://www.chuko.co.jp/shinsho/1980/01/100565.html 著者は、東京拘置所の精神科医務官として勤務し、死刑囚と面接してきた経験があります。本書は、小説『宣告』は事実に即しすぎた、との評価への応答である——と「あとがき」にあります。『フランドルの冬』の内容とも接すると...

1 - 2 / 総件数:2 件

似ているタグ