加飾のタグまとめ

加飾」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには加飾に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「加飾」タグの記事(44)

  1. ■陶芸(楽陶会): イマドキ風の小鉢に加飾 - 陶芸ブログ・さるのやきもの

    ■陶芸(楽陶会): イマドキ風の小鉢に加飾

    今日は、陶芸サークル・楽陶会の活動日。前回成形したイマドキ風小鉢に加飾をしました。まず、スポンジで白化粧土をペタペタ。表面のデコボコはいい感じなんだけど、何かが足りない感じ。なので、竹串で線を引きました。そしたら、せっかくのイマドキ風が、「ちょっと前の」イマドキ風っつうか、ありがちな感じになっちゃいました…(^-^;もっと洗練されたモノ、つくりたいです。

  2. ■陶芸(作品): なんちゃって伊万里<豆皿披露宴その12(No.83-85) > - 陶芸ブログ・さるのやきもの

    ■陶芸(作品): なんちゃって伊万里<豆皿披露宴その1...

    さるワインを持って去る奇しくも、先日の「柄のある器ってどうですか?」で話題になった、「つくり手が入り込んじゃって、つい描き込んでしまったひとりよがりの器」の典型です(笑)しかも、裏面にまで。(^-^;ゞごめんなさい。さる以外の2枚は、もっとスゴイんです。(クリックすると少し大きな写真をご覧いただけます)全部、下絵の具で絵付けしました。黄色がちょっと浮いた色なのが残念。下絵の具の限界です。上絵...

  3. ■陶芸(ukky母作品):コーヒーカップを模索するうっきー母 - 陶芸ブログ・さるのやきもの

    ■陶芸(ukky母作品):コーヒーカップを模索するうっきー母

    うっきー母が最近つくったコーヒーカップで、モーニングコーヒー。うっきー母のつくるカップは、摩訶不思議!というイメージでしたが、どうしたことか。これはとても素敵なカップではありませんか!!右のカップと左のカップ、実は微妙に違います。どこが違う?カップの縁の色が違います。白化粧をどこまでするか。外側の釉薬をどこまで掛けるか。母なりに考えて、実験したのだそうです。コーヒーが入っていないときは、「ど...

  4. ■陶芸(作品): 海の幸豆皿<豆皿披露宴その7(No.50-53) > - 陶芸ブログ・さるのやきもの

    ■陶芸(作品): 海の幸豆皿<豆皿披露宴その7(No....

    ようやく折り返し地点を過ぎましたが、まだまだゴールが見えません。豆皿披露宴の第7回は、以前にも取り上げたルチール化粧を施した海の幸豆皿。透明感のある灰釉を掛けたはずなのに、化粧した部分がなんともいえぬ不思議色になりました。黄土化粧の失敗とともに、このルチール化粧も、その特性を把握する前にすっかりご無沙汰。そう考えると、まだまだやりたいこと、残ってます。********************...

  5. ■陶芸(作品): どんより色化粧豆皿<豆皿披露宴その6(No.40-49) > - 陶芸ブログ・さるのやきもの

    ■陶芸(作品): どんより色化粧豆皿<豆皿披露宴その6...

    豆皿披露の第6回は、色化粧の豆皿。想定していた仕上がりとは天と地の差で、本来ならボツにしたいところ。枚数カウントを稼ぐためと、仕上がりの記録のために、掲載します。この写真だけを見ると、「ちょっと汚い感じだけど、まあ、これもアリかな…(でも、サルが怖い~)」と思えないことも無いのですが、8月末につくったときと見比べると、「何でこんなことに!?」とガックリします。ちなみにこれが焼成する前の写真。...

  6. ■陶芸(作陶): 欲張り取り皿・その2 <削り・仕上げ> - 陶芸ブログ・さるのやきもの

    ■陶芸(作陶): 欲張り取り皿・その2 <削り・仕上げ>

    今日は陶芸教室の日。先週の取り皿の削りをしました。ロクロを挽いて形をつくるまではなんとかできても、そこから先の段階で台無しにしてしまうことが多い私。今回もこの皿を削った後、そのまま素焼きに出すか、この段階で何か加飾するか悩みました。粘土は赤土。どうする?結局、白化粧をしました。ペタペタ塗りたくっていたら、Kさんに「あら、うっきーさん。白化粧のあとには、ぜひ何か描いてね。」「え?」「だって、あ...

  7. ■陶芸(作品): いっちん豆皿<豆皿披露宴その4(No.27-32) > - 陶芸ブログ・さるのやきもの

    ■陶芸(作品): いっちん豆皿<豆皿披露宴その4(No...

    作陶がスタートしていないのでネタなし。おまけにパソ部屋が寒いので、すっかりサボリ癖が・・・(^-^;豆皿披露宴の4回目は、残暑の真っ盛り、9月につくった「いっちん」の豆皿5枚。釉薬の瑠璃色に浮かび上がる、たどたどしい「いっちん」が、かえってイイ感じに思えます。今までの豆皿の中では、いちばん食器らしい出来ばえのような・・・そもそも、「いっちん」て、何で「いっちん」なの?小坊主みたいなミョーな名...

  8. ■陶芸(作品): モカウエアの豆皿<豆皿披露宴その3(No.17-26) > - 陶芸ブログ・さるのやきもの

    ■陶芸(作品): モカウエアの豆皿<豆皿披露宴その3(...

    豆皿披露宴の3回目は、夏の真っ盛り、8月につくったモカウエアの10枚。呉須にはわら白釉、弁柄には飴釉(黄瀬戸だったかな?)を掛けました。うーん・・・呉須の方は思っていた通りになりました。弁柄の方は・・・飴釉があまり美しくないです。呉須と同じわら白釉にしたほうが良かったかも。そして、「過ぎたるは及ばざるがごとし」と反省したあの2枚は・・・あれ?こっちのほうがいいのでは?陶芸は、焼き上がるまで分...

  9. ■陶芸(作陶): 2006年は豆皿に終わる - 陶芸ブログ・さるのやきもの

    ■陶芸(作陶): 2006年は豆皿に終わる

    今日は、今年最後の陶芸教室の日。なんとなく気が乗らなくて滞っていた豆皿に絵付けをしました。私にしては珍しく、というか初めての染め付けです。呉須の濃さがよく分かりません。また失敗するかも。(^-^;そんなことを思いながら、絵柄のメモ代わりに透明釉を掛ける前に撮影。龍文です。nonacafeさんのように素敵な染め付けを目指して描いたつもりなのに、筆の軌跡はふにょふにょ。龍はよぼよぼ。トホホな今年...

  10. ■陶芸(作品):スペイン絵付けのペンダントヘッド到着~♪ - 陶芸ブログ・さるのやきもの

    ■陶芸(作品):スペイン絵付けのペンダントヘッド到着~♪

    先日、MAJOさんのワークショップでつくったペンダントヘッドが、早くも焼成されて届きました。とてもきれいな色。うれしいっ!(o^∇^o)ノ3匹のクモザルと青バンビ。・・・。・・・。・・・。青バンビはカワイイけど、クモザルペンダントってどうよ?(^-^;とにもかくにも、近日中にひもやパーツを入手してペンダントに仕立てるつもり。アクセサリーをつくったことがないので何が必要なのかも分かりませんが、...

  11. ■陶芸(失敗作品): M (mamezara) の悲劇  第1章 - 陶芸ブログ・さるのやきもの

    ■陶芸(失敗作品): M (mamezara) の悲劇...

    先日の悲劇が序章とするならば、悲劇はまだまだ続きます。このうすらボンヤリした皿は何者?焼き上がりを手にしたとき、作者(私)に「こんな皿、つくったっけ?」と思われたほどの、不憫な皿です。だって、つくったときはこう →だったんだもん。前回、中皿で淡いベージュ色になった黄土化粧に、さらに黄土を加えてかなり濃くしたはずでした。今回は還元焼成だったので、多少は黒くなるかなと思っていたのですが、思ってい...

  12. ■スペイン絵付けを楽しむ…楽しい〜!〜Feel Autumn's Art - 陶芸ブログ・さるのやきもの

    ■スペイン絵付けを楽しむ…楽しい〜!〜Feel Aut...

    パソコンのCtrlキーの故障以来、スキャナ、デジカメと、デジタル系が軒並み不調の今日この頃。今日も、挙動不審のipod-shuffleを修理しに、銀座のアップルストアへ。もしかして、私、変な電磁波を発しているのかしら??そして、同じく銀座でMAJOさんが参加している「Feel Autumn's Art」に立ち寄ってきました。動物絵付けが楽しいMAJOさんの世界!上の写真の金彩鉄絵皿...

  13. ■陶芸(作品): 豆皿に施したルチール化粧が… - 陶芸ブログ・さるのやきもの

    ■陶芸(作品): 豆皿に施したルチール化粧が…

    先日、陶芸教室で還元焼成した豆皿が、月曜日には焼き上がっていたのですが…化粧が難しい!明らかに失敗作もありました。だから、実はまた凹んでました。でも、こうなったら長期戦で挑むことにします。テストピースをつくっているのだと割り切ることにしました。なので、そのテストの結果を少しずつ、失敗も含めて記録として残していこうと思います。まずは、初めて試してみた「ルチール化粧」。ukky母の行っている教室...

  14. ■陶芸(失敗作品): M (mamezara) の悲劇 - 陶芸ブログ・さるのやきもの

    ■陶芸(失敗作品): M (mamezara) の悲劇

    昨日、楽陶会の窯出しで焼き上がってきた豆皿38枚と、陶芸教室で焼成されていた豆皿10枚。計48枚です。一気に48%の達成率!と思いきや、オマケしてかろうじて合格なのは左側の28枚。そう、右側の20枚は、「大失敗!」と「こんなのイヤだぁ~」のボツ豆皿なのです。そして、これも昨日の凹みの原因だったのでした。今回の「大失敗!」は、鉄さび化粧土の上に黄土化粧を重ね塗りして、透明釉をかけたもの。なぜか...

  15. ■陶芸(ukky母作品):渋~い飯碗 - 陶芸ブログ・さるのやきもの

    ■陶芸(ukky母作品):渋~い飯碗

    ukky母の作品。飯碗です。私はどうも、好きな器と自分の作風が一致しないのが悩みの種。実はこういう渋い器が大好きです。いつも母の作品は手がかかっています。この飯碗も、母から聴取したメモによると1.黒化粧土を薄くナマ掛け2.その上にチタン上石を塗って、刷毛で引っ掻く3.白くしたい部分に、さらにチタン上石を塗る4.色をつけたいところにルチール50黄土50の化粧土を塗る以上、ナマ段階での加飾で、こ...

  16. ■陶芸(作陶): 豆皿つくり~イッチン~ <装飾> - 陶芸ブログ・さるのやきもの

    ■陶芸(作陶): 豆皿つくり~イッチン~ <装飾>

    今日は陶芸教室の日。先週に引き続き、豆皿への加飾が続きます。ところが、豆皿を前にしても、アイデアは湧きません。思案したあげく、やったことのないイッチンに挑戦しました。イッチンに白化粧土を吸い上げ、いざ!花模様にしようと思ったのですが、これが難しい。思うとおりの線が引けません。抽象模様になりました。(^-^;イッチンで思い通りの線を描くには、かなり練習をして慣れる必要があります。結局、イッチン...

  17. ■陶芸(作陶): 豆皿つくり~色化粧~ <装飾> - 陶芸ブログ・さるのやきもの

    ■陶芸(作陶): 豆皿つくり~色化粧~ <装飾>

    今日は陶芸教室の日。先週に引き続き、素焼き前の加飾。今回は、色化粧土でお絵かきしました。上手下手はさておいて、お絵かき、とっても楽しいです。先週のモカウエアもワクワクしましたが、お絵かきの方が性に合ってるようです。今回使った色化粧土は、黄色と鉄色。黄色はこのまま黄土色に、鉄色はチョコレート色に発色するはず。出来上がりが楽しみです。

  18. ■陶芸(作品):中国黄土化粧の皿 - 陶芸ブログ・さるのやきもの

    ■陶芸(作品):中国黄土化粧の皿

    陶芸教室で黄土化粧を施したお皿です。素焼きの時は、けっこう色が出ていたのですが、黄土が少なかったようで、本焼きをしたら思っていたよりも淡い色になりました。この焼き上がりをはじめて見たときは、色の淡さにガッカリ。でも、家に持ち帰って見て、濃すぎるよりはいいかな~と思い直しています。次回はもう少し、黄土を加えよう。というか、ちゃんと計量しないといけないですよね、やっぱり。************...

  19. ■陶芸(作陶): 豆皿つくり~モカウエア~ <装飾> - 陶芸ブログ・さるのやきもの

    ■陶芸(作陶): 豆皿つくり~モカウエア~ <装飾>

    今日は2週間ぶりの陶芸教室の日。前回の予告通り、素焼き前の装飾法の一つ“モカウエア”に初挑戦。(ちなみに、教室初の試みだったようです)まず、用意するのはタバコ。ただし、最近は喫煙者が少なく、吸っている人でも軽いタバコを愛用している方ばかり。結局マールボロは入手できず、オットに頼んで義兄からフィリップモリス・スーパーライトを2本もらってきてもらいました。追記:タバコ銘柄ごとのニコチン&タール量...

  20. ■陶芸(デザイン):マルだらけ・・・豆皿の絵柄を考えてます - 陶芸ブログ・さるのやきもの

    ■陶芸(デザイン):マルだらけ・・・豆皿の絵柄を考えてます

    100円ショップで買ってきたマス目の紙に、コンパスで丸をたっくさん書いて、豆皿用のデザインを考えてます。…そう、考えてはいるのですが、なかなか思いつきません。オットにも書いてもらいました。(右の紙)うっきー母にも書いてもらいました。(下の紙)それなりに楽しい作業ではありますが、100も考えられませ~ん!下手に絵柄を考えるよりも、刷毛目や釉薬で楽しむってのもいいよね・・・な~んて、つい逃避がちです。

総件数:44 件

似ているタグ