動物愛護運動のタグまとめ

動物愛護運動」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには動物愛護運動に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「動物愛護運動」タグの記事(128)

  1. 中の人と外の人 - 動物のお医者さん日記

    中の人と外の人

    獣医師になりたかったけれど、動物実験が嫌で文系の学部に進んで就職したが、将来の目的が持てず、やはり動物と関わる仕事がしたくて、畜産関係の仕事を手伝っている方からメールをいただきました。動物実験が嫌という青臭い考えから夢を捨てたことを後悔している、外からあれこれ言ってもただの変な人で、中から強い意思で変えていかないといけない、自分には動物に関する知識がない…とここまでで文字化けして後は読めませ...

  2. 動物に感情を証明しろということは、人間のそれを証明しろというのと同じくらい馬鹿げたことである - 動物のお医者さん日記

    動物に感情を証明しろということは、人間のそれを証明しろ...

    昨夜、NHKスペシャル選として大海原の決闘!クジラ対シャチが再放送されていた。クジラの試練をただ自然の残酷さ・厳しさと捉えるのではなく、敵側からも捉えた客観的な表し方をしており、壮大なドラマを見た思いだった。素晴らしい。その中で、親を失い、今まさにシャチの群れの餌食にならんとしていたコククジラの仔を、種類の違うザトウクジラの群れが、少し離れたところから感知し、現場へ向かい、猛然とシャチの群れ...

  3. 今回の衆議院選挙についての雑感 - 動物のお医者さん日記

    今回の衆議院選挙についての雑感

    個人的には大選挙の一つが終わったと思っている。これだけ新党が土壇場で乱立し、くっついたり、離れたり。しかも、政権交代が予想される状況だったから、これは皆一票を投じに投票場へ駆けつけるに違いないと思ったら、投票率は「なんだこれは」と思うような数値だった。日本人として、恥ずかしい。初めて選挙権というものを手にした時代の先人たちが今回の投票率を聞けたとしたら、どう感じただろうか。その点でいえば、動...

  4. 活動に利用されたくなくて - 動物のお医者さん日記

    活動に利用されたくなくて

    東日本大震災後のあらゆるジャンルの動物愛護運動家による非常識な「狂騒」に嫌気がさし、しばらくブログを触る気にもならなかったけれど、またゆっくり、つらつらと書いていくことにしました。動物愛護運動、特にアニマルライツ運動に利用されることはご免こうむりたいし、その対極の側にある人たちの現状にも全く賛成しかねる。それでもいずれも意見にも一理あることは当然あるわけで、そんな中で自分の経験から思うことを...

  5. 「ザ・コーヴ」鑑賞 - 動物のお医者さん日記

    「ザ・コーヴ」鑑賞

    ザ・コーヴ [DVD]ポニーキャニオン日本のイルカ猟を批判したドキュメンタリー映画がアカデミー賞のドキュメンタリー部門で最優秀賞を獲得したという話題から始まり、同映画が国内で上映されることが決定すると上映予定の映画館に街宣車が「反日映画を上映するな」と妨害活動を始めたということで、どんなもんかと思って構えながら見たが、これのどこが反日映画?製作者が外国人というだけで、日本人全体を敵視した内...

  6. 「20 km圏内」のドタバタ - 動物のお医者さん日記

    「20 km圏内」のドタバタ

    動物を守りたい人にもいろいろある。愛玩動物を守りたい人、野生動物を守りたい人、畜産動物を守りたい人、そして実験動物を守りたい人。福島第一原発の半径20 km圏内に取り残された動物たち(この場合、愛玩動物および畜産動物)を助けようと、それまで実験動物のアニマルライツに傾倒していた人たちまでも一斉にネット上に集まって、行政に多くの声を電話を呼びかけ、現場の状況も考えず、結果的にその機能をマヒさせ...

  7. Twitter上で行政へ「声」を届けることを求める動きについて - 動物のお医者さん日記

    Twitter上で行政へ「声」を届けることを求める動き...

    3.11の震災後、特に福島第一原発の半径20 km圏内の警戒区域への切り替えが決まった直後から、動物愛護運動活動家によってTwitter上で国・地方の行政機関などへ「声を届けてください」の呼びかけが盛んになり、あっという間に広まっていった。その結果、環境省などにはメール3,000通が送信され、ファックスは山積み、そして電話は鳴りっぱなしになった。通常、国、地方問わず、行政機関の担当者は数人。...

  8. 合成洗剤なら動物データを利用しているはずで… - 動物のお医者さん日記

    合成洗剤なら動物データを利用しているはずで…

    同時期にニッサン石鹸へ動物実験の問い合わせをされた方がいらっしゃいます。こちらによれば、ファーファブランドはユニリーバとライセンス契約を結んで、継続的にユニリーバへ契約料を支払っているという回答がニッサン石鹸から返ってきたということでした。ネットで検索すると、もともとファーファブランドはユニリーバが発売したもので、それをニッサン石鹸が譲受したようです。ユニリーバが動物実験をしていないという話...

  9. 「動物愛護管理法」の改正を求める署名 - 動物のお医者さん日記

    「動物愛護管理法」の改正を求める署名

    NPO法人アニマルレフュージ関西のニュースレターに「動物愛護管理法」の改正を求める署名が同封されていました。自分が信頼している動物保護団体からの要請ですので、ここに直接ご紹介します。実施団体:THEペット法塾URL: http://www.the-petlaw.com/ここから署名用紙のダウンロードおよび郵送申し込みができます。上記サイトをよくお読みになったうえでご賛同いただける方はご協力い...

  10. ブログ「広島ドッグぱーくのボランティアの真実」 - 動物のお医者さん日記

    ブログ「広島ドッグぱーくのボランティアの真実」

    2006年に広島ドッグパークの崩壊に伴い、その動物保護団体の問題点について、内部告発やら噂やらが飛び交ったのですが、実際にボランティアに参加していた人が、「今だから語れること」をブログにつづり始めました。ご興味ある方は、ぜひお読みください。広島ドッグぱーくの真実知られざる広島ドッグぱーくのボランティアの真実。嘘か真か、はてさてその真相は・・・・・※ 管理人は仕事、育児および家事にと綱渡り生活...

  11. 動物実験代替法を人体実験代替法と言い換えることについて - 動物のお医者さん日記

    動物実験代替法を人体実験代替法と言い換えることについて

    最近、動物実験代替法を人体実験の代替法と言い換える傾向が散見されます。最初、この人体実験代替法という言葉の代替を見たとき、ピンときませんでした。それどころか、普通の人だったら、この言葉を見たときに「大丈夫かな」という感想を持つんじゃないかと思います。そもそも動物実験は必要ないという考え方に由来するのだと思いますが、今回はこの「人体実験代替法」という言い換えに対して少々批判を加えたいと思います...

  12. 元学生から内部告発された北里大学の動物実験について - 動物のお医者さん日記

    元学生から内部告発された北里大学の動物実験について

    Twitterなどで「無条件」に拡散されているのですが、ちょっと違和感を覚えることもあるので書きたいと思います。<内部告発>北里大学での残虐実験!!猫の頭を開き、電極を刺す!!ネズミを画鋲で張り付け!!現在、どこかの病院で臨床検査技師をしている元北里大学生からの告発だそうですから、臨床検査技師を養成する課程の実験動物学および生理学実習で行われた実験だろうと思います。私は臨床検査技師の必須課程...

  13. ヒヨコと動物実験と民意 - 動物のお医者さん日記

    ヒヨコと動物実験と民意

    文面からして10代か20代の若い人だと思いますが、次のようなメールをいただきました。「こんにちは。はじめまして。動物実験の実態を知り、動物たちがかわいそうで、新聞で知った、○○さんの活動を調べていくうちに、「△△」というブログで、こんな記事を知りました。(特定のURL)『東京の国際畜産見本市や各地の農場を見学する。一片の土も太陽もない工場に押し込められた、例えばヒヨコたち。過密状態だと気がた...

  14. 第22回日本動物実験代替法学会学術大会に行ってきた - 動物のお医者さん日記

    第22回日本動物実験代替法学会学術大会に行ってきた

    第22回日本動物実験代替法学会について、長い文章を書いたのに、Internet Explorerの不具合のお陰で、消えてしまった。あの長い文章をもう一度書く気力もないので、まとめだけ。・開催地が大阪であったせいか、市民シンポジウムの一般参加者が少なかった。・動物愛護団体の参加も少なかった。・獣医系大学の学生もいなかった。・獣医師の参加もほとんどなかった。・昨年、ある動物愛護団体を怒らせたと聞...

  15. イヌ・ネコの譲渡を行なっているボランティア団体について - 動物のお医者さん日記

    イヌ・ネコの譲渡を行なっているボランティア団体について

    6月11日付の記事に対してメールをいただいた。因みに通常、余裕もないのでメールへの個別の返信はできないし、今後もできません。fussyvet 様 こんばんは昨年12月に殺処分の方法について質問させていただいた○○です。久しぶりにブログを拝読させていただきました。 6月11日付けの記事について少し意見を述べさせてください。 「何のための運動なのか、本質を欠いた運動に明日が来るわけはない。が、し...

  16. 食用に回していれば、話は別 - 動物のお医者さん日記

    食用に回していれば、話は別

    昨日の記事の中で、食用に供する目的でなければ「と畜場法」に該当しないと記したけれど、どうも嫌な想像が頭から離れない。獣医系大学の病理学または解剖実習では、起立しているウシの前肢の後ろと後肢の前にロープを回して、前後からそのロープを学生が引っ張ってウシを仰臥させる。その際、廃用になったとは言え、元気はウシは当然大暴れするわけで、セラクタール(R)など麻酔薬や鎮静薬が予め投与されるのだけど、酪農...

  17. 酪農学園大学が刑事告発された件 - 動物のお医者さん日記

    酪農学園大学が刑事告発された件

    JAVA「動物実験の廃止を求める会」が酪農学園大学の学長を相手取り、通称動物愛護法違反容疑で札幌地検に刑事告発したそうです。以下、同サイトから引用引用ココから*****酪農学園大学獣医学科では、牛の病理解剖や剖検、解剖実習、殺処分において、鎮静剤(キシラジン)もしくは筋弛緩剤(サクシニルコリン)の接種のみしか行っていない状態、つまり、牛を意識や感覚が明瞭である状態で、学生達が力づくで牛を横倒...

  18. 昨日の記事に追加 - 動物のお医者さん日記

    昨日の記事に追加

    下記URLにて判決文全文が読めます。興味がある方は是非、お時間あるときに読んでみてください。http://arkbark.net/pdf/arkangelscase.pdf特に16ページ以降に書かれている事実関係。無理やり役員になることを迫ったり、里親候補者やその他に威圧的に振るまったり、関係に亀裂が入った途端、それまでの費用を全額請求したり…。どこかの威圧的左翼団体の糾弾会主催団体の人が頭...

  19. 動物愛護運動を推進したいなら、問題のある団体を淘汰せよ - 動物のお医者さん日記

    動物愛護運動を推進したいなら、問題のある団体を淘汰せよ

    動物の福祉でも動物の権利でも、どちらでも構わないが、動物愛護運動と呼ばれるものを推進し、さまざまな動物が生存するための環境にまつわる問題を排除したいのであれば、動物愛護団体間における誹謗・中傷合戦など愚の骨頂だと思う。何のための運動なのか、本質を欠いた運動に明日が来るわけはない。が、しかし、どんな運動においても、悪質な団体の存在は運動の促進を妨げるだけではなく、運動自体を疑問視され、さらには...

  20. 個人的な関心事の変化と現在の状況に関する一考察 - 動物のお医者さん日記

    個人的な関心事の変化と現在の状況に関する一考察

    若いころ、そしてつい最近まで私は日本が嫌いで、アメリカとか欧州に憧れ、どこかに移住したいと思っていました。しかし、今は現在住んでいるこの場所でよい、私はこの国で幸せに生きられると感じています。外国に住んでみたい気持ちはありますが、それは今までのような憧憬ではなくて、単純な好奇心の一つに過ぎません。私に動物を取り巻く問題に関する記事を期待してくださっている方々がいらしたなら本当に申し訳ありませ...

総件数:128 件

似ているタグ