動脈硬化のタグまとめ

動脈硬化」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには動脈硬化に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「動脈硬化」タグの記事(16)

  1. 関節リウマチ患者さんは動脈硬化が進行しやすい - 東京リウマチクリニック お知らせブログ

    関節リウマチ患者さんは動脈硬化が進行しやすい

    新着ページのご案内関節リウマチ患者さんは動脈硬化が進行しやすいと知っていますか?関節リウマチは関節だけの病気ではなく・・・。東京リウマチクリニック関節リウマチ専門〒158-0085東京都大田区北千束1-21-15 TEL:03-6421-2567

  2. 新年のご挨拶と近況報告 - 今日だけを生きて

    新年のご挨拶と近況報告

    あけましておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願い致します。 こんなマイナーなブログをこっそり覗きに来てくださってる方に、一言新年のご挨拶をと思い、今回はこんな書き出しで始めてみた。ついに2020年に突入した。今のところ、家族も私もワンコも猫達も概ね元気である。大晦日の午後からいきなり寒波に襲われ、若干自律神経が微妙ではあるが(いつも誰かが頭が痛かったり、少し気分が優れなかったり…)...

  3. 動脈瘤②ー丈夫な血管をつくる栄養素ー - 総合体力研究所のスタッフブログ

    動脈瘤②ー丈夫な血管をつくる栄養素ー

    こんにちは。スタッフの岡田です(^O^)↓前回の記事を読む↓動脈瘤の原因は、高血圧、動脈硬化、ストレス、喫煙、などと言われています。では、血圧を下げれば解決?コレステロールが悪い?そんな声が聞こえてきますが、本当は違うんです!間違い①×高血圧は血管に悪い高血圧は悪くありません。悪いのは正しい血圧に耐えることが出来ないもろく弱い血管です。丈夫な血管を作る材料が足りないことが原因です。(栄養不足...

  4. 動脈瘤ーお医者さんに聞いてみたー - 総合体力研究所のスタッフブログ

    動脈瘤ーお医者さんに聞いてみたー

    こんにちは!スタッフの岡田です(^O^)私の家族は、脳動脈瘤、解離性腹部大動脈瘤、椎骨動脈瘤を経験しており、何度も病院で一緒に話を聞きました。とても身近に感じる病気のひとつです。お医者さんに「遺伝するからあなたも毎年検診を受けたほうがいい」とおすすめされました今日は簡単に動脈瘤についてお話しします。動脈瘤ってどんな病気?血管の壁が弱く薄くなって、こぶのように膨らんでしまう病気です。風船のよう...

  5. 高血圧に最もキケンな食材!動脈硬化(カチコチ血管)を予防する3ポイント - 日本を愛する防人のつぶやき

    高血圧に最もキケンな食材!動脈硬化(カチコチ血管)を予...

    高血圧に最もキケンな食材!動脈硬化(カチコチ血管)を予防する3ポイント

  6. 公開講座 - Zen おりおりの記

    公開講座

    近くの総合病院で年に数回公開講座が開かれます。友達と誘い合わせて参加しました。今回は「よくわかる心不全のはなし」講師の方々日本人の死亡原因の第2位を占める心臓病、その中で良く耳にする心不全とはどんな病気なのか知らない人が多いといいます。心不全の早期発見は難しく良くなったり悪くなったりしながら進行して息切れやむくみが起こりだんだん悪くなり生命を縮める病気です。心不全の原因は高血圧や糖尿病、肥満...

  7. 何からコレステロールは作られているの? - 総合体力研究所のスタッフブログ

    何からコレステロールは作られているの?

    こんにちは。スタッフの餅です。↓前回の記事を読む↓コレステロールの材料は、ブドウ糖や果糖が変化したもの(アセチルCoA)から、肝臓で必要量を合成しています。脂肪・タンパク質もアセチルCoAになりますので、余ればコレステロールの材料になります。脳のガソリンのブドウ糖からコレステロールが!ブドウ糖はしっかりとらなきゃ。果糖(果物)は中性脂肪だけではなく、コレステロールの材料に!デザートも少しはと...

  8. 動脈硬化② - 総合体力研究所のスタッフブログ

    動脈硬化②

    こんにちは!スタッフの大森です。↓前回の記事を読む↓前回に引き続き、動脈硬化についてお伝えします!コレステロールが悪者になぜされているのでしょうか?動脈はどのように硬化していくかというと、まず動脈硬化は動脈の組織上の変形のことを言い、病名ではないそうです。そして、動脈硬化になってしまうまで次の2つが出発点となります。1.動脈の栄養失調による壊れた細胞・組織の作り変えができない2.外的ストレッ...

  9. 動脈硬化① - 総合体力研究所のスタッフブログ

    動脈硬化①

    こんにちは!スタッフの大森です。今回僕がお伝えするのは、動脈硬化についてです!動脈硬化と言えば、動脈が硬くなり、血管が狭くなることで狭心症や心筋梗塞などの恐ろしい病気になる原因として知られています!一般的に、動脈硬化になる原因としては、よくコレステロールが悪者にされていますね!血中コレステロールが過剰になりすぎることにより、動脈の壁に入り込んでしまい、マクロファージが処理してくれますが多すぎ...

  10. 虚血性心疾患 - 公認心理師 試験勉強サイト 単語・キーワードの検索

    虚血性心疾患

    動脈硬化が主な原因で、心臓の血管の流れが悪くなったり、詰まったりして障害を起こす事態が生じている。動脈硬化は、遺伝的な要因も関与するが、生活習慣病と強い関連性があるので、生活を見直すことも重要。さらに、動脈硬化はストレスとの関連性も強く、残業が多く、睡眠時間が少ないと、脳関係の病気になることが知られている。また、心臓疾患に関係する代表的な病気には以下のようなものがある。心臓のメカニズム:心臓...

  11. 葉酸 - 健康美容サポート案内

    葉酸

    葉酸NHKガッテン動脈硬化&認知症からカラダを守れ!テレビで認知症にもと放送されて話題の葉酸とは葉酸とは水溶性のビタミンB群の1種で、タンパク質の生合成、アミノ酸やビタミン代謝の働きがあります。葉酸が不足すると造血機能にが異常がでて、貧血や神経障害、腸への影響などが起こります。また、妊娠初期の間に、母親が葉酸を摂取すると、胎児の神経障害リスクが低くなると言われており、1日400μgの葉酸の摂...

  12. 葉酸 - 健康美容サポート案内

    葉酸

    葉酸NHKガッテン動脈硬化&認知症からカラダを守れ!テレビで認知症にもと放送されて話題の葉酸とは葉酸とは水溶性のビタミンB群の1種で、タンパク質の生合成、アミノ酸やビタミン代謝の働きがあります。葉酸が不足すると造血機能にが異常がでて、貧血や神経障害、腸への影響などが起こります。また、妊娠初期の間に、母親が葉酸を摂取すると、胎児の神経障害リスクが低くなると言われており、1日400μgの葉酸の摂...

  13. タバコで閉塞性動脈硬化症、特に50以上の男性 - SEのための心理相談室

    タバコで閉塞性動脈硬化症、特に50以上の男性

    薬局にあったブックレットです。タイトルは「手足のしびれ、冷感にご用心四肢の動脈硬化の病気が中高年層で増えています」目を引いたのは2ページのタイトルです。『50歳以上、男性、喫煙家は特にご用心』そして、『患者のほとんどが喫煙家』安静時疼痛とか、皮膚の潰瘍とか、ぞっとしますね。

  14. 砂糖の有害性、業界団体が50年隠す? - 焼きそばと言えば……♪

    砂糖の有害性、業界団体が50年隠す?

    砂糖の有害性、業界団体が50年隠す? 米研究者が調査 http://a.msn.com/01/ja-jp/BBFtx7b?ocid=st砂糖の取りすぎの有害性について指摘しようとした研究を、米国の砂糖業界が50年前に打ち切り、結果を公表しなかった――。こんな経緯を明かした論文が21日付の米科学誌「プロス・バイオロジー」(電子版)に掲載された。業界が利益を守るために否定的な研究を隠すことで、長...

  15. 大麦若葉の青汁は便秘解消や動脈硬化予防の効果が期待できます - 大麦若葉の青汁インフォ

    大麦若葉の青汁は便秘解消や動脈硬化予防の効果が期待できます

    大麦若葉の青汁を飲んでいる人が非常に増えてきていますね。それは、飲みやすいという理由もあります。ですが、他にも大麦若葉の青汁の効果・効能を期待して飲んでいる人も多くいます。まずは、大麦若葉に含まれている食物繊維による「便秘の解消」の効果は良く知られていますね。この便秘解消することは、最終的には美肌効果にもつながっていきます。また、別の効能として「動脈硬化予防」の効果も期待されています。大麦若...

  16. 血管年齢 - 旅と数学  それとdiy

    血管年齢

    去年から 血圧が 急上昇している。120までだった 最高血圧が 、時と場合によって 160まで 跳ね上がってしまった。最近は 食べ物にも 少しは 気をつけ、自転車なんかにも 積極的に 乗るようにしている。食べ物と 運動が メインだね。今日 かかりつけの お医者に行き 血管年齢を 測ってもらった。手と足の 血圧を 測り 、そのデータで 血管の硬さを 算定する。血圧は 130ちょっと。血管年齢は...

総件数:16 件

似ているタグ