勝山健史のタグまとめ

勝山健史」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには勝山健史に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「勝山健史」タグの記事(20)

  1. 秋の個展 2018 開催中 - 真美弥の引き出し

    秋の個展 2018 開催中

    ”秋の個展”、今年はひと月早く開催させて頂いています。先日、京都から届いた名古屋帯。8月、アンスティチュ・フランセ京都で発表された勝山健史氏の帯を、真美弥好みに色を変えて織って頂きました。京都小阪の着物に、勝山健史氏の帯。とてもよくマッチします。勝山健史氏の帯。同じ柄でも色遣いが変わると、また違う帯。ぜひご覧になってください。おもしろいものです。特徴ある色・柄と締め心地よい地風。工芸帯地 洛...

  2. 勝山健史帯”アーティチョーク”<工芸帯地 洛風林の帯> - 真美弥の引き出し

    勝山健史帯”アーティチョーク”<工芸帯地 洛風林の帯>

    勝山健史氏の今年の新柄帯”アーティチョーク”を、真美弥らしい色で織って頂く様にお願いしていたのが、先日、織り上がってきました。今でこそ食用としてご存知の方が多いと思いますが、私達の小さい頃には名前すら聞いたこともなかった「アーティチョーク」。味だけでなく、コロコロと愛嬌があり、しかも気品のある姿です。勝山さんにはこれまで、”こんなに美しいものに出会えるなんて!”という思いを何度もさせて頂きま...

  3. 勝山健史 夏帯”イスラム華文”<工芸帯地洛風林の帯> - 真美弥の引き出し

    勝山健史 夏帯”イスラム華文”<工芸帯地洛風林の帯>

    ”真美弥の引き出し”をご覧くださいましてありがとうございます。弊店の着物や帯を皆様のお目にかけたく、このブログで紹介させて頂いています。この春、発表されたばかりの勝山健史氏の新作夏帯。写真ではきれいに色が出せませんでしたが、地色は淡い鶸色。帯芯を入れて仕立てた感じが出るように、裏に白い紙を当てて撮影しています。お太鼓の柄が真ん中でなく少し右に寄っているのが、なんとも表情豊かに思えます。全体で...

  4. 勝山健史着尺綺芙織 生(きふおり すずし)白茶 - 真美弥の引き出し

    勝山健史着尺綺芙織 生(きふおり すずし)白茶

    去年からお願いしていた勝山健史氏の新しい着尺が、工芸帯地 洛風林さんから届きました。綺芙織 生絹(きふおり すずし)。暖か味のある白茶で、とてもハリのある生地。初めて目にする織りの組織。二本だての平織りです。いつもの事ながらアップにすると、別の美しさが見えてきます。袷にもお単衣にもお召し頂けます。今回は、夏帯の”ヨーロッパ華文”を合わせてみました。この着尺は、届いて間もなく御縁を頂きましたが...

  5. ”秋の個展”開催中です - 真美弥の引き出し

    ”秋の個展”開催中です

    ”秋の個展” 開催中です。”宝の匣”作り手それぞれの想いを込めた宝ばこ、その蓋が開きました。士乎路紬の着尺や、結城紬の名古屋帯など、この会でのみ御覧頂くものも。勝山健史氏の織物の数々。勝山健史氏の柄を、真美弥の好みの色で織って頂きました。名古屋帯 ”スペイン裂”28日(土)勝山健史氏来店予定です。作り手の生の声を、ぜひお聞きになってください。工芸帯地 洛風林の袋帯。洛風林ならではの趣きの八寸...

  6. 勝山健史帯”透彫華籠②”<工芸帯地洛風林の帯> - 真美弥の引き出し

    勝山健史帯”透彫華籠②”<工芸帯地洛風林の帯>

    ”真美弥の引き出し”をご覧下さいまして、ありがとうございます。弊店の着物や帯を皆様のお目にかけたく、このブログで紹介させていただいています。6月に同じ柄の帯をご紹介させて頂きましたが、これはそのお色違い。もう少し若い方にもお締め頂けるよう、中の柄の色を変えて織って頂きました。色が変わっても箔の奥深い輝きは、特別な美しさ。箔が幾色にも輝いてみえるのは、正に勝山マジック。この帯は、10月24日か...

  7. 勝山健史帯 "モロッコタイル”<工芸帯地洛風林の帯> - 真美弥の引き出し

    勝山健史帯 "モロッコタイル”<工芸帯地洛風...

    先日、京都国際会館で催された”勝山健史織物展”で、静かに光を放っていた名古屋帯”モロッコタイル”。箔遣いがとても美しく、優しい輝きの帯です。勝山さんの帯は、いつもながら端正な仕事が為されていて、見ているだけで安らぎを感じます。光を受けて細やかに表情が変わるのも楽しみです。この”モロッコタイル”、以前に同柄でとても重厚感のある魅力的な帯がありましたが、色が変わると全く別の帯になるのは、勝山マジ...

  8. 小紋着尺 ”裂取縞おこし”<しょうざん新和装の着物> - 真美弥の引き出し

    小紋着尺 ”裂取縞おこし”<しょうざん新和装の着物>

    ”真美弥の引き出し”をご覧下さいまして、ありがとうございます。弊店の着物や帯を皆様のお目にかけたく、このブログで紹介させていただいています。大胆な裂取りの小紋の着物。無彩色でシンプル、遠目に美しく面白いおしゃれな一枚。場面が広く、筆で均一に塗ることが不可能なため、刷毛による引き染め職人の手作業になります。裂取りがとても斬新です。黒く見えているのは、緯糸(ぬきいと)。黒糸を使用して裂取の模様に...

  9. 勝山健史帯”フランスレース文”<工芸帯地洛風林の帯> - 真美弥の引き出し

    勝山健史帯”フランスレース文”<工芸帯地洛風林の帯>

    静けさと優しさに満ちていて、心が和む帯。洛風林さんでこの帯を見て、一目で頂くことにしました。特別な色遣いではないのですが、初めて出逢った新鮮味を感じます。左右対称の図案ですが、人の手が為す技。少しずつちがっていて、それがこの帯の味わいを高めているようにも思います。経(たて)に生引きの糸、緯(ぬき)には塩漬けの糸。糸作りから独自で手掛けられている、勝山健史氏の帯。その織り模様は細部に亘りとても...

  10. 勝山健史 織物展 "作為の外"in 京都ご案内 - 真美弥の引き出し

    勝山健史 織物展 "作為の外"in...

    勝山健史氏の織物展が、工芸帯地 洛風林さんの主催で開催されます。とき:9月8日(金) 12:00~17:00 9日(土) 11:00~17:00 10日(日) 11:00~17:00 11日(月) 11:00~16:00ところ:国立京都国際会館本館5階〔Room558,559〕絶えず進化を続ける勝山健史氏の織物。新しい糸遣い、新しい配色‥‥‥。今回はどんな着...

  11. 勝山健史帯 "スペイン裂③”<真美弥 色出し> - 真美弥の引き出し

    勝山健史帯 "スペイン裂③”<真美弥 色出し>

    まだまだ暑い日が続きますすが、8月もあと少し。もうすぐそこまで、秋がやってきています。お願いしていた勝山健史氏の名古屋帯が織り上がってきました。”スペイン裂”はこれまで色違いで二本、ご紹介させて頂きましたが、今回のは、真美弥で色を指定。どっしりと落ち着いた色に仕上げて頂きました。ご存知の柄ですが、色が違うと、また別の帯に変身。アップにすると、細かいところまで丁寧に織られているのが見えてきます...

  12. ”勝山健史織物展”終了しました。 - 真美弥の引き出し

    ”勝山健史織物展”終了しました。

    おかげ様で、”勝山健史織物展”、無事終了させて頂きました。お忙しい処お越し下さいました皆様、またブログ”真美弥の引き出し”を御覧頂いています皆様、どうもありがとうございました。8日(土)には、勝山健史氏と工芸帯地 洛風林の堀江愛子さまにお越し頂き、美しい帯が織り上がるまでの細やかな心配りなど貴重なお話を、お越し頂いている方々に直接お話し頂くことができました。またお客様から、勝山さんの帯でこん...

  13. 勝山健史織物展<葆光……包まれた宝の光> - 真美弥の引き出し

    勝山健史織物展<葆光……包まれた宝の光>

    勝山健史織物展を開催させていただきます。とき:7月5日(水)〜9日(日)10:00〜19:008日(土)のみ18:00までところ:弊店その美しさに惹かれ、少しずつ集めてきた勝山健史氏の着物と帯が、たくさんではありませんが揃って参りましたので、ぜひ皆様に御覧頂きたく、勝山健史織物展を開催させて頂くことになりました。モノトーンに近い物や、彩り鮮やかなもの。糸遣いや織り方もさまざま。そのどれもが、...

  14. 勝山健史帯 "スペイン裂②”<工芸帯地洛風林の帯> - 真美弥の引き出し

    勝山健史帯 "スペイン裂②”<工芸帯地洛風林の帯>

    お願いしていた勝山健史氏の帯が織り上がり、工芸帯地洛風林さんから先日届きました。明け方の空のような、澄みきった水色地の名古屋帯です。着物や帯を染めに出す時は、店主が地色や柄一つ一つの色を選んで色見本を付けて加工に廻しますが、勝山さんに帯をお願いする時は、こんな感じでとこちらの大ざっぱな想いをお伝えするだけ。すると、こちらが思っていた以上に思い通りの帯ができあがってくるのです。前に濃い地色の”...

  15. 勝山健史帯”透彫華籠”<工芸帯地洛風林の帯> - 真美弥の引き出し

    勝山健史帯”透彫華籠”<工芸帯地洛風林の帯>

    前回の”欧州刺繍文”と同じく、今年5月の勝山健史織物展(於:東京の代官山ヒルサイドテラス)で発表された、勝山健史氏の新作帯です。この光はどこから生まれてくるのだろうかと思うような、不思議な程に静かな光りを放っています。勝山氏の帯作りを支える箔屋さんの手になる、引き箔。一度その箔屋さんの工房にお邪魔し拝見させて頂きましたが、見事な手さばきで、箔を扱っておられました。3年ねかせた三俣和紙を使った...

  16. 勝山健史帯 "ロシア小花更紗②”<工芸帯地洛風林の帯> - 真美弥の引き出し

    勝山健史帯 "ロシア小花更紗②”<工芸帯地洛...

    勝山健史氏の新しい帯が届きました。先日、東京の代官山ヒルサイドテラスで勝山氏の個展が開催されましたが、この帯はその時に発表されたものです。”ロシア小花更紗”、以前同じ柄で透けるような水色の帯をご紹介させて頂きましたが、色遣いが変わりますと、全く別の帯に見えるのは本当に不思議です。代官山の個展で、勝山健史氏の帯を初めてご覧になった方が、「‥‥きれい!」っと、驚きの声を上げておられました。勝山氏...

  17. 勝山健史夏帯”幾何文”<工芸帯地洛風林の帯> - 真美弥の引き出し

    勝山健史夏帯”幾何文”<工芸帯地洛風林の帯>

    勝山健史氏の新作夏帯が届きました。”幾何文” ………。澄み切った水色の清潔感がとても魅力的です。濃淡三色のシンプルなデザイン。経糸・緯糸共に、塩漬けの生糸を使用。涼やかでハリのある地風です。夏帯では、あまり見られない、織り方です。様々なお色のお着物に合わせて頂け、暑い季節にも清涼感を感じる、気品のある帯です。sold out勝山健史氏の織物は、名古屋帯”スペイン裂②”明け方の空のような、澄み...

  18. ”春の個展”開催中 - 真美弥の引き出し

    ”春の個展”開催中

    夕べの雨があがり、さわやかな春の日となりました。きょうから、”春の個展” を開催させて頂いています。勝山健史氏の塩蔵繭を用いてその美しさを最大限に引き出したボカシ染め着物。前の写真の薄藤色の訪問着とこの訪問着の二枚は、”春の個展”に向けて染め上げた、”オーロラぼかし”………。真美弥オリジナルです。春・秋の個展でその進化を御覧頂いている、勝山健史氏の織物。さまざまな糸遣いの違いを感じていただけ...

  19. 勝山健史帯”フィレンツェ華文④”<工芸帯地洛風林の帯> - 真美弥の引き出し

    勝山健史帯”フィレンツェ華文④”<工芸帯地洛風林の帯>

    3月にご紹介させて頂いた”スペイン華文”がすぐに御縁を頂きましたので、洛風林さんに勝山健史氏の濃い地の帯をお願いしていましたら、この”フィレンツェ華文”を届けて下さいました。勝山健史氏の”フィレンツェ華文”は、これで4本目ですが、色遣いだけでなく、糸遣いや織り方も一本一本ちがうので、同じ柄でも、とても新鮮味が感じられます。色目を抑えた今回の帯、お着物との響き合いが楽しみです。やはりこの帯もア...

  20. 勝山健史帯 "スペイン裂”<工芸帯地洛風林の帯> - 真美弥の引き出し

    勝山健史帯 "スペイン裂”<工芸帯地洛風林の帯>

    勝山健史氏の濃い地の帯をお願いしていましたら、工芸帯地洛風林さんから先日、この帯が届きました。”スペイン裂”なんとも気品のある織り模様です。この写真では色合いがうまく出ていませんが、地色は文人茶。シックで落ち着きのある色目です。勝山氏の帯は絶えず進化を続け、この帯はこれまでの氏の帯と、地風がずいぶん違います。経糸、緯糸共に塩繭が用いられていて、とってもやさしい感触。模様部分の織り方は、様々に...

総件数:20 件

似ているタグ