化石のタグまとめ

化石」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには化石に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「化石」タグの記事(325)

  1. 〔茨城県独自の緊急事態宣言〕 - 茨城県化石工房

    〔茨城県独自の緊急事態宣言〕

    現在、11都道府県に 〔緊急事態宣言〕 が出されていますが、それ以外の地域でもコロナの感染は 歯止めが無く広がりつつある 状況です。 そんな中、本日 茨城県では国が判断する前に〔茨城県独自の緊急事態宣言〕が発令されてしまいました。自分も 『野外なら〔3密〕にはならないから・・・』 と言って 採集に出かけていましたが、この感染の広がりようを見ては 『流石に採集を控えなければならないかな...

  2. 21年化石いぢりから駒(3) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    21年化石いぢりから駒(3)

    昨日の記事中の上画像が、驚くような展開を見せてくれた。そう、このアンモナイト、異常巻きアンモナイトのアルアル産状の部分化石。この反対側はノジュールの外に延びていて、スレて消失。10年ほど前に採集していたはずなのだが、パーツなのでデータも記録していなかった。共産化石も残っていない。石の感じから、思い込みの道北サントニアン。突起があることから、ハイファントとこれまた思い込み。4列ないことに違和感...

  3. 21年化石いぢり(3) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    21年化石いぢり(3)

    フルタイム勤務を始めてから3ヶ月半。仕事は楽しいのだが、帰宅してから化石をいぢることが、だんだんやれなくなってきた。これまでのように、働きながら生活を維持するのが大変になってきているからだ。朝食を作る、それをSNSに投稿する、ブログも書く…。てきぱきとできなくなってきているのなら、何かを切り捨てて行く必要があるのだろうが、なかなか踏み切れない。身ばれを避けたいので、切り分けてきたが、そろそろ...

  4. 汚部屋 - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    汚部屋

    三連休をはさんで、関西では珍しく雪景色が見られた。1月8日(金)、昼下がりから雪がちらつきはじめ、15時前には、激しく降り始めた。「これはヤバイ」急遽、時間年休を取って帰宅することにした。峠道は、白くなり始め、20~30分もするとノーマルタイヤでは走行不能になりそうだったが、無事、帰宅。そして、今朝12日(火)。天気予報の通り、南岸低気圧による小雨が雪に変わりつつあった。さすがに峠越えは無理...

  5. 刺激(3)…「異常巻きアンモナイト3D化石図鑑」 - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    刺激(3)…「異常巻きアンモナイト3D化石図鑑」

    刺激的なwebsiteを発見した。その名も「異常巻きアンモナイト3D化石図鑑」。Nipponites mirabilis記載の日(化石の日)にちなんで、2020年10月15日、複数個体のニッポニテス・ミラビリスなどの異常巻きアンモナイトの3Dモデルとデータを公開するサイトが開設されていた。「CTデータや標本写真, 解説文の著作権は, 日本古生物学会に帰属します」と宣言されているように、確かな...

  6. 新属・新種Sormaites tesioensisを語る - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    新属・新種Sormaites tesioensisを語る

    2021年がスタートしてから、すぐのビッグニュース。新属新種の異常巻きアンモナイトSormaites tesioensis記載。6年前、発見当時のParatype標本(第1標本)の衝撃は、今も覚えている。科博の重田康成博士との共著論文発表までの過程には、さまざまなご苦労があったことだろう。ずいぶん以前から、交流のあった村宮悠介さんが、研究者の道(深田地質研究所研究員)を歩み始めたことは耳にし...

  7. 2021年・初たたきTヘ(* - -)ノl - 茨城県化石工房

    2021年・初たたきTヘ(* - -)ノl

    年明け早々、〔yfbさん〕・〔Mさん〕と3人で千葉県内で化石採集。-=≡ヘ(* - -)ノ化石産地を 4ケ所 まわり、 丸一日どっぷりと採集に浸たってきました~。ヽ(^◇^*)/一カ所目の産地テングニシ (更新世)車から降ろす際に車のトランクから袋ごと落としてしまい。思わず悲鳴。ヽ(゜ロ゜)ギャー!貝の重みでいくつもの貝化石が割れてしまいました。テングニシも開口部がガタガタです。二カ所目...

  8. 刺激(1) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    刺激(1)

    マスコミでとりあげられている新属・新種のアンモナイト。今日、その記載論文が掲載された日本古生物学会のPaleontological Reseach誌が届いた。大型化石の論文が少ない“号”が続いてきたが、今号は、私の興味ある論文掲載が、巻頭から3編。それも、個人的に面識・交流のある方によるものだ。問題は、私の英語力だ。

  9. 21年の化石年賀状 - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    21年の化石年賀状

    新年の楽しみは、化石や自然の画像が入った年賀状。この数年、年賀状を“自粛”(笑)される方が、増えてきて、全体のやりとり枚数が減ってきた。代わりにweb年賀状やSNS上の年賀挨拶も多くなり、時代を感じてきた。それでも、今年は、これだけいただいた(1月6日までに到着分)。かつては、この画像に煩悩を膨らませ、フィールドへのエネルギーをいただいたのだが、この数年、「うわぁ~、すごいなぁ~」と感嘆して...

  10. 21年化石いぢり(2) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    21年化石いぢり(2)

    まほろばさんからいただいたアンモナイト。ご謙遜されていたが、そのまま、または小割りして、ラベルをつけてサンプル袋に入れるだけのものも多く、とてもありがたかった。中には、「おっ!」と思う石もいくつか入っていた。今日、記事にしたものも、そのひとつ。産地は、道北H町の奥の奥のサントニアン。白殻のハウエリなどで有名なところだ。風化して黄土色になって、2つに割れていたが、欠損部品もなく、何とかなりそう...

  11. 21年化石いぢり(1) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    21年化石いぢり(1)

    ぐだぐだ生活をしてきた年末年始。まほろばさんからいただいた石からも、ぼちぼち剖出してきた。とりあえず10個余りのアンモナイトをサンプル袋に入れて子ども用化石に加えた。残るは、2年前に算数少人数担当として勤務した2クラスの子ども用だけ。統廃合された学校のひとつは、新任として勤務した関わりの深い振り出しの学校だ。ぼちぼち準備していくことにしている。

  12. 謹賀新年2021年元旦 - 茨城県化石工房

    謹賀新年2021年元旦

    あけましておめでとうございます輝かしい新年を迎え 皆様の ご健康と ご多幸をお祈り申し上げます。令和3年元旦また、不定期更新ではありますが、本年も当ブログを よろしくお願いいたします。m(_ _)/浪士710

  13. 化石いぢり(15) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    化石いぢり(15)

    アッシーのアナゴーゴリセラス・リマタムのクリーニング経過報告。前回の記事で紹介した時点では、かなり母岩がついていた。グラインダーを使って、チマチマと石に切れ込みを入れて、サイズダウンを繰り返していって、下画像の状態に。いよいよヘソ出しだ。

  14. 1年越しの図録 - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    1年越しの図録

    昨年開催された『恐竜博2019』。目玉だったカムイサウルス ジャポニクス(むかわ竜)とテイノケイルスだけでなく、恐竜研究のエポックとなる化石についての展示と解説が素晴らしかった。数々、開催された中でも、私は一番の『恐竜博』だと思っている。その図録。私が訪れた日、国立科博の販売コーナーに長蛇の列ができていて、並ぶのが苦手な私はパスした。だが、購入しなかったことを後悔。それを拙ブログなどで表明し...

  15. 化石いぢり(14) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    化石いぢり(14)

    クリーニングを始めたアッシーのアナゴーゴリセラス・リマタム。昨日の画像は、螺巻がぐるりと一周あることをお分かりいただけるよう、右側面と左側面を並べて撮影したものだ。本日記事記事の画像はは、その後、きちんと合わせて接着したもの。1枚目が左側面観、2枚目が右側面観。どちらも住房部が見えていて、気房部を覆っている母岩も少ない。さて、どちら側からクリーニングしようかと、少し考えた。このエリアの石は、...

  16. 化石いぢり(13) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    化石いぢり(13)

    5月末、アッシーのコニアシアンから持ち帰った“アナゴー玉”。H幌やY張の一部地域では、最終隔壁あたりから住房部がずれていることが多く、『アナゴ地獄』などと呼んでいた。しかし、地域によっては、比較的まともに保存されていることも多い。今日、ノジュールを割った産地は、保存が比較的マシなのだが、いろんな方向にアナゴーが入っていて、悔しい思いをさせられることが多い。今日のノジュールも、保存が比較的マシ...

  17. 〔埼玉県産の化石のセット〕を購入 - 茨城県化石工房

    〔埼玉県産の化石のセット〕を購入

    ヤフオクで〔埼玉県産の化石のセット〕が売りに出ていたので購入。ヽ(^-^)ゝ落札額より送料の方が高いといった具合で、とても良い買い物でした。ヽ(^◇^*)/サメの歯4種 ラベルが付いていませんでしたが おそらく〔葛袋産〕でしょうね~。ヽ(゚ー゚)。o○鯨類(イルカ)の歯上と同じく〔葛袋産〕かと思います。 小さくて発見し辛い化石なので 入手できてラッキーでした。硬骨魚類 の 鱗カニ化石も...

  18. 北茨城市歴史民俗資料館野口雨情記念館 - 茨城県化石工房

    北茨城市歴史民俗資料館野口雨情記念館

    昨日、〔北茨城市歴史民俗資料館野口雨情記念館〕へ行ってきました。-=≡ヘ(* - -)ノ〔北茨城市歴史民俗資料館野口雨情記念館〕(茨城県 北茨城市 磯原町 磯原 130-1) 資料館正面のシャボン玉を吹く子供の像を通り過ぎるとシャボン玉が出て 童謡『シャボン玉』が流れてきます。館に訪れた際はここから立ち寄ってみてください。ヽ(o^-')b展示室は大きく分けて二つ。◆第一展示室は〔野...

  19. 琥珀って覚えてます? - ダイヤモンドは裏切らない

    琥珀って覚えてます?

    おはようございます。ポケットの中にはいつでもダイヤモンドを✨ジュエリー相談室、ジェム・コンシェルジュ Micci です。大騒ぎした東京ミネラルショーに、かなりのヒスイ・コーナーがありました。日本といえば真珠が有名ですが、翡翠、琥珀も産出されているのですよ。そういえばこのところ、日本の小売店で琥珀って見かけなくなりました。え?琥珀を知らない???昭和の子供たちは、おかあさんの宝石箱にひとつくら...

  20. 「モササウルス化石調査に参加しよう!!」のお手伝い(6) - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    「モササウルス化石調査に参加しよう!!」のお手伝い(6)

    和歌山県立自然博物館行事「モササウルス化石調査に参加しよう!!」で参加者提示のために持って来ておられたPachydiscus sp.。モサと共産した貴重な化石だ。以前の展示でも見ていたのだが、今回はケース越しでない『生展示』。実者を見ると、かなり分離の悪い状態で。かなり苦闘してクリーニングされた標本であることが伝わってくる。分離の悪い化石を何とかしようとする熱意が伝わってくる。

総件数:325 件

似ているタグ