化野念仏寺のタグまとめ

化野念仏寺」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには化野念仏寺に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「化野念仏寺」タグの記事(9)

  1. 鳥居本 - Taro's Photo

    鳥居本

    紅葉の名所というと京都の場合、たいていお寺や神社ということになります。信州や日光などと比べるとだいぶんスケールが違います。まったく別のものといっていいでしょう。信州や日光、特に中禅寺湖や戦場ヶ原は自然です。人の手が入っていません。それに対して、京都は建物を作ったときに誰かが植えたもの。いいか悪いかはともかく全部庭ですね。京都の人たちはお寺や神社だけでなく、一般の家庭でもちょっとにした庭に、花...

  2. 平野屋…鳥居本 - Taro's Photo

    平野屋…鳥居本

    鳥居本の紅葉が進んでいます。今が真っ盛りでしょうか。というわけで、昨日は久しぶりに紅葉撮影に出かけました(といっても歩きですけど)。鳥居本をどんどん山のほうに歩いていくと鳥居があります。そこに撮影スポットとして有名な平野屋さんがあります。鮎料理のお店です。いろいろな角度から写すことができます。まずは、鳥居本の上を走る162号線(清滝道)から俯瞰しましょう。ちなみに平野屋さんは柴犬を飼っていて...

  3. 嵯峨野をポタリング - 平凡で幸せな毎日

    嵯峨野をポタリング

    昨日は、二尊院、化野念仏寺までポタリングしてきました折り畳み自転車を車に乗せ松尾大社近くの駐車場に止めてそこから、嵐山まで桂川沿いのサイクリングロードを走ります1.5キロ程走るとサイクリングロードの終着点嵐山の中之島橋に到着そして、渡月橋を渡ります天龍寺に行くまでの途中に「パンとエスプレッソと嵐山庭園」と言う名前のお店があり入ってみると、美味しそうなパンがたくさん並んでいたので少しだけ買って...

  4. 阿弥陀如来(その6・化野念仏寺) - 後の祭り

    阿弥陀如来(その6・化野念仏寺)

    化野(あだしの)とは京都嵯峨の奥の地を言うかっては風葬の地、火葬の場も設けられた化野とは無常の地という意味である疫病の屍は火葬にするしかなかった鯵庵(2.8.4)<閑話休題>「自宅療養」とは医学側の専門用語だろうどうしようもない病気に使う、病院を放り出すときの言葉だ世間では言う療養とは本来自宅と日常を離れることだそれを医学の専門家の後押しで政治が利用している「第2波がこんなに早く来るとは思わ...

  5. 阿弥陀如来(化野念仏寺) - 後の祭り

    阿弥陀如来(化野念仏寺)

    あだしの念仏寺鯵庵(2.6.8)

  6.  季節外れの紅葉日記2018年秋@京都⑤化野念仏寺 - ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

    季節外れの紅葉日記2018年秋@京都⑤化野念仏寺

    秋のカラッとした気持ちが良い一日、午前9時過ぎから嵐山界隈をゆっくり散策中の我々、美味しいお食事で大満足した後は、少し歩きました。紅葉真っ盛りの嵐山界隈はこの通り大変な人出。この日は渡月橋からこの辺りまでが車両通行禁止になっており、歩行者天国が実施されていました。ここからは車で化野(あだしの)念仏寺に連れて来て頂きました。ここも定番にはなっていますが、私の大好きなお寺です。お庭でしばらく紅葉...

  7. 化野念仏寺の紅葉2017 - 京・街・さんぽ

    化野念仏寺の紅葉2017

    『化野念仏寺』かって風葬の風習があったこの場所一帯の死者をともらうために弘法大使空海が建立したといわれています。境内にまつる八千体を数える石仏・石塔に降りそそぐような色とりどりの紅葉。嵐山はたくさんの人で溢れていましたがこちらだけは静寂に包まれていました。人気ブログランキングへ

  8. 化野(あだしの)念仏寺の千灯供養(その2) - 写真の散歩道

    化野(あだしの)念仏寺の千灯供養(その2)

    化野念仏寺は、811年に空海が五智山如来寺を創建し、野ざらしになっている遺骸を埋葬しました。後に、法然が念仏道場を開き念仏寺となり、ご本尊として阿弥陀如来様をお祀りしています。境内には、化野に散在していた8000体の石仏、石塔が集められ、無縁仏として供養されています。遠い歴史を遡れば、どなたかのご先祖に当たるかもしれないという思いから、地元の人々や拝観者は蝋燭をお供えして供養しているそうです...

  9. 化野(あだしの)念仏寺の千灯供養(その1) - 写真の散歩道

    化野(あだしの)念仏寺の千灯供養(その1)

    千灯供養(せんとうくよう)とは・・・・・、8月23,24日の地蔵盆の夕刻、境内に祀られた無縁仏に蝋燭をお供えする行事です。昔、戦乱や疫病で亡くなった人々は、東の鳥辺野(とりべの)、北の蓮台野(れんだいの)とともに、西の化野(あだしの)で風葬されていました。死者の供養のため、少しずつ、石仏が祀られましたが、地中に埋もれて行きました。この埋もれた石仏が明治の中頃に、このお寺に集められ、信者や地元...

総件数:9 件

似ているタグ