北イタリアのタグまとめ

北イタリア」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには北イタリアに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「北イタリア」タグの記事(10)

  1. カルロ・スカルパ建築紀行03-2 - 『文化』を勝手に語る

    カルロ・スカルパ建築紀行03-2

    <その1からのつづき>実測していると切りがないので、礼拝堂に区切りを付け、裏に回って墓石bへ我々だけだった見学者が、ケッチの授業の学生たちで埋まり出す。RCアーチ屋根の下のメインの墓石も段段モチーフ。この溝には水を流していたらしい。墓石は早々に切り上げ芝生の原っぱに出る。そこからエントランス a の二重円を見る。円の内寸は1780〜1785ミリ、重なっている円弧の内寸は480、タイルは70。...

  2. カルロ・スカルパ建築紀行03 - 『文化』を勝手に語る

    カルロ・スカルパ建築紀行03

    パート2が先にアップになってしまっていて、順番にこのあと、パート2を再アップいたします。それでは、圧巻の『ブリオン家の墓』、その1から・・ヴェローナ〜ヴィチェンツァ(パラーディオ)〜ブリオン家の墓〜ヴェネチアヴィチェンツァ(パラーディオの街)から向かうバスから、ワイン農家の風景が広がる。やはり本場の雰囲気が漂っている。家々も豊かに見えてしまう。1.ブリオン家の墓2.山岳都市ASOLO 3.ヴ...

  3. 北イタリア建築紀行 - 『文化』を勝手に語る

    北イタリア建築紀行

    予定通り19日帰国、スカルパも一番長い滞在時間でしっかり見てきました。特にブリオン家/Brionのお墓では、時間の許す限り、実測までしてきました。(アプローチ後の最初の塀の一角に立つ表示、『Tomba Brion』)しかし残念なことに予定通りでなかったことがひとつ、帰国直後に体調を崩してしまったことです。そんなわけですいませんが、本格レポートは少しお待ちください。

  4. 北イタリア建築紀行 - 『文化』を勝手に語る

    北イタリア建築紀行

    お気に入りの建築家は?と問われたら、海外ではカルロ・スカルパ、日本人では谷口吉生と若い頃は即答していた。今は年齢も重ねて枯れてきているから、以前ほど熱心ではないけど、その嗜好は変わらない。北海道だからといって、志向は北欧ではなくイタリア、スペイン、南だったのだ。写真家二川幸夫が立ち上げた出版社『A.D.A EDITA Tokyo』が、70年代著名建築家の大判写真集を出版し始めた。20代、な...

  5. クリスマスマーケットの旅2018はイタリア北西アオスタからスイスへ vol.9 ~ 最終回!再び峠を越えてイタリアへ、、、 - 幸せなシチリアの食卓、時々旅

    クリスマスマーケットの旅2018はイタリア北西アオスタ...

    ようやく最終回です!スイスも2泊ながらに食とクリスマスマーケットを堪能♪いざ、帰路につきます。帰りはモントルーからミラノ・リナーテ空港へ一直線!約320kmと長めですが、怖いのはロングドライブではなく雪、、、。この日、天気予報は雪。来るときは下の方は晴天だったものの、峠を越える頃にはやっぱり銀世界。もしや帰りはすごい積雪なんじゃないのぉ~!?!?とは言え、帰らなければならないのでおそるおそる...

  6. クリスマスマーケットの旅2018はイタリア北西アオスタからスイスへ vol.5 ~アオスタの郷土料理を食す! - 幸せなシチリアの食卓、時々旅

    クリスマスマーケットの旅2018はイタリア北西アオスタ...

    中途半端なところで止まっていたクリスマスマーケットの旅、再開です!さて、旅のお楽しみと言えば、、、やっぱり食!イタリアはどこの地方に行ってもその土地の郷土料理があって、それを食べるのた旅の大きな楽しみのひとつ、というかそれがメインか(笑)さて、アオスタの郷土料理と言えば、やっぱりフォンティーナチーズをたっぷりとつかった料理。クリスマスマーケットではポレンタに合わせたフォンデュ―タを楽しみまし...

  7. クリスマスマーケットの旅2018はイタリア北西アオスタからスイスへ vol.4 ~ 北の古代ローマ帝国、アオスタの街散策その2 - 幸せなシチリアの食卓、時々旅

    クリスマスマーケットの旅2018はイタリア北西アオスタ...

    前のエントリーの続き、アオスタ散策です!大聖堂、前のエントリーで写真アップし忘れちゃったけど、裏から見るとこんなツインタワー。バックはもれなくアルプスのお山、、、いや~、北国!って感じ♪さて、散策の続き。まずは市庁舎のある中心広場に戻り。この前の道がメインストリート1本道になっています。広場には仮設のスケートリンクも。さすが北国の子達。上手に滑っていますねー。この広場、夜になるとライトアップ...

  8. クリスマスマーケットの旅2018はイタリア北西アオスタからスイスへ vol.2 ~古代遺跡で行われるアオスタのクリスマスマーケット - 幸せなシチリアの食卓、時々旅

    クリスマスマーケットの旅2018はイタリア北西アオスタ...

    アオスタのクリスマスマーケットは今まで行ったものに比べるとこじんまり。面積も小さく、出ているお店の数も少なく。でも、このマーケットがすごいのは、、、古代ローマ遺跡の中で開催されているマーケットだということ!お店が並ぶゾーンからちょっと外にでると、この通り。ここは古代ローマ時代に作られた古代遺跡、ローマ円型劇場の中。アオスタは「北のローマ」と言われていたほど、古代ローマ帝国時代に栄えた街。何故...

  9. クリスマスマーケットの旅2018はイタリア北西アオスタからスイスへ vol.1 ~ミラノからアオスタへレンタカー - 幸せなシチリアの食卓、時々旅

    クリスマスマーケットの旅2018はイタリア北西アオスタ...

    もはや毎年恒例となった12月のクリスマスマーケットの旅。去年はドイツのニュルンベルグへ。毎年、11月末~12月上旬に私が日本での料理教室を終えてイタリアに戻ってきてから、1年の疲れを癒しに出発するのが恒例のこの旅。ただ、今年は私が帰ってくるのが少し遅いため、その後にまた出発するともう本当にクリスマスになっちゃうー、という事で選んだのが、ミラノから車で移動できるアオスタ。イタリアの北西のスイス...

  10. 紅葉の時期に北イタリア・トリノを散策 - イタリアワインのこころ

    紅葉の時期に北イタリア・トリノを散策

    久しぶりにトリノを訪れました。あまりに久しぶりで前回がいつだったか思い出せないくらい。恐らく12年ぶり。こわっ。しかも、フィレンツェのサッカーチーム「フィオレンティーナ」の最大のライバルである為フィレンツェではその名を口にすることさえ憚られるユベントスの大ファンだったので、本拠地であるトリノは当時何十回も訪れていたので、この空白の12年間は自分でも驚きです。トリノといえばトラム。微妙に広さの...

総件数:10 件

似ているタグ