北原白秋のタグまとめ

北原白秋」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには北原白秋に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「北原白秋」タグの記事(6)

  1. 「城ヶ島の雨」生姜糖の🍭じゃね? - 憂き世忘れ

    「城ヶ島の雨」生姜糖の🍭じゃね?

    「この道」が代作なら、「城ヶ島の雨」もアヤシイ。てゆうか、全部❌でしょ。作詞北原白秋作曲山田耕筰大正12年(1923年)作曲「城ヶ島の雨」雨はふるふる、城ヶ島の磯に、利休鼠の雨がふる。雨は眞珠か、夜明の霧か、それともわたしの忍び泣き。舟はゆくゆく通り矢のはなを、濡れて帆あげたぬしの舟。ええ、舟は櫓でやる、櫓は唄でやる、唄は船頭さんの心意氣。雨はふるふる、日はうす曇る。舟はゆくゆく、帆がかすむ...

  2. 山頭火「まつすぐな道」大物釣れたかも 🎣 - 憂き世忘れ

    山頭火「まつすぐな道」大物釣れたかも &#12...

    この句でーす。🎣まつすぐな道でさみしい注目は「道」でしょう。後ろの「でさ」が「代作」と読める。狭い日本、まっすぐな道といえば、北海道でしょうか。何のこと、誰の作品のことだと思いますか。時代的には、1927年頃。続きは後で。

  3. 薔薇の季節 - Maruの一人旅  そしてハスキーとの生活

    薔薇の季節

    薔薇の季節バラが咲くと思い出す。薔薇ノ木ニ薔薇ノ花サク。ナニゴトノ不思議ナケレド。北原白秋我が家のバラそしてアルストロメリアこのピンク、写真写りがいいわ。そしておまけの変態大根、今日の収穫

  4. 横浜の水上生活 - 歴史と素適なおつきあい

    横浜の水上生活

    歴史と素適なおつきあい番外編2021・1・23象の鼻パークに家舟の写真があった。横浜の発展に貢献した港湾労働者の舟である。芦間(あしま)出てみよ煙が上がるあれは時雨の舫(もやい)舟立つる煙はほそぼそなれどやはり浮世の泊り舟 北原白秋の歌である。ゆっくりの曲で、哀愁があり、今では曼珠沙華とともに大好きな歌である。ただ、頭から水上生活者のことが離れない。どんな人たちだったのだろう。このころは全国...

  5. 赤い木の実 - 北海道photo一撮り旅

    赤い木の実

    赤く熟した木の実を見れば、童謡の「赤い鳥小鳥」を無意識にハミングします、相当に古い記憶領域に刷り込まれたメロディーのようだ。大正7年発表された童謡で、作詞「北原白秋」作曲「成田為三」シンプルな旋律と歌詞、幼児向けに作られた作品ですね~You Tubeでループ再生すれば、65年も前の保育園の様子が、、、https://www.youtube.com/watch?v=wScF6Gpbx0cにほん...

  6. 秋の高原は… - モルゲンロート

    秋の高原は…

    10月18日、ひとりで蓼科へ。秋の高原は寒い、+寂しい。でもこの寂しさがまた、いいのです。(^_^;)からまつはさびしかりけりたびゆくはさびしかりけり(^o^)y

総件数:6 件

似ているタグ