北斎展のタグまとめ

北斎展」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには北斎展に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「北斎展」タグの記事(4)

  1. 帯広「北斎」展と冬到来 - IL PARADISO VERDE DI NORINA ~美瑛印象派ガーデン便り~

    帯広「北斎」展と冬到来

    美瑛での営業が終わったので今週は1泊で帯広に遊びに行きました♪お天気はイマイチぱっとしない予報でしたが美術館巡りが主な目的だったのであまり気にもせず出かけました。お昼頃到着したので早速かねてから聞いていた噂の”インディアンカレー”に行きました。ていうか、もうそれ以外考えられませんでした^^;いいね、いいね、この建物も!昼時でしたが5分も待たずにはいれました。頼んだのは基本のインデアンカレー帯...

  2. 北斎「向日葵図」が元気ない理由 - 憂き世忘れ

    北斎「向日葵図」が元気ない理由

    新聞の夕刊に、北斎のこの絵が出ていました。「北斎展」の紹介記事です。*追記・訂正2019.3.26八十八歳、雅号卍。パッと見、元気がない。太陽の花としての、勢いがない。なぜ元気がないのか。「向日葵」=むこ(う)ひ葵=酷い幕府「ひまわり」=火回り火刑のことでは。縛られてうなだれているように見えません?調べていたら、火あぶりのとき下に萱(かや)を置いて、焚き付けにするそうです。それで下に萱が描い...

  3. この北斎、どうでしょう。 - 憂き世忘れ

    この北斎、どうでしょう。

    「北斎展」のポスターにこの絵もある。絵心がありませんから、ただ、気になったというレベルですが。パッと見、「合成した」感じがする。「鬼と犬」がいる画面に、弘法大師をはめ込んだ感じ。写真や絵に詳しい方、そんな感じしません?鬼は架空のものですから、決まった大きさはない。で、犬と大師の顔の大きさですが、OK?そんなこんなで「北斎的」解釈。鬼の「衣が変」。「写楽」に出て来ました。衣偏と読む。それに「お...

  4. 北斎の絵は「見立て」 - 憂き世忘れ

    北斎の絵は「見立て」

    北斎展をやっているみたいね。「見に行かないの」と家人に言われた。「この絵、遠近法変じゃない?」などと度々言っているから。別に見たくない。北斎の絵は、画集でじっくり、時にはルーペで見て「その意味するところ」を考えるものだと思っているから。「北斎展」のポスターといえば、必ずこの絵。「富嶽三十六景」の一枚。「富嶽三十六景」は「歌舞伎」の「技法」を描いていると解釈しています。この絵は「見立」を表して...

総件数:4 件

似ているタグ