区域麻酔のタグまとめ

区域麻酔」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには区域麻酔に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「区域麻酔」タグの記事(12)

  1. COVID-19初期パンデミック中の英国三次病院における緊急手術件数と区域麻酔提供のコホート研究 - 麻酔科医の日々

    COVID-19初期パンデミック中の英国三次病院におけ...

    ・研究の目的として、コロナウィルス感染症2019(COVID-19)初期パンデミック中におこなわれた緊急手術と、区域麻酔(RA)下でおこなわれた割合を解析しようとした。コホート研究として、2020年のCOVID-19初期パンデミック7週間での手術件数を比較した。比較は、2019年の対応する7週間という枠でのCOVID-19前の件数とおこなった。研究の場は、英国ロンドンにある、ガイズアンドセン...

  2. 米国退役軍人病院で膝関節全置換術をうけた術後30日転帰に対する区域麻酔と全身麻酔の比較 - 麻酔科医の日々

    米国退役軍人病院で膝関節全置換術をうけた術後30日転帰...

    ・この研究の目的として、どの麻酔法が米国退役軍人患者の初回膝関節全置換術(TKA)後における30日転帰で優れているか、を検証しようとした。我々の知っている限りでは、これが退役軍人保険局からの最初の報告として、TKAをうけた患者で違った麻酔法を比較したものでる。・退役軍人手術の質向上プログラムデータベースを使用して、2008〜2015年の期間に初回TKAをうけた患者を分析した。対象患者を使用し...

  3. 乳癌手術のPROSPECTガイドライン:系統的レビューと手術特異的術後疼痛管理推奨 - 麻酔科医の日々

    乳癌手術のPROSPECTガイドライン:系統的レビュー...

    ・乳房手術後の疼痛治療に使用される疼痛プロトコルはかなりばらつきがある。この系統的レビューの目的として、この話題に関して利用できる文献を評価し、乳癌手術後の最適な疼痛管理の推奨をつくりあげようとした。系統的レビューとメタ分析の優先報告項目ガイダンスを手術特異的術後疼痛管理(PROSPECT)方法論で使用して、系統的レビューをおこなった。術後疼痛を鎮痛薬・麻酔薬・手術の介入で評価した無作為化比...

  4. 超肥満妊産婦のL1-L2椎間以上に留置された偶発的区域麻酔ブロック:後向き研究 - 麻酔科医の日々

    超肥満妊産婦のL1-L2椎間以上に留置された偶発的区域...

    ・増加する体格指数(BMI)により、区域麻酔手技の困難性が上昇する。我々の仮説として、それにより患者を偶発的な高位でのくも膜穿刺リスクにさらす、とした。麻酔科医による超肥満妊産婦での棘間レベル推定の正確性は研究されていない。我々は、BMI≧50kg/㎡の妊産婦において、高位に硬膜外あるいは髄腔内カテーテルを偶発的に留置された頻度(L1/L2椎間以上)を評価した。・この後向き研究の算入基準は、...

  5. 術前神経ブロック施行中の音楽とミダゾラム:前向き無作為化比較研究 - 麻酔科医の日々

    術前神経ブロック施行中の音楽とミダゾラム:前向き無作為...

    ・音楽療法は非薬物学的介入で、実際上、害がなく、比較的安価で、術前の不安を有意に減少させることが示されてきた。この研究の目的として、超音波ガイド下単回投与末梢神経ブロックの施行にさきだつ術前抗不安で、音楽の使用とミダゾラムを比較した。・この無作為化比較研究では、静注ミダゾラム(1〜2mg)の抗不安効果と、ノイズキャンセリングヘッドホンによる音楽療法を比較した。患者は全員、術前超音波ガイド下単...

  6. 潜在的に回避できる帝王切開時の全身麻酔使用に関連した有害事象と因子 - 麻酔科医の日々

    潜在的に回避できる帝王切開時の全身麻酔使用に関連した有...

    ・区域麻酔が全身麻酔の代わりに帝王切開には推奨されている。帝王切開に対して臨床適応のない全身麻酔と有害事象の関連性は明確に理解されていないままである。・ニューヨーク州では、帝王切開の5.7%が全身麻酔の臨床適応なく全身麻酔下でおこなわれている。こうした患者における潜在的に回避できる全身麻酔の使用は麻酔関連合併症・手術部位感染症・静脈血栓塞栓症のリスク増加と関連しているが、死亡や心停止とは関連...

  7. 成人と小児における遷延性術後疼痛を予防するための局所麻酔・区域麻酔と従来からの鎮痛の比較:コクラン系統的レビューとメタ分析のアップデート - 麻酔科医の日々

    成人と小児における遷延性術後疼痛を予防するための局所麻...

    ・区域麻酔は遷延性術後疼痛(PPP)リスクを軽減する可能性がある。このコクランレビューは2012年に初めて発表されたが、2017年にアップデートされた。・Cochrane CETRRAL・PubMed・EMBASE・CINAHLの文献検索を2017年12月までのものにアップデートした。RCTsのなかで、(どんな投与経路でも)局所麻酔や区域麻酔と、全身性(オピオイドか非オピオイド)鎮痛薬の組み...

  8. 区域麻酔と膝関節全置換術後の再入院率 - 麻酔科医の日々

    区域麻酔と膝関節全置換術後の再入院率

    ・膝関節全置換術はよくおこなわれている手術で、全国的に健康保険の支出に大きく寄与する。再入院の頻度を減少させることは、患者の健康や関連する経済的支出に重大な影響をおよぼす可能性がある。区域麻酔という麻酔法がプライベート保険に加入している患者での再入院率や支出の減少に関連するかどうかは不明なままである。・診療報酬請求データベースを用いて、プライベート保険に加入した18〜64歳で膝関節全置換術を...

  9. 胃食道癌手術の予後におよぼす区域麻酔の影響:文献の系統的レビュー - 麻酔科医の日々

    胃食道癌手術の予後におよぼす区域麻酔の影響:文献の系統...

    ・区域麻酔は悪性腫瘍の長期予後に有益な役割をはたいている可能性がある。特に示唆されているのが、区域麻酔により胃癌や食道癌を含めた消化器癌手術後の無再発生存期間や全生存期間がのびることで、これは免疫や炎症の反応を調整することによる。しかしながら、ヒトの研究結果は議論のあるところである。この系統的レビューの目的として、区域麻酔が免疫調整や胃癌や食道癌の手術後再発におよぼす影響に関するエビデンスを...

  10. 小児の行動機能におよぼす全身麻酔と区域麻酔の影響 - 麻酔科医の日々

    小児の行動機能におよぼす全身麻酔と区域麻酔の影響

    ・主要評価項目として、2歳前の単回暴露による全身麻酔と区域麻酔が小児の長期行動変容形成におよぼす影響を評価した。・この研究をおこなったのは、2014年1月から2015年3月であった。基準を満たした小児診療記録をレビューした。それから、この研究に参加した小児の親たちと接触し、外来部門を訪問するよう依頼してアイベルグ子ども行動評価尺度アンケートを記載の上、小児の行動変容を測定した。手術のために区...

  11. 全身麻酔か区域麻酔をうける手術患者における、てんかんリスク - 麻酔科医の日々

    全身麻酔か区域麻酔をうける手術患者における、てんかんリスク

    ・全身麻酔か区域麻酔をうけた患者の手術後における、てんかんリスクに関して利用できる情報は限られている。台湾国家健康保険研究データベースを用いて、20歳以上で1,478,977人の2004年から2011年に(全身麻酔か区域麻酔が必要で1日以上の入院を要する)手術をうけた患者を同定した。選択したのは、全身麻酔をうけた患者のなかでは235,006人で、区域麻酔をうけた患者のなかでは235,006人...

  12. 外傷性足部切断後のマルチモーダルな疼痛治療における補助薬としてのプレガバリン−4歳少女の症例報告 - 麻酔科医の日々

    外傷性足部切断後のマルチモーダルな疼痛治療における補助...

    ・この症例報告の目的として、4.5歳児の前足部切断後における補助薬としてのプレガバリン使用を含めたマルチモーダルな疼痛治療の考え方を述べる。幻肢の疼痛や感覚は複合性疼痛症候群であり、治療や予防は難しい。全小児の70〜75%がこうした切断後の疼痛症候群に苦しむ。ここで描出する小児患者は、外傷性足部損傷後に前足部切断となり、プレガバリンを含めたマルチモーダルな疼痛治療をうけた。・4.5歳の他は健...

総件数:12 件

似ているタグ