医療のタグまとめ

医療」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには医療に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「医療」タグの記事(31)

  1. 節約どうでもいい気分 - soraたび

    節約どうでもいい気分

    夏にこれといって思い出はないそらです。こんちゃ( ´ ▽ ` )夏のソングめちゃ聴きたくて色々調べていたら、夏だからと言ってこれといって思い出ないなって思った。暑さで比べたら、イタリアに行ったのは夏休みで、湿気がない分痛い暑さだな日本は湿気あるけど香港の夏は湿気の方がすごかったな。ぐらいやな・・暑いことしか思い浮かばない。やっぱ海とか?バナナボート乗ったけどすぐ夏だからと言って思い浮かばない...

  2. 外食しちゃった。 - soraたび

    外食しちゃった。

    ぴー太郎のそらですこんちゃ( ´ ▽ ` )今でもぴー太郎って言うてるんやろうか?今日は(昨日は)検査結果発表でした。ピロリ菌の・・結果はジャカジャカジャカジャカじゃがりこ〜お笑いコンビの名前ど忘れ。広島出身の・・じゃ〜ん。残念ながら菌はいました。がく。。 ( ;∀;)日本人はだいたいいるみたいだけど・・年齢にもよるのかな?お薬もらってきました。細菌殺すやつ。薬飲む間禁煙しないといけないらし...

  3. ロキソプロフェンテープのファイザーの後発 - 開業したて整形外科院長の野望(無謀)日記。

    ロキソプロフェンテープのファイザーの後発

    医療ネタのような、違うような。ロキソプロフェンテープ(ようはロキソニンテープの後発)を探していて・・・ファイザーのサンプルをもらってみたんで、よし、貼ってみるか、と出してみたけど・・・このカットライン、なんか効きそうな気がしないのは気のせいか??MacBookAir 、、新型何時出るんだよ❗💢の林檎にピッタリなのです。にほんブログ村  微妙にMacBookAirの上に乗せてみ...

  4. 同じ方を見るか見ないか - 還る日

    同じ方を見るか見ないか

    夫婦が生活と子育てと同じ方向を向いて歩むと意外と互いのことは見ておらぬものだと思う。子どもが手元を離れ其々が違う方向を向き始めると一緒にいることが鬱陶しく、向き合ってしまうとこれまた前進しない。共に向上すべく、同じ方向に向き合えるとよいのだろう。職場のハラスメント問題で体調がおかしくなって、夫の心配はウソではなかったはずなのだが、焦点が自分自身の病気やら付き合いに及んでの妻への甘えとなるとや...

  5. イタリア  医療機関 - Grazieee a tuttiii の ブログ

    イタリア  医療機関

    ボンジョールノ!日本の医療機関は行き届いていますよね。イタリアでは ?映画より。。。面白い ? 怖い ? まあまあ。。。  覗いて見て下さい。↓ ↓ ↓イタリアの医療機関 1良い1日を〜チャオ〜〜〜 (^O^)/"""

  6. 外来診察 - [HARUKAメモ ]   私の、悪性リンパ腫の治療と経過観察中の記録

    外来診察

    関東地方も梅雨に入りましたね。ご無沙汰しました。その後も元気に、少々忙しく過ごしています。12月の外来診察の後は、3月に診察がありました。この時は、血液検査と腹部超音波検査をしました。血液検査では、12月にHマークがついていたASTは標準値になり、肝臓系の数値は全て標準値になりました。β2マイクログロブリンが標準値を僅かに超えているのですが、その他の項目には問題がなく、首周りとわきの下の触診...

  7. 入職 - 還る日

    入職

    約束の医療機関へ入職した。女医の初期研修医は初めてとのことで議論もあったが結局当直も内容もやらにゃ一人前にはなれないとの結論で、私は男臭い当直室にも寝泊まりすることになった。この病院は一年前膨大な負債を抱えて倒産し、和議成立したばかりだった。一年前の大騒ぎの中私は「あそこへ帰らなくて良いのだ。自由になれる」とどこか安堵したところがあった。しかし、倒産しても患者はいると豪語して入職した5人の医...

  8. ヒポクラテスたち - 還る日

    ヒポクラテスたち

    生命は短く、学術は長い。好機は過ぎ去り易く、経験は過ち多く、決断は困難である。医師はみずから自己の務めをはたすだけでなく、患者にも、看護者にも、また環境にも、協力させる用意がなくてはならない。   (ヒポクラテス西洋医学序説)医師になる為の教育に6年はあまりに短い。教えられたことを網羅して医者になれることはあり得ず、その実情は医学生のころから己の無能さと人間あるいは社会へのやるせなさが人並み...

  9. ピュア - 還る日

    ピュア

    4年生ごろ児童養護施設で数か月アルバイトをした。小学5年生の自閉症の女の子、明生ちゃんといった。ほっそりした静かな普通の女の子に見えた。どういう状況でそこに入所していたのか詳細はしらない。この施設は町中心からバスに乗り小高い山にあり、精神病院と併設されていたように記憶している。古い建物で、昔の学校のような造り、その集団生活の有り様と環境は茫然とするもので、幼い子供らから中学生くらいまで男女多...

  10. 思春期 - 還る日

    思春期

    中学から全体主義への違和感がきつくなった。朝の自尊の鐘、運動強化、何より日常的にジャージに貼られた物々しい囚人を彷彿とさせる背番号・・クラスに虐めが表在化していたが、私もそのターゲットになった。成績が良かったことが孤立を深めた。馴染めない人見知りから部活も運動や吹奏楽など興味なく、なんとなく外されている感が一部の生徒の行動からわかった。極め付きは生徒会役員選挙への立候補がクラス全員の挙手で決...

  11. エリート医に出会う - 還る日

    エリート医に出会う

    小学生に入る前ころから体重が増えず、そのうち健診で栄養失調として注意勧告されるようになった。8歳の夏初めて一家で海水浴へ出かけた。温かい水に浸かってチアノーゼとなり、帰宅後母の直観で循環器科受診、即座に先天性心疾患・穴が開いていますと診断。手術しなければ余命数年と言われた。体重が17kgほどで当時の麻酔技術ではリスク大といわれ、それでも手術までに1kg増えるのが精一杯だった。当時は小児循環器...

  12. 拠り所がないとき - 還る日

    拠り所がないとき

    プリムム・ノン・ノケーレ(害のないことが第一)・・ヒポクラテス箴言より医療人はとにかく患者に害を与えない事が第一である。医療人の側には、技術的な限界をはじめ、いろいろな束縛があり、診療によって患者に「良い結果」を与えられないこともある。完全ではない人間なので、これは仕方がない。だがその不完全な人間である医療人が、同じ人間の患者と関わって、何らかの結果をもたらすのである。だからごく小さなことで...

  13. 医療原点 - 還る日

    医療原点

    生まれたころから家族してお世話になったドクターがいた。とうに還暦を越えていたと思うのだが、古い家屋の一階を医院にして奥様をお手伝いに真摯な先生だった。6畳ほどの畳の待合いはいつも満員で、ひとりひとりの診察にとにかく時間がかかる。一人が診察を終えて出てきて次が呼ばれないので・・皆が「あ、まただね・・」先生は骨休めにお庭の草花の手入れに没頭中・・よく高熱を出しては連れられて胸からお腹、背中と丁寧...

  14. 医療と統計 - 立川は Ecoutezbien  えくてびあん

    医療と統計

    国語研で医療に関する言葉の言い換え提案の取材をしたのは、もう10年も前になりました。その時「エビデンス」を「証拠」と説明して頂きましたが、最近は普通に「エビデンス」と一般でも使っています。1990年代以降、科学的根拠に基づく医療(Evidence-Based Medicine)が広く言われるようになり、現代の医学・健康科学研究では、データサイエンスが必要不可欠な存在になっています。でも、意外...

  15. 「健康まつり」に参加します! - 【歯科専ブログ】山形歯科専門学校の授業やイベントなどを紹介するブログです。

    「健康まつり」に参加します!

    5月12日(土)、山形県看護協会会館(山形市松栄)で行われる「健康まつり」に参加します!参加するのは3年生11名です。主催は山形県と山形県看護協会で、私たちは共同参画団体としての協力となります。お口の健康に関するお話をしたり、いろいろな楽しい体験コーナーを準備しています詳しくは下のポスターをご覧ください♪♪プレゼントもありますたくさんのご来場をお待ちしていまーす(^O^)/

  16. 心療内科 待合室にて - ポーチ ド ポッチ(ブログ)

    心療内科 待合室にて

    2ヶ月ぶりに母の安定剤と睡眠導入剤をもらいに心療内科へ。待合室の私が座る前列の椅子に、赤ちゃんを抱いたバギーを引いた若い母親が座る。ミニスカート、ピンヒールの若い母親だ。子供は7ヶ月の男の子、母親の女性は可愛くて仕方がない様子でしきりと赤ん坊を撫で回し、頬ずりをしたり…声高に笑いかける。子供はされるがままで大人しい。ちょっとしつこい女性だなあ〜、このままでは子供離れできない親、って気がしない...

  17. アジアの途上国で乳がんを診る - 発展途上国の子供を救え!小児外科医吉岡秀人の戦い

    アジアの途上国で乳がんを診る

     「人間の命というのはお金で左右される」これは当たり前のことだ。しかし何となく理解はできても、到底納得できるものではないという日本人は多い。 医療というのが、損得なしの福祉の一部だという建前は別として、完全に産業、言わば経済の一部に取り込まれてしまった昨今、国民皆保険という借金で成り立っている制度が、このまま維持されるわけがない。私にはよく分かる。誰もが安い費用で医療を享受できているのは、地...

  18. ブッシュ元米大統領夫人の終活に学ぶ「準備」の重要性 - 介護老人保健施設銀花

    ブッシュ元米大統領夫人の終活に学ぶ「準備」の重要性

    ブッシュ元米大統領夫人の終活に学ぶ「準備」の重要性I write about achieving wealth and how itintersects with our lives.バーバラ・ブッシュ (Photo by TomPennington) ジョージ・ブッシュ(父)元米大統領の夫人で、ブッシュ(子)元大統領の母、バーバラ・ブッシュさんが2018年4月17日に死去した。92歳だった...

  19. 『医道の日本』2018年4月号(Vol.77 No.4) - 東洋医学総合はりきゅう治療院 一鍼 ~健やかに晴れやかに~ 

    『医道の日本』2018年4月号(Vol.77 No.4)

    『医道の日本』2018年4月号(Vol.77 No.4)に、名古屋大学医学部附属病院 総合診療科 統合ヘルスケアチームの「第2回公開RTD(ラウンドテーブルディスカッション)」と名古屋大学医学部附属病院 総合診療科 診療科長 佐藤先生のインタビュー、はり師・きゅう師に正式に決定されました「機能訓練指導員」について(公社)日本鍼灸師会 業務執行理事 松浦先生の記事、そして、「鍼灸医学ベトナム国...

  20. Tea Time vol.67 - 7miele Information

    Tea Time vol.67

    日本赤十字医療センターの情報誌「Tea Time」vol.67 特集ページ「パーキンソン病」にイラストが掲載されました!パーキンソン病の治療法のデゥオドーパ療法についての解説です。

1 - 20 / 総件数:31 件

似ているタグ