千畳敷のタグまとめ

千畳敷」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには千畳敷に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「千畳敷」タグの記事(6)

  1. 季節外れの猛暑で汗だくの紀伊半島 一日目 - バイク玉手箱

    季節外れの猛暑で汗だくの紀伊半島 一日目

    十月上旬二人で行って来ました潮岬 紀勢自動車道R42熊野尾鷲道路R42那智勝浦新宮道路r43カフェで休憩R42橋杭岩r40海金剛樫野埼灯台r41潮岬昼食潮岬灯台スイーツで休憩R42恋人岬R42r34南紀白浜空港三段壁千畳敷r34円月島r34r31r206貸切温泉夕食ガーデンホテルハナヨの貸切温泉良かったおすすめ

  2. 太宰治と千畳敷海岸 №2 大宴会場!? - 遠い空の向こうへ

    太宰治と千畳敷海岸 №2 大宴会場!?

     千畳敷駅を下車してすぐに太宰治の文学碑があり、その背後には日本海と駅名に由来する数えきれない岩石が展開している。『この辺の岩石は、すべて角稜質凝灰岩とかいうものだそうで、その海蝕を受けて平坦になった斑緑色の岩盤が江戸時代の末期にお化けみたいに海上に露出して、数百人の宴会を海浜に於いて催す事が出来るほどのお座敷になったので、これを千畳敷と名付け……』 でこぼことした岩石が露出している。なるほ...

  3. 太宰治と千畳敷海岸 №1 太宰治文学碑 - 遠い空の向こうへ

    太宰治と千畳敷海岸 №1 太宰治文学碑

    『津軽』の『五 西海岸』の木造からの続きになります。 コモヒの町・木造で父の生家でMさん(松木尚三郎)から思わぬもてなしを受け、なおも引きとめられるのを汗を流して辞去した太宰は、どうにか深浦行きの汽車に乗り込みます。『木造から、五能線に依って約三十分くらいで鳴沢、鯵ヶ沢を過ぎ、その辺で津軽平野もおしまいになって、それから列車は日本海岸に沿うて走り、右に海を眺め左にすぐ出羽丘陵北端の余波の山々...

  4. 宝剣岳トレッキング(2017)-3 - 野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

    宝剣岳トレッキング(2017)-3

    岩の山「宝剣岳」の頂上を後にして、暫くは岩の間をチェーンを頼りに下りることになる。岩場を通り抜けた辺りからポツポツと降り始めた。雨脚はそれほど強くないので「宝剣小屋」まで下りて、直ぐその足で、ここでしか見られない「コマクサ」の保護区まで足を延ばした。そこで「コマクサ」を撮っていたが、雨脚が強くなり出したので急いで「宝剣小屋」まで戻りそこで雨宿り。少し小降りになったと所で、「乗越浄土」の分岐か...

  5. 宝剣岳トレッキング(2017)-1 - 野鳥の素顔 <野鳥と・・・他、日々の出来事>

    宝剣岳トレッキング(2017)-1

    今年は天気を心配しながらではあったが、何時ものコースで宝剣岳をクリアすることが出来た。ここ数年はこのコースを楽しんでいる。13・4年間毎年、千畳敷・宝剣・木曽駒を目指して訪れているが、その中で2度千畳敷に行く事が出来ない年があった。7・8年前のロープウエイの落雷事故と昨年の体調不良でロープウエイに乗ることが出来なかった時の2度で、2度とも駒ヶ根のホテルまでは来ていて翌日の登山を楽しみにしてい...

  6. 今日の暦 - ぶん屋の抽斗

    今日の暦

    2011年の9月に登った信州駒ケ岳は千畳敷であります。眼下に見えるのはロープウェイ千畳敷駅でありまして、登ってきているのは女房。そろそろ山登りも復帰したいなと。まずは低山から。 本日の暦であります。8月11日 金曜日 (旧暦 6月20日) 庚午(かのえ うま) 六白選日:大つち  大つち、小つちの期間は、穴掘り、井戸掘りや建暮、種まきなど、土を崩すようなことはすべて慎まなければならないとされ...

1 - 6 / 総件数:6 件

似ているタグ