協奏曲のタグまとめ

協奏曲」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには協奏曲に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「協奏曲」タグの記事(14)

  1. 協奏曲 - from the nest

    協奏曲

    Youtubeでバート・バカラックを聴いていたら「アルフィー」を弾く映像を発見。しばし彼の名作に浸っていたらどうしてもドラマ「協奏曲」をもう一度観たくなりました。いろいろ探してみたら先月TVerで発見!主演は田村正和、木村拓哉、宮沢りえ。1996年TBS金曜22時放送だったんですね。当時のドラマは伏線回収みたいなものはないシンプルなストーリーで、登場人物の掘り下げも浅くて全く共感できない。共...

  2. 児玉姉妹ほかによるマルティヌーの協奏曲集 - 天浪堂日乗

    児玉姉妹ほかによるマルティヌーの協奏曲集

    今日はチェコ出身の作曲家、ボフスラフ・マルティヌーの協奏曲集を聴きました。マルティヌーは大好きな作曲家の一人です。プロコフィエフより1歳年長の1890年生まれで、1959年に亡くなっているのでほぼ現代音楽の作曲家ですが、ドヴォルザークを思わせるような素朴なメロディと、フランス音楽の和声感、そして独特のリズムとバロック音楽的な形式の探求が入り混じった作品群は、比較的わかりやすいものではないかと...

  3.  ジャケットに魅かれて 。。。56 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。56

    2020年7月20日(月)MOZARTPiano Concertos Nos. 20 and 23Annie FischerAdrian Boultお好きな方のヴァージョンでどうぞ。モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番ニ短調 K.466ピアノ協奏曲第23番イ長調 K.488アニー・フィッシャー(ピアノ)フィルハーモニア管弦楽団サー・エードリアン・ボールト(指揮)ロンドン、アビー・ロード第1スタ...

  4. マンハイム楽派最盛期の音楽家.......知られざる作曲家127カール・シュターミッツ - 気楽じい~の蓼科偶感

    マンハイム楽派最盛期の音楽家.......知られざる作...

    2020年6月29日(月)TVMANUNION CHANNELを観ていて、初めて聴く曲だが、ひとつのコンチェルトに惹かれた。カール・シュターミッツ(Carl Stamitz, 1745~1801)が作曲したヴィオラ協奏曲第1番 ニ長調。ヴィオラ協奏曲は比較的珍しい。ヴァイオリンと違って、オーケストラと対等に渡り合うには音の浸透力が弱く、協奏曲の独奏楽器には適していないとされているからだ。時代...

  5.  クラシック雑記帳40Berlin am 23. Januar 1945 - 気楽じい~の蓼科偶感

    クラシック雑記帳40Berlin am 23. Ja...

    2020年5月31日(日)CDを整理していて、自作CDのいいものを見つけた。何度聴いても信じられない、そして感動せざるを得ないのが、このギーゼキングの「皇帝」、現存する世界最古の全曲ステレオ録音の演奏だ。1945年1月23日。戦時下のベルリンで行われたマグネトフォンによるステレオ・レコーディング。さらに衝撃的なのは、この演奏中、第1楽章の終り、弱音時に入る16分52秒あたりから、連合軍から受...

  6.  朝の一曲106グルダとクリュイタンスの貴重な組み合わせ - 気楽じい~の蓼科偶感

    朝の一曲106グルダとクリュイタンスの貴重な組み合わせ

    2020年5月30日(土)朝の一曲GREAT CONCERTOS10枚入りにBOXの協奏曲集。昔、HMVの通信販売で1800円ほどで買ったもの。その中から、この帯にもある、グルダとクリュイタンスといった貴重な組み合わせのベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番ト長調Op58を聴く。演奏】フリードリヒ・グルダ(ピアノ)アンドレ・クリュイタンス(指揮)スイス・イタリア語放送管弦楽団録音:1965年5月...

  7. ピアノ一筋の音楽人生.......知られざる作曲家123ヨハン・バプティスト・クラーマー - 気楽じい~の蓼科偶感

    ピアノ一筋の音楽人生.......知られざる作曲家12...

    2020年5月22日(金)ヨハン・バプティスト・クラーマー (1771~1858)はドイツのマンハイムに生まれたが、3歳の時、両親とともにロンドンに渡った。のちに当時のイギリスのヴィクトリア女王が熱狂するくらいのピアノの名手で、彼の名は広く知れ渡った。2度のドイツ・オーストリアへの旅行の際、ベートーヴェンとも出会った。ベートーヴェンより1歳年下であるが、ベートーヴェンよりも30年長く生きた。...

  8. アンドラーシュ・シフの魅力 - 音大ピアノ講師です。

    アンドラーシュ・シフの魅力

    ベートーヴェンの5曲のピアノ協奏曲はそれぞれ異なる魅力に溢れた傑作揃いです。それらをまとめて、指揮振りで演奏するのはとても凄いことですが、シフはソロパート・オーケストラパート全てを完璧に暗譜し、技巧的にも音楽的にも最高水準の演奏を披露しました。もちろん彼は何度もベートーヴェンピアノソナタ全曲演奏会行なっているので、それくらいは余裕に決まっているでしょうが・・・私が彼の演奏が好きなのは、どんな...

  9. ベートーヴェンピアノ協奏曲 - 音大ピアノ講師です。

    ベートーヴェンピアノ協奏曲

    ベートーヴェン生誕250年に合わせて、今年の新年早々、アンドラーシュ・シフのベートーヴェン:ピアノ協奏曲全曲演奏会がNHKのEテレで放送されたましたね。実際の演奏は昨年末に行われたものですが、ベートーヴェン・イヤーの幕開けにふさわしい大変素晴らしいものでした。ご覧になった方も多いのではないでしょうか?私はシフこそ現代最も偉大な天才音楽家の一人だと思っています。今回彼は、ピアノと指揮を一人で行...

  10.  ジャケットに魅かれて 。。。37 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。37

    2020年4月17日(金)BEFORE MOZARTEARLY HORN CONCERTOSFÖRSTER / TELEMANN / NERUDA / MOZART, L.モーツァルト以前のホルン協奏曲集ジャケットもさることながら、標題に惹かれて。卓越した技術を聴かせるのはアレック・フランク=ゲミルはスウェーデン室内管弦楽団の首席ホルン奏者。アレック・フランク=ゲミルAlec Frank-G...

  11.  「ぼくの101曲」その8モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番 - 気楽じい~の蓼科偶感

    「ぼくの101曲」その8モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番

    2020年3月9日(月) 「ぼくの101曲」その8モーツァルト(1756-1791)ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 K. 467Piano Concerto No. 21 in C Major, K. 467, "Elvira Madigan"<協奏曲>作曲1785年モーツァルトはピアノ曲に素晴らしい作品が目白押しだ。18曲のピアノ・ソナタ、27曲におよぶピアノ協奏曲、それ...

  12.  朝の一曲69ベートーヴェンの番号なしのピアノ協奏曲 - 気楽じい~の蓼科偶感

    朝の一曲69ベートーヴェンの番号なしのピアノ協奏曲

    2019年10月25日(金)朝の一曲ベートーヴェン14歳、ボン時代に書かれた番号なしのピアノ協奏曲。う~ん、やっぱしモーツァルトぽい。第1番コンチェルトが作曲されたのはそれから11年後の25歳の時である。あ~、1番ではまだモーツァルトが残るが、でも冒頭部などはほぼベートーヴェン。演奏はオシドリ夫婦の児玉麻里&ケント・ナガノベートーヴェン:ピアノ協奏曲 変ホ長調 WoO 4児玉麻里 - Mar...

  13. 朝の一曲59珍しいコンビのコンチェルト - 気楽じい~の蓼科偶感

    朝の一曲59珍しいコンビのコンチェルト

    2019年8月14日(水)朝の一曲イタリア人指揮者リッカルド・ムーティは26歳でグィード・カンテッリ賞を受賞、若くして頭角を現した。1973年32歳で大指揮者オットー・クレンペラーの後を受け、イギリスのフィルハーモニア管弦楽団首席指揮者の地位につき、1982年までの10年、貴重なキャリアを積む。続いてアメリカのフィラデルフィア管弦楽団、母国のミラノ・スカラ座音楽監督に就任・・・と彼は栄光の階...

総件数:14 件

似ているタグ