南あわじ市のタグまとめ

南あわじ市」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには南あわじ市に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「南あわじ市」タグの記事(36)

  1. #88 素麺とちりめんのベトナム風にゅうめん - チッキィのおいしい淡路島

    #88 素麺とちりめんのベトナム風にゅうめん

    淡路島は梅雨入りしてからもカラッとした空気が続いています。夏野菜が産直にはお目見えしはじめました。実は淡路島は素麺の産地であることをご存知でしょうか。今日はこの淡路島の素麺を使ったベトナムふうのにゅうめんレシピをご紹介します。島の人たちも日常的に手にしているのが、淡じ糸という素麺。淡路島ではスーパーでも売っています。一般的な素麺製造では、機械化がすすんでいますが、この淡じ糸は手作業でつくられ...

  2. #85 絶景付き!おうちでうにしゃぶ! - チッキィのおいしい淡路島

    #85 絶景付き!おうちでうにしゃぶ!

    淡路島の南、うずの丘という絶景レストランをご存知でしょうか。鳴門大橋をバックに、淡路島の大自然を楽しむことができる人気のレストラン。これまで、淡路島の生産者の想いを近くに感じられるようにと、地元食材をつかった料理を発信してこられました。いつも楽しいアイデアでメニューを考えられていて、これまで多くのメディアにも取り上げられてきました!このオレンジは!?そう、淡路島の絶品うにです。素もぐり漁で漁...

  3. #82 春の旬魚 淡路島サクラマス - チッキィのおいしい淡路島

    #82 春の旬魚 淡路島サクラマス

    今年も解禁!プロジェクト4年目の意気込み今年も3月1日に解禁となった、淡路島の春の旬魚「淡路島サクラマス」。暖冬の影響もあり「今年はとてもよく育った」と、組合長の前田さんは語ります。サクラマスは全国でも限られた場所でしか養殖ができない、希少価値の高い魚。福良湾では成長スピードに合わせて大きさを選別し、よく泳がせることで身のしまった上質な「淡路島サクラマス」に育て上げています。とろけるような脂...

  4. #81おうちで楽しむ新玉ねぎ! - チッキィのおいしい淡路島

    #81おうちで楽しむ新玉ねぎ!

    淡路島といえば、玉ねぎ!みんなが大好きな”新玉ねぎ”の季節です。とはいえ、ちょっとお出かけもはばかられる今日このごろ。淡路島の玉ねぎが食べたいみなさんに、お取り寄せのご紹介です。ご紹介するのは、道の駅「うずしお」を運営する”うずのくに”。この季節、新玉ねぎの取り扱いはもちろん!玉ねぎにまつわるさまざまなオリジナルのお土産のラインナップも豊富に取り揃えています。家で過ごす時間が増えつつある今日...

  5. 八木のしだれ梅-2 - チンク写真館

    八木のしだれ梅-2

    前回のつづき一気出しします屋根とコラボすると、大きさが少しでも伝わるかな桜もいいけど、梅のあざやかなピンクに惹かれます^^

  6. 八木のしだれ梅 - チンク写真館

    八木のしだれ梅

    今年も見に行ってきました。何度見ても感動させてくれる見事なしだれ梅。つづく

  7. #77 淡路手延素麺 - チッキィのおいしい淡路島

    #77 淡路手延素麺

    約200年の伝統を受け継ぐ淡路手延素麺毎年、冬のはじまりを合図に、福良の街では伝統の手延素麺作りが開始されます。お土産にも喜ばれる「淡路手延素麺」は、現在13軒の製麺所で作られています。「淡路手延素麺」のはじまりは、いまから約200年前。福良出身の渡七平という者が、伊勢参りの帰り道、農家で作られる手延素麺作りを目にし、その作り方を学び福良へ持ち帰ったことが始まりとされています。漁業が盛んな福...

  8. #75 淡路島の冬の味覚 「淡路島3年とらふぐ」 - チッキィのおいしい淡路島

    #75 淡路島の冬の味覚 「淡路島3年とらふぐ」

    低い水温と速い潮の流れが育む深みのある味わい淡路島の冬の味覚といえば、福良湾でとれる「淡路島3年とらふぐ」。約40年前から始まったとされる福良湾での養殖は、短期間で一気に育てるのではなく、3年という長い歳月をかけ、ゆっくりじっくり育てあげるのが特徴です。この方法、実は福良湾の特性が生んだ‟産物”。比較的水温が低く、鳴門海峡の速い潮流が入り組む福良の海は、昔から養殖には不向きとされてきました。...

  9. #71 チャレンジモール 福良CAP - チッキィのおいしい淡路島

    #71 チャレンジモール 福良CAP

    \福良に新たな観光スポットが誕生/ブルーが目印のこちらのコンテナハウス、みなさんはもう、ご存知ですか?「チャレンジモール 福良CAP」は、淡路島で人気の飲食店を始め、全6店が連なるコンテナ型フードモール。いま、じわじわと話題を集めている、淡路島の新たな観光スポットです!起業家支援と福良の街の活性化を目的に、今年の7月にオープンした福良CAPは、来春には2階も建設予定!雑貨販売や体験ブースなど...

  10. #69 淡路島の名産品「淡路島の藻塩PREMIUM」 - チッキィのおいしい淡路島

    #69 淡路島の名産品「淡路島の藻塩PREMIUM」

    万葉集に残る、藻塩づくりの歴史「淡路島 松帆の浦に 朝凪に 玉藻刈りつつ 夕凪に 藻塩焼きつつ 海人をとめ」かつて万葉集に詠われた、淡路島の藻塩づくり。島内でも多くの製塩遺跡が見つかり、製塩業が盛んに行われていたことが伝えられています。1637年に綿屋として創業した(株)多田フィロソフィは、その淡路島の塩作りの歴史を担い、1999年に藻塩製造を開始。以来、日本全国、世界各地で食されるようにな...

  11. #65 田んぼFES 2019 - チッキィのおいしい淡路島

    #65 田んぼFES 2019

    田んぼに集合!新しい‟淡路島の初夏”の楽しみ方2019年6月29日。梅雨の雨予報も吹き飛ばし、ときおり初夏の爽やかな風がそよぐ南あわじ市三原平野。この日、今年で4度目となるイベントが開催されました。その名も「田んぼFES」!元気いっぱい、パワフルなUターン夫婦が営む農家「野口ファーム」が主催するイベントです。当日は過去最多の100名以上もの参加者が田んぼに集まり、スタッフも驚きの表情。関西圏...

  12. 慶野松原花火大会2019 - 時の流れに身を任せ…

    慶野松原花火大会2019

    日本の渚100選に選ばれた白砂青松の景勝地、淡路島の慶野松原で、花火大会が開催されます。太鼓衆甍(いらか)とのコラボレーションでオープニングを迎えると、約3100発の打上花火が次々に打ち上げられ、砂浜でくつろぎながら鑑賞できます。スターマイン連射やメッセージ花火など、迫力満点の色とりどりの花火が夜空を染め、海面をきらめかせます。島ならではの夏の風情を満喫できます。※打ち上げ数:3100発、昨...

  13. #62初夏のオープンサンド - チッキィのおいしい淡路島

    #62初夏のオープンサンド

    淡路島にはそろそろ初夏の香り。夏の装いをいただきに、福良マルシェさんに訪れました。福良マルシェは地元のシェフも通う、新鮮な野菜を取り扱う産直市場です。近くになるとの観潮船もあり、多くの人で賑わっています。野菜以外にも、お肉や魚などさまざまな淡路島の旬を取り揃えています。こうした珍しいしいたけの間引きなど、福良マルシェはちょっと他ではないような野菜が置いてあるので地元の人達からも人気の高い場所...

  14. #60 沼島の春祭り - チッキィのおいしい淡路島

    #60 沼島の春祭り

    沼島が一年でもっとも賑わう2日間「沼島の春祭り」人口約400人が暮らす、南あわじ市の最南端に位置する沼島。今回は、そんな沼島が一年でもっとも賑わう春祭りの様子をレポートしていきたいと思います!毎年5月3.4日と、二日間続けて開催される春祭りには、全国各地から観光客が訪れます。沼島のだんじりは、だんじり唄を歌いながら練り歩く「曳(ひき)だんじり」と、担ぎながら移動する「かきだんじり」の2種類、...

  15. #58 春の沼島ツアー! - チッキィのおいしい淡路島

    #58 春の沼島ツアー!

    淡路島から船をつかって10分で渡れる”沼島”をみなさんご存知でしょうか?国生み神話が残る島でもあり、海の上に浮かぶ上立神岩という巨石を求め多くの人が集まります。また、漁業も盛んで釣り人で知らない人はいないと言われるほど。島から島へ渡ったその先に、一体どんな景色が待っているのでしょう、春の沼島ツアーへ出発です。南あわじの船着き場から10分。淡路島へ日用品を買いに出ていた沼島の人々や、釣り人に混...

  16. #56 淡路島しふぉんの店 fortune - チッキィのおいしい淡路島

    #56 淡路島しふぉんの店 fortune

    春の味覚‟淡路島なるとオレンジ”を使ったふわふわシフォンケーキが食べられるお店今回は、‟いまが旬のフルーツを使ったシフォンケーキ”が販売されていると聞き、福良にある「淡路島しふぉんの店 fortune」さんにお邪魔して来ました。fortuneさんはオープンから12年目を迎える、淡路島でも有名なシフォンケーキのお店。ガイドブックに取り上げられることも多く、年間を通してたくさんの観光客で賑わう‟...

  17. #53 焙煎工房 Giro d' Awaji - チッキィのおいしい淡路島

    #53 焙煎工房 Giro d' Awaji

    全国のサイクリストも集う世界中のスペシャリティコーヒーを楽しめるカフェ今回ご紹介するのは、福良築地交差点に位置するこちらのお店。レンガ造りの外観と、大きな「Cafe」の看板が目印です。お店前の自販機で売られているのは、飲み物ではなくなんと自転車の修理用品!マスターの自転車好きが高じて作られたのだそう。ここは、観光客や地元民だけでなく、全国のサイクリスト達も集うカフェ。こちらがGiro d&#...

  18. #49 にんぎゃか福良んど - チッキィのおいしい淡路島

    #49 にんぎゃか福良んど

    5,000人以上の来場者が集うイベント「にんぎゃか福良んど」11月4日(日)、南あわじの観光スポット「福良」では、商店街が一日テーマパークとしてにぎわうイベント「にんぎゃか福良んど」の第三弾が開催されました。”にんぎゃか”とは、福良弁で「にぎやか」という意味。福良の街の活性化を目的として一昨年から始まったこのイベントは、回数を重ねるたびに規模が拡大し、来場者数はなんと5,000人以上!三回目...

  19. #47 KEKKOI - チッキィのおいしい淡路島

    #47 KEKKOI

    とにかく出汁にこだわる、“洋風創作うどん”が食べられるお店今回ご紹介するのは、南あわじの円行寺にあるこちらのお店。種類豊富な“洋風創作うどん”が食べられる、地元のお客さんで賑わうお店です。明るく可愛らしい店内には、女性らしいインテリアや雑貨がたくさん飾られています。うどん屋さんとは思えない、まるでカフェのような内装です。また、“来てくれたお客さま全員に楽しんでもらおう”と、細やかな仕掛けもい...

  20. #39 沼島の鱧 - チッキィのおいしい淡路島

    #39 沼島の鱧

    夏の養生食「鱧」淡路島のこの時期の旬の魚といえば、鱧。関西地方では、夏の養生食として親しまれています。南あわじ市・沼島の漁獲量はトップの徳島や和歌山と並び、中でも鳴門海峡と紀淡海峡の間に位置する沼島の鱧は、二つの海流で育つため脂のりが良く、特に絶品とされています。鱧漁は、「底引き網漁」という大きなネットですくい上げる漁が主流ですが、今回は、「延縄(はえなわ)漁」を取材させてもらいました。現在...

総件数:36 件

似ているタグ