南インドのタグまとめ

南インド」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには南インドに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「南インド」タグの記事(12)

  1. 2010年代のインド映画音楽がいつの時代にも増して面白かった件。 - エキゾデパチカ_Exodepatica

    2010年代のインド映画音楽がいつの時代にも増して面白...

    10年をひとかたまりの時代と捉えるのはもう古くさいかもしれないけど、2010年代のインド映画音楽がいつの時代にも増して面白かったし、様々な変化を感じました。「インド映画、もう踊らない」という朝日新聞の記事もあったけど、見つめ合った途端に衣装が変わっていたり、振り返ればダンサーが勢揃いしてるようなことは少なくなった気がします。そんな唐突な踊りが、この先インド映画から消えてしまったら、それはそれ...

  2. 南インド土産に - Blue Lotus

    南インド土産に

    今日も今日とて朝早くから、パニヤラム(南インドのたこ焼きみたいなもに)の作り方を教わり、朝市のポンガル・スペシャル市場に行きました。サトウキビが大量にあるのはポンガルの日に使うので。ターメリックと、下の写真真ん中にあるのは軒先に吊るすポンガル用の飾りで、しめ縄みたいな役目。朝食後はまた、お料理を教わり。午後にはポンガルのお供え米を炊く容器や小さな竈門に模様を描く所を見学。お料理の修行もしてま...

  3. チェッティナードの真髄へ - Blue Lotus

    チェッティナードの真髄へ

    マドゥライを経って、チェッティナードに移動。南インド出身の豪商コミュニティーの人々をチェッティヤールと呼びますが、彼らのお屋敷が点在する街です。移動の道中、ポンガル(収穫祭)の準備をする村や市場や椰子の木々を眺めつつ。魚も。美味しそうな蟹が売ってましたよー売ってる野菜も南インド!バナナの花や茎はもちろん、パルミラ椰子の花序なども売っています。何より、空気が綺麗で空が青い!チェッティナードと言...

  4. パリ・南インド紀行2019「フランクフルトのシュテーデル美術館へ」♪ - 八巻多鶴子が贈る 華麗なるジュエリー・デイズ

    パリ・南インド紀行2019「フランクフルトのシュテーデ...

    南ドイツの旅🎵最終日はお散歩日和♪フランクフルトのシュテーデル美術館 (Städelsches Kunstinstitut)で名画を巡る旅✨フィレンツェ随一の美女、シモネッタ・ヴェスプッチを描いたボッティチェリの『シモネッタの肖像』ともご対面で感無量💓💓💓... 「シュテーデル美術館(Stadel...

  5. ラーマーヤーナの舞台にしてシヴァ神の聖地、ラーメシュワラム再訪 - kimcafeトラベリング2

    ラーマーヤーナの舞台にしてシヴァ神の聖地、ラーメシュワ...

    滞在 2019年1月20日-22日ラーメシュワラムには、35年前に来たことがあります(^^ゞ当時はスリランカの内戦前で、タライマンナールというところからラーメシュワラムまでフェリーがでていました当時は、地元の人にとっても、バックパッカーにとってもそれがメインのルートだったので私もそのフェリーでスリランカから戻って来たんです1.交通ティルチェンドールのバススタンドから185ルピー=302円です...

  6. 日の出を見に行ってダウンしたカニャークマリ - kimcafeトラベリング2

    日の出を見に行ってダウンしたカニャークマリ

    滞在2019年1月15日-17日カニャークマリはインド亜大陸最南端であり、ヒンドゥー教の聖地ですここで2泊したんですが、早朝に海岸で日の出を待つ間、寒くて体調を崩してしまいました・・・(^_^;)1.交通マドゥライ郊外のバスターミナルからカニャークマリ近郊のナガルコイルまで210ルピー=342円、乗り換えてカニャークマリまで22ルピー=36円でしたただし、マドゥライのバスターミナルまでオート...

  7. コジコーデ(カリカット)は何はなくともビーチですね - kimcafeトラベリング2

    コジコーデ(カリカット)は何はなくともビーチですね

    ☆滞在2018年12月29日-31日ヴァスコ・ダ・ガマの船団が喜望峰を越えてヨーロッパから初めて到着した場所です1.交通カヌールからバスで3時間ほどカヌールのバスターミナルから69ルピー=182円、3時間ほどでした2.宿探し回ったあげく予算オーバーですが990ルピー=1614円のエアコン付きホテルに2泊することにしました海辺ののんびりした田舎町を想像していたんですが、意外に都会でビックリ(^...

  8. パラシニカダヴのムタパン寺院への玄関、カヌール - kimcafeトラベリング2

    パラシニカダヴのムタパン寺院への玄関、カヌール

    ☆滞在2018年12月27日-29日1.移動ウドゥピからバス2回乗り換え、合計6時間ほどバスで会った兄弟、ピアスだけじゃなく眉毛の入れ墨も早いのね(^^ゞウドゥピからケララ州のカヌールまでバスで向かいました直行があると思ったのに、なんとマンガロールとKasaragodという町で2回乗り換えなければなりませんでした(^_^;)しかし、1回の乗車は2時間弱くらいなのでどうということなし、料金は6...

  9. 南インド料理 ケララバワン - タウン情報東京都

    南インド料理 ケララバワン

    アメブロを更新しました。 『南インド料理 ケララバワン』 #タウン情報東京都 #練馬駅https://t.co/ybBDyJw58g タウン情報東京都 (@townjoho) 2018年2月7日

  10. [8/11 山の日] 「ぷちケララトリップ南インドに浸る1日」ビリヤーニとバジャンの会! - MOKSHA ayurvedic life

    [8/11 山の日] 「ぷちケララトリップ南インドに浸...

    サジンのビリヤーニは、ベジなのに恐ろしく美味しいです。今年もビリヤーニの日がやってきます!!昨年、ある生徒さんのたっての希望で、開催することになったビリヤーニの会。今年もまた一緒に作りましょう!と言うか、私が食べたい。。なぜなら、レストランのビリヤーニより、数倍おいしいから。。インドでも散々食べたが、やっぱりサジンのレシピがいちばんだっ!!ビリヤーニの付け合わせも、サジンが力を注いでいろいろ...

  11. 『Premam』『Bangalore Days』ニュージェネレーション - OSOに恋をして

    『Premam』『Bangalore Days』ニュー...

    さて、このところずっと夢中になってるマラヤラム映画から2本紹介。マラヤラム映画と言えば、御大スター様も南インドな太った髭のオジサンが義に篤く正義を見せてくれるような映画を作ってきている印象が私にはありますが、2010年代になってからその様相が大きく違ってきています。タミルは元々映画の製作も長く名作も生み出していますが、テルグはIT関連産業地のハイデラバードの躍進で映像含めてものすごい躍進を遂...

  12. 魅惑のCarnatic Music - Spiral Rhythm

    魅惑のCarnatic Music

    年末は、南インド、チェンナイで8泊。久しぶりのインドの市場調査(...つまり買い物)と、恒例の南インド古典音楽(Carnatic)フェス、"December Season" に顔を出すための、ご褒美旅行。Gayathri Venkataraghavan (vocal)Dr. M. Narmada (violin) / Neyveli S. Skandasubramania...

総件数:12 件

似ているタグ