南丹市のタグまとめ

南丹市」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには南丹市に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「南丹市」タグの記事(20)

  1. 紅葉 28京都府 - ty4834 四季の写真Ⅱ

    紅葉 28京都府

    南丹市多治神社毎年この時期には終わっていたのでスル-でしたが少し残っている様でしたので帰りに初めて寄って見ました画像をクリックすると大きくなります11月21日撮影M.ZUIKO ED 12-100mm F4.0 IS PRO

  2. 紅葉 27京都府 - ty4834 四季の写真Ⅱ

    紅葉 27京都府

    南丹市岡安神社八木町から日吉町、同じ市内でもかなりの距離今年は散紅葉がちょうどよかった画像をクリックすると大きくなります11月21日撮影M.ZUIKO ED 12-100mm F4.0 IS PRO昨日のメタセコイア並木は5:30着、一番北のⓅに一番乗りでした6時過ぎからカメラをセットし7時前には大勢の人たちで溢れかえってきました8時前には帰途に中間地点は道路まで人が溢れかえっていました

  3. 紅葉 26京都府 - ty4834 四季の写真Ⅱ

    紅葉 26京都府

    南丹市 八木町西光寺行くのが若干遅かった気もするがまずまずの紅葉でした画像をクリックすると大きくなります11月21日撮影M.ZUIKO ED 12-100mm F4.0 IS PRO明日はメタセコイア並木へ行く予定なので予約投稿です

  4. 紅葉 22京都府 - ty4834 四季の写真Ⅱ

    紅葉 22京都府

    南丹市 園部町龍隠寺二度目の訪問参道に真っ赤な落葉が敷詰められていた画像をクリックすると大きくなります11月18日撮影M.ZUIKO ED 7-14mm F2.8 PROM.ZUIKO ED 12-100mm F4.0 IS PROM.ZUIKO ED 40-150mm F2.8 PRO

  5. 紅葉 18京都府 - ty4834 四季の写真Ⅱ

    紅葉 18京都府

    南丹市摩気神社龍隠寺は少し早かったので再度挑戦立派な茅葺の社殿画像をクリックすると大きくなります11月11日撮影M.ZUIKO ED 12-100mm F4.0 IS PRO

  6. 美山徘徊2020秋の茅葺を見る2 - 祭りバカとは俺の事(仮)

    美山徘徊2020秋の茅葺を見る2

    さて、集落へ・・・当日は晴天、暑いくらいでした。用水が流れ昔はだいこんなんか洗ってたんでしょうね。もともと雪深い為屋根の上部の雪きりの構造が良く判ります。土手に彼岸花が群生してます。日本海へ注ぐ由良川です。稲木干しの光景も今ではなかなか見ることが出来ません。トンボも見かけることが少なくなりました。折角なので「きたむら」さんで御蕎麦を蕎麦の花を見ながら頂きました。帰りは道の駅「美山ふれあい広場...

  7. 美山徘徊2020秋の茅葺を見る1 - 祭りバカとは俺の事(仮)

    美山徘徊2020秋の茅葺を見る1

    滋賀から近くて遠い茅葺集落の美山へ白川郷、菅沼、相倉、東北大内宿と訪ね一番近いそうそう美山がup出来てませんでした。行きは名神⇒京都縦貫で一路美山へ110kmの行程です。美山到着。彼岸花と蕎麦の花が迎えてくれました。茅葺家屋は多々あるそうですが、ここ「北」集落は50戸中39棟が茅葺です。畔の一本道・・・・懐かしい情景です。実家に帰った様です。集落入口の赤ポストです。私の小学生の頃はこれしかあ...

  8. 桜22京都府 - ty4834 四季の写真Ⅱ

    桜22京都府

    南丹市 八木町阿弥陀寺前の大堰川堤の桜並木画像をクリックすると大きくなります4月4日撮影M.ZUIKO 12-100mm f4.0 IS PRO

  9. 桜 21京都府 - ty4834 四季の写真Ⅱ

    桜 21京都府

    南丹市 八木町池上院紅しだれ咲く境内に誰もいない画像をクリックすると大きくなります4月4日撮影M.ZUIKO 12-100mm f4.0 IS PRO

  10. 美山に行く5 - 写楽彩2

    美山に行く5

    かやぶきの里バス停向かいのバス停

  11. 美山に行く4 - 写楽彩2

    美山に行く4

    かやぶきの里

  12. 美山に行く3 - 写楽彩2

    美山に行く3

    かやぶきの里観光地化してるけれど個別の家を撮るのに気が引ける風景の一部な感じにした以前は破風も撮ってた

  13. 美山に行く2 - 写楽彩2

    美山に行く2

    かやぶきの里

  14. 美山に行く1 - 写楽彩2

    美山に行く1

    天橋立の帰り京丹波わちICから府道でかやぶきの里へポストの風景画像的には以前のほうがちゃんと撮ってる

  15. 新緑色に癒やされて瞳と心に潤いの時間 - あ お そ ら 写 真 社 

    新緑色に癒やされて瞳と心に潤いの時間

    野山が鮮やかな緑色に染まって清々しい季節、三年前に見つけた人工池の畔で新緑色に心癒やされてきました。前回も同じ季節でしたが生憎の雨(雨を狙ってたのだけど思いの他激しい降りとなった)で、じっくり撮るのは今回が初の事。と言っても日没が迫っているので、かなり急ぎ足です(汗)杉の山林を背に水辺は雑木林になっている池。木々の根の周囲が水に侵食されて、こんなにどっぷり浸かりっぱなしでも、根がっ腐ったりし...

  16. わざどころPON主宰 藤村香菜子さん - 出町マルクト

    わざどころPON主宰 藤村香菜子さん

    藤村香菜子kanako fujimura 1990年名古屋生まれ。京都市立芸術大学美術学部工芸科卒業わざどころPON 主宰http://wazappon.link藤村さんは、大学生のころから友人の作品を商店街や百貨店やバーなどの空きスペースを借りて展示販売する活動を行っていました。卒業後はブライダル会社のデザイナーとして勤務しつつ、地域振興系のNPOの広報などの仕事を経て地域おこし協力...

  17. 南丹市内の亀岡盆地の愛宕灯籠 - 手抜かりでした

    南丹市内の亀岡盆地の愛宕灯籠

    園部町では南丹市の観光パンフを紹介しましたが、同じものでも仕方ないので、市民向けの市勢要覧というのを紹介いたします。表と裏で別になっております。この地図でも四分割されているというか、市の成り立ちがそもそも四つの地域の合併なのですね。位置的には下から二つ目、園部町の一つ上の東側が八木町です。市役所は園部にありますし園部の方が有名なのですが、起源的には八木の方が古いようです。山陰街道が一筋通って...

  18. 南丹市園部周辺の愛宕灯籠 - 手抜かりでした

    南丹市園部周辺の愛宕灯籠

    どうしてこういう行政区画をしてしまったのか、南丹市。北は茅葺屋根の集落で有名な美山から、南は先日亡くなった野中広務で有名な園部町まで、どう考えても全然違う文化圏を含んでいます。南丹市がきれいな観光ガイドを出していて、地図もついていますので、ぜひご覧ください。力作だと思います。さて、山陰街道をウィキペディアで見てみます。京の七口の一つとされる丹波口を起点として、樫原を経由し老の坂を越えて丹波国...

  19. 京都南丹市花火大会2017 - 時の流れに身を任せ…

    京都南丹市花火大会2017

    戦後間もない頃に始まり、南丹市として合併した今でも、旧八木町の伝統の名物行事となっている花火大会(旧名:南丹市やぎの花火大会)です。大堰川の川上から灯ろうが流される中、スターマインやナイアガラなど約5000発の花火が川面と夜空を彩ります。情緒あふれる風景と、体中に響き渡る打ち上げ音が魅力です。所在地:〒629-0141京都府南丹市八木町八木開催期間2017年8月14日19:30~20:30※...

  20. 美山の秋 - あ お そ ら 写 真 社 

    美山の秋

    少し前になりますが京都の北、南丹市美山町「美山かやぶきの里」へ行ってきました。自宅からだと車でたっぷり1時間半(片道54キロ)は掛かるので意外に遠いのですが、その価値は充分にある場所です。そこは現代から時代を遡って訪れるような時間と距離なのかも知れません。※それでも山をいくつもくり抜いてトンネルが通り、道が整備されたので随分と楽になりました。近年は雪が少なくなった京都ですが、やはり此処は北の...

総件数:20 件

似ているタグ