南国交通のタグまとめ

南国交通」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには南国交通に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「南国交通」タグの記事(22)

  1. 保佐山 - リンデンバス ~バス停とその先に~

    保佐山

    緑のトンネルを抜けてくる南国交通。下田から吉野へと上がっていきます。竹藪の前に、保佐山です。南国バスが来ます。

  2. 中央高校前 - リンデンバス ~バス停とその先に~

    中央高校前

    レトロな外観が特徴的な鹿児島中央高校。高校前の通りは、旧林田バスの中央駅経由が通りますが、この向きで走るのは市営バスの10番線のみです。高齢者福祉センター伊敷ってのがいまだにどこなのかピンとこないです。行先表示が変わったときに、中草牟田・玉江橋を強調する表示になったような気がします。送り込みの甲南高校前始発の西高校前行きも今は昔。南国交通の高速車も目の前を走っていきましたが、ここではあまりお...

  3. 西方駅前(にしかたえきまえ) - さつませんだいバスみち散歩

    西方駅前(にしかたえきまえ)

    今日から7月。梅雨明けはまだですが、台風が近づいているせいか、陽が差したりザッと雨が降ったりと、めまぐるしく空模様が変わる一日でした。この時期になってくると、青い空が恋しくなります。そして青い海。切っても切れない組み合わせです。2015年7月25日撮影

  4. 火力発電所(かりょくはつでんしょ) - さつませんだいバスみち散歩

    火力発電所(かりょくはつでんしょ)

    港町にある九州電力川内火力発電所は、昭和49年に1号機、昭和60年には2号機が稼働をはじめたそうです。それぞれ50万キロワット、合わせて100万キロワット(おおよそ35万世帯分)の出力がある、規模の大きな火力発電所です。私の記憶では早い時期から「火力発電所」行きの表記がある時刻表を家に貼ってあった覚えがあるので、通勤目的にも需要があったのではないのかと推測するのですが、現在は「土・休日」のみ...

  5. 湯之浦下(ゆのうらしも) - さつませんだいバスみち散歩

    湯之浦下(ゆのうらしも)

    今年の桜は早くに終わってしまったにもかかわらず、まだ4月なので桜の画像を。川内川河口に位置する、船間島工業団地の水路沿いに桜並木があります。バスの写っている辺りに「湯之浦下」停留所。そこから少し山手へ入ったところに、湯島温泉があります。以前は立ち寄り入浴が可能でしたが、現在は宿泊者のみとなってしまったようです。二十数年前に入浴したことがありましたが、薬草を詰めた袋を浴槽に入れてあり、匂い、色...

  6. 尾原 - リンデンバス ~バス停とその先に~

    尾原

    終点の尾原。バックで駐車して一休み。南国バス特有のミニミニバス停も少なくなってきました。エアポートシャトル色が来たのもいい思い出です。

  7. 大前 - リンデンバス ~バス停とその先に~

    大前

    大前。渋川駅から続く吾妻線の終着駅です。普通列車も殆どが一つ手前の万座・鹿沢口駅で折り返しますから、ここまで来るのはごくわずか…って、そっちの大前じゃなかったか(ごくわずかなのは間違いではなかったようです。尾原は伝統的に出水営業所管内のバスが来ていましたが、ダイヤ改正で川内管内のバスが来るようになりました。しかし行先幕がない為、紙で表示しておりました。

  8. 学校前(田代・尾原線) - リンデンバス ~バス停とその先に~

    学校前(田代・尾原線)

    梅の花が咲くころ。尾原線が廃止らしい、と聞いて慌てて撮りに行きました。まず思い浮かんだのがこの狭隘路。路上駐車の軽トラたちも、バスの時間が近づくと、移動したりと、田舎らしい光景が広がっていました。バス停。南国バスが来ます。バス停前の商店もそろそろおやすみかなあ…。いい味を出している池田パン。里山の春を感じながら、バスは思い出になりました。

  9. 弓木野線 - リンデンバス ~バス停とその先に~

    弓木野線

    尾原は踏切を渡りますが、弓木野は線路の下をくぐります。青空のもと、快走する南国バス。川内営業所にいる、エアポートシャトルっぽい普通の路線用の車。たまに川内~阿久根や京泊線などを走っています。終点の弓木野に佇むバス。普通の色の南国バス。弓木野。この先には何もないだろうな~という、最後の集落です。山を越えると、上宇都川路や枇杷野なんですが…なかなか壮絶な山道です。弓木野と尾原が載っている阿久根駅...

  10. 農協前(阿久根) - リンデンバス ~バス停とその先に~

    農協前(阿久根)

    踏切を渡るバス。この踏切、少しカントが付いており、低床のバスだとスレスレでゆっくりと通過していました。センターラインの無い旧道を行きます。いい感じの幅の旧道と民家。農協の前に農協前。農協前。阿久根のローカル線、弓木野と尾原も3月いっぱいでした。

  11. 山野駅 - リンデンバス ~バス停とその先に~

    山野駅

    南国バスの山野駅。バス停がすごくシュールな位置にあります。西山野行きと水俣行が交互に。水俣行きは空港からの便です。ほどほどに狭い県道をバスは走ります。反対側もいい雰囲気。空港行は3本。宮之城町虎居南国交通裏の極楽温泉。平成20年に廃業したようです。昔は鉄道が来てたという賑わいは、今では一切感じられないです。

  12. 「三十番」の名の由来を探る。三十番(さんじゅうばん) - さつませんだいバスみち散歩

    「三十番」の名の由来を探る。三十番(さんじゅうばん)

    薩摩川内市の北の玄関口、西方町の阿久根市境にある「三十番」停留所。すぐそばにある旧国鉄鹿児島本線、現在の肥薩おれんじ鉄道の踏切名も「三十番踏切」。子供の頃からその名称の独特さに、いつも気になってはいたのですが、その名の由来を知りたいと考えたのは、このブログを書き始めてからです。それからほどなく、撮影位置に近いお宅に仕事で伺う機会があり、その方も地域で二番目に長老の男性(八十歳代)でしたが「公...

  13. 木場 - リンデンバス ~バス停とその先に~

    木場

    集落を抜けて、もう少し進むと、終点の木場です。これが終点に佇むバスです。秘境路線バスをゆく3にて紹介されている終点の写真は、公民館前です。木場。青葉台団地中央…ついこの間まで走っていましたね。到着便のご案内まである、よい時刻表。バス停から階段を上がったところにある、公民館は、木場出張診療所として、週に数日機能しているようです。いい雰囲気の建物。終点から10分ほど歩いていくと、薩摩川内市との市...

  14. 木場線目次 - リンデンバス ~バス停とその先に~

    木場線目次

    秘境路線バスをゆく3(イカロス出版) で紹介されました、南国交通木場線のまとめです。帖佐駅上名上名(2)池平池平(2)公民館前(木場)上中甑内甑堂山堂山下岩井田岩井田(2)木場

  15. 岩井田(2) - リンデンバス ~バス停とその先に~

    岩井田(2)

    最後の一区間、岩井田から木場の間は、本当に濃いです。といっても、何もない景色が続くのですが。ヘアピンカーブを抜けて、高度を稼いだ先は…何もない。ひたすらにバスは走ります。一本道の、杉の木の間を抜けます。この木の間を抜けると、いよいよ木場の集落です。

  16. 堂山 - リンデンバス ~バス停とその先に~

    堂山

    いよいよバスは堂山へと差し掛かります。この辺りから、堂山の集落が見え、ホッとします。木場から下ってきたリエッセ。3往復はリエッセが走るみたいです。堂山。右側に写っている小さいのが、バス停。南国交通名物、ミニミニバス停。基本的にミニバス停や古いバス停は、貴重な文化遺産を保護する名目でネットにはさらさないのですが、ここはいいんじゃないかな、と思って載せます。鹿児島の、このくらいの田舎の個人商店っ...

  17. 堂山下 - リンデンバス ~バス停とその先に~

    堂山下

    山にへばりつく様にして、上へ上へ。この辺りは、バス通りから下った、平地に集落があります。堂山下です。少し前まではこの路線も鹿児島営業所管内だったらしく、バス停も鹿児島市内の西田橋の再利用です。

  18. 内甑 - リンデンバス ~バス停とその先に~

    内甑

    上中甑を過ぎると、再び集落が途切れて、山を越えます。このトンネル、なんか鬱蒼としていていい雰囲気です。内甑。割とちゃんとした小屋もあります。

  19. 上中甑 - リンデンバス ~バス停とその先に~

    上中甑

    上中甑をゆく南国バス。田園風景が続きます。バス通り。ほどほどに狭い道が続きます。日石三菱のスタンド跡。商店跡の隅に、上中甑。

  20. 公民館前(木場線) - リンデンバス ~バス停とその先に~

    公民館前(木場線)

    上名から森へ入り、池平を抜け、少し開けた人の営みを感じられる場所。公民館前です。県道が分岐するところにバス停はあります。あいら交通のコミュニティバスは、どうやら右へと曲がっていくみたいです。

総件数:22 件

似ているタグ