南野陽子のタグまとめ

南野陽子」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには南野陽子に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「南野陽子」タグの記事(29)

  1. ホクロに込められた願い - ラーマの日記

    ホクロに込められた願い

    今日の夕方に気が付いたのは、南野陽子さんの顎のホクロの意味だった。将棋ではタイトル・ホルダーや高段者は「王将」を持ち、下位者は「玉将」を持つというルール があるのだが、「玉将」を持つことは、地に足を着ける意味でも、精神衛生上でも良い影響を与え る気がするが、「王将」を持つことはプライドの高さを養成してしまう気がして、なんかヤだった 。それで、「玉」という文字をボンヤリ考えていたら、『もしかし...

  2. 南野陽子断食を終えて - ラーマの日記

    南野陽子断食を終えて

    島田さんに浮気した自分に反省し、「あんまり観ないようにしよう」と南野さんの動画観賞を自粛していたこの・・・えーと・・・数日ほどの時間は、私に意外な副産物を齎した。「瞑想を真剣にやってみよう」 という気が強くなったのだ。あれは確か一ヵ月くらい前だったか・・・ ルドルフ・シュタイナーの本を読んでいて、瞑想の大事さを実感し、少しずつ始めたのだが、やはり本気になれたのは、浮気した自分への嫌気だったと...

  3. スケバン刑事と宇宙刑事 - ラーマの日記

    スケバン刑事と宇宙刑事

    南野陽子兵庫県伊丹市山本太郎兵庫県宝塚市何かある・・・・・・ 天の意志を感じる・・・ 確かな運命の導きを。山本さんの応援演説に最適なのは、芸能界先輩の南野さんしかいない。南野さんがスケバン刑事に選ばれた理由・・・ それは、法と正義がその胸に宿る人だからにほかならない。一方で山本さんの願いは、この国に生きる人々の救済。この二人の人格の一致性は何を意味するか?菩薩なのだ。そう見られていないだけで...

  4. 「楽園のDoor」は利他の歌 - ラーマの日記

    「楽園のDoor」は利他の歌

    維摩経の中で維摩は、「菩薩は、飢えた獣に自分の血肉を与える」と言ってた気がする・・・。「話しかけたかった」と「パンドラの恋人」が、「彼と私」という狭い領域の愛を表現した歌だとすると、「楽園のDoor」は高純度の愛が結晶化した、愛の歌だと言うことができる。つまり、為政者が歌うべき歌だ。もうすぐ橋が激流に飲み込まれ、流されてしまうという時、二代目スケバン刑事の南野さんは言うのだ。「ウチは後でいい...

  5. 2人からのモーション - ラーマの日記

    2人からのモーション

    画像参考元https://www.bilibili.com/video/av53398223?from=searchseid=860549290060641780https://www.bilibili.com/video/av22853572/?spm_id_from=333.788.videocard.13南野陽子さんと島田奈美さんが、なぜか私に好意を持っているという設定で最近妄想してい...

  6. 南野陽子賞の創設 - ラーマの日記

    南野陽子賞の創設

    文学では芥川賞、直木賞がある。将棋では新手の創出に升田幸三賞、詰将棋界では、ハッとするような詰手順の創作者に看寿賞が贈られる。文学のことはよく分からないが、将棋の升田幸三賞などは、「二手目3二飛戦法」など、それまで見たこともない手が創造されて将棋の可能性を広げたりするので少しは分かる。詰将棋については正直、「柿木将棋Ⅸ」という神ソフトの力も借りて現代の作家は作るようなので、伊藤看寿のように、...

  7. みつばちナンノの可愛さに負けた - ラーマの日記

    みつばちナンノの可愛さに負けた

    https://www.bilibili.com/video/av40805246?from=searchseid=17161665888803103645この映像内の南野さんは、輝いてる。おそらく、志村けんさんの人格が、彼女に安心感を与えているのだと思う。志村さんを上目使いに見上げる南野さんの笑顔は、一人の男に身を委ねる女の心情を、余すことなく表現している。考えてみると、志村さんと仕事する...

  8. 世界遺産としての南野陽子 - ラーマの日記

    世界遺産としての南野陽子

    出典は忘れたが、かつてNBAドリームチームがオリンピックに出場した時に、シカゴ・ブルズのスコッティ・ピッペンは、「マジック(ジョンソン)とプレイしていると、“これぞバスケット!” という感じがするんだ」と、雑誌かビデオのインタビューで答えていた。私は南野陽子さんの動画を観る度に、「これぞ女!」という、抑え難い感動を体験する。「神は真・善・美である」と言われるが、聖者ラマナ・マハリシも、善・愛...

  9. 南野陽子と南中高度 - ラーマの日記

    南野陽子と南中高度

    南野さんは1967年6月23日に誕生。「夏至(6月22日ごろ)です。太陽は真東の北よりから昇り、真西の北よりに沈みます。1年で太陽の南中高度が最も高く、昼が最も長い日です。」参考http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/taiyo2.htmlその日、神戸は曇り後、雨だったらしい。※伊丹市で出ないので、神戸で調べました。https://weather.goo.ne.jp...

  10. 南野先生と私 - ラーマの日記

    南野先生と私

    「話しかけたかった」の振り付けは難しい。特に、「通り過ぎた彼とポニーテール」の後の、両手をネコニャン風にしてやるのが・・・・・難しい。最初の、「いつか振り向かせたい人」の後の、マイクに人差し指をチョンチョンとやるのは簡単だ。この振り付けが、もし南野さん本人によるオリジナル振り付けなら、改めて恐るべき女だと認めざるを得ない。一見簡単そうに見えて、そうではないから。「指をマイクにチョンチョン」を...

  11. 南野家と観音経 - ラーマの日記

    南野家と観音経

    「妙法蓮華経 観世音菩薩普門品 第二十五」にはこうある。「もし女人ありて、もし男(おのこ)を求めんと欲して、観世音菩薩を礼拝し供養せば、すなわち福徳、智慧の男を生まん。もし女(めのこ)を求めんと欲せば、すなわち端正有相の(ととのえる姿の)女の(めのこの)、むかし、徳本を殖えしをもて衆人に愛敬せらるるを生まん。」原典の、サンスクリット語からの現代語訳「また、息子を欲しがる女性が偉大な志を持つ求...

  12. 南野さんとの日々(13) 手編みのセーター - ラーマの日記

    南野さんとの日々(13) 手編みのセーター

    南野陽子さんの、「さよならのめまい」という曲のジャケットを見ていた時、ふいに次のような妄想が私を包み込んだ・・・。陽子と迎える冬も、もう幾年・・・我が家で毎年行われるイベントの一つには、妻が私にプレゼントしてくれるセーターの授与がある。私はサイババの教えに従い、妻を専業主婦として家事に従事させているが、彼女はその時間を有意義に用いて、家族を喜ばすための技術習得に余念がないようだった。その技は...

  13. 宝物をゲットした夜 - ラーマの日記

    宝物をゲットした夜

    TRFの歌の中に、「人生の宝さがしだね」というのがあるのだが、今日は宝を掘り当てたと言えることがあった。この南野陽子さんの写真だ。https://twitter.com/Pastel_Touch/status/1169566879196663809ツイッターに、しのしさんという強者(つわもの)がおられるのだが、その方がフォローする人を見ていたら、この写真に出会えた。なんて言うかなー ・・・。...

  14. 南野女子学院の理念 - ラーマの日記

    南野女子学院の理念

    校歌は「話しかけたかった」以下、学長の言葉。「この女子校は、たとえ理想の男性がいても、これまで一度も話しかけられないほどの純情が胸に宿る、そんな女性像を実現する唯一の学校として創建された経緯があります。みなさんはあらゆる女性が本来そうあるべき婦徳の真髄を体得するために、この校舎を選んだのだということを、常に念頭に置いて、学業に励んでください。」以上。校則の中で最重要なのは、「ストレート・ロン...

  15. 南野さんとの日々(12) 子供の教育に悩む - ラーマの日記

    南野さんとの日々(12) 子供の教育に悩む

    舞子の次に我が家にやってきた妹の弥生です。妻は、「二番目は男の子で名前は達也」とずっと言っていたのですが、その願いは叶うことなく、女の子の誕生となりました。たとえ女の子でも、「や」という音は入れたいと言うので、色々と悩んだ末に弥生としました。教育については、ほんと悩みますね。インドのカーストでは、高位の者ほど高潔でないといけないので、行為の純粋性を維持するために、計算などから遠ざからねばなら...

  16. 南野陽子と「インドマグロ」 - ラーマの日記

    南野陽子と「インドマグロ」

    「インドマグロ」の赤身。普通のマグロと天と地ほどに違うのはその味で、「まったく次元の違う食べ物」という美味しさだった。19歳の頃にダイエーでバイトしていた私は、主な担当として魚を焼いていたのだが、同じ鮮魚部の女性が 、「これ食べてみ」ということで、ワサビと醤油付きでカットした赤身を持ってきてくれた。で、食べたらあまりの美味しさにたまげましたね。歯応えから味から、それまで食べていたマグロの印象...

  17. 「楽園のDoor」について - ラーマの日記

    「楽園のDoor」について

    この歌の詞の内容は、全作の中で1番、哲学的というより、霊的なメッセージを多分に含んでいる。「陽だまりのような、あなたを抱きしめたい」というのは、そのまま神に対する信愛から来ている。つまり、いつかイエス・キリストのように、あなたと一体化したい、という思いを表しているのだ。「陽だまりの、窓辺から、凍える街並み見下ろすの」で曲が始まっているのは偶然でない。曲の最初に神の栄光を言い表すことで、至高者...

  18. 南野さんからの離脱・・・・・・ - ラーマの日記

    南野さんからの離脱・・・・・・

    ・・・・・・できん。まだダメだ。今日も幾らか妄想した。階段の木陰に座って、十代の若妻である彼女に語りかけるのが多い。たとえイメージの中でも、手にも触れない。なんか神聖な感じがしてダメなのだ。南野さんは。プージャの効果なのか、アンマのダルシャンの影響なのか知らんが、スケベな欲求が起こらないのだ。現在、ケートゥが射手座から獅子座にアスペクトしてるからかもしれない。無執着さが増すとか・・・。思えば...

  19. 南野陽子とキチェ・サージャリアン - ラーマの日記

    南野陽子とキチェ・サージャリアン

    「恵み大き豊かなる御手その光溢るる懐かしき郷(さと)樹々の温もり主の微笑みすべてを遍く潤す何もかもが ここより始まる至上の楽園主の御手にあり」「指に触れる優しい木漏れ日すべてではなくこの こぼれ落ちる分だけでよいから恵みを主よ 恵みを我ら生ける者たちにもどうか 照らしたもう」「ぼくの地球を守って」 白泉社 より日渡 早紀 著キチェ・サージャリアン(キチェス)という、地球でいう巫女さんのような...

  20. アン王女と南野陽子 - ラーマの日記

    アン王女と南野陽子

    「ローマの休日」に登場するアン王女の服装は、南野さんの「話しかけたかった」歌唱時の衣装にかなり影響を与えていると思う。また、南野さんの細いウエストは、オードリー・ヘップバーンのそれに負けてないので、ご本人も少しその辺は意識していたかもしれない。「ジャスト・カット センキュウ」と言ってオードリーがショートにカットしてもらった場面は、南野さんには受け入れられなかったのではないかな・・・?。だから...

総件数:29 件

似ているタグ