博多のタグまとめ

博多」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには博多に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「博多」タグの記事(57)

  1. 菊理姫 の 里 - 《 磯 良 の 海 》

    菊理姫 の 里

    那珂川 と 背振山遠い記憶です季節 は 晩秋 朝早く 起きて 庭にでると 霜柱が立っていました民家の屋根の上から 《背振の山々》が見えます山頂付近には 雪が降ったのでしょう 白く輝いていました背振 が 白くなると 雪が近いぞと 冬支度を急いだものです背振山 は 私の原風景のひとつです比叡山 延暦寺これまで 私は〈比叡山〉〈信貴山〉〈英彦山〉〈国東〉と神仏習合の霊山を訪ねてきましたいずれも 修...

  2. 当店のオススメ飲食店情報。 - highlife Times

    当店のオススメ飲食店情報。

    自分のお気に入りの衣類を愛用するとどこかへ出掛けたくなる。そして自分のお気に入りのアイテムを着用して美味しいモノを食すると満足感は倍増します。そんな方々に今回は福岡の美味しいグルメ情報としてこのお店を今回はご紹介します。それがコチラ。コチラのお店は博多にあるお店ですが自分は同じ名前の下大利のお店にも行ったりします。今回は博多の「安兵衛」さんのご紹介です。リーズナブルに美味しい焼き鳥が食べられ...

  3. tour de HAKATA - 部屋と458と私

    tour de HAKATA

    知人の結婚式へ、3泊4日の博多旅行あっちの人はみんな地元大好きで「博多いいところでしょ!?」とかなりの圧で迫ってきますが事実いいところです。チマチマ撮影してきたのでパパパッと振り返りましょう。day1到着即レンタカーでドライブ。太宰府天満宮は凄まじい量の人太宰府天満宮の参道のオシャスタバ 混んでるday2結婚式からの天神~大名(地名です)ぶらぶら繁華街をシルビアが行くday3長崎の佐世保へ。...

  4. 海賊大将になりたかった男  ③ - 《 磯 良 の 海 》

    海賊大将になりたかった男 ③

    明治時代の地図 と 博多灯台村上義太郎 の 手がけた事業は世間を あっと言わせた 仕事ばかりでした明治13年 3月甘木の富豪 佐野弥平 と組んで 海軍輸送船「 高 尾 丸 」を政府参議 大隈重信 の斡旋で 買い取り東京 博多間 の 海運業 を始めました博多湾に浮かぶ 蒸気船 から運ばれてくる 新時代の文明を博多人は誇らしく思ったことでしょう驚きの ひとつ が 「 博 多 灯 台 」です海運...

  5. 博多で大当り - emptynest2

    博多で大当り

    食事の後は地下鉄で観光へ。まず向かったのは、博多どんたくや山笠が行われる櫛田神社に向かいました。鳥居から神社までの間にも見所いっぱいで、あちこち寄り道。古いお屋敷が開放されていて、機織りの実演が見られました。櫛田神社到着。山笠が見られる会館があるという事でしたが、境内に立派な山笠が飾られていたので、それで満足しちゃいました。神社の裏側はキャナルシティに繋がっていて、通路沿いにあった展示場に入...

  6. 11月クンルン博多練習会 -                                                  クンルン九州

    11月クンルン博多練習会

               11月 クンルン博多 練習会のお知らせ       朝夕は秋を感じますがまだまだ日中の日差しは夏ですね。      地球とともに変化していきましょう。      天と大地と融合できますようにボディを変容させていきましょう。              日時 11月18日(土曜日)18:00から21:00       場所 警固神社 2階長慶      会費 3000円  ...

  7. 海賊大将になりたかった男  ② - 《 磯 良 の 海 》

    海賊大将になりたかった男 ②

    戊辰戦争戊辰戦争に 出征した 村上義太郎 の 隊 は 江戸に着くと 木更津 で 待機します上野の戦争が始まったと聞き 急ぎ駆けつけるも時すでに遅く 戦闘は終り 彰義隊も潰滅した後だったのでしたこの時 義太郎 は 将来を決する貴重なヒントを得ます それは戦時における 迅速な軍備弾薬の輸送がいかに大事かということでした福岡の文武館に戻ると 藩の参事となった 月形から 藩公からの指示で大阪教導団...

  8. 新幹線で博多日帰り - emptynest2

    新幹線で博多日帰り

    日記が前後しましたが、9月の最終日、娘と孫を共なって、博多日帰り旅行に行ってきました。新聞に入っていた阪急トラピックスの旅行チラシで、往復新幹線利用に博多の地下鉄一日乗車券がついて、一人11400円なりという、格安旅行発見。孫は新幹線に乗ったことがないし、私達も久しぶりということで、即決でした。乗車時間は旅行社からのチケット待ちでしたが、新大阪7時半頃ということで、ちょうど良い時間でした。私...

  9. 海賊大将になりたかった男  ① - 《 磯 良 の 海 》

    海賊大将になりたかった男 ①

    村上義太郎 愛車の前で明治維新は 6000人もいた 黒田藩士にとって多難の時代の始まりでした 福岡を離れ 帰郷して 鍬を持った者 や 福岡に残って 慣れない町人の手仕事から 生業を始めた 藩士など 文明開化の流れは そこに 多くのドラマを生みだしていったのでした『海賊と呼ばれた男』で 一躍 有名になった 出光の創業者出光佐三 は 宗像市赤間の 藍玉問屋の息子でしたが 士族ではありません福岡に...

  10. *2017年の鳩みくじ* - *つばめ食堂*

    *2017年の鳩みくじ*

    2017年の鳩みくじで運試し。今年も開運箸だと、三年連続なんだけど!?結果は…吉…幸福砂糖…(+_+)新規のことに手を出すは凶…ワタクシの仕事は営業ではないけれども…

  11. *筥崎宮 放生会 2017* - *つばめ食堂*

    *筥崎宮 放生会 2017*

    筥崎宮 放生会 に行ってきました。生命を慈しみ、秋の実りを感謝するお祭り。そして、博多に秋の訪れを知らせるお祭り。振り返ると…すごい人でいっぱい。今年から、放生会限定おはじき販売中止のお知らせ。箱崎に住んでいた時から買えなかったけど。福岡のプロスポーツチームの優勝祈願、必勝祈願、昇格祈願奉納絵馬。ホークス、パ・リーグ優勝決めました!アビスパ、J1昇格なるか。コカ・コーラ、まじでがんばってもら...

  12. 一口餃子 博多バスターミナル店 - りょういちの気ままに気ままに

    一口餃子 博多バスターミナル店

    餃子は、好きな食べ物3位以内にはいるでしょ~~そんな大好きな餃子の中でも、すこぶる美味しい一口餃子!!豚の旨みと、お野菜の甘味がたまらんのです。と、言いながら3回目のお久しぶり。ターミナルビルといっても、飲食街のある上層階は、ゆっくりしてます。平日しか行けないし、解らないのですが。釜揚げメニューがそそります。変にこじゃれてなく、制服も黄色のTシャツで、庶民感家庭感、身近感をアピール・・・考え...

  13. 【元祖博多だるま 博多デイトス店】 - ラーメン備忘録

    【元祖博多だるま 博多デイトス店】

    全部のせラーメン¥1100博多セット¥1000福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多デイトス 2F 博多めん街道

  14. 博多旅行(22)博多旅行の〆は餃子で・・・旭軒 駅前店 - たんぶーらんの戯言

    博多旅行(22)博多旅行の〆は餃子で・・・旭軒 駅前店

    1泊2日の短期間でしたが、猫島やお祭りとか、念願の博多の水炊きとか、盛りだくさんの内容でした。 そして、博多旅行の〆は、餃子! 「なんで、餃子? やっぱり、博多はラーメンでしょう。」という人も多いかもしれませんが、何しろ、JR博多駅からもほど近い「旭軒」さん。この餃子屋さん、とにかく美味。博多の人で、ご存知無い方はおられないと思います。 絶対外すわけにはいかないのであります。 酢もつ今回の...

  15. 博多旅行(21)博多のビル街に佇む日本庭園「楽水園」 - たんぶーらんの戯言

    博多旅行(21)博多のビル街に佇む日本庭園「楽水園」

    楽水園は博多駅近くのオフィス街の一画にある日本庭園。 この場所は、明治39年に博多商人、下澤 善右衛門 親正が住吉別荘を建てた跡地。 池泉回遊式の日本庭園は、野点が出来る広場を配した、憩いの散策コースとなっており、自然石を配した滝口が風流な景観を一層引き立てています。

  16. 博多旅行(20)住吉神社の風鈴 - たんぶーらんの戯言

    博多旅行(20)住吉神社の風鈴

    全国に二千以上あると言われる「住吉神社」ですが、その中でも福岡市博多区にあるこちらは住吉さんは、創建は1800年以上前で、最古の住吉神社とされ、日本三大住吉のひとつとも言われています。 初代福岡藩主、黒田長政公が再建した住吉造の本殿は、仏教伝来前の古代建築様式を今に伝える貴重なものとして国の重要文化財に指定されています。 その本殿(ひょっとして拝殿?)に向かう途中に、こんな風に名残りの風鈴。...

  17. 博多旅行(19)黒田家の別荘・友泉亭公園 - たんぶーらんの戯言

    博多旅行(19)黒田家の別荘・友泉亭公園

    名君として誉れ高い筑前黒田藩の第6代藩主、継高公の別荘として、江戸時代中期に作られた本格的な日本庭園「友泉亭」。 明治初期に建てられたという本館の大広間は、和の味わいを思う存分堪能できる数寄屋造り。そこでは菓子付きのお抹茶も楽しめます。和の極みを味わえる見所満載のスポットですね。 四季の変化が美しい池の周りは遊歩道となっています。

  18. 博多旅行(18)かろのうろんでまる天うろんをいただく - たんぶーらんの戯言

    博多旅行(18)かろのうろんでまる天うろんをいただく

    おそらく、博多でおそらく最も有名なうどん屋さんの1つ「かろのうろん」。店名の意味は「角のうどん屋さん」。昔の博多弁の発音では「ど」が「ろ」になってしまうことから、この店名になったようです。 随分、昔になりますが、確か「浅田飴」だったか、「龍角散」だったかのコマーシャルで、永六輔さんが「かろのうろん~」とかしゃべっておられたのをご記憶でしょうか。そのお店です。 創業明治15年。時が止まったよう...

  19. 博多旅行(17)櫛田神社の力石 - たんぶーらんの戯言

    博多旅行(17)櫛田神社の力石

    昔、櫛田神社では卯日相撲(うのひすもう)が盛んに行われ、多くの有名力士が力自慢に持ち上げた石を数多く奉納しました。 平成12年に御遷宮を記念して朝青龍関、若乃花関、貴乃花関などの有名の力石が奉納されました。双葉山の力石もありますね。 試石というのがあり、一般の参拝客もチャレンジできるのですが、これが、結構重い。

  20. 博多旅行(15)櫛田神社の飾り山 - たんぶーらんの戯言

    博多旅行(15)櫛田神社の飾り山

    博多の川端商店街の一角にある櫛田神社、「お櫛田さん」として、昔から馴染みの深い神社とのこと。 櫛田神社といえば博多を代表する祭り「博多祇園山笠」が毎年7月に催されますが、その際、実際に曳かれる神輿「曳き山(ひきやま)」に対し、飾って見てもらう山(神輿)は、「飾り山」ですね。 博多市内の決まった場所に毎年7月1日から10日まで設置するのですが、櫛田神社では境内に飾られていて一年中見ることができ...

1 - 20 / 総件数:57 件

似ているタグ