博物館のタグまとめ

博物館」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには博物館に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「博物館」タグの記事(55)

  1. 東京国立博物館 特別展「一万年の美の鼓動 縄文」 - nazunaニッキ

    東京国立博物館 特別展「一万年の美の鼓動 縄文」

    春から楽しみにしていた「縄文」展!やっと、行ってきた。夏休み前だったからか、比較的空いていたのでゆっくり見学。展示の殆どが撮影禁止だったのが残念だけど、その分、ゆっくりじっくり、縄文時代草創期BC1万1000年からの歴史をみていく。。。すでに当時から土器に漆を使用したものが作られていてビックリ。装飾も美しく実用にも秀でた土器の完成度が高い。年代を追ってみていくごとに、土器は装飾豊かになり、更...

  2. 鶴岡市を歩く - 散歩ガイド

    鶴岡市を歩く

    7月18日の夕方に鶴岡市を散策しました。ステイイン山王プラザというビジネスホテルがスタートです。この鶴岡市のガイドマップで言うと右上の山王通りの郵便局の辺りです。内川という川を遡るようにして、鶴ヶ岡城址のある市の中心部に向かいます。水がきれいなのでしょう。水草が繁茂しています。古い建物もうまく残しています。最初の見所の鶴岡カトリック教会天主堂に着きました。中の見学が自由なので良かったです。私...

  3. Infrared world at TOYOBI - 感動模写Ⅱ

    Infrared world at TOYOBI

    豊田市美術館を赤外線写真で撮りましたカメラは8年前発売のPowerShot SX210 IS 画素数1,410万、光学ズーム14倍、レンズは35mm換算で28 - 392 mm、重量215g現行のカメラと比べると機能は少ないですが逆にシンプルで使いやすい欠点は液晶画面が見にくいことですね^^

  4. 加茂水族館に行く - 散歩ガイド

    加茂水族館に行く

    クラゲで有名な加茂水族館に行きました。笹川流れから日本海パークラインを北上してアプローチしました。入館料は1000円で、駐車場は無料です。平日の午後3時、そんなには混んでいませんでした。ちょうどアシカのショーがやっていました。ショーの途中から水槽を見ていきました。静かにゆったりと見ることができました。見所はやっぱりクラゲです。増えて困ったクラゲを展示したら受けたと言いますから、おもしろいもの...

  5. mysterious space - 感動模写Ⅱ

    mysterious space

    2年ぶりに豊田市美術館に訪れました前回は「ジブリの立体建造物展」、そして今回は「ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜」です特別展は撮影禁止のため、撮影可能なところをパシャリ^^

  6. 池袋サンシャインシティに行く - 散歩ガイド

    池袋サンシャインシティに行く

    7月10日(火)に池袋サンシャインシティに行きました。なぜかそこのプラネタリウムのあるプログラムに心が惹かれたからです。ついでに水族館も見ようと思っています。サンシャインシティは何十年ぶりです。池袋駅からどう行くのかもわかりませんが、方向はわかるのでスマホのマップで確認しながら進みます。池袋はいつも西口に行くので、この辺りはほぼ初めての土地です。この先の高層ビルがサンシャイン60だと思いま...

  7. くるくるモーターを作ろう - ムサコママの育児日記 

    くるくるモーターを作ろう

    多摩六都科学館でおこなわれる講座は科学の様々なテーマについて楽しく学べるので、時々参加しています。事前の抽選予約制のものが多く、外れることもありますが、ちょくちょく参加しています。さて、今回は「くるくるモーターを作ろう」という講座。ちょうどモーターについて、娘が興味を持っていたのでピッタリのテーマ。小学校で磁石についても勉強していたのでタイムリー。小4にもなると親とは離れ一人で参加してくれる...

  8. 博物館ボランティアの理想形 - 続大和守日記

    博物館ボランティアの理想形

    阪神・淡路大震災(1995.1.17)の復興の過程でボランティア活動が大きな役割をはたした。同年12月の閣議決定で1月17日を「防災とボランティアの日」、1月15日から21日の7日間を「防災とボランティア週間」とすることになり、翌翌1996年から実施された。そして、1995年は世間で「ボランティア元年」と呼ばれるようになった。私は震災復興のボランティアには直接関わっていない。しかし、1990...

  9. 刀剣 - 風の香に誘われて 風景のふぉと缶

    刀剣

    2018年6月24日デジタル NIKON D7000東京都台東区東京国立博物館にて(写真の無断転載はお断り)

  10. 超脱力系 ゆるキャラ埴輪 - 風の香に誘われて 風景のふぉと缶

    超脱力系 ゆるキャラ埴輪

    2017年6月24日デジタル NIKON D7000東京都台東区東京国立博物館にて古墳時代の超脱力系埴輪踊っている男女を表現しているらしいが、なんとなくユルイ・・・。今も昔もゆるキャラが人気だったのですね。(写真の無断転載はお断り)

  11. 長野そぞろ歩き:長野市立博物館(その2) - 日本庭園的生活

    長野そぞろ歩き:長野市立博物館(その2)

    長野市立博物館の2回目。今回の目当ては、特別展、『太陽系探検ツアー ~探査機の見た美しい宇宙~』。この隕石には触れられます。隕石にもいろいろあるようです。石質隕石。こちらは、鉄隕石。断面は、こんな感じ。JAXAの小惑星探査機「はやぶさ」。小惑星から砂を持ち帰りました。ロマンを感じる宇宙の写真も多く展示されていました。観賞を終え、外へ。少し、公園内をウロウロ。公園に隣接して、八幡社があります。...

  12. 相模原市立博物館とJAXA - 散歩ガイド

    相模原市立博物館とJAXA

    6月末の平日、シフト制で働いている私にとっては休日に相模原市立博物館とJAXAに行った時のレポートです。この日は梅雨が明けたかのような晴れでした。車で粗大ゴミを出したり、家の改築関係の書類を合同庁舎に取りに行ったりしていました。用を済ますとお昼過ぎになりました。体調はイマイチでそんなに食欲もないけど、せっかくの休みだし車で市役所の方まで来たのでどこかに寄ることにしました。帰る途中にあった相模...

  13. 長野そぞろ歩き:長野市立博物館 - 日本庭園的生活

    長野そぞろ歩き:長野市立博物館

    半月ほど前、『長野市立博物館』に行きました。屋外の展示。善光寺仁王門の鬼瓦。博物館は、川中島古戦場史跡公園内にあります。博物館前の池。プラネタリウムもあります。今回は、寄りませんでした。まず、常設展。古代シカ。名前は分かりません。1500年ほど前の「挙手人面土器」。鬼?弥生人の家。ご近所さん。古墳時代の石室。市内の大室古墳群で見られます。長野と言えば善光寺。つづく。 探訪日:2018.06.17

  14. 『はやぶさ2 小惑星【りゅうぐう】に無事到着』 - 自然風の自然風だより

    『はやぶさ2 小惑星【りゅうぐう】に無事到着』

    探査機『はやぶさ2』が往路32億キロの飛行を終え目標の小惑星『りゅうぐう』に本日27日9時35分(日本時間)無事に到着しました・・・・・前回の『はやぶさ』も遠い宇宙の小さな惑星に行って周囲のものを採取して再び地球に戻って来ました・・・・今回の『はやぶさ2』も小惑星『りゅうぐう』で採取したものを地球まで届けてくれることと思います~片道32億キロですよ~(o ̄∇ ̄o)♪凄い事ですね・・・・今日は...

  15. 『漂着物を探そう!2018』 - 『とくしま海の観察会』 公式ブログ

    『漂着物を探そう!2018』

    ビーチコーマーの皆さん、こんにちは本日は、来月・7月22日(日曜日)に開催される、徳島県立博物館の夏の人気イベント『漂着物を探そう!& ビーチクラフトを楽しもう!🌴』のお知らせです。今年の「漂着物を探そう!」は、昨年度までの貸切バスで県南のビーチを巡るスタイルではありませんが、その代わりビーチコーミング(午前)で見つけた素敵な✨漂着物を使って、ビーチクラフトを体験(午...

  16. 茶の湯展 - doracatの日記

    茶の湯展

    5月、東京国立博物館平成館で特別展「茶の湯」。喫茶法伝来以来、近代にいたるまでの日本の「茶の湯」の美術の変遷を茶器などの展示で俯瞰する展覧会。これだけ名品が一堂に会する展覧会は、昭和55年(1980)の東京国立博物館「茶の美術」展以来だとか。国産茶碗では2つしかない国宝のうち1点(卯花墻)とか、この十数年でやたら有名になった曜変天目(稲葉天目)とか、大名物が揃うのが売り。稲葉天目は入れ替えで...

  17. 春の東京旅 4. 東京国立博物館「仁和寺と御室派のみほとけ」へ - マイ☆ライフスタイル

    春の東京旅 4. 東京国立博物館「仁和寺と御室派のみほ...

    東京旅はもう書き終わってたかと思い込んでましたがまだでした!(汗)今日は久々に続きです。(前回はこちら。)ホテルオークラにチェックインした後、またまた出かけます。地下鉄で上野までやってきました。パンダ橋っていう名前が可愛いな〜と思いながら、橋を渡って東京国立博物館へ。こちらで開催されてた特別展「仁和寺と御室派のみほとけ」を観に来ました。京都・仁和寺に伝わる名宝を一堂に紹介するとともに、仁和寺...

  18. 大内宿町並み展示館 - レトロな建物を訪ねて

    大内宿町並み展示館

    大内宿には阿部家(美濃屋)や佐藤家(玉屋)など、内部を見学できるところがありますが、時間が限られていたので、中を見学したのはここだけです。大内宿町並み展示館は大内宿の本陣跡に復元された宿駅時代の本陣です。当時の風習を伝える写真や生活用具が展示されています。 大内宿町並み展示館1984(昭和59)年設計・施工 : 不明福島県南会津郡下郷町大内山本8撮影 : 2017.10.2建物の裏側に数少な...

  19. 埼玉そぞろ歩き:鉄道博物館(その4) - 日本庭園的生活

    埼玉そぞろ歩き:鉄道博物館(その4)

    鉄道博物館の4回目。時代は、少し現代に近づきます。乗ったことはありませんが、車両は知っています。パンタグラフ。車両が上から見られます。特急に鳥の名前が付けられた時代。車内販売、こんな感じだったのですね。静岡育ちなので、これはお馴染み。こんなSLも展示されていました。2階の回廊から。主役は、やはりSL。こんな展示もありました。各地の駅弁。探訪日:2018.04.25

  20. 〈アイアンホース号〉ブックレットができました - ときどきの記 by 小樽の出版社“ウィルダネス”のブログ

    〈アイアンホース号〉ブックレットができました

    弊社ではこのほど、小樽市総合博物館の敷地内を走る蒸気機関車「アイアンホース号」を解説するブックレットを制作しました。A5判・20ページのコンパクトな冊子ですが1909年製のこの機関車の来歴、メカニズムなどを掘り下げて紹介する内容です。アイアンホース号は2017年秋ボイラーに故障が発生し、現在は大阪の工場で修理中です。去る4月23日には博物館敷地内の機関庫から車体を搬出する作業が行われました。...

1 - 20 / 総件数:55 件

似ているタグ