印象派のタグまとめ

印象派」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには印象派に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「印象派」タグの記事(53)

  1. 辻井伸行音楽と絵画コンサート≪印象派≫ - ∞Paty Kobe

    辻井伸行音楽と絵画コンサート≪印象派≫

    昨日は、大阪福島のザシンフォニーホールへ昔は、イーヴォ・ポゴレリッチやジョージウィンストンのピアノコンサートに良く行っていました。辻井伸行さんのコンサートは、去年の名古屋以来です。印象派の音楽×印象派の絵画DVD買いました。♪辻井さんのピアノ演奏とともに、印象派絵画がステージ上のスクリーンに投影されます。第1部は、ドビュッシー×ルノワール・ドガ・スーラ・クレー・ゴッホ・葛飾北斎・歌川広重第2...

  2. 「印象派、記憶への旅」@ ひろしま美術館 - Blanc de Blancs

    「印象派、記憶への旅」@ ひろしま美術館

    ずっと気になっていた展覧会を観に、ひろしま美術館へ行ってきました。開催期間が長かったせいか、平日(金曜日)の午後のせいか最終日まじかでありながら、混み合うこともなくゆっくりと過ごすことができました。(それを狙って?想定して出かけたのですけれどね (^_^) )ワタクシがこちらの美術館で一番好きな作品は、モネの「セーヌ河の朝」(常設されています)何度、会いに行ったことでしょう...その作品が今...

  3. コートールド美術館展 - Blue Flowers

    コートールド美術館展

    点描の水辺の反射いつか見たパリの夏休みレモンのグラスコートールド美術館展に行ってきました。印象派、好きです。とくにモネとルノワールとシスレーとピサロとスーラ。シスレーは、ああいう色彩が本当に好きで、あんな色の服ばかり選んで着ています。東京都美術館、十数年ぶりに行きました。両親と院展を見たぶりです。上野動物園でシャンシャンも見てきました。もう2歳になるのですね。

  4. ロートレックに流れる「諦め」 - ゆめであえる

    ロートレックに流れる「諦め」

    学生時代、絵画に惹かれ芸術に興味を持つきっかけとなったのはロートレックだと思う。家にロートレックのポスターが掛けてあったのが最初だと思う。家の壁に掛かっていたのはロートレックの代表的ポスターでデザイン性に惹かれ自分で展示会を回ったり本屋で画集を漁ったりした。だんだんとポスターよりも踊り子や娼婦たちを描いた絵画に惹かれるようになりロートレック自身について調べたりしながら常に一番共感する画家にな...

  5. 原田マハって凄い人・・・色彩豊かな絵画のような小悦を読む - 島暮らしのケセラセラ

    原田マハって凄い人・・・色彩豊かな絵画のような小悦を読む

    図書館で借りた本を早く読もうとお昼ご飯は簡単に冷麺を作る胡麻だれが麺にも具にも絡まっていい味だったあり合せのもの(胡瓜太めの錦糸玉子ハム牛肉トマト)で・・・西瓜をちょこっと~原田マハのジヴェルニーの食卓を一気に読んだ印象派の画家マティスドガセザンヌモネの4名の短編が書かれた一冊の本でフィクション小説だ絵画だけでなく画家の暮らしや画商が書かれた小説を読むに連れ感情が入りその時代のことがまるで真...

  6. 県立美術館  印象派から その先 展 - 旅と数学  それとdiy

    県立美術館 印象派から その先 展

    朝から ぐずついた 天気。テニスでも 行こうか?と 思ったら 小糠雨が パラパラ。と言う事で 県立美術館まで 印象派 その先 展に 車で 行ってきた。最近 神戸までは 自転車が 多いので 車は 珍しい。意外と 渋滞が あったので 時間も 結構 かかった。印象派巨匠 モネ ルノワール ピサロ シャガール 、、、、、 絢爛豪華な オールスターズだったが 作品は 彼...

  7. もうひとつの輝き最後の印象派1900-20's Paris - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    もうひとつの輝き最後の印象派1900-20'...

    もうひとつの輝き最後の印象派1900-20's Parisひろしま美術館公式サイト 開催期間:2016年1月30日-3月27日主催:公益財団法人ひろしま美術館・広島ホームテレビ・中国新聞社サイズ:A4表:アンリ・マルタン<野原を行く少女>(部分)1889年個人蔵

  8. 世界の印象派 光の賛美 展 - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    世界の印象派 光の賛美 展

    世界の印象派 光の賛美 展奈良県立美術館1991年5月14日-6月16日主催:奈良県立美術館・産経新聞社サイズ:B5表:クロード・モネ<エプト河の舟遊び>1885-87年サン・パウロ美術館蔵

  9. 印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション - フィールド

    印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション

    ★印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション兵庫県立美術館穏やかで、非常に良品で、お行儀のいい作品。芸術作品としてしっかり管理。吉野石膏コレクションの質の高さ。会場は予想以上に上質でした。モネの作品の伸びやかさ。シスレー作品の誠実。ピサロ作品が堅実。セザンヌの探求心。マチスの見事なバランス。ピカソの若々しい野心。などなど。初めて観る作品が多く、新鮮に感じる展覧会でした。それぞれの画家...

  10. フランス印象派とその流れ - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    フランス印象派とその流れ

    グラスゴー美術館所蔵フランス印象派とその流れ伊勢丹美術館開催期間:1994年1月13日-2月14日主催:財団法人国際芸術文化振興会・伊勢丹美術館サイズ:B5表:フィンセント・ファン・ゴッホ<アレクサンダー・リードの肖像>1887年グラスゴーケルヴィングローブ美術博物館蔵

  11. 至上の印象派展ビュールレ・コレクション - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    至上の印象派展ビュールレ・コレクション

    至上の印象派展ビュールレ・コレクション国立新美術館公式サイト開催期間:2018年2月14日-5月7日主催:国立新美術館・東京新聞・NHK・NHKプロモーションサイズ:A4上:エミール・オーギュスト・ルノワール<イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)>(部分)1880年ビュールレ・コレクション 下:クロード・モネ<睡蓮の池、緑の反映>(部分)1920-26年ビュールレ・コレクション...

  12. フランス印象派の陶磁器 - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    フランス印象派の陶磁器

    フランス印象派の陶磁器1866-1886ジャポニズムの成熟パナソニック汐留ミュージアム公式サイト開催期間:2014年4月5日-6月22日主催:パナソニック汐留ミュージアム・朝日新聞社サイズ:A4

  13. よみうりカルチャー八王子4月からの《絵画鑑賞講座》のお知らせ - ルドゥーテのバラの庭のブログ

    よみうりカルチャー八王子4月からの《絵画鑑賞講座》のお知らせ

    よみうりカルチャー八王子で4月から始まる《絵画鑑賞講座》のご案内です。〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞入門』【内容】知識としての美術史を学ぶだけではなく、絵を前にした時にその絵と対話し、交感する鑑賞法を身につけるための講座です。講師のナビゲーションで、その絵に対する自分なりの評価もできるようになることを目指します。取りあげる作家については、時代背景や作品にまつわるエピソードのほか...

  14. 1874年─パリ[第1回印象派展]とその時代 - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    1874年─パリ[第1回印象派展]とその時代

    1874年─パリ[第1回印象派展]とその時代国立西洋美術館公式サイト開催期間:1994年9月20日-11月27日主催:国立西洋美術館・読売新聞社サイズ:A4表:ルノワール<踊り子>1874年ワシントンナショナルギャラリー蔵

  15. ビジネスパーソン向け《五感で楽しむ『絵画鑑賞入門』》(1/30 毎日文化センター竹橋)のご案内です。 - ルドゥーテのバラの庭のブログ

    ビジネスパーソン向け《五感で楽しむ『絵画鑑賞入門』》(...

    都会の寺子屋・プロトマニア(九段下)で6年前に始まった《〜これまで誰も教えてくれなかった〜『絵画鑑賞白熱講座』》は今月の講座で第56回目となりますが、その姉妹編、ビジネスパーソン向け《五感で楽しむ『絵画鑑賞入門』》が竹橋の毎日文化センターで1月30日から始まります。こちらは月1回、平日水曜日の夜(19:00〜20:30)に開催です。下記の2部構成で行います。1.直感力をきたえる鑑賞法素直に、...

  16. フィリップス・コレクション展 - 木造三階建の詩

    フィリップス・コレクション展

    先日、三菱一号館美術館で開催されているフィリップス・コレクション展を観てきました。今まで観てきた美術展とは趣向のかなり異なる、面白い美術展でした。ワシントンにあるフィリップ・スコレクション美術館の創設者であるダンカン・フィリップスが集めた、この絵画展の宣伝文句に従えば「全員巨匠!」の素晴らしい絵画の数々と、フィリップスがなぜこの絵に惹かれたか、この画家をどう思っているか、コレクターとして、評...

  17. 美しすぎるサロン絵画(3) - ルドゥーテのバラの庭のブログ

    美しすぎるサロン絵画(3)

    ボンジュール!こんにちは。《ヴィーナスの誕生》が有名な、サロン絵画の巨匠カバネルですが、こんな絵もあります。《オフィーリア》です。《オフィーリア》はイギリス、ラファエル前派のジョン・エヴァレット・ミレーの傑作があまりにも有名ですね。ミレイの絵では、悲しみのあまり正気を失い、川に落ちてしまったことにも気づかない様子で歌を口ずさみながらが静かに流されていくオフィーリアの様子が静謐な画面の中に記念...

  18. 海運王バレルコレクション - グリママの花日記

    海運王バレルコレクション

    印象派への旅海運王の夢バレルコレクション最終日滑り込みセーフ観てきましたウジェーヌ・ブータン「ドーヴィル・波止場」エドガー・ドガ「リハーサル」アンリ・ル・シダネル「雪」ギュスターブ・クールペ「マドモワゼル・オーブ・ラ・オルド」素朴な疑問写真撮影OKの絵画はどうやって決めるのかなー?ルーブル美術館はすべて写真OKでしたし(だったと思います)その絵画の前での摸写もOKでした(事前の許可が必要なの...

  19. 2018箱根ポーラ美術館の「ルドン展」に行く - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    2018箱根ポーラ美術館の「ルドン展」に行く

    週末に箱根のポーラ美術館のルドン展、 最終日12.2に行ってくる。 初めて行った美術館だが、遠い、遠いよ〜。 箱根湯本からの交通連絡が悪かったので、 すぐ来る違う路線のバスに乗り、 そこから徒歩20分というナビにしたがったら、 最後の20分はひたすら急坂を登り、着く頃には疲労。。 美術館はけっこう立派なもので、 最終日とあってなかなかの人出。 昔はルドンとルオーをよく間違えていたが、 今では...

  20. フランス印象派の陶磁器 - AMFC : Art Museum Flyer Collection

    フランス印象派の陶磁器

    フランス印象派の陶磁器パナソニック汐留ミュージアム公式サイト 開催期間:2014年4月5日-6月22日主催:パナソニック汐留ミュージアム・朝日新聞社サイズ:A4

総件数:53 件

似ているタグ