原田マハのタグまとめ

原田マハ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには原田マハに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「原田マハ」タグの記事(8)

  1. スイート・ホーム - まあるい時間

    スイート・ホーム

    原田マハさんは大好きな作家さんのひとり。『楽園のカンバス』や『たゆたえども沈まず』のような、本の重さよりも、本の中身の方がずっしり重く感じる本。かと思えば、『ランウェイ・ビート』のような、ラブコメ。どちらも大好き。今回読んだ『スイート・ホーム」は暖かくて、甘酸っぱくて。このテイストも大好き!『楽園のカンバス』『たゆたえども沈まず』はちゃんと読書スタイルで、じっくり読みたい本。『スイート・ホー...

  2. 2冊の本 - ヨウコのhappy days

    2冊の本

    大雨の被害がまだまだ広がりそうで、重苦しい気持ちです。一人でも多く助かりますように…。わたしは行動控えめに、ゆっくり本を読む時間をとりました。一冊目は、「和樂」6月号です。「琳派って楽しい!」をじっくり読みました。「琳派」は、「平安時代のやまと絵に憧れたフリーな立場の絵師たちを、あとから一括りにして呼んだ」名前とのこと。俵屋宗達(本阿弥光悦)100年⇨尾形光琳100年⇨酒井抱一(弟子)鈴木其...

  3. 期待を裏切らないエッセイでした - 白雪ばぁばのかんづめ

    期待を裏切らないエッセイでした

    今日は先々週の地震で延期になった通院日でしたが先生が欠勤との連絡が入り今月末に、延びた(><)身支度を整えて下へ降りてあとは靴を履くだけだったのに。と言っても気持ち的には優れず、鼓舞しまくってもズーンと重かったからよしとしよう。先生だって人間、いつ何があるかわからんもんねというわけで買い物だけ済ませて閉じこもっていまする。+++エッセイ、短編が続いているので長編読みたい病がニョロニョロその前...

  4. 📕「リーチ先生」原田マハ(#1847) - 続☆今日が一番・・・♪

    📕「リーチ先生」原田マハ(#1847)

    残念だった「アノニム」と比べると断然いいです。リーチ先生の言葉を借りれば「好い」 (^_^)v新田次郎文学賞受賞作であり、アート系の内容らしいという以外の予備知識は無しに読み始めましたらリーチ先生とはバーナード・リーチ先生でした。といっても、実際のところ名前は知ってるけど、何した人だっけ?のレベルです💦あ、イギリスの陶芸家だったのね。こんなにも日本と関わりがあった人だったんだ...

  5. 📕「アノニム」原田マハ(#1844) - 続☆今日が一番・・・♪

    📕「アノニム」原田マハ(#1844)

    ジャクソン・ポロック幻の傑作「ナンバー・ゼロ」のオークション開催が迫る香港。建築家である真矢美里は七人の仲間とともにオークション会場へ潜入していた。一方、アーティストを夢見る高校生・張英才に“アノニム”と名乗る謎の窃盗団からメッセージが届く。「本物のポロック、見てみたくないか?」という言葉に誘われ、英才はある取引に応じるが・・・ポロックと英才、ふたつの才能の出会いが“世界を変える”一枚の絵を...

  6. 📕「異邦人(いりびと)」原田マハ(#1842) - 続☆今日が一番・・・♪

    📕「異邦人(いりびと)」原田マハ(#1...

    「美」は魔物ーー。たかむら画廊の青年専務・篁(たかむら)一輝と結婚した有吉美術館の副館長・菜穂は、出産を控えて東京を離れ、京都に長逗留していた。妊婦としての生活に鬱々とする菜穂だったが、気分転換に出かけた老舗画廊で、一枚の絵に心を奪われる。強い磁力を放つその絵の作者は、まだ無名の若き女性画家だったのだが・・・・・・。彼女の才能と「美」に翻弄される人々の隆盛と凋落を艶やかに描く、著者新境地の衝...

  7. 原田マハ作「たゆたえども沈まず」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    原田マハ作「たゆたえども沈まず」を読みました。

    原田マハ作「たゆたえども沈まず」を読みました。原田先生お得意のアート小説であります。小説の主人公は大まかに二人おります。一人はかの大画家、ゴッホ。一人は19世紀末から20世紀初頭にかけてパリで日本美術を売りまくっていた画商、林忠正でした。小説の冒頭、19世紀末のパリに加納重吉という一人の日本人が現れます。東京の旧東大、開成学校でフランス語を学んだ彼は、先輩である林に誘われ、パリの若井・林商会...

  8. たゆたえども沈まず - まあるい時間

    たゆたえども沈まず

    この本を紀伊国屋さんで購入したのは3月3日でした。ソンクラン休暇にゆっくり読もうと、ずっと我慢していました(笑)我慢のかいあって…とてもゆたかな読書タイムを過ごしました原田マハさんは大好きな作家さんですが、まだ未読の物も多く、この本でやっと17冊目です。『たゆたえども沈ます』本当に良い本でした。これまでもたくさんの素敵な本に出合ってきました。じわじわと感動が押し寄せてくる本。思わず涙する本。...

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ