原発事故のタグまとめ

原発事故」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには原発事故に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「原発事故」タグの記事(8)

  1. 「大地奪われし人々」<写真展とトークショー> - オーガニックカフェたまりばーる

    「大地奪われし人々」<写真展とトークショー>

    「大地奪われし人々」<写真展とトークショー>~7年目のフクシマ小さき人々の声は私たちの道しるべ~「わたしたちは、何を選択し、見過ごしてきたのか。未来は、わたしたちがつくっていく。」震災をきっかけに起こった「東京電力福島第1原子力発電所」の事故は、今なお続いています。その電力消費地のわたしたちは、事故の今の様子を見ることは、ほとんどなくなってしまい、わたしを含め、事故を忘れてしまった暮らしをし...

  2. 福島の人を侮辱した下衆な作品(?)の排除決定 - 見たこと聞いたこと 予備3

    福島の人を侮辱した下衆な作品(?)の排除決定

    yahoo:「ネット空間も飾った防護服アート撤去に「分断疲れた」」原子力災害の記憶の継承などを願って福島市の施設に置かれた現代アートに、「防護服姿は風評被害につながる」といった批判が寄せられ、撤去されることになった。放射線をめぐる地元の苦悩が浮き彫りになる一方、メッセージ性のあるパブリックアートのあり方を改めて考えさせる事態になっている。JR福島駅にほど近い市の施設のひさしの下に、高さ6・2...

  3. 反原発貫いた反骨の妻夫の遺志継ぎ福島の子支援海外交流贈る水戸喜世子さん/ こちら特報部東京新聞 - 瀬戸の風

    反原発貫いた反骨の妻夫の遺志継ぎ福島の子支援海外交流贈...

    ちょい遅れだが、重要な情報源。【要約】水戸巌さん東京大原子核研究所助教授や芝浦工業大教授などを務めた。小出裕章さんらが恩師と仰ぐなど、後進に多大な影響を与えた反骨の学者だ。1970年代から原発の危険性を訴えた。1986年の暮れ、53歳の時に当時24歳だった双子の息子と趣味の登山中遭難して亡くなった。妻の喜世子さん大飯原発や高浜原発の原告や申立人になった。最も情熱を注いだのが「子ども被ばく裁判...

  4. 撤去されることになって良かったです>不快な像 - 見たこと聞いたこと 予備3

    撤去されることになって良かったです>不快な像

    産経新聞:「防護服姿の子供立像「サン・チャイルド」撤去へ福島市民アンケート7割が反対市長「設置は困難」」福島市が設置した防護服姿の子供立像「サン・チャイルド」に「原発事故の風評被害を助長する」などの批判が相次いだ問題で、同市の木幡浩市長は28日、会見し、像を撤去すると発表した。市長は、これまで「像を見て福島が危ないと受け取る人はいない」などと反論してきたが、市民向けアンケート結果は7割近くが...

  5. さらば大前研一(PART 1) - デンマンのブログ

    さらば大前研一(PART 1)

    さらば大前研一(PART 1)(oomae3.jpg)(byebye5.gif)(sylvie500.jpg)(sylvie702.jpg)(sylviex.jpg)ケイトー。。。どういうわけでさらば大前研一というタイトルにしたわけぇ~?(kato3.gif)あのねぇ~、たまたまバンクーバー市立図書館で次の本を手に取ったのですよ。。。「看板」教授をすぐにスカウトアメリカの大学同士の競争が非常...

  6. 水郷湖沼や川にたまる放射性セシウム/こちら原発取材班東京新聞 - 瀬戸の風

    水郷湖沼や川にたまる放射性セシウム/こちら原発取材班東京新聞

    今日、ご紹介するのは東京新聞の記事。ちょい遅れだが、重要な情報源 【要約】 F1から放出されたセシウムは広く首都圏にも降り、湖沼や川にたまり続けている。 昨年夏に調べた千葉県の手賀沼、花見川河口のデータとともにまとめた。 表層牛久沼243Bq/kg手賀沼638花見川河口488印旛沼〜新川〜花見川635霞ヶ浦・北浦209 東京新聞18年2月7日・・ F1からバラまかれた放射性物質は311から...

  7. 「原発事故が変えた風景」 - 自然卵農家の農村ブログ 「歩荷の暮らし」

    「原発事故が変えた風景」

    「原発事故が変えた風景」。未だに続く福島の悲惨な現実。他国との喧嘩準備をしている余裕など微塵もないはずなのですが…。一発のミサイルよりも恐ろしい悲劇がここに存在していることは否定できない現実なのです。現政府の愚行はどこまで続いていくのでしょうかね???http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/60897/https://w...

  8. 原発本薄れる興味新宿・早稲田通り「虹書店」/東京新聞 - 瀬戸の風

    原発本薄れる興味新宿・早稲田通り「虹書店」/東京新聞

    今日、ご紹介するのは東京新聞の記事。ツイ友が購読しているのを、四電本社前に届けて戴ける。ちょい遅れだが、重要な情報源 【要約】 東京の早稲田通りの古本屋街にある「虹書店」一角に原発に関する書類が並ぶ。 F1事故の直後、飛ぶように売れだしたのをきっかけに清水店主が集めたが、ここ1、2年は手に取る客はほとんど見なくなった。 清水さん「事故の記憶が風化している」 だが最近は、1ヶ月に数冊売れるか...

総件数:8 件

似ているタグ