参勤交代のタグまとめ

参勤交代」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには参勤交代に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「参勤交代」タグの記事(7)

  1. 大坂漫遊その40 - H.ABE SASAKI の日記

    大坂漫遊その40

    各位室町時代の晩年の幕府は非常に短命で2-3代しか続かず、江戸幕府の初期も同じようであった。信長は幕府を開く前に家来の光秀に殺され、豊臣は家康本人がつぶしてしまったのである。このため、家康は何とか徳川幕府を長期間継続させようと思案したのである。それで分かったことは、幕府を永らえるためには武力だけでなく経済力も身につけなければならないことであった。しかし、武力を強化するためには沢山の武士と武器...

  2. 大坂漫遊その40 - H.ABE SASAKI の日記

    大坂漫遊その40

    各位室町時代の晩年の幕府は非常に短命で2-3代しか続かず、江戸幕府の初期も同じようであった。信長は幕府を開く前に家来の光秀に殺され、豊臣は家康本人がつぶしてしまったのである。このため、家康は何とか徳川幕府を長期間継続させようと思案したのである。それで分かったことは、幕府を永らえるためには武力だけでなく経済力も身につけなければならないことであった。しかし、武力を強化するためには沢山の武士と武器...

  3. 大坂漫遊その39 - H.ABE SASAKI の日記

    大坂漫遊その39

    各位徳川幕府は政権継続のため、参勤交代、鎖国をすることに決定。参勤交代は300近くある各藩の藩主を1年ごとに上京させ、江戸に人質として常住さている藩主妻子と面会させるという名目である。家康は、信長、秀吉から関東、東北の目付け役を命ぜられていたので、これらの藩の監視、管理を通じてこれらの藩の内情はよく知っていたし、親しくもしていたので幕府を形成してもこれらの藩がアンチ幕府になる心配はなかった。...

  4. 大坂漫遊その38 - H.ABE SASAKI の日記

    大坂漫遊その38

    ついに徳川幕府政権は参勤交代制度を始めた。今一度、なぜ家康は自分の政権でこのような制度を始めたか、説明しておこう。源、平政権が天皇より政権を奪い、武士が幕府を設立。途中、天皇が一時政権を取り返したが、それもつかの間、すぐ幕府に奪われてしまう。しかし、1幕府が政権を維持していた期間は非常に短く、特に後期室町時代は幕府の継続期間が1-2代で代替わりした。そのため、継続的な政治は、ほとんど維持でき...

  5. 大坂漫遊その35 - H.ABE SASAKI の日記

    大坂漫遊その35

    各位さて、家康は幕府永続のため参勤交代、鎖国を立案したが300もある藩を順序正しく上京させるために大変苦労し、参勤交代がはじめられたのは3代家光からである。東北、北陸の冬は雪があり、遠方の九州、四国、中国地方からは途中まで船のため天候にも左右されたのである。特に遠くの藩から上京するの藩の人たちは京都に入ったことがあるが、はるか遠く、江戸などはほとんどの人がいったことがないため1か月近く、1年...

  6. 大坂漫遊その35 - H.ABE SASAKI の日記

    大坂漫遊その35

    各位家康が政権を取り、彼は徳川幕府を長期政権保持するため策を練った。当然第1は武力の強化である。しかし、彼が生きている間はそれが維持できるが、そのあとはどうだ。そして、彼が政権奪取できたのも藩単独の力ではなく、バックに関東諸藩の協力があればこそである。それも期待できるかどうかわからない。それではどうすればよいか?経済力であるとの結論に到着した。しかし、徳川藩が金儲けできるか?答えはNOである...

  7. 大坂漫遊その32 - H.ABE SASAKI の日記

    大坂漫遊その32

    各位家康は各藩主に参勤交代制度を強要したが、すぐには実行されなかった。というのも、そのころの藩の数は(支藩、分藩を含めて)300近くあり、これを規則正しく江戸に来させることは大変だったのである。東北、北陸各藩は冬には出られないし、九州各藩は夏の時期には遠い江戸に行くのは無理だったのである。それに、それぞれの藩の事情もあり、これを順序正しく整理するのに家光の代まで待たなければならなかったのであ...

総件数:7 件

似ているタグ