受肉のタグまとめ

受肉」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには受肉に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「受肉」タグの記事(62)

  1. 日々の神の御言葉「肉なる者は誰も怒りの日から逃れられない」抜粋204 - 全能神-私の救い主

    日々の神の御言葉「肉なる者は誰も怒りの日から逃れられな...

    今日は、あなたがた自身が生き残るために、わたしの働きが順調に進み、全宇宙にわたるわたしの幕開けの働きがより適切に、また完全に実現するように、すべての国家の人々に対するわたしの言葉、権威、威厳、裁きを明らかにし、あなたがたに警告を与える。あなたがたの間でわたしが実行する働きは、わたしの全宇宙にわたる働きの始まりである。今はすでに終わりの日であるが、「終わりの日」は時代の名前であり、この言葉は律...

  2. 神の義なる性質を知る - 全能神-私の救い主

    神の義なる性質を知る

    参考聖書箇所「キリストもまた、多くの人の罪を負うために、一度だけご自身をささげられた後、彼を待ち望んでいる人々に、罪を負うためではなしに二度目に現れて、救を与えられるのである」(ヘブル人への手紙 9:28)「イエスは彼らに答えられた、『よくよくあなたがたに言っておく。すべて罪を犯す者は罪の奴隷である。そして、奴隷はいつまでも家にいる者ではない。しかし、子はいつまでもいる』」(ヨハネによる福音...

  3. 贖いの時代における働きの内幕 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    贖いの時代における働きの内幕

    わたしの全経営(救いの)計画、六千年にわたる経営計画は三段階、あるいは三時代から成る。それは始まりの律法の時代、次に恵みの時代(贖いの時代でもある)、そして終わりの日の神の国の時代である。これら三時代におけるわたしの働きは、各時代の性質によって異なるが、それぞれの段階においてこの働きは人間の必要性に対応している。正確には、わたしがサタンに対して行なう戦いでサタンが用いる策略に応じて働きは行わ...

  4. 2. 聖霊の働きと悪霊の働きの識別 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    2. 聖霊の働きと悪霊の働きの識別

    関連する神の言葉神は同じ働きを繰り返しはしない。現実的でない働きは行なわない。神は人間に過分な要求をしない。また、神は人間の理知の外にある働きは行なわない。神が為す働きはみな、人間の正常な理知の範囲内で行われ、本来の人間の理知の外には及ばない。また、神の働きは人間の正常な必要に沿ったものである。もしそれが聖霊による働きであるなら、人間はずっと正常になり、その人間性はさらに正常になる。人々は堕...

  5. 全能神が再臨した主イエスであることを、実際どのように確かめられるのか。 - 全能神-私の救い主

    全能神が再臨した主イエスであることを、実際どのように確...

    参考聖書箇所「わたしには、あなたがたに言うべきことがまだ多くあるが、あなたがたは今はそれに堪えられない。けれども真理の御霊が来る時には、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろう。それは自分から語るのではなく、その聞くところを語り、きたるべき事をあなたがたに知らせるであろう」(ヨハネによる福音書 16:12-13)「わたしの羊はわたしの声に聞き従う。わたしは彼らを知っており、彼らはわたし...

  6. 主の再臨はなぜ雲に乗って公然と降臨することだけでなく、秘かに降臨する受肉を伴うのか。 - 全能神-私の救い主

    主の再臨はなぜ雲に乗って公然と降臨することだけでなく、...

    参考聖書箇所「見よ、わたしは盗人のように来る」(ヨハネの黙示録 16:15)「夜中に、『さあ、花婿だ、迎えに出なさい』と呼ぶ声がした」(マタイによる福音書 25:6)「見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう」(ヨハネの黙示録 3:20)「その日、その時は、だれも知らない...

  7. 神の三段階の働きがもつ相互関係 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    神の三段階の働きがもつ相互関係

    神の三段階の働きがもつ相互関係2017年11月21日関連する神の言葉:ヤーウェの働きからイエスの働きに至るまで、イエスの働きからこの現段階の働きに至るまで、これら三段階は神の経営全体を隙間なく覆うものであり、またそのすべてが一つの霊による働きである。創世以来、神は常に人類の経営にいそしんできた。神は初めにして終わりであり、最初にして最後であり、時代を始める存在にして時代を終わらせる存在である...

  8. 終わりの日における神の働きはなぜ霊を通して行われないのか。神はなぜ肉において働きを行うようになったのか。 - 全能神-私の救い主

    終わりの日における神の働きはなぜ霊を通して行われないの...

    参考聖書箇所「モーセは言った、『どうぞ、あなたの栄光をわたしにお示しください』。ヤーウェは言われた、『……あなたはわたしの顔を見ることはできない。わたしを見て、なお生きている人はないからである』」(出エジプト記 33:18-20)「ヤーウェはシナイ山の頂に下られた。そしてヤーウェがモーセを山の頂に召されたので、モーセは登った。ヤーウェはモーセに言われた、『下って行って民を戒めなさい。民が押し...

  9. 75. 終わりの日に再臨した主イエスは、いったいどのような働きを行うのか。 - 全能神-私の救い主

    75. 終わりの日に再臨した主イエスは、いったいどのよ...

    参考聖書箇所「わたしには、あなたがたに言うべきことがまだ多くあるが、あなたがたは今はそれに堪えられない。けれども真理の御霊が来る時には、あなたがたをあらゆる真理に導いてくれるであろう。それは自分から語るのではなく、その聞くところを語り、きたるべき事をあなたがたに知らせるであろう」(ヨハネによる福音書 16:12-13)「たとい、わたしの言うことを聞いてそれを守らない人があっても、わたしはその...

  10. 「因果応報」と人はよく口にするが、神がいま悪人を残らず滅ぼさないのはなぜか - 全能神-私の救い主

    「因果応報」と人はよく口にするが、神がいま悪人を残らず...

    参考聖書箇所「天が下のすべての事には季節があり、すべてのわざには時がある」(伝道の書 3:1)「そして、ノアの時にあったように、人の子の時にも同様なことが起るであろう。ノアが箱舟にはいる日まで、人々は食い、飲み、めとり、とつぎなどしていたが、そこへ洪水が襲ってきて、彼らをことごとく滅ぼした。ロトの時にも同じようなことが起った。人々は食い、飲み、買い、売り、植え、建てなどしていたが、ロトがソド...

  11. 世界がかくも暗く邪悪なのはなぜか。堕落の頂点にいる人類は滅ぼされるべきなのか - 全能神-私の救い主

    世界がかくも暗く邪悪なのはなぜか。堕落の頂点にいる人類...

    (1)世界がかくも暗く邪悪なのはなぜか参考聖書箇所「全世界は悪しき者の配下にある」(ヨハネの第一の手紙 5:19)「光はやみの中に輝いている。そして、やみはこれに勝たなかった」(ヨハネによる福音書 1:5)関連する神の言葉最初に神により造られたアダムとエバは、聖なる人間であった。すなわちエデンの園にいた間、彼らは聖く、けがれがなかった。また彼らはヤーウェに忠実であって、ヤーウェを裏切ることな...

  12. 日々の神の御言葉「働きを理解しなさい――混乱したまま付き従ってはならない」抜粋443 - 全能神-私の救い主

    日々の神の御言葉「働きを理解しなさい――混乱したまま付...

    あなたがたは自分が今身に付けるべきことを知っているのか。その一面は働きについてのビジョンに関わっており、もう一つの面が実践だ。あなたがたはこの両方の側面を把握する必要がある。いのちの進歩を追求する際にビジョンを持っていなければ、あなたには基盤がないことになる。ただ実践の道だけを身に付けても、ビジョンが皆無で、全体的な経営(救いの)計画の働きを何も理解していなかったら、あなたは何の役にも立たな...

  13. 全能神教会日々の神の御言葉「全宇宙への神の言葉の奥義の解釈:第十章」抜粋225 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    全能神教会日々の神の御言葉「全宇宙への神の言葉の奥義の...

    日々の神の御言葉「全宇宙への神の言葉の奥義の解釈:第十章」抜粋225神の国の建設は正式に始まっているが、神の国の礼砲はまだ鳴り響いていない。現在、それはこれから起こることの預言に過ぎないのである。民がみな完全にされ、地上のすべての国がキリストの国となるとき、それは七つの雷鳴が轟くときである。現在はその段階へと大きく前進するときであり、その日に向かってすでに進撃している。これが神の計画であり、...

  14. 日々の神の御言葉「働きを理解しなさい――混乱したまま付き従ってはならない」抜粋443 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    日々の神の御言葉「働きを理解しなさい――混乱したまま付...

    日々の神の御言葉「働きを理解しなさい――混乱したまま付き従ってはならない」抜粋443あなたがたは自分が今身に付けるべきことを知っているのか。その一面は働きについてのビジョンに関わっており、もう一つの面が実践だ。あなたがたはこの両方の側面を把握する必要がある。いのちの進歩を追求する際にビジョンを持っていなければ、あなたには基盤がないことになる。ただ実践の道だけを身に付けても、ビジョンが皆無で、...

  15. 全能神教会日々の神の御言葉「受肉 の奥義(1)」抜粋169 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    全能神教会日々の神の御言葉「受肉 の奥義(1)」抜粋169

    日々の神の御言葉「受肉の奥義(1)」抜粋169「なぜ時代の到来は神自身によって告げられなければならないのか。被造物が神の代わりになることはできないのか」と不思議に思う人がいるかもしれない。新しい時代の到来を告げるという明白な目的のために神が肉となることを、あなたがたはみな知っている。そしてもちろん、神が新しい時代の到来を告げるとき、同時に前の時代を終わらせることもあなたがたは知っている。神は...

  16. 全能神教会 日々の神の御言葉「受肉 の奥義(1)」抜粋169 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    全能神教会 日々の神の御言葉「受肉 の奥義(1)」抜粋169

    日々の神の御言葉「受肉の奥義(1)」抜粋169「なぜ時代の到来は神自身によって告げられなければならないのか。被造物が神の代わりになることはできないのか」と不思議に思う人がいるかもしれない。新しい時代の到来を告げるという明白な目的のために神が肉となることを、あなたがたはみな知っている。そしてもちろん、神が新しい時代の到来を告げるとき、同時に前の時代を終わらせることもあなたがたは知っている。神は...

  17. 全能神教会日々の神の御言葉「受肉の奥義(4)」抜粋117 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    全能神教会日々の神の御言葉「受肉の奥義(4)」抜粋117

    日々の神の御言葉「受肉 の奥義(4)」抜粋117人が今まで成し遂げてきたこと、つまり現在の人の霊的身丈、認識、愛、忠誠、従順、そして識見は、言葉の裁きによって得られた成果である。あなたが忠誠心をもち、今日まで立ち続けていられるのは、言葉によって成し遂げられたことである。受肉した神の働きが途方もなく素晴らしいことを、人は今や理解しており、そしてそこには、人には達成できず、奥義や不思議であること...

  18. キリストは真理をもって裁きの働きを行う - 全能神-私の救い主

    キリストは真理をもって裁きの働きを行う

    キリストは真理をもって裁きの働きを行う終わりの日の働きとは、すべての人をその性質に応じて区分し、神の経営(救いの)計画を締めくくることである。時が近づき、神の日が来たからである。神の国に入る人すべて、すなわち神に最後の最後まで忠実な人すべてを、神は神自身の時代に連れて行く。しかし、神自身の時代が来る前は、神の働きは人間の行いを観察したり、人間の生活について調べたりすることではなく、人間の不服...

  19. 全能神教会 日々の神の御言葉「実践(7)」抜粋442 - 全能神教会―主イエスは既に戻られた

    全能神教会 日々の神の御言葉「実践(7)」抜粋442

    日々の神の御言葉「実践(7)」抜粋442神の証しをするということは、おもに神の働きについて自分が認識していること、神がどのように人を征服するか、どのように人を救うか、どのように人を変えるかを語ることである。それは神がどのように人を導いて真理の現実に入らせ、どのように人を神に征服され、完全にされ、救われるようにするのかを語ることである。証しをするということは、神の働きと自分が経験したすべてにつ...

  20. 日々の神の御言葉「受肉の奥義(4)」抜粋170 - 全能神-私の救い主

    日々の神の御言葉「受肉の奥義(4)」抜粋170

    日々の神の御言葉「受肉の奥義(4)」抜粋170 神の性質のすべては六千年にわたる経営計画を通じて表わされてきた。それは恵みの時代、もしくは律法の時代においてのみ表わされたのではなく、ましてや終わりの日のこの時期にだけ表わされるのでもない。終わりの日になされる働きは、裁き、怒り、刑罰を表わす。終わりの日になされる働きが、律法の時代の働きや、恵みの時代の働きに取って代わることはできない。しかし、...

総件数:62 件

似ているタグ