古代史のタグまとめ

古代史」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには古代史に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「古代史」タグの記事(34)

  1. 旅行ガイド記事公開 と 海外旅 のお知らせ~邪馬台国のロマンを求めて~ - 模糊の旅人

    旅行ガイド記事公開 と 海外旅 のお知らせ~邪馬台国の...

    トラベルジェイピーの旅行ガイドで、私の「日本の夜明けだ!邪馬台国のロマンを求めて奈良・オオヤマト古墳群を歩こう」という記事が公開されました。いわゆる三輪王朝といわれる日本最初の統一政権が出現した古墳群を歩く記事です。ここを、邪馬台国の中心地とする説が有力になりつつあり、まさに日本の夜明けを告げる地域ですので、ぜひお読みください。本ブログでもタイアップして記事を書いていきます。ただ、上のトラベ...

  2. 謎の古墳:古室山古墳 ~古市古墳群を歩く(3) - 模糊の旅人

    謎の古墳:古室山古墳 ~古市古墳群を歩く(3)

    仲姫命陵古墳(仲津山古墳、仲ツ山古墳)の拝所の向かい側、前方部を向き合わせる形で中型の古墳があります。これが古室山古墳で、全長約150mもある結構迫力ある前方後円墳です。このような前方部を接近させて位置する中大型の古墳同士の配置というのは、百舌鳥・古市古墳群では他に例がありません。これは不思議なことです。古室山古墳は皇族墳墓に治定されていないので、これまで発掘され詳しい研究書も発刊されていま...

  3. 天神さま の 謎  ① - 《 磯 良 の 海 》

    天神さま の 謎 ①

    太宰府天満宮 と 飛梅最初の質問です全国で12000社もあると言われる 天満宮 天神社 菅原神社老松神社 などの 天神系の神社で 祀られている神様はいったい 誰でしょうか難しい 質問なので ヒントをいくつか言いますその人は いつのまにか 学問の神さまと呼ばれました頭が良かったのかどうかは 誰も知りませんほんとは 厄病神 だったのですが疫病神だと 詣る人が少ないので 賽銭欲しさにどこかの神社...

  4. 仲姫命陵古墳の真の被葬者は誰か? ~古市古墳群を歩く(2) - 模糊の旅人

    仲姫命陵古墳の真の被葬者は誰か? ~古市古墳群を歩く(2)

    近鉄南大阪線土師ノ里駅の南西側に巨大な古墳が横たわっています。仲姫命陵古墳(仲津山古墳、仲ツ山古墳)です。水の無い濠越しに盛り上がった巨大な超墳丘が間近に見られる、存在感が半端ない古墳です。このあたりは、河内の国府台地の最高地点ですので、わざわざここを選んで築かれた超巨大な陵墓は、きわめて重要なものであるはずです。私は長く古墳を調査してきましたが、この仲ツ山古墳は古市古墳群で最も興味深い存在...

  5. 古市古墳群紹介記事の掲載のお知らせ ~古市古墳群を歩く(1) - 模糊の旅人

    古市古墳群紹介記事の掲載のお知らせ ~古市古墳群を歩く(1)

    Travel.jpの旅行ガイドとして、私の「もうすぐ世界遺産!大阪・河内の古市古墳群を歩こう!」という記事が掲載されましたのでお知らせします。世界遺産登録へ向けて、期待が高まっている古市古墳群を紹介する記事です。古市古墳群は、百舌鳥古墳群に比べて地味ではありますが、魅力的な古墳が多数分布していますので、ぜひ、ご覧ください。拙ブログでも、Travel.jpの旅行ガイド記事公開を機会に、タイアッ...

  6. 古墳カード記事がアップされた件と大仙公園の小型古墳 ~百舌鳥古墳群を歩く(3) - 模糊の旅人

    古墳カード記事がアップされた件と大仙公園の小型古墳 ~...

    Travel.jpの旅行ガイドとして、私の「大阪に世界遺産を!百舌鳥・古市古墳群をめぐり古墳カードを集めよう」という記事が掲載されましたのでお知らせします。世界遺産登録へ向けて、古墳カードを作り古墳に興味を持ってもらおうという行政の取り組みですが、私も古墳カード記事を書いて、民間から支援しようとするものです。ぜひ、ご覧ください。拙ブログでも、Travel.jpの旅行ガイド記事公開を機会に、タ...

  7. 吉備津神社 初参詣 - ストレートアヘッド本店支店出張所(岡山支部)

    吉備津神社 初参詣

    岡山に来て早4ヶ月弱、遅ればせながら神社に参詣。古代史好きにはたまらない吉備津神社に。私に撮られ慣れて、夫はいつのまにかフォトジェニック。普通反対ですよね。笑崇神天皇の勅命受けた吉備津彦が、ハイテク文明を誇る渡来人征伐に訪れた折、ここを本陣としたことから成る古式ゆかしい神社。鬼退治、、、そんなものは後付けで、勝者の歴史物語。美しい日本美。神社にいる猫は大概落ち着いています。吉備津造りは日本唯...

  8. 仁徳天皇陵の陪塚など小型古墳を見る ~百舌鳥古墳群を歩く(2) - 模糊の旅人

    仁徳天皇陵の陪塚など小型古墳を見る ~百舌鳥古墳群を歩...

    古墳群の楽しみ方は大きな盟主古墳だけでなく周辺の陪塚(陪冢・ばいちょう)など小型古墳を見て回ることにあります。いわばスタンプラリーのような形で、たくさんの古墳をカメラに収めていけば、古墳群を制覇した気分になり、それぞれの規模や形そして出土した埴輪などを知ることで、古墳に対する理解が深まります。↓まずJR百舌鳥駅を降りると、線路をまたいで陸橋がありますので、そこに登って大仙陵古墳の森を見てみま...

  9. 百舌鳥古墳群の古墳配置と仁徳天皇陵の等高線乱れ ~百舌鳥古墳群を歩く(1) - 模糊の旅人

    百舌鳥古墳群の古墳配置と仁徳天皇陵の等高線乱れ ~百舌...

    Travel.jpの旅行ガイドとして、私の「めざせ世界遺産! 堺市・百舌鳥古墳群の6大古墳を完全制覇!」という記事が掲載されましたのでお知らせします。次の世界遺産指定が期待される百舌鳥古墳群を紹介したものです。ぜひ、ご覧ください。百舌鳥古墳群については、これまで何度か記事を書いていますが、「百舌鳥古墳群めぐり」的記事はなかったようです。Travel.jpの旅行ガイド記事公開を機会に、タイアッ...

  10. マルタ考古学博物館(その四)フェニキア人遺跡とコインコレクション ~マルタの旅(6) - 模糊の旅人

    マルタ考古学博物館(その四)フェニキア人遺跡とコインコ...

    今回は、マルタ考古学博物館の最終回で、フェニキア人遺跡とコインコレクション です。紀元前1000年頃、現レバノン方面から渡ってきたフェニキア人がマルタを支配します。この時代の遺物も三階奥に展示されており、その特徴的な品物に驚かされます。中でもアルファベットの起源となったとされるフェニキア文字の石碑は貴重なものです。↓フェニキア文字の石碑文フェニキア語は北セム語系です。いっぽう、フェニキア文字...

  11. マルタ考古学博物館(その三)青銅器時代とカートラッツの謎 ~マルタの旅(5) - 模糊の旅人

    マルタ考古学博物館(その三)青銅器時代とカートラッツの...

    ご心配をかけました骨折事故の件ですが、ようやくギプスが取れ、サポーターを巻いてのリハビリとなりました。あと三週間もすれば、サポーターもはずして、普通の生活に戻れそうです。皆様からいただきましたお見舞いや励ましの声に元気づけられ頑張れました。本当にありがとうございました。感謝いたします。これからも、トラベルジェイピーの旅行ガイド記事や当ブログをご愛顧いただきますようお願い申し上げます。さて、冬...

  12. マルタ考古学博物館(その二)マルタのビーナスと眠れる女神 ~マルタの旅(4) - 模糊の旅人

    マルタ考古学博物館(その二)マルタのビーナスと眠れる女...

    マルタ考古学博物館の二回目の今日は、博物館の目玉であるマルタのビーナスとスリーピングレディーです。マルタ巨石文明使役から出土した女神像で驚くのはその豊満なフォルムです。特に通称マルタのビーナスと呼ばれる像は、ハジャーイム神殿から発掘された約4500年前のもの。古代の女性女神像は豊かな身体つきのものが多いのですが、特にマルタでは巨大で印象的な体形の像が多く、当時の美意識を感じさせます。マルタに...

  13. 萌える愛 (PART 1) - デンマンの書きたい放題

    萌える愛 (PART 1)

    萌える愛 (PART 1)(valent6.gif)(kgal05e.png)(fireanim8.gif+spacer.png+renge62c.gif)(manila05b.jpg)デンマンさん。。。今日もふざけていますわねぇ~?(kato3.gif)やだなあああぁ~。。。 ふざけてませんよう。かなりマジですよう。でも。。。、でも。。。、燃える炎のアニメを貼り付けて、写真をベタベタ貼って...

  14. 萌える愛 (PART 2) - デンマンの書きたい放題

    萌える愛 (PART 2)

    萌える愛 (PART 2)【卑弥子の独り言】(himiko22.gif)ですってぇ~。。。確かに、持統天皇の腹違いの妹でもある山辺皇女が髪を振り乱し、裸足で駆けて行き、大津皇子と共に殉死したという事実には、萌える愛が無ければ考えられませんよねぇ~。。。あたくしも感動いたしましたわ。。。ええっ。。。そのような悲しい話はいいから、何か面白い話をしろ!あなたは、そのように言うのでござ~ますかァ~?...

  15. 柴 (榊・樒) - 《 磯 良 の 海 》

    柴 (榊・樒)

    柴(しば)花屋の店先の花活けに3つの葉枝 が並べられていました名前が書いていなければ どれだけの人が言い当てることができるのでしょうかそういう 私も 2つは 解りましたが あとひとつについては 解りませんでした解らなかったのが 〈柴〉です榊(さかき)〈榊〉木偏に 神 と書いて ( サカキ )です幼い頃 我が家には 神棚 があったのを 覚えています遠い記憶なんですが 高い所にあったのでもっぱら...

  16. 性と愛@古代史 (PART 1) - デンマンの書きたい放題

    性と愛@古代史 (PART 1)

    性と愛@古代史 (PART 1)(kamata01.jpg)(bond010b.jpg)(himiko92.jpg)(himiko22b.gif)デンマンさん。。。今日は古代史のヤ~らしいお話でござ~♪~ますか?(kato3.gif)いけませんかァ~。。。たまには格調高いお話をしませんかァ~?実は、今日も格調高い話なのですよゥ。。。信じられませんわァ。。。じゃあ、ちょっと次のリストを見てくだ...

  17. 客 神 - 《 磯 良 の 海 》

    客 神

    厳島神社 客神社 「 お客様 は 神様です 」歌手の〈三波春夫〉が 1961年 に 舞台から客席に向かって感謝の意で 放った 言葉ですそれ以降 この言葉は サービス業の新人教育に使われたり悪質なクレーマーの常套句として使われたり今や 一人歩きしているのですがさて 日本の神社 には 《 客 神 》という名前で呼ばれる神の存在があります〈まろうどの神〉とか 〈渡来神〉とか言われている神です太古...

  18. 「火山で読み解く古事記の謎」 - 気まぐれ感想文

    「火山で読み解く古事記の謎」

    蒲池明弘著、文春新書。こういう古事記の解釈は初めてだったんだけど、いやー、面白かった。ホントかどうかはともかく面白かった。古事記の神話部分は火山活動がベースになってるというもので、あれも火山これも火山って、なんでもかんでも火山に結びつけちゃうんだけど、これがなぜか無理がない。むしろ「おお~、確かにピッタリ合うかも~」って感じ。古事記の奥深さはたまらんですね。

  19. 「世界神話学入門」 - 気まぐれ感想文

    「世界神話学入門」

    後藤明著、講談社現代新書。以前読んだ「日本神話の論点」の感想で書いたのですが、アマテラスの天岩戸のくだりは比較的新しく日本に入ってきた神話だということで、新しい部分を除けば古いオリジナルの日本の神話が現れてくるだろうから、是非その大元の日本の神話なり思考なりを知りたいものだ、そういうことを解説してる本はないものかと、思っていたのです。この本はその願いを叶えてくれそうだということで、手にとって...

  20. 公 孫 樹 - 《 磯 良 の 海 》

    公 孫 樹

    青森県西津軽郡深浦金ヶ沢 の 日本最古と言われる 大銀杏樹齢 1000年 樹高 40メートル 幹回 20メートルこの漢字 《公孫樹》を 〈いちょう〉と読める人は少ないでしょうね普通は 〈銀杏〉と書きます 食用にされている 実 は(ぎんなん〉誰もが知っています各地にある 銀杏並木 は 晩秋の街並みには 欠かせない風景です一般には この 樹 は 成長するのに長い時間がかかります祖父が植えると ...

総件数:34 件

似ているタグ