古墳のタグまとめ

古墳」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには古墳に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「古墳」タグの記事(173)

  1. 吉備路の牧場 - つれづれ日記

    吉備路の牧場

    「百舌鳥・古市古墳群」が世界遺産に登録が決まったことに感化され市内の造山古墳へ行ってきました。堺市や羽曳野市にある古墳に次いで全国第4位の規模を誇る古墳です。なんで、中央政権から離れたこんな場所に6基もの陪塚を従えた巨大古墳があるのかはわかりません。昨年”「桃太郎伝説」の生まれたまち おかやま”として日本遺産に認定されたせいか駐車場には幟が立ったりガイドマップが置かれたりしていました。そのマ...

  2. 散策を楽しむための鳥谷野の古墳情報⑩ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    散策を楽しむための鳥谷野の古墳情報⑩

    鳥谷野・黒岩村の遺跡情報をもとに古墳情報を拾ってきた。その削ぎ落した集落情報から気になる情報を確認しようと思う。という事で、岩田遺跡にかかわる情報を確認し、その題も古墳という言葉を外して「散策を楽しむための鳥谷野の遺跡情報」としようと思ったところだった。しかし、確認をすすめていくと、気になっていたのは古墳時代にかかわる集落情報であって、題から古墳という言葉を抜く必要がなくなったので、元に戻し...

  3. 散策を楽しむための鳥谷野の古墳情報⑧ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    散策を楽しむための鳥谷野の古墳情報⑧

    「散策を楽しむための鳥谷野の古墳情報③」では「房の内古墳」と案内される屋敷神について、古墳情報とのかかわりで整理してみている。それが「八郎内の七ツ塚」の一つでもあるという情報だった。ここに建つ案内柱には「八郎内の七塚(七塚の内未発掘の古墳)」とある。ここは八郎内地区であり、その地区内の七塚の一つという案内に引かれてやってきたということだ。「福島市の遺跡」の「八郎内遺跡」案内によれば、八郎地区...

  4. 散策を楽しむための鳥谷野の古墳情報⑦ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    散策を楽しむための鳥谷野の古墳情報⑦

    百庚申塚に向かってみたのは、もう一つの興味があったからだ。先の小原集落に立ち寄った際に、そこから黒岩村に向かう途中、この百庚申塚の案内柱を見かけていた。その案内される道筋が旧田沢道の道筋とかかわるのではないのかなと思っていたのだ。それを確認したいとうこともあった。古い地図と見比べて確認を進めてみると、結果的には現況の道筋の方が古くからの田沢道に近いように思えたのだが、このまま百庚申塚へ向かう...

  5. 散策を楽しむための鳥谷野の古墳情報⑥ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    散策を楽しむための鳥谷野の古墳情報⑥

    これは百庚申塚だ。塚ではあるが古墳の案内はない。従って、古墳情報としては余談になるのだろうと思う。「黒岩百庚申塚について(中村善太郎)」は、黒岩の庚申を中心に案内しているのだが、そこからこの塚についての案内部分を拾ってみる。この塚を地元では庚申山と称しているとのこと。地番は黒岩字岩山1番地とのことだ。頂上には直径3間ぐらいの円形の塚石があり、中央に松の木があり、その松の木を中心に申型の石碑が...

  6. 散策を楽しむための鳥谷野の古墳情報⑤ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    散策を楽しむための鳥谷野の古墳情報⑤

    マホロンの遺跡データベースで検索すると、このあたりが岩山古墳群とのことで見当をつけた。しかし、いろいろな情報を確認していくと少し位置がずれているようだ。この南側が駐車場になっているのだが、その前の辺りに3基の古墳があるらしい。いずれにしても、この季節では確認はできない。冬近くならその雰囲気の風景が眺められるのかもしれない。この写真の左手に写るフェンスの手前の道筋を進むと田沢道の主道に出るのだ...

  7. 散策を楽しむための鳥谷野の古墳情報④ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    散策を楽しむための鳥谷野の古墳情報④

    これは弥生公園に保存されている学壇古墳群のうちの2基の古墳だ。ここは、感覚的には黒岩村を越えているように感じるが、小原村に向かう途中だ。黒岩村内という事なのかもしれない。この学壇古墳群は、南福島ニュータウン内に立地する13基の小古墳からなるそうだ。すべて円墳で、規模は10m~14m程で、幅2~3mの周溝があるという。石室は長さ3~5m、幅1.5m程とのことで、築造はいずれも古墳時代後期と考え...

  8. 散策を楽しむための鳥谷野の古墳情報③ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    散策を楽しむための鳥谷野の古墳情報③

    これは、房ノ内地区の民家の大きな駐車場脇にある御社。案内柱には「房の内古墳」とあって、以下のような解説が記される。「塚の上に大石2個あり、その上に房ノ内の屋敷神として稲荷大明神、弁財天、地蔵菩薩(両側に大国主神と足洗神社がある)」案内されることで確認できるのは、次のような事だ。まずは、お堂の中に2体の地蔵菩薩が安置されている事。そして、堂宇の左側には足洗神社碑。昭和10年9月建立との事だ。そ...

  9. 散策を楽しむための鳥谷野の古墳情報② - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    散策を楽しむための鳥谷野の古墳情報②

    これは、山崎地蔵菩薩堂で見かけた石だ。無造作に置かれていて案内もない。しかし、いくつかの資料を読み合わせてみると、浜井場古墳の石室とかかわるかもしれないと考えられているものなのだろうと思う。その資料の一つが「明治期の杉妻村のこと~新聞資料からの抜き書き(杉妻公民館長太田隆夫)」。まずは、浜井場古墳の出土品が博物館に寄贈された時の以下の新聞記事が紹介される。「博物館へ古器を寄贈す【福島民友(明...

  10. 散策を楽しむための鳥谷野の古墳情報 - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    散策を楽しむための鳥谷野の古墳情報

    今回の散策で鳥谷野の古墳については、浜井場古墳を中心に以下のように整理している。〇黒岩虚空蔵堂・満願寺散策⑯~帰り道⑤https://kazenoshin.exblog.jp/239157356/〇黒岩虚空蔵堂・満願寺散策⑰~帰り道⑥https://kazenoshin.exblog.jp/239158895/〇黒岩虚空蔵堂・満願寺散策⑱~帰り道⑦https://kazenoshin.exb...

  11. 定の山古墳(じょうのやまこふん) - Pilgrim 東西南北巡礼記 

    定の山古墳(じょうのやまこふん)

    ☆帆立貝形古墳☆墳丘長約69m、後円部径約69m、高さ約7m☆五世紀中頃昭和30年代までは、まわりに水田が広がり古墳の周濠も残っていましたが、今は『城の山公園』の中に古墳があり、御廟表塚古墳と同じく墳丘に登れます。周りを見渡すと住宅街になっています。一見するとただの土まんじゅうのような形をしていますが、もともとは前方部を西に向けた帆立貝形古墳で、昭和43年(1968)より行なわれた区画整理事...

  12. 明日香キトラ古墳乾拓板の写し - 魅せられて大和路

    明日香キトラ古墳乾拓板の写し

    令和元年5月撮影、乾拓板に紙を当て鉛筆でなぞりました。[予告]明日は、「桜井市高家野焼き」を投稿します。にほんブログ村←気に入られたら、こちらをクリックして下さい。

  13. 明日香キトラ古墳 - 魅せられて大和路

    明日香キトラ古墳

    令和元年5月撮影、キトラ古墳へ行って来ました。[予告]続いて、「キトラ古墳乾拓板」を投稿します。にほんブログ村←気に入られたら、こちらをクリックして下さい。

  14. 御廟表塚古墳(ごびょうおもてづかこふん) - Pilgrim 東西南北巡礼記 

    御廟表塚古墳(ごびょうおもてづかこふん)

    ☆帆立貝形古墳☆墳丘長約84.8m、後円部径約67.6m、高さ約8m☆五世紀後半筒井家の敷地の中にあったといわれています。筒井家は戦国大名の筒井順慶の子孫という旧家です。円墳のように見えますが、本来は帆立貝形古墳で、今はなくなってしまった前方部の一部を残して埋め立てられてしまいました。後円部は二段に築かれています。大阪府指定と堺市保存樹木の二本の大楠があります。参孝引用掲載ザ・古墳群写真ro...

  15. 西酒呑古墳と東酒呑古墳 - Pilgrim 東西南北巡礼記 

    西酒呑古墳と東酒呑古墳

    西酒呑古墳(にしさけのみこふん)☆円墳☆墳丘直径25m☆築造時期不明☆堺区旭ヶ丘南2丁目履中天皇陵古墳の後円部西側の住宅地に200mほど離れてあります。この西酒呑古墳は全体が見れますが、東酒呑古墳は周りを住宅に囲まれていて、横を歩いても見つかりません。住宅と住宅の小さなすき間に入って、初めて見ることができます。東酒呑古墳(ひがしさけのみこふん)☆円墳☆墳丘直径21m☆築造時期不明☆堺区旭ヶ丘...

  16. 歴史チップス2019年6月号天皇味 - 歴史チップス新聞「REXXXXXI(れきっっっっしー)」

    歴史チップス2019年6月号天皇味

    ━━━┃━┃━┃━━━━━━━━━━━━┃━┃━┃━━━★◇☆☆★◇☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆◇☆◇★◇☆☆◇★◇☆~ 月刊・歴史チップス ~第212号◇★◇☆★◇☆[2019年6月号天皇味](SINCE 2001)◇☆☆◇★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆━━━┃━┃━┃━━━━━━━━━━━━┃━┃━┃━━━======================...

  17. 履中天皇陵古墳(りちゅうてんのうりょう) - Pilgrim 東西南北巡礼記 

    履中天皇陵古墳(りちゅうてんのうりょう)

    ☆前方後円墳☆墳丘長約365m☆後円部径205m、高さ27,6m、前方部幅約235m、高さ25,3m☆五世紀初頭☆堺市西区石津が丘(石津ヶ丘古墳)ここは堺市西区上野芝町、古墳周りは高級住宅街になっています。堺市西区石津ヶ丘の地名はこの古墳のためだけにある地名です。国内第三位の規模を誇り地元では「ミサンザイ古墳」と呼ばれてきました。前方部を南に向けて築造され、墳丘を三段に築いています。くびれ部...

  18. 2019.5/9金井東裏遺跡調査報告書到着 - シュタイブ!

    2019.5/9金井東裏遺跡調査報告書到着

    本日、群馬県埋蔵文化財調査事業団から金井東裏遺跡調査報告書が届きました。 あの榛名山噴火に対峙していた「よろいの人」の遺跡です。古墳も2基出土しているみたいです。 送料合わせて一万円越えというお値段に躊躇した買い物でしたが、 5冊セットの厚みは広辞苑を越え、遺跡報告書にしては驚くほど カラーページを多用し、「これ一万円で作れるのか!?」と思う程すごい内容です。 星野先生の「スサノオ最後の戦い...

  19. 奈良明日香村2・高松塚古墳と甘樫丘の桜 - 趣味とお出かけの日記

    奈良明日香村2・高松塚古墳と甘樫丘の桜

    先日の奈良明日香村・お出かけ日記のつづきです。石舞台をあとにした私たちは、次の目的地の高松塚古墳へと向かいました。石舞台からは赤かめバス・飛鳥駅方面の周遊バスに乗り、高松塚へ…高松塚古墳は、国営飛鳥歴史公園の高松塚周辺地区にあり、古墳と高松塚壁画館があります。高松塚古墳の発掘調査は1972年(昭和47年)3月に始まり、それからほどなくして石室内から色鮮やかな壁画が発見されました。壁画の発見は...

  20. 古墳の桜2 - Desire

    古墳の桜2

    K-S2、DA18-135mmF3.5-5.6WR

総件数:173 件

似ているタグ