古墳のタグまとめ

古墳」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには古墳に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「古墳」タグの記事(19)

  1. 2018.9/7神奈川県横浜市磯子区 - シュタイブ!

    2018.9/7神奈川県横浜市磯子区

    2018.8/26の厚木市の講演会にて横浜市磯子区の室の木古墳が交通路、埴輪、馬具の出土物等で結構重要視されている事を知り、消滅しているとの情報でしたが、久々に横浜市文化財地図を引っ張り出し、室の木古墳付近の古墳時代の遺跡付近をまわってみました。すべて消滅しているため正確さに欠ける点はご容赦ください。室の木古墳付近?グーグルマップの航空写真では横浜市文化財地図の図示の辺りに緑があり、そこに向...

  2. 2018.8.26神奈川県厚木市遺跡講演会「祈りの考古学」 - シュタイブ!

    2018.8.26神奈川県厚木市遺跡講演会「祈りの考古学」

    厚木南公民館「祈りの考古学」拝聴してまいりました。 稲村 繁氏の 神奈川県厚木市の登山1号墳にはさきたまの領事が埋葬されている説、興味深かったです。 盾持埴輪は人物埴輪と異なり仮面の表情、というお説にも驚きました。 例として https://haniwan.com/archive/profile.php?no=48 この埴輪を紹介していましたが、じゃあ埼玉県本庄市の「笑う埴輪」も仮面なのか、...

  3. 2018.8/22群馬県安中市 - シュタイブ!

    2018.8/22群馬県安中市

    安中市・学習の森ふるさと学習館いつもの流れで学芸員さんからご当地の古墳の情報収集。下調べした前方後円墳3基は見やすい状態ではないらしく、堅実な見学ルートに方針変更した。簗瀬二子塚古墳の特別展を3/31までやっている。安中市428・綜覧:磯部町10号古墳安中市52・後閑3号墳・市史跡墳丘、看板、標柱石室入口石室安中市314・天皇塚古墳(九十九村1号古墳)埼群古墳館さんにアップされている写真と比...

  4. 2018.8/21群馬県安中市 - シュタイブ!

    2018.8/21群馬県安中市

    安中市580・綜覧:細野村7号古墳(狩塚)西から北から安中市571・綜覧:九十九村23号古墳(愛宕塚)埼群古墳館さんでは前方後円墳と紹介しているが、群馬県古墳総覧では円墳となっている。以前は天板を外した上から石室が覗けたそうだが、現在では埋まってしまっている。鳥居石室の石材安中市524・綜覧:秋間村6号古墳秋間小学校プール脇。経緯はわからないが、群馬県古墳総覧にて秋間村古墳群のうち1,4,5...

  5. 古墳祭 司会無事終了 - こころりあんBLOG

    古墳祭 司会無事終了

    昨年は、残念ながら台風で中止となってしまいましたが、第48回 和水町古墳祭、今年は見事に晴天。皆さんの願いが通じたのでしょう。昨年開催出来なかった分、今年は想いが2倍‼︎私は、6年前から和水町古墳祭の司会を、務めさせて頂いております。(ビアガーデン会場の司会含めると約14年前からかしら?)毎年お声をかけて頂ける事は、ありがたい事です。私の心を救って貰った場所。心の聖地。←と、勝手に呼んでいる...

  6. 見学会・シンポジウム「古墳人からなにが見えるか」 - シュタイブ!

    見学会・シンポジウム「古墳人からなにが見えるか」

    金井東裏遺跡で 発見された「甲 を着た古墳人」とその古墳人が身につけていた甲・冑等に焦点を当てた見学会とシンポジウムを開催いたします。 見学会では、群馬県埋蔵文化財調査事業団に協力を仰ぎ、金井東裏遺跡周辺と群馬県埋蔵文化財調査事業団創立40周年記念展示「金井東裏遺跡展」を埋文事業団職員の解説とともに見学します。 また、渋川市金島ふれあいセンターにおいて、古墳人骨や甲等の発掘調査・分析から得ら...

  7. 物集女車塚古墳 - Blue Planet Cafe  青い地球を散歩する

    物集女車塚古墳

    先日のひまわり畑の近くに物集女車塚古墳というのがあり公園になってて近づけるようでしたので行ってみることに上から見下ろさないと古墳はわかりにくいわ 雰囲気はある現在も機能する石室の排水溝というものもありましたそして物集女城跡と書かれたボードがあったので ぐるぐる探して回りました 城跡がどこか場所はわかりませんでした

  8. Other 佐紀陵山古墳へ行ってきました! - Sweetpotaro Island

    Other 佐紀陵山古墳へ行ってきました!

    暑さにめげず散策してきました

  9. 神奈川県埋蔵文化財センター講演会等 - シュタイブ!

    神奈川県埋蔵文化財センター講演会等

    平成30年 厚木市遺跡講演会「祈りの考古学」発掘調査の成果をもとに、各時代の研究者が「祈り」に迫ります。日程 平成30年8月26日(日曜日)13時30分から(開場は13時)会場厚木南公民館 集会室講演内容縄文時代「縄文時代の信仰ー死者との関係ー」講師:阿部友寿(公財)かながわ考古学財団弥生時代「弥生時代の再葬墓について」講師:植木雅博越谷市役所古墳時代「神奈川の埴輪について」講師:稲村繁 横...

  10. 群馬HANI-1グランプリ - シュタイブ!

    群馬HANI-1グランプリ

    「群馬県古墳総覧」、「ぐんま古墳探訪」発行に続き本当に今年の群馬は古墳に力を入れている!! 早速私も「エントリーNo.57・ぐんまちゃん埴輪」に投票しました! 興味のある方、ぜひ投票してくださ~い!! https://haniwan.com/

  11. 火巫女様への舞指導 - こころりあんBLOG

    火巫女様への舞指導

    「火巫女の舞」を指導するお役を頂いてから7年が経ちます。毎回火巫女に相応しい素敵な方が、祭りのヒロインに選ばれるので、毎年お会いするのが楽しみなのです。昨日は、舞の練習を始める前に、江田船山古墳に眠るムリテ様に、第34代火巫女の髙木真美(まさみ)さんと一緒にご挨拶。今年の火巫女様も、パワフルに、ムリテ様を目覚めさして下さるはずです!古墳の空気感をおぼえておいて頂く為に、本番の位置に立ち、少し...

  12. 2018.7/4神奈川県秦野市・菩提横手遺跡 - シュタイブ!

    2018.7/4神奈川県秦野市・菩提横手遺跡

    8日までというのが遅きに失した感がありますが、有用な情報に思えたもので報告いたします。 こちらの記事の神奈川県秦野市・菩提横手遺跡、古墳も4基出たと書いてありますが、それより驚きなのは「25センチの中空・新形式土偶」。 https://mainichi.jp/articles/20180704/ddl/k14/040/061000c 紹介した記事には写真が見当たりませんが、自宅に配達された新...

  13. 夫の遊び場だった”こうもり塚古墳” - つれづれ日記

    夫の遊び場だった”こうもり塚古墳”

    備中国分寺を出た後は近くのこうもり塚古墳も公開しているということで行ってみました。🎶田園風景の中にこじんまりした丘が見えてきます。これが前方後円墳のこうもり塚古墳です。6世紀後半の古墳で前方後円墳とは珍しいですね。私が子どもの頃はくろひめ塚古墳と呼ばれていました。古事記の中で仁徳天皇に愛された吉備の黒姫の墓と云われていたのですが調査の結果、仁徳天皇の時代より100年以上後の古...

  14. 2018.6/30群馬県安中市 - シュタイブ!

    2018.6/30群馬県安中市

    mixiにて簗瀬二子塚古墳が国指定史跡になる記念に特別公開があるということで、参加ついでに安中市の古墳をまわってきました。現地説明会資料簗瀬二子塚古墳の世界(有償冊子)午前の説明会が10時なのに対し、現場であんけんさんと落ち合ったのが8時半。空いている時間で群馬県古墳総覧・安中市81・真下神社古墳へ行こうと地図の場所に向かったが見当たらない。近所の方に尋ねたところ、上図の赤で囲った位置だとい...

  15. 2018.6/9,10群馬県前橋市・玉村町・高崎市 - シュタイブ!

    2018.6/9,10群馬県前橋市・玉村町・高崎市

    前橋市の古墳と高崎市観音塚考古資料館の企画展示へ行ってきました。桐生市の三ツ塚古墳の1基が残っている記述が群馬県古墳総覧・桐生市17にあったので見てきましたが、住宅街でよくわかりませんでした。2018.6/9群馬県古墳総覧・前橋市1385・荒砥村296号古墳墳丘不明表示だが、図示されている場所にある。「女堀の堤か」と書かれているが、女堀からは距離がある。荒砥村295号古墳への記載内容の誤記?...

  16. 土師ニサンザイ古墳 - 時の流れに身を任せ…

    土師ニサンザイ古墳

    土師ニサンザイ古墳は、大阪府堺市北区百舌鳥西之町3丁にある前方後円墳。○概要百舌鳥古墳群の南東の端に位置する。墳丘は3段構築で全長は約290m、後円部の径は約156m・高さ約24m、前方部の幅は約226m・高さ約22.5mで、前方部を西に向けており左右に造り出しがある。日本で8番目の大きさとなっている。現在の周濠は一重だが、二重目の濠が一部確認されている。宮内庁が「東百舌鳥陵墓参考地」に指定...

  17. 定の山古墳 - 時の流れに身を任せ…

    定の山古墳

    定の山古墳とは、大阪府堺市北区に所在する前方後円墳または帆立貝形古墳。1960年代の区画整理工事により墳丘が著しく変形したが、現在は城の山公園として保存されている。○概要ニサンザイ古墳の北500メートルの城の山公園内にある小山が定の山古墳である。墳丘長69メートル、後円部径53メートル、高さ7メートル、前方部幅23.5メートルである。前方部を西に向けており、墳形は前方後円墳というより帆立貝形...

  18. 御廟表塚古墳 - 時の流れに身を任せ…

    御廟表塚古墳

    墳丘長75メートルの前方後円墳。独立した古墳である。5世紀中~後半。墳丘長約84.8mの帆立貝形古墳、築造時期は5世紀後半と推定。「耕地開発や宅地開発により、周濠の大半が埋められ、前方部が失われています。」とのこと。今は前方部は完全に住宅地となっています。でも、この古墳、後円部の頂上まで登れます。 所在地:大阪府堺市北区中百舌鳥町4丁544

  19. 鎮守山塚古墳 - 時の流れに身を任せ…

    鎮守山塚古墳

    直径34mの円墳、築造時期は5世紀中頃と推定。円墳の西半分は道路で消失。光明院の境内にあるが私有地のため見学不可。円筒埴輪、蓋形、家形、石見形埴輪などが出土されている。 看板もなく、ここに古墳があることには気づかないと思う。所在地:大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町5丁目732

1 - 19 / 総件数:19 件

似ているタグ