古木のタグまとめ

古木」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには古木に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「古木」タグの記事(23)

  1. 百日紅 - お散歩写真     O-edo line

    百日紅

    中央線西国分寺駅下車、この寺の入口にりっぱな百日紅の木がありました。鬱蒼と茂った木が邪魔なのと逆行の影響で数枚しか撮れてませんがいい樹に巡り合えました。

  2. 鎌倉光明寺の古木 - はーとらんど写真感

    鎌倉光明寺の古木

    蓮などを撮り終えて光明寺の境内を少し散策したら名前は分からないが良い樹形の大木を発見あちこちにコブがありかなりの樹齢の様だった上を見上げると良い枝張りだった風格が良い古木があるとは知らずに超広角を持って来なかったのは失策だった続く

  3. 武蔵野紀行5 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行5

    この日は梅雨らしい日で古木に張り付いた苔が瑞々しかったそのせいか苔が笑っているように見えたおしまい

  4. 北鎌倉円覚寺散策8 - はーとらんど写真感

    北鎌倉円覚寺散策8

    寺社仏閣の樹木は何故に古木が多いのだろう多分殺生を禁じ植物や樹木を大切に育てていてそれに応えて長生きになるのだろう写真は竹林の前に立っていた古木の根っ子どっかりと台地に値を下ろし風格さえ感じるこの古木から離れ参道の階段沿いに立っていた古木の根っ子離れた場所に石灯籠と樹木の幹。どちらも、どっしりと構えていた

  5. 幻想的な空間 - 散策で発見、自分の街のいいところ

    幻想的な空間

    見晴らし台からの展望。展望ってほどには思わなかったので人が登っていたときは深く考えていなかったのですが、登って納得。すごい眺めでした。

  6. 武蔵野紀行8 - はーとらんど写真感

    武蔵野紀行8

    田安門に入って狛犬が座っている右側に階段があったので何があるんだろうと行って見る事にした門付近に丘みたいなとこがあるのを初めて知った北の丸公園に3回ぐらい行ったが、この付近はスルーしていたのでワクワク感が大だった。登ると何を祀っているのかお社があり古木が立っていた僕はお社より古木の方に視点が行った.古木好きな性だろうか大木の冬枯れの銀杏の古木・しまった超広角を持ってくれば良かったと後悔正面か...

  7. アンティークのボトルホルダー - kei's-Chuchichaestli

    アンティークのボトルホルダー

    これも昨年見つけたお気に入りの一つ。^^こちらではお水はガス入りのものを飲んでおりうちも連れと娘はよく飲みます。私はどちらかというとガス入りも飲みますが普通のお水のが好きだしお茶をよく飲みます~~なので連れがいつも6本入りのパックを買い求め、そのままプラスチックに包まれたままキッチンにおいてあるのですが…何とかならないかなと思いつつそのままほかってあったんですけど年末にお店でこれを発見!!^...

  8. ホン・ヒョンジュ先生の展示会 - 今日も食べようキムチっ子クラブ (料理研究家 結城奈佳の韓国料理教室)

    ホン・ヒョンジュ先生の展示会

    自由が丘の「私の部屋」で毎年行われているホン・ヒョンジュ先生の展示会。今年も始まっています。残念ながら先生は来られませんが、新作の素敵な作品が揃っているようです。私も毎日家で見ている先生の作品達。気持ちまでキラキラにさせてくれる大切なものばかりです。一つ一つ手作りの作品は全く同じものを購入するのはちょっと難しいかもしれませんが、次から次に生み出される先生のアイデアと才能が温かい作品となり完成...

  9. 松の造形 - はーとらんど写真感

    松の造形

    浜離宮庭園には松が沢山ある。歴代の将軍に松は長寿の樹として愛でられて来たのだろうその中に面白い松の造形を見た、樹齢は、かなりあるだろうが長年の風雨にに耐えた姿に風格を感じた1本の松をアングルを変えて撮った続く

  10. 浜離宮庭園の森3 - はーとらんど写真感

    浜離宮庭園の森3

    江戸時代から続く浜離宮庭園の森は個性的な古木ばかりだった樹林の後方に神社があった。メモするのを忘れたので名前は分からないが江戸後期に造られたのだそうだ続く

  11. 再会300年の松 - はーとらんど写真感

    再会300年の松

    浜離宮庭庭園のタグを見たら2013年に行っていたので7年振りの300年の松のとの再会だった.徳川家宣が黒松を植えて300も経っている手入れが良いと老木になっても勢いがあると思ったまるで上り龍のようだった続く

  12. ★ 年老いた桜 - うちゅうのさいはて

    ★ 年老いた桜

    中央本線の日野春駅から歩いて、山高の神代桜を見にいった。思いつきです。駅から1時間くらい歩いた。ほとんどの人はマイカーで来るみたいね。日本一古い桜の木だそうです。樹齢1800年とか2000年とか・・・そんな大昔からここにあったんですかね。実相寺というお寺の境内にあるけど、昔はお寺もなく山だか原野の中にぽつねんと生えていたのか。それで人知れず花を咲かしていたのかも。いつ、この桜の存在に気づいた...

  13. 花は終わっていたけれど☆大島桜 - さんじゃらっと☆blog2

    花は終わっていたけれど☆大島桜

    ☆大島桜☆少し遅かったけれど嬉しい出会い☆小金井公園は随分前からよく行っていましたが広い公園、いつもとは違う初めての入り口東口から入ったら思いがけない出会いがありました。遠くから見てこんもりとした樹が見えました。なんの樹かしらと近付いてみたら、1本の大島桜。立て札を見たら関東屈指の大木・高さ 13m・幹周り 3.66m・傘状の枝張り20mと書いてありました。花は殆ど終わっていたけれど、...

  14. 名木白モクレン - お散歩写真     O-edo line

    名木白モクレン

    新宿御苑には樹齢150年(推定、江戸時代)樹高14m幹周り238cmの名木があります。その木が上の方から開花始まりました。下の方はまだ3~4日かかりそうです。花の寿命が短いため咲きそろった姿は見れるかどうかですが来週もう一度行きます。にほんブログ村

  15. 親子梅 - ないものを あるもので

    親子梅

    ジュニアさん、満開です。事務所に出かけたはずの殿様がお向かいの可愛いおばあちゃま(という呼び名は嫌いだけど90オーバーだし)を連れてきて、見せびらかしていた。のを聞きながら私は解き物。お母さんは、まだ三分咲き。かわいい。こちらはジュニア。並べてみた。どうかな、似てるかな。似ているような気はしますよね。誰とのハイブリッドなんだろう…◇そうだ、これ、貼っておこう。Yままさまから教わりました。

  16. 暖かさに誘われて・・ - 風にのって・・・

    暖かさに誘われて・・

    暖かさに誘われて梅の梅林寺へいつもの場所ですが、この季気温も高く例年より早く開花なんですよ。折よくメジちゃんが・・・

  17. 東京の古木 - はーとらんど写真感

    東京の古木

    去年行った立教大学のスズカケの並木道で見つけた古木

  18. 柿食へば - 暮らしのおともに

    柿食へば

    この辺りの集落にはあちらこちらに柿の木があってきちんと手入れされている柿の木や長年放置されてる柿の木もあったりするけどカラスやイタチが狙うのはやっぱり丹精込めたモノは違うらしくて食べ放題になってる木にはハナもひっかけないまだハシリだけれど我が家の柿の実も色づきはじめてそろそろ収穫か?樹齢80年余の柿の木は家人が手入れする様になってからというもの毎年ハズレ無しの美味しさ送料だけご負担頂けばあち...

  19. そこは山の中 - 休日はタンデムツーリング

    そこは山の中

    9月8日用事を終えて北に向かうと直ぐ山の中気に成っていた古木を見に行きますセローで来たのですれ違いに困るような道ばかりを走り百間滝の南から大島ダムに横道にそれるので中々目的地に着きません(笑)山の中に一軒家まず見に来たのは神田の黒梅花の季節を外しているので一回通り過ぎてしまった!!「かんだのくろうめ」と読んでいましたが「かだのこくばい」が正解のようですそして直ぐ隣に在るのが「サルガタのウバヒ...

  20. kobokuの実ブルーベリーjamとコンフィチュール - 十色記

    kobokuの実ブルーベリーjamとコンフィチュール

    ブルーベリーjamにつづき新たにコンフェチュールも作り始めました。どうしたわけかこちらの方が評判が良いのが不思議で理由を聞いたら粒があったほうが贅沢感や満足感があるらしいです。と、ちなみにこの回答は私の知人など周りの方々で。。。何度も何度も作っては吟味しまた作っては家族に毎度毎度試食させようやく完成したものです。分量は味を損なう可能性があるので変わらずそのままの配分です。ただ、時間が3倍かか...

総件数:23 件

似ているタグ