古都のタグまとめ

古都」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには古都に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「古都」タグの記事(25)

  1. 満開宣言 - 風の吹くまま

    満開宣言

    福岡では満開宣言が出ました。お昼の何時もの散歩コース桜並木のトンネルを歩いていきますこんな風景もありますでも、この季節はこんな風景が至る所に古都では、コロナウィルスも退散したような人出でした苔むした桜の樹秋月の桜並木は多くの見物の方がお見えでした高い位置から秋月の桜並木久しぶりの晴天に多くの方がお見えでした。今週は天気は良いようです。何かと暗いニュースの中、少しだけ心休まる日常がありました。

  2. 奈良東大寺二月堂&大仏殿 - 健康で輝いて楽しくⅢ

    奈良東大寺二月堂&大仏殿

    3月20日、、、奈良公園から東大寺二月堂へ、、、うわぁ~~きれいな景色、好きです♬木の根っこがすごい~この角度から見ると生命力を感じます。そして、野生の鹿と一体化していい感じ~(笑)二月堂までの参詣道はけっこう距離があります( ;∀;)こんな石段も登って~~!ふう~~疲れる、、、前にいるのは、外人さん。古都に春を呼ぶ「お水取り」の名で有名な二月堂、、、このお堂で旧暦の2月に行われたことから、...

  3. 雨の古い町並み - As it is

    雨の古い町並み

    佐原市を縦に流れる小野川の流域は、 江戸時代の町並みが今なお残る、川 べりや街道には重厚な木造建築が軒 を連ね、昔の繁栄ぶりをうかがうこ とができる。 今なお健在する数少なくなった江戸 情緒あふれる佐原の町は百数十年前 の懐かしい日本文化の香りに満ちて いる。

  4. ラワグ - そんなに頑張らない (旧俺的)

    ラワグ

    ビガンからバスで2時間程の町です。もともとノープランなもので何があるのかよく知らないですが、ジプニーで40分くらいの所に、世界遺産の教会があるみたい。とりあえずジプニー探してウロウロ。マニラノールロードとm.v.farinasの交差する辺り(たぶん)でジプニー乗り場発見。基本的にここで満員状態で発車します。35ペソ。終着で降りると教会しかない町です。教会もまあ古いのはわかるけど、屋根がトタン...

  5. ビガン - そんなに頑張らない (旧俺的)

    ビガン

    なかなか綺麗な街でした。ずっと昔の記憶ですが、20年前のルアンパパンを思い出しました。とりあえず静かでその国を忘れてしまうような建物が並んでいます。ここはスペインが作ったらしいですが、メキシコとか南米、あとキューバと同じ匂いがします。基本的に一本の通りが観光地化されています。ただ週末はフィリピン人がいっぱい。フィリピン人も観光するのですね。フィリピンって観光名所が他の国に比べてとても少ないよ...

  6. 興福寺から奈良公園('ω') - ほっこりしましょ。。

    興福寺から奈良公園('ω')

    まずは、行きたかった興福寺へ👣五重塔中金堂薬師如来像や日光・月光像十二神将立像などがおさめられています。撮影は禁止です。奈良は小学校の修学旅行以来、という・・・久しぶりに古都の荘厳さを味わいました。そして、そして、(@_@)向こうから歩いてくる人は・・・静岡市で同じ料理教室に通っている方でした。え~こんなところで~あわてて、あ、明けましておめでとうございます!(*^-...

  7. 2020年初旅帰省('ω') - ほっこりしましょ。。

    2020年初旅帰省('ω')

    1日から自治会班長の仕事がありました。新年祝賀会のお手伝いです。11時過ぎに帰ってきて、それからお雑煮作り。家族はお節料理を朝ご飯に。我が家のお雑煮は長い間の定番、ブリとエビ🦐が必須です。こちらはお届けもののおせち。筑前煮、栗きんとん、オードブルなどはほかにたくさん用意しました。一日の初詣はしたことがないんです。三が日は家でゆっくりがいちばん(*'▽&#03...

  8. 456. おじさんにナンパ / 漓江下りと陽朔西街 - 世界の建物 awesome1000

    456. おじさんにナンパ / 漓江下りと陽朔西街

    桂林はアルプスやヴェネツィア並みに一般化した言葉で、例えばハロン湾は『海の桂林』と呼ばれ、チャンアン渓谷は『陸のハロン湾』と言われるから孫弟子までいる。ここでいう桂林は『漓江下り』を指す。426kmの漓江(日本一の信濃川367kmより長い!)の一部(直線距離≒40km)を4時間ほどかけて船で下る。桂林市街から車で30分ほどで船着き場へ着いた。2階建ての船はゆっくり進む。川は浅く、どちらに流れ...

  9. 453. カフェオレが蛇行する / 程陽八寨景区 - 世界の建物 awesome1000

    453. カフェオレが蛇行する / 程陽八寨景区

    『程陽風雨橋』を渡ると家々が続く。車が通らない(通れない)路地は曲がりくねって、枝分かれし、覆いかぶさるような建物が途切れると川が見えたり、対岸には家並が、あるいはひときわ高く多層の『鼓楼』が見えた。『程陽八寨景区』と呼ばれ、8つの村に2000戸、10000近い人が住んで8つの鼓楼と5つの風雨橋があるという。(あるいは6鼓楼、4風雨橋とも)茶色の壁に瓦屋根でゆるく統一された街並みは、お茶を中...

  10. 428. 表現青い / シャーヒズィンダ廟群 - 世界の建物 awesome1000

    428. 表現青い / シャーヒズィンダ廟群

    サマルカンド旧都があった『アフラシャブの丘』の南側に王族の墓所が、その一角に『レギスタン広場』に匹敵する建物『シャーヒズィンダ廟群』がある。広場は写真通り圧巻の、廟群は想像が及ばなかった空間の美があった。【写真↓廟群左側の墓所】入口は麓。三日目になっていささか見慣れた青いゲート(1435年、ウルグベク建立)をくぐると階段(『天国への階段』)、おばあちゃんがしんどそうに登っている。左側『コシ...

  11. 427. コペルニクスより早く / ウルグベク天文台 - 世界の建物 awesome1000

    427. コペルニクスより早く / ウルグベク天文台

    ウズベキスタン観光では、建国者ティムールに続いてウルグベク(ウルグ・ベク/1394-1449年)の名を聞く。『ウルグベク・マドラサ』はブハラ(1417年)とサマルカンド(1420年)にあってまぎらわしいが、いずれも素晴らしかった。ウルグベクはティムールの孫で、ティムール帝国第4代君主。40年近くにわたってサマルカンドを統治した。ティムールの死後、目まぐるしい大河ドラマさながらの戦国時代を切り...

  12. 424. 池のほとりで / タキとラビハウズ - 世界の建物 awesome1000

    424. 池のほとりで / タキとラビハウズ

    ブハラは奈良にたとえられる。歩いていると古い建物が次々に現れ、散策路はときにドームに導かれた。中はひんやり涼しい。屋台を割って四方に道が伸びる。交差点に建っているから。それが『タキ』(丸屋根の意)と呼ばれる道路市場。【写真↑タキ・ザルガラン】人が集まる交差点に屋根をかけて店を作るのは驚くほどではないがブハラ固有のもの。(たぶん。ウズベキスタンの他の三都ではなかった)【写真↑タキ・テルパクフル...

  13. 416. 1/3の中断な象徴 / 博物館都市ヒヴァ(西) - 世界の建物 awesome1000

    416. 1/3の中断な象徴 / 博物館都市ヒヴァ(西)

    タシュケントの西1000キロ。ヒヴァの内城『イチャンカラ』には20のモスク、20のマドラサ(メドレセ、神学校)、6のミナレットがあり『博物館都市』に指定されている。見所は西門から東門までの500メートルほどの間に集中し、車も入らない町そのものも見所になる。【写真↓右からムハンマド・アミン・ハーン・マドラサ、カルタ・ミナル、道路をはさんでキヨフナ・アルク】西門を入って『カルタ・ミナル』が目に入...

  14. 401. キングコング 髑髏島の嘘真 / チャンアン渓谷とホアルー - 世界の建物 awesome1000

    401. キングコング 髑髏島の嘘真 / チャンアン渓...

    『チャンアン渓谷』は、陸の『ハロン湾』(=海上に奇岩が浮かぶベトナムを代表する景勝地)と呼ばれる。テレビ番組(『世界ふしぎ発見』)で、岩がせり出し川へ漕ぎ出した小舟は河川洞窟をくぐるのを見た。ハノイから南へ車で2時間ほど、日本語ガイドが同行するツアーに参加する。(彼に見送られ)チュンアンを巡る舟は岸を離れた。船頭(おじさんあるいはおばさん)を背に3,4人が乗った舟は滑らかに走る。全員にオール...

  15. 春を駆ける - 風の吹くまま

    春を駆ける

    桜で賑わう桜並木にて春の風の様に通り過ぎて行きました(笑この季節も賑やかですね。2日の撮影。

  16. 古都ということ - 鯵庵の京都事情

    古都ということ

    三条カルチャーで室町芸能史の講座を持つスーパー講師が講座の最初にいつも言う覇権が京都を去って、もう400年、安土桃山時代は京都の最後の花だった天下を分けた関ヶ原(1600)は、徳川の新しい覇権を固め江戸を都にした新しい権威を打ち立てていくには自分の地盤のある関東の方がいい大坂夏の陣(1615)から20年、参勤交代の制度(1635)は徳川の覇権がゆるぎないことと、江戸が都ですよと日本全国に教え...

  17. 古瓦 - Arte Garecchi

    古瓦

    法隆寺の周辺を歩いていると、道端のあちらこちらで、土に埋もれている大小の瓦のかけらを見ることができる。もちろんそれらのほとんどは、それほど遠くない時代の修繕などに使われてきたもので、資料としての価値は別として、骨董と呼ぶほどのものではないだろう。しかし、よく注意して見ると、中には灰褐色で断面が層を成し、近代現代のものと明らかに異なるものがある。10cmほどの大きさの、半ば土に隠れているものを...

  18. 続・ 川端康成「古都」の作者は谷崎? - 憂き世忘れ

    続・ 川端康成「古都」の作者は谷崎?

    「古都」で超ウケたのが、コレ。引用します。千重子は片方の手袋を取ってみせて、「この手、お嬢さんやあらしまへんやろ。」苗子はおどろいて、自分の両手で、千重子のその手をつつんだ。ここで問題。千重子の手はどんな手だったのでしょう。「源氏物語」の裏(心)が読めていれば、ピンとくる。「七匹の子やぎ」でしょう。狼の手キャ〜〜〜。こういうところも、蘿洞先生っぽい。*追記「手袋を買いに」で「狐」かとも迷いま...

  19. 川端康成「古都」の作者は谷崎? - 憂き世忘れ

    川端康成「古都」の作者は谷崎?

    妄想だ。病院へ行け!……といわれることを承知で書きます。ウィキにもありました。京都での花見のシーンが「細雪」からの引用だと。これです。今は「まことに、ここの花をおいて、京洛の春を代表するものはないと言ってよい。」「細雪」(上)十九章にあります。彼女たちがいつも平安神宮行きを最後の日に残して置くのは、この神苑の花が洛中に於ける最も美しい、最も見事な花であるからで、円山公園の枝垂桜が既に年老い、...

  20. ジョグジャカルタ2017 - 見る聞く歩く

    ジョグジャカルタ2017

    インドネシアのジャワ島中部に位置するジョグジャカルタです。古都の風情を残す落ち着いた街です。中心部にはいまもスルタンの「王宮」があります。郊外にはボロブドゥール、プランバナン寺院内などの遺跡があり、外国からの観光客も多く訪れています。

総件数:25 件

似ているタグ